座禅草を見物して辰目沢右岸尾根からカバ岳、丸山、日向山を周回した
日 程
2016年3月21日(月) 天気:晴れ
山 名
横見山(860m)、二子山(860m)、刈場岳(890m)、陣場平山(858m)、鍬柄山(896m)、丸山(960.3m)、日向山(633m)
コース
道の駅芦ヶ久保駐車場(7:10)→(バス7:41発)→松枝バス停(8:28)→ザゼンソウ保護地(9:05)→正丸トンネル入口(9:38)(6min休憩)→横見山(10:11)(8min休憩)→刈場岳(10:58)(20min休憩)→大野峠(11:58)→丸山(12:54)(5min休憩)→日向山(13:19)(3min休憩)→道の駅芦ヶ久保駐車場(14:46)
コース図
駐車場
道の駅芦ヶ久保駐車場
温泉他

山行記

旺文社の「山と高原地図(奥武蔵版)」を眺めると伊豆ヶ岳と二子山の間、R299から名郷に抜ける県道沿いに、ザゼンソウ保護地と記されている箇所がある。ザゼンソウとは水芭蕉に似ており、花の形が僧侶が座禅している姿に似ていることで知られる珍しい花だ。以前から気になっていたが、前回の節分草と同様に、タイミングを外して見ることが叶わないでいた。
また、保護地の近辺は車を停めるスペースもなく、それだけ見物するといるわけにもいかない。かといって位置的に山歩きに絡めにくい場所でもあり、この時季になると気にはなるけど毎年諦めていた。
ネットで記録を探すが、はっきりとした状況が分からない。しかしこのタイミングを逃すと今年もダメだろう。咲いていたらラッキーという程度の感覚で行ってみることにした。

西武秩父駅発のバスに乗り、終着の松枝バス停から少し歩くと保護地がある。バスは芦ヶ久保も通るので、道の駅芦ヶ久保に車を停め、バスに乗り込み保護地へ移動しよう。そして保護地を起点としてどこを歩こうか。芦ヶ久保の北側の日向山に山の花道というエリアがある。時季的に節分草やカタクリも期待できそうだ。ということで、保護地から、正丸峠から奥武蔵グリーンラインへ続く稜線に出て、奥武蔵グリーンラインから丸山、日向山に向かい芦ヶ久保に戻るメジャーな周回ルートを歩いてみよう。
保護地から稜線へどのルートを歩こうか、奥武蔵登山詳細図を引っ張り出して眺めてみると、熟達者向けの辰見沢右岸尾根ルートというのがあった。正丸トンネルの西側の出入口のあたりから取り付くルートだ。
メジャーな稜線歩きだけでは、物足りない気もするので、この聞いたこともないマイナーな尾根歩きも絡めて楽しんでみたい。

紫色のログが私の辿ったルート



昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。
画像の掲載にあたっては許可を頂いたうえで利用させていただいております。

アルバム

ネットでバスの時間を調べると午前中は7:41発の1本だけ。これに乗り損ねるとルート変更を余儀なくされるので、早めにバス停に向かう。バス停には先客がいた。単独のハイカーさんだ。三脚を縛り付けた50リットルほどのリュックを背負い、フルサイズの一眼レフをお持ちだ。気合の入った出で立ちは如何にもザゼンソウ狙い。お聞きすると果たしてそうであった。先週も訪れたが、一株も咲いていなかったとおっしゃった。
時間通りのバスに乗り込むと乗客は私ともう一人のハイカーさんだけだった。15分ほどで最終のバス停に到着した。ここから県道を南へ少し歩くと県道沿いに保護地の看板があった。
看板に従うと県道と沢に挟まれたごく狭い範囲で、それっぽい葉が地面から出ている。

タケノコのように丸まった葉ばかりだが、よく見ると開花しているザゼンコウが5株ほど目に留まった。

実際に見るザゼンソウは思いの外小さくて可愛らしい。

保護のため柵で覆われており、柵外から真正面に見れたのは2株ほどだった。

杉林の湿った地面という環境はそこらじゅうにあると思えるが、埼玉でも保護地しているところは少なく、横瀬町では天然記念物として指定されているほどだ。

いつまでも残しておきたい自然だ。さて、一通り撮影が終わると、ハイカーさんはやっと三脚を構え出した。これから長い撮影に入るのだろう。
こちらはこれから15kmほど行程なので、早々に歩き始めた。

