ツツジを期待して物見山と岩殿観音へ
日 程
2016年4月9日(日) 天気:晴れ/曇り
山 名
物見山(135m)
コース
-
コース図
-
駐車場
岩殿観音駐車場
温泉他

山行記

いよいよ山笑う季節の到来か。
麗らか春の陽気に、山も賑やかになってきたことだろう。
先日、たそがれ親父さんが東松山市の物見山を探索されている。物見山はツツジでも有名な場所で、五月の連休にかけて4万本のツツジが咲き誇る。まだ時季的に早いようだけど、気もそぞろに物見山へ訪れてみた。
車で物見山へ向かうと、次第に周囲には車道を走るサイクリスト達の数が増えてきた。
このあたりはサイクリストの聖地と密かに思っているが、この日も老若男女様々なサイクリストが行き来していた。 こんな陽気でのサイクリングは気持ちがよさそうだ。

アルバム


さて、いつもの岩殿観音の駐車場に駐車する。

目の前に見える山頂部の広場では桜が満開のようだ。そして、斜面を埋め尽くすツツジはやはりこれからといった感じだが、山の中で見かけるヤマツツジやミツバツツジは花を開いて彩りを添えている。なかなかいい感じではないか(笑)

まずは物見山へ向かう。向かうといっても山頂部の広場は目と鼻の先。
春の暖かな日ざしがなんとも心地よい。近くではウグイスが鳴いている。

すでに山ツツジはいい感じで咲いている(^_^)

周辺の樹々を揺らす風に、クシャミが出る。スギ花粉は終わっていると思うが、ヒノキに反応しているのだろうか。
ヒノキ花粉は大丈夫な筈だが、今シーズンは怪しい。

桜は峠を過ぎたようではあるが、まだまだ見ごたえがある。

山頂の桜は来週までは持たないでしょう。

山広場では、まさに桜吹雪の状況にある。祖母と孫娘とおぼしき二人の女の子が夢中になって桜の花びらを追い回している。

他には年配のご夫婦が散歩している。ほのぼのとした風景に、ベンチに座っていると眠ってしまいそうだ。 地面を覆い尽くす桜の花びら。まるで雪でも降っているかのようだった。

これはミツバツツジであろうか。山の中で見かけるツツジは満開に近い。

かたや公園に咲くような丈の短いツツジは蕾で開花していない。開花は5月の連休明け頃だろうか。その時には4万本のツツジの咲き乱れるらしいが見てみたいものだ。

桜の白の中で、ツツジの紫がよく映える。

山頂から街中を遠望すると、心なしか空気が黄色く見えるのは、黄砂の影響だろうか?

次は岩殿観音へ向かう。お馴染みの観音堂と大イチョウ。

ここも桜が多い。古刹での桜吹雪もなかなか味がある。

毎度のごとく、観音堂横の岩壁にある四国八十八ヶ所の石仏を見物する。

昔の門前町を偲ばせる景観がよい。ここはお気に入りの風景に一つ。やはりここは落ち着くスポットだなぁ。
参拝客なのか、地元の方かベンチに腰掛けのんびりとしている。長閑でいい雰囲気だ。

次は鎌倉時代に鋳造された銅鐘と、茅葺屋根の鐘楼を見に行く。 裏を見ると踏み跡が続いている。市民の森とある。

格好はスニーカーだけど、少しだけ進んでみるか、と上を覗くと、石仏がいくつか見える。

先へ進むとおびただしい数の石仏が並んでいる。なるほどここに日本百観音石仏群が祀られていたのか。
位置的には四国八十八カ所の石仏がある岩壁の上にあたる。

一番でかいのが、千手観音 正法寺とあった。ピークを巻くように石仏が並んでいる。ちょっと覗いてみよう。

ここには本当に坂東三十三、秩父三十四、西国三十三カ所に四国八十八カ所で、188カ所分の石仏があるのだろうか。

訪れる人もほとんどないのだろう。踏み跡もだいぶ怪しい。
果たして百体あるのか気になったが、時間が掛かりそうなので石仏のカウントはパスした。

しかし、山ツツジは見事だなぁ。

帰りがけに、以前、ぶなじろうさんから教えていただいた青蓮寺の青色石塔婆を見に行ってみた。

青蓮寺の向かって左側に弘安四年銘板石塔婆を見つけた。

これが青色石塔婆。千年近く前に建立された古の石塔婆。
ごくありふれたといっては失礼だが、普通の寺院にこのような歴史深いものがあるとは。。。
なかなか見られるものではないので、しばし眼福にあずかった(^_^)

ぶなじろうさんの記事に時折り登場する武蔵七党に所縁のある史跡だ。