ヒカゲツツジを求めて鉄五郎新道へ
日 程
2016年4月10日(日) 天気:曇り
山 名
広沢山(848m)、大塚山(920m)、鍋割山(1,084m)、奥の院(1,077m)、城山(759.7m)、
コース
鳩ノ巣駅前駐車場(7:15)→寸庭橋(7:35)→金毘羅神社(8:17)(16min休憩)→イワウチワ群生地(8:36)(8min休憩)→広沢山(9:29)→大塚山(9:50)(25min休憩)→御岳山(10:55)→奥の院(11:31)(5min休憩)→鍋割山(11:51)(5min休憩)→大楢峠(12:44)→城山(13:21)→鳩ノ巣駅前駐車場(14:06)
コース図
駐車場
鳩ノ巣駅前駐車場
温泉他

山行記

四月を迎え春の足音も聞かれるようになってきた。桜が街中を春一色に染めたかと思うと、すでに峠を越え儚くも散り始めている。しかし近辺の里山ではこれから春本番を迎えることだろう。山桜やツツジが賑やかに咲き乱れるのが待ち遠しい気分である。これから連休頃までは期待できそうだが、毎週山に行けるわけでもなく、行ける時に行っておかないと後で後悔することになる。
奥武蔵では大持山や小持山あたりでツツジやアカヤシオが咲いているようだが、たまには知らない場所を歩いてみたい。
ということで、前日の土曜日にネットでリサーチを始める。
すると、最近の記録に奥多摩でヒカゲツツジとイワウチワが見られるという情報を見つけた。青梅線の古里駅から、広沢山、大塚山、そして御岳山に抜ける鉄五郎新道という尾根歩きとあった。記事を読んでいるだけでは、地理的にぴんとこない。山と高原地図を眺めるがルートの記載はない。バリエーションルートなのか。詳しく調べてみると結構歩かれているようだ。
ヒカゲツツジなんて名前しか知らない、レアなツツジで、是非とも見てみたいものだ。それにイワウチワも見頃のようなだし、鉄五郎新道も歩きごたえがありそうだ。明日はこのルートを歩いてみよう。この尾根は越沢の右岸にあたり、大塚山に出て、越沢の左岸をトラバースして戻るパターンが多ようだけど、せめても御岳山くらいは行ってみたい。
御岳山は何度か訪れているが、想い起すと登山の対象として歩いたことがない。周辺には日の出山、鍋割山、大岳山といった名だたる山々がひかえているが、どの山も歩いたことがない。特に大岳山は独特な山容を持ち、我が家からもそれと分かる山で、以前から気になっていた。この山の山頂部を見て和式便器を連想するのは、私だけだろうか(笑)
さらに地形図を眺めると、鍋割山から鳩ノ巣駅まで一本の尾根が続いている。途中には城山という山があるルートだ(下図参照)。
この尾根は鍋割尾根と呼ばれ、それなりに歩かれているようだ。下りとなるが復路で歩いてみよう。そして鍋割山に着いた時点で余力があれば、大岳山までピストンしたいが、それだと20kmに近いロングコースになってしまう。夕方から用事があるので多分無理だろう。

紫色のログが私の辿ったルート



今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。
画像の掲載にあたっては許可を頂いたうえで利用させていただいております。

アルバム

さて、久しぶりの奥多摩。昨年末に高尾を歩いたが単独で奥多摩に赴くのは初めてかもしれない。まずは青梅線の鳩ノ巣駅近くの無料駐車場に向かった。自宅から1時間20分程走り、7時頃に到着した。駐車場にはすでに結構な台数の車が停まっていた。多くのハイカーが歩き始めている。ここを起点するハイカーはおそらく川苔山目当てだろう。この駐車場にはトイレがあり、用を済ませてさっさと出発する。
青梅街道を鳩ノ巣駅の隣駅である古里(こり)駅に向かって歩くと右手に尾根(右画像)が見える。復路に歩く予定の鍋割尾根で、尖がったピークが城山だろう。

古里駅から程近い寸庭橋で多摩川を渡った辺りから山道に取り付く。そのため、青梅街道を古里駅に向かう。 山の斜面に咲く桜や菜の花など、すっかりと春の訪れを感じさせる風景は、味気ない都道歩きの退屈しのぎになる。
前方に寸庭橋が見えた。国道を外れて橋へと向かう。民家の庭先に咲くスミレなど色とりどりの花々に思わず足も止まる。なかには二輪草が咲いていた。