まずは正丸トンネル出入口に近い取り付きを目指す。 奥武蔵登山詳細図に旧名栗街道なるルートが記載されているのでそちらに向かう。 それらしい道を進むと、山の神があり、その先には巳待塔(みまちとう)と記された石碑と神社が建っていた。
左画像で右に続く作業道へ入る。ここは主に地元の人に使われていると思われる。
踏み跡を進むと旧正丸峠から続く旧道と合流する。ここは追分の道標と呼ばれた町指定の史跡で、ミツデカエデの大木の下に古そうな道標があった。
右画像にある道標には、「右は名栗・八王子、左は子の権現・江戸」と記されていた。

他にも石仏が二体あった。石仏の土台は大木に覆われていた。
この後、県道に出てしばらく歩くとR299に出た。右には正丸トンネルの西側の出入口がある。昔は正丸峠や正丸トンネルは心霊現象で有名な場所だった。
R299を渡り、奥武蔵登山詳細図に従い足を進めると、辰見沢右岸尾根の取り付きに出た。この日は午前中は曇りで午後から晴れるという予想だが、少し風がありじっとしていると肌寒さを感じる陽気だ。ここから汗を掻くだろうから、少し休憩して喉を潤しておく。 取り付き付近は少々笹に覆われているが始めだけだ。
これでもかと、しつこいほどの黄色テープと薄い踏み跡が続いている。

途中で二度ほど踏み跡を見失うが、高みを目指して進むのみ。
途中でお腹が空いたので、切り株に腰掛けておにぎりを一つ食べた。しかし花粉症には辛い環境。くしゃみが止まらない。マスクをしていれば楽だけど、登りでは負荷が増えて息苦しいばかりだが、こればかりはしょうがない。
稜線まであと300mほど。終盤に待ち構えていた急斜面を登っていると、斜面の途中に単独ハイカーさんがいた。こんなルートを下りで使うとは、なかなかツウな方だなぁと関心したが、その場にじっとして私を待っている様子だ。 間違えてこの尾根に迷い込んだのだろうか。そばに近づくと、この先も黄色のテープが続いているかと聞かれた。「テープは続いてますけど、あてにしないほうがいいですよ」と、お伝えすると、先に虚空蔵峠はあるかと聞かれた。 虚空蔵峠は稜線上にある峠なので、やはり間違えて辰見沢右岸尾根に迷い込んでしまったようだ。「稜線の分岐に道標がなかったので間違えた」とおっしゃっていた。一般登山道からこんな尾根に迷い込むほど、紛らわしいものか気になった。稜線までハイカーさんと一緒に進む。稜線に出ると、ハイカーさんとは向かう方向が反対なので別れた。
分岐部で振り返ると、辰見沢右岸尾根には薄い踏み跡が続き、テープが付いているから確かに紛らわしいが、一般登山道ははっきりしていた。 とりあえずは遭難に繋がなくてよかったと思う。 稜線をしばらく進むと、牛立久保という名の奥武蔵グリーンラインが併走する分岐に出た(右画像)。
山と高原地図には記載されていないが、登山詳細地図には、この分岐の東西にあるピークのそれぞれに山名が記されている。東側が横見山で西側が二子山。まずは横見山に寄ってみた。道標はあるだけで横見山を示すものはない。このピークでひとまず休憩を取る。すぐ後ろに奥武蔵グリーンラインがの林道が通っているが、ひっきりなしに車やバイクが通行しているので、うるさくてしょうがない(^_^;)
次は進行方向の二子山に向かう。二子山と呼ばれるのは、横見山と双耳峰に見えるからだろうか。こちらのピークも道標があるだけで、山名を表すものはない。 引き続き先へ進む。奥武蔵グリーンラインがすぐ横を並行しており、七曲り峠で一旦林道に出る。
七曲り峠から再び山道へ進むと、ちょっとした岩稜となる。
樹間越しの武甲山を眺めながら、稜線を淡々と進むとカバ岳に到着。ここは登山詳細地図では刈場岳とあった。
カバ岳を過ぎると林道に出るが、直ぐに山道に戻る。
林道から少し進んだ先にあるピーク(左画像)は登山詳細図には、陣場平山と記載されているが、ここにも山名を示すものはない。
その先の林道に出たところが大野峠。
ここには東屋があり、7〜8人ほどのハイカーさんが休まれているのを、横目に先へ進む。