西沢渓谷を歩くも通行止めと告げられ敢え無く退散
日 程
2016年4月23日(土) 天気:曇り/晴れ
山 名
西沢渓谷
コース
道の駅みとみ(10:32)→ねとりインフォメーション(10:53)→人面洞(11:41)(50分休憩)→道の駅みとみ(13:26)
コース図
駐車場
道の駅みとみ
温泉他

山行記

この日は久しぶりのHさんと山梨県の小楢山に行く予定で、圏央道、中央道と乗り継ぎ、勝沼ICに向かった。山梨県は終日晴れ予報。富士山を始め八ヶ岳や南アルプスの展望を期待して小楢山にしたのだが、中央道に移ると曇天で山の上はガスっている。何とも怪しい空模様。少し心配になったが笹子トンネルを抜けると晴れ間が広がり安心して勝沼ICを下りた。

小楢山に向かうコースは幾つかあるが、焼山峠からのピストンが一番楽なルートのようだ。このコースを歩くべく、県営林道川上牧丘線を焼山峠へ向かうと、途中で対向車から通行止めを知らされ、焼山峠は断念する。別のルートに変更することも考えたが、時間的にも厳しいということで諦めた。
それでは別の山にしようと、近隣の山を調べてみるが、2〜3時間で歩けそうな手頃な山が見当たらない。
帰りは雁坂トンネルを抜けて秩父経由と決めており、その途中に西沢渓谷がある。 西沢渓谷といえば、七つ釜五段ノ滝が有名である。駐車場から西沢渓谷沿いに七つ釜五段ノ滝まで登り、復路は対岸の斜面をトラバースして下る周回ルートが一般的だ。1周で4時間程度か。 すでに時刻は10時を過ぎている。車での移動も考えると、いささか時間が経ち過ぎている気もするが、このままではただのドライブになってしまう。

ということで西沢渓谷を歩いてみたが、結局、西沢渓谷でも途中で撤退を余儀なくされ、渓谷の河原でランチをした後、すごすごと引き返すこととなってしまった。
消化不良な歩きとなったが、これから新緑を迎える西沢渓谷で、山を彩る桜や道端に咲くツツジが何とも綺麗で、すがすがしい空気の中、気持ちよく歩くことができた。
大して歩いたわけでもないが妙に疲れた。 いつもは温泉に浸かって仮眠をするから、全く眠気はないのだが、帰りの運転で久しぶりに眠気に襲われた。

当初歩く予定だった小楢山は、あんぱんさんたそがれオヤジさんのブログで知って以来、いつかは歩いてみたい山であった。今回は残念ながら歩けなかったが、いずれ機会があれば、父恋し路、母恋し路のルートを訪れてみたい。

アルバム

早速、道の駅みとみに移動して歩き出す。空は曇り気味で少し肌寒い。標高1,000mを超すと下界とは違うようだ。
道端には大きく立派な桜が見事な美しさで佇んでいた。

花の密度が濃い。まるで個々の花々が我こそはと自己主張しているようだ。

ついつい見とれてしまう。
東沢山荘を抜けた先のゲートに気になる記載がある。 4月28日まで登山道冬季閉鎖ということだ。 雪などとっくにないと思うが、なぜGWまで通行止めにする必要などあるのだろうか。とにかく行けるところまで行ってみよう。

道々に咲くミツバツツジが綺麗だ。
年配のご夫婦が同じペースで歩かれている。ご夫婦が東沢山荘の方に聞いたところによると、途中で倒木が道を塞いでいるとのことだった。
久しぶりのねとりインフォメーションセンター。 西沢渓谷は子供が小学2年生の頃に一度訪れたことがある。かれこれ13年前の話であるが、記録を残しているせいか、歩いていると色々と当時の事を思い出す。
そして3年前には、右画像の西沢山荘から、徳ちゃん新道を進み甲武信ヶ岳から雁坂峠を周回した。まるで拷問のような長距離ルートだった(^_^;)

この辺りは標高が1,100mほどであり、新緑というにはまだ早いようだ。多少涼しくもあるが、歩いていればじきに暑くなりそうな陽気である。
周囲にはちらほらとツツジが散見される。芽吹く季節を迎えるこの辺りでは、あざやかなツツジの花が一服の清涼感を与えてくれる。
そして横を流れる笛吹川の対岸の斜面には桜が彩りを添えている。

二股吊橋から東沢とその奥の鶏冠山が見える。ここで笛吹川は東沢と西沢に分れる。 軽装の若いカップルとすれ違った。倒木の所で引き返してきたのだろうか。

西沢渓谷の看板を掲げたベンチのある休憩所のような場所に出た。鶏冠山の標識が出ている。山梨百名山に指定されている鶏冠山は、急峻な岩場が続く。山梨百名山の中でも一際険しくて、難易度が高い山として知られる。いずれ歩いてみたい。

さて西沢渓谷に向けて足を進めると眼下に大久保の滝が見えた。ここはまだ序の口。

徐々に高度を上げながら、西沢渓谷の左岸を進む。

西沢渓谷独特のエメラルドグリーンに輝く渓谷。

足元は滑りやすい。軽装にスニーカーといった出で立ちの観光客も多かった。
苔むした岩場も良い雰囲気を醸し出している。

撮影ばかりで歩みは遅々として進まない(笑)

人面洞に到着した。ここで休憩していると、林業関係と思しき方に追いつかれた。
その方は倒木を撤去するために現地に向かわれているとのこと。すでに2人先行しており、急いでいるようだった。その方から引き返した方がよいと言われてしまった。
直接言われたら戻るかしかない。ということで残念ではあるが、ここで引き返すことにした。ちょうどお昼の時間。ここでランチタイムとした。
今日は、「贅沢だしスッポンスープ」コラーゲン1,000mg入り。こんなシリーズが出ていたとは知らなかった(笑)

単独のハイカーさんが我々の横を抜けて先へ行かれた。戻って来られるのだろうと思っていたが、後日談でその方はそのまま周回できたようだ。

川のせせらぎや鳥のさえずりに身をゆだね、川面を眺めながらコーヒーを飲むなんて、何とも贅沢な時間(笑)

すがすがしい山の空気に心地よいひと時を過ごせたので、とりあえずは満足。

ツツジもいいけど、やはり西沢渓谷は新緑の頃か、紅葉の時期に訪れてみたい。渋滞覚悟で(^_^;)

カラマツ林もいい雰囲気。杉やヒノキが周囲に見当たらないものいい。





駐車場に戻る頃には青空が広がり、荒々しい鶏冠尾根もはっきり見える。




東沢山荘の前にイカリソウと思われる花が咲いていた。

道の駅みとみから見た鶏冠尾根。なるほどあの尾根を左から歩き通すのは骨が折れそうだ。右のガスが掛かっている辺りが木賊山だろうか。 ハードコースに違いはないが、眺めているとますます歩きたくなる(笑)
またここを拠点として、雁坂峠から雁峠まで縦走するルートも未踏で気になっている。2つの課題、機会があればチャレンジしたい。