多摩川を渡る寸庭橋の手前には、立派な有料駐車場とトイレがある。ここを起点にする観光地でもあるのだろうか。何のための駐車場なのか気になってしまう。
橋を渡って、すぐ右に山道が続いており、御岳山の標識がある。ネットで見た取り付きに安心して足を向けた。私のすぐ後ろに単独のハイカーさんが歩かれている。 しばらくは多摩川の右岸をトラバースしながら進むが、所々で作業道の分岐があり、少々分かりづらい。
当てずっぽうに登り進むと、鉄パイプ製の手すりが付いた橋に差し掛かった。道に従い橋を渡ると、舗装された道に変わり集落に出た。
え!いったいどこだ。ここは?
予想だにしない展開に戸惑う。地形図で現在地を確認して合点がいった。 先ほど渡った沢が寸庭川で、その左岸の尾根を歩かなければならない。そこで先ほどの橋に戻る。単独のハイカーも勘違いされて橋を渡ってこられた。お互いに分かりづらいねと言葉を交わして、寸庭川の左岸尾根を進む。後でネットで調べてみると分かり難い箇所として紹介されていた。
しばらく進むと次は越沢の右岸をトラバースしながら進む。 道端にヒトリシズカが咲いていた。
私も単独のハイカーさんも立ち止まって一緒に写真を撮る。 越沢から離れると徐々に高度を上げ、支尾根を乗り越す。

周囲にはチラホラとミツバツツジが散見されるようになる。

前方に崩壊した廃屋と鳥居が見える。どうやら金比羅神社に到着したようだ。周辺にはミツバツツジなのか、綺麗に咲いている。
鳥居を抜けると尾根に乗った。この尾根が鉄五郎新道なのだろう。

尾根に向かって左側が進行方向だが、右奥には金比羅神社の社が見えた。 先ほどの単独ハイカーさんは一足先に神社で写真を撮られている。

ここが金毘羅神社。そしてヒカゲツツジが見られるポイント。本日の一番の楽しみである。
さぁ出会うことが出来るだろうか、周辺を見渡すがミツバツツジしか、目に付かない。
心配になりハイカーさんに伺うと、神社の裏手に咲いているとのこと。

裏手に回ってみると、ポツポツとであるが、ヒカゲツツジが咲いていた。

ポツポツというのが、何ともレア感があっていい感じである。
さらに神社の裏手は越沢バットレスといわれる断崖絶壁。足が竦んで近づくのも大変だ。まだ三分咲きくらいだろうか。何れにしても出会えて良かった。
撮影に夢中になっている間に、単独ハイカーさんは、先に進まれたようだ。

別の単独ハイカーさんが登ってこられたのを機に、先に進むことにした。

尾根に佇む仏様

尾根の西斜面を覗きこむが、これ以上は怖くて近寄れなかった。越沢バットレスと呼ばれる絶壁で、ロッククライミングで有名なところだ。ここは主にマルチピッチクライミングで登られるようだ。 この撮影ポイントの右側に支点となるボルトが何本も埋め込まれていた。こんなところから落ちたらひとたまりもない(^_^;)
鉄五郎新道をひたすら登る。次はイワウチワの群生が気になるが、簡単に見つけられるだろうか。しばらくは急登が続く。
息を切らしながら進むと目の前のお手製の標識に目が止まった。周囲を見ると、ちらほらとイワウチワが咲いている。

花自体が小さ過ぎて標識に気づかなければ分からないくらいだが、何度見ても可憐な花だ。

群生地はしばらく続く。
次第に尾根の斜度は増すが、踏み跡がしっかりと踏み固められ、九十九折で登れるので、いつもの?尾根と比べると格段に歩き易い(^_^;)
周囲には岩が目立ち始め、ミツバツツジやアセビが目につくようになる。

イワウチワの群集は続き、目を楽しませてくれる。

復路で歩く予定の尾根が前方に見える。

本日一番の踏ん張りどころ。
急斜面を上り詰めた所が広沢山のようだ。

あとは平坦でなだらかな尾根道が続く。前方にはこれから向かう御岳山や奥の院が見えた。

御嶽神社の辺り。白く見える建物は宝物殿だろう。
しばらく進むと大きなアンテナ施設に出た。施設を回り込むように上り詰めると大塚山に到着。
広い山頂には複数のベンチがあるが、予想に反して誰もいない。ここまで2時間半ほど経過している。写真を撮るのに時間を取られてはいるのだが、思いの外時間が掛かった。 お腹も空いたので、ここで昼食タイムとした。 御岳山の方から何人かのハイカーがやって来ては、ベンチで休憩されている。 食後のコーヒーを飲んで、次の目的地である御岳山を目指す。