北条早雲ゆかりの韮山城跡(龍城山)へ
日 程
2016年2月8日(日) 天気:晴れ
山 名
龍城山(41.7m)
コース
城池親水公園(9:13)→龍城山(9:21)→城池親水公園(9:33)→蛭ヶ小島
コース図
駐車場
城池親水公園の駐車場
温泉他

山行記

達磨山に続き、伊豆の国市韮山町にある龍城山に向かった。
韮山町は伊豆半島の付け根の三方を山で囲まれた田方平野に位置する。長岡温泉や修善寺が近く、年間を通して温暖な気候でいちごの栽培も盛んな土地でもあるが、ここは明治日本の産業革命遺産として、世界遺産に登録されて一躍有名になった韮山反射炉をはじめ、歴史的な史跡が多い。 特に源頼朝が長い間幽閉されていたこともあり、源頼朝や北条政子にまつわる史跡が多く点在している。
田方平野の東にぽつんと浮かんだような龍城山は標高は41m程度で南北に延びる細長い小山である。中世には韮山城が築かれ場所でもあり、どちらかというとそちらの方が知名度が高いようだ。韮山城はかの北条早雲の居城として知られ、戦国の末期まで北条の支城として、北条を支え続けた城でもある。
細長い尾根上にいくつかの曲輪が堀切で区切られた構造で、今は当時の土塁や堀切などの遺構を残す。
そこで遺構の見物も兼ねて歩いてみた。

城跡のほど近くには江川邸という代官屋敷としても使われた屋敷が、当時のまま残されており、広大な庭と共に500円の拝観料で見学できるようになっている。特に江川英龍、通称江川太郎左衛門という人物が英傑で、韮山反射炉を造り、江戸の軍事の近代化を進めた人物で。。と話し出すと長くなるので、やめておこう(^_^;)
江川邸は過去に3回程行ったことがあるが、なかなか見応えがある。江川邸の隣には民俗資料館もセットで拝観するのがオススメ。

北条といえば戦国末期に掛けて一大勢力を誇り、関東一帯を支配下として版図を広げていた。当時の当主である北条氏政が本拠地の小田原城を、そしてその兄弟で、氏照が八王子城、氏邦が鉢形城、そして、氏規がこの韮山城を治めていた。 しかし、豊臣秀吉による約22万人にも及ぶ小田原征伐に合う。その際に韮山城は4万の軍勢に攻められるも3カ月以上持ち堪えたという強固な城だったらしい。 時を同じくして鉢形城は前田利家・上杉景勝の北国軍に包囲され、1ヶ月余りにおよび粘りを見せるも、車山から本多忠勝に大砲を打ち込まれ開城した。そして小田原城も落ち、北条氏は滅亡へと追い込まれた。
そんな歴史の一遍にふれるべく一昨年の鉢形城跡に続き、韮山城跡も見物してみよう。そして次の機会にでも八王子城跡を歩いてみたい。

韮山城周辺案内図

アルバム


先ほど氷点下だった達磨山とはうって変わり、上着が不要なくらい暖かい。 韮山城跡も含めて城池親水公園として整備されており、大きな城池がある。
そこの駐車場に車を停めた。

城池の向こうには見えるのは天ヶ岳砦

堰堤から西側に龍城山がある。そちらへ進むと韮山城跡の説明板があった。じっくり読んで予習しよう。
まずは三ノ丸に向かい木段を登る。両サイドに切り立つ土塁に、登城している気分になる。
少し登った平らな三ノ丸があったと思われる場所は県立韮山高校のテニスコートがあり、テニス部員が練習していた。
実は韮山高校はうちの奥さんの母校でもあるが、龍城山なんて知らないと言っていた(笑)
三ノ丸の隣が権現曲輪であり、今も熊野神社がある。

神社の境内では地元の方達が掃除されていた。
堀切を抜けると広場に出た。ここは二の丸跡のようだ。

前方には先ほどの達磨山方面が望める。達磨山山頂部は相変わらずガスに覆われているようだ。

西に見ると田方平野の向こうに沼津アルプスが見える。手前が原木駅あたりであろう。

その先には本丸跡があった。山名板はないが、ここが龍城山の山頂部である。

韮山城跡の南に位置ずる天ヶ岳周辺も砦などが多く、いつか時間があればじっくりと歩いてみたい。

城池の向こうに天ヶ岳が見える。
本丸跡の先は行き止まり。土塁や土橋などの遺構が残る。ここは塩蔵だったということだ。

眼下には韮山高校と田方平野が見渡せる。なるほど標高の割にはなかなか見晴らしが良い。
伊豆の玄関口として睨みを効かせる戦略的な重要な拠点だったのだろうということが伺える。

熊野神社まで戻り、往路とは別に堀切から城池に下りて駐車場まで戻った。

帰りがけに源頼朝の流刑の地であった蛭ヶ小島に寄ってみた。
蛭ヶ小島。