暑さから逃れて奥武蔵の宿谷の滝へ
日 程
2016年7月3日(日) 天気:晴れ
山 名
物見山
コース
鎌北湖(9:38)→宿谷の滝(9:59)→物見山(10:39)(8分休憩)→北向地蔵(11:18)→鎌北湖(11:49)
コース図
駐車場
鎌北湖駐車場
温泉他

山行記

7月を迎えた最初の週末、関東近郊は梅雨の谷間で見事に晴れ渡り、東京も猛暑日を記録する今年一番の暑さとなった。
朝一で野暮用をこなすと、すでに屋外はうだるような暑さ。 午後からは用事があるため、大して時間などないのだが、晴れていると我が家から見える越生や奥武蔵方面の山々が気になってしまう。ましてやここのところ山歩きもご無沙汰している。この暑さの中、地元の低山歩きはシンドイものとなるのだが、気になりだすと歩かずにはいられない。
間近で滝など眺めれば多少は涼めるのではと、鎌北湖から宿谷の滝を絡めて物見山に寄り、北向地蔵から鎌北湖に戻るルートを歩いてみた。
今日はガツガツ歩くのではなく、のんびりと写真でも撮りながら、地元の低山を楽しむこととしようと、鎌北湖の駐車場に車を停めるとカメラを忘れたことに気付いた(^_^;)
従ってこの日はiPhone6での撮影となったため、画像の数は少なく、サイズもいつもとは異なる。
あじさいもよく咲いていたが、それほど撮れなかったので、先日ボツネタとなったあじさい街道の紫陽花の模様を最後に掲載してみた。
いまさらの話だが、先日の谷川の歩きで、ふみふみぃさんとニアミスし、ぶなじろうさんも近くを歩かれており、いずれお会いしたいと記事にしたが、何とそのぶなじろうさんとあじさい街道ですれ違っていた。思いが通じたのか、こんなこともあるんだなぁと、つくづく感じ入った。

閑話休題。やはり、この時期の奥武蔵はじめっとした暑さで、休んでいても汗が噴き出してくる。クラクラするような暑さに熱中症にならないよう、マメに水分などを摂りながら歩いた。 目的の宿谷の滝は落差が12m程あって、なかなか見応えがあり、滝の周りは明らかに気温が低く気持ちがよい。休憩するにはもってこいの場所であり、狭い滝の周囲には、涼を求めた家族連れなどでにぎわっていた。

そして奥武蔵主脈を歩いていると、時おり吹くひんやりした風が清涼感を与えてくれて心地よかった。
やはり山の中は気持ちが良い。短時間とはいえ久しぶりにいい汗をかいた。

紫色のログが私の辿ったルート



今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。
画像の掲載にあたっては許可を頂いたうえで利用させていただいております。

アルバム

まずは宿谷の滝を目指して、道標に従い紫陽花の咲く整備された小道を淡々と上り進む。
大した上りではないが、汗が止まらない。じきに舗装路に出た。舗装路を下からサイクリストのおじさんが辛そうな顔して走っていった。
道標を頼りに舗装路を離れる。滝の音が聞こえてきた。木段を下って行くと東屋のある広場に出た。

宿谷の滝はここを下りた右側にある。

宿谷の滝に到着した。滝つぼの左側には木のベンチがあり、夫婦と思しき年配のハイカーが休んでおられた。ここは高い岸壁に囲まれており、先ほどの暑さが嘘のように涼しい。リュックを下ろして汗を拭う。
滝には八大龍王の石碑と、不動明王の石仏が祠に祀られていた。その他にもお地蔵様が祀られており、場所に似合わず何だか物々しい。 古くは修験の場でもあったようだ。 冷たい水で顔を流しながら、のんびりしていると家族連れやハイカーさんが続々とやってこられた。ここは近くまで車で来られるので、この時期、涼しさを求めて来られるのだろう。 早速、子供達は水の中に入り込んで騒いでいる。眺めているだけで、こちらも涼しい気分になるが、次の目的地の物見山に向かう。

先ほどの広場を抜けると物見山への道標があり、それに従い沢沿いの道を進む。
ちなみに気につるしてあるオブジェはよく分からない(笑)
紫陽花と野草
シダが生い茂る小道を歩いていると、パワースポット宿谷小滝とあった。わざわざパワースポットと記載するくらいだから、御利益があるのだろうか。折角だからと寄ってみると、落差1mにも満たないような小滝に少し拍子抜けしたが、何か謂れでもあるのだろうか。
気を取り直して先へ進む。単独のハイカーとすれ違うと、じきに開けた斜面に出た。前方に見えるピークは物見山だろうか。
沢を離れて小尾根に乗った。この尾根なかなかの急登で息を切らしながら、上り詰める。下から同じペースで上ってくる単独のハイカーがいた。急登といっても大した距離はなく、そろそろ休もうかといったところで、急斜面は終わり林道に出た。
ここまでくれば物見山までは眼と鼻の先。シダが生い茂る山道を再び踏み入る。
さらにひと登りすると奥武蔵主脈との分岐にあたるヤセオネ峠に出た。
左画像の分岐を左に進むと3分程で物見山に到着した。広い山頂では多くのハイカーさんが休まれていた。 埼玉県内には山頂に一等三角点を置く山が五山ある。物見山はその中のひとつであるが、展望は全く利かない。ここは12年程前に訪れたことがあるが、その時には展望があったが、時間の経過とともに杉の背が高くなってしまったようだ。
大してお腹も空かず、汗を拭って、ポカリスエットを喉に流し込む。ベンチに座って休んでいると、日和田山方面から、ハイカーの団体さんがやって来た。これを機に次は北向地蔵を目指して歩き出すことにした。
北向地蔵までは奥武蔵主脈を歩くが、さすがにメジャーなハイキングルートとして遊歩道のようだ。途中、舗装されている箇所もあった。
そして、なんと山の中だというのに、野菜の無人販売をしていたが、考えてみると良い商売かもしれない(^^;
それにしても多くのハイカーが行き交う。トレランしている外人さんの集団や、少人数、大人数でのハイカーさんグループやらひっきりなしにすれ違う。この暑い時期でも、これだけのハイカーが歩いているというのは、さすがメジャーなルートだけのことはある。
いつのものだか確認するのを忘れたが、古い道標が残っていた。

じきに北向地蔵にたどり着いた。傍に小高いピークがあり、何人かのハイカーが食事をしていた。 お地蔵様の写真だけ収めて鎌北湖を目指して早々に下り始める。
北向地蔵の由来
シダ植物と野草
ジャングルのような鬱陶しい登山道を下ると北向地蔵から30分ほどで駐車場にたどり着いた。
この後は予想通り自動販売機でコーラを買ってがぶ飲み(^^;
鎌北湖はへらぶな釣りのメッカのようなところ。この暑い中、大勢の釣り師で賑わっていた。
3時間程度の歩きだったが、程よく汗をかきながら気持ち良く歩けた。


先週のあじかい街道の模様












気になるスポット注文の多い料理店「山猫軒」に寄ってみた。