戦国時代の山城・杉山城跡と比企郡の一望を期待して二ノ宮山に行ってみた
日 程
2016年9月4日(日) 天気:晴れ
山 名
二ノ宮山(131.8m)
コース
コース図
駐車場
温泉他

山行記

前回の山行からだいぶブランクが空いてしまった。 暑さのせいもあって、山に足が向かないのもあるのだが、今年の休日は地元絡みのイベント毎が多く時間が作れない。しかし、歩かないとますます億劫になってしまう。
この日も夕方から用事があるのだが、散歩でもいいから歩いてみようと思い立った。しかし適当な場所が思い浮かばない。
そこで、ふと思いついたのが、山ではなく城跡のお散歩。
地元ともいえる埼玉県比企郡は、武蔵、上州、甲斐、相模を結ぶ要衝として、平安の時代から戦国時代まで動乱が続いた土地柄で、なかでも戦国時代においては、武田、北条、上杉と三つ巴の戦乱が繰り広げられたことでも知られている。「比企城館跡群」として、周辺には松山城、鉢形城など重要な拠点を補佐する支城があちこちに点在していた。そんな土地柄のため、いまもあちこちに山城跡がある。
その中でも、高度な築城技術により、知名度が高く「築城の教科書」「戦国城郭の最高傑作のひとつ」と埼玉屈指の名城の誉れ高い杉山城跡に行ってみた。
城跡自体は保存状態がよく当時の遺構が残っており、見応えは十分だったが、何だか歩き足りず、近所にある二ノ宮山という大きな展望台のある山もついでに寄ってみた。

なお、この杉山城の歴史についてはまだ明らかになっていないことが多いようだが、近年の発掘調査によれば、扇谷上杉氏と山内上杉氏による「長享の乱」(1487年-1505年)のあと、山内上杉氏側によって築かれた城だと考えられている。その後、松山城と同時期に北条氏の属城となり、1590年(天正18年)の「小田原の役」で廃城になったと考えられるとのこと。

アルバム

まず、城跡への入り口を探さなければならない。車で城跡を一回りすると案内板を見つけた。その近辺の広いスペースに停めた。
炎天下で容赦のない日差しに、頭もくらくらしてきた。そのまま帰りたくなる陽気だ。 山歩きの準備をしていないので、帽子や日焼け止めを忘れてしまったが仕方がないと諦めて歩き始める。案内板に従って進むとじきにそれっぽい遺構が見えてきた。
杉山城跡は小高い丘陵にあり、駐車スペースから大した標高差もなければ、距離もないのだが、暑さのためか何だかしんどい。

お寺の脇を抜けると、下草が刈り取られた典型的な遺構が目の前に広がる。 まずは大手門の出郭と呼ばれる郭跡に出た。
ここは私有地だが地権者の好意で一般に公開されているとのこと。広範囲に下草が刈り取られているので遺構の状態がよく分かるが、地元のボランティアのご尽力で維持されているとのことだ。
嬉しいことにパンフレットと杖が用意されている。パンフレットの存在は知っていたが、杖まで用意されているとは知らなかった。
草を刈った後の匂いが充満している。一歩踏み出すごとに、トノサマバッタ、ショウリョウバッタ、イナゴなどが一斉に飛び立つ。子供の頃であれば、日が暮れるまで網を持って追っかけ回していることだろう。
子供にとっては、秘密基地のようなワクワクする場所だと思うのだが、近頃の子供たちには興味がないのだろうか。そういえば周囲を見渡しても、子供はおろか人っ子ひとりとしていない。 熱中症で行き倒れないように、見学して早々に戻ろう。

大手口、馬出郭、南二の郭などを渡り歩き本郭に到着。城址の碑と解説板が建っている。
歩き始めて10分程度だが、すでに汗だくになってしまった。日陰に移ってしばし休憩する。
鎌倉街道を見下ろす比企丘陵の尾根上におよそ10の郭を配置した縄張となっているようだ。

見事なほどの遺構。

日なたに出ると汗が止まらない。ジリジリする暑さのなかで、草の匂いに満たされながら、立ちすくんでいると往時が偲ばれる。この場所で合戦が繰り広げられたかどうかは分からないが、まさに「夏草や兵どもが夢の跡」。
勇ましくも儚い栄光を夢見た戦国武士たちの息遣いが聞こえてきそうな場所だ。

9月になっても涼しさはなく、暑苦しさには閉口するが、
稲田は黄色に染まり、知らず知らずのうちに季節は移ろいでいる。


まだ、少し時間があるので、杉山城から10kmほど離れた滑川町の二ノ宮山へ行ってみた。 ここは以前から何かのついでに寄ってみようと考えていた山である。頂上の展望台からの眺めがよいらしい。

駐車場から舗装路を400mほど進むだけだが、すでにバテバテ。山頂直下の石段が意外ときつかった(笑)


展望台が立つ二ノ宮山の山頂に到着。

ここも暑さのためか、人はいない。

伊古神社の奥社。さぁ、滑川町のシンボル塔ともいわれる展望台に登ってみよう。

奥武蔵の山並みが一望できる。素晴らしい展望が広がる。奥には比企三山の笠山と堂平山が遠望できる。

手前に広がる比企丘陵。このエリアに山城が多く点在していたと言われる。

北側は熊谷方面。広がる田園に秋を感じる。日陰に入ると若干の涼しさを感じるのは、高い位置にいるからだろうか。

こちらは東京方面。スカイツリーも見えるようだが、今は見えない。空気が澄んだ冬の時期にまた訪れたいものである。