久しぶりの大平山はシロヤシオが咲き乱れていた
日 程
2016年5月22日(日) 天気:晴れ
山 名
大平山(1,603m)、七跳山(1,651m)、坊主山(1,640m)、矢岳(1357.9m)
コース
駐車位置(6:44)→栗山尾根取付き(7:02)(5min休憩)→栗山(7:52)→大ドッケ(9:19)→大平山(10:32)→大クビレ(10:45)(10min休憩)→七跳山(11:25)→坊主山(12:03)→牛首(12:25)→立橋山(12:58)→赤岩ノ頭(13:23)→矢岳(13:52)→篠戸山(14:54)→駐車位置(16:35)
コース図
駐車場
浦山大橋側駐車位置
温泉他

山行記

そろそろ秩父でもシロヤシオが見頃を迎えるのではないだろうか。
思い返すと白い花で覆われたシロヤシオをまともに見た記憶がなく、今年こそは秩父の山でシロヤシオを拝もうと狙っていた。 そんな時にぶなじろうさんのブログでヤマツツジ、ミツバツツジやシロヤシオなど咲き乱れた日光方面のレポートを拝見すると、まさにツツジ祭りでも開催されているような様子だ。あんな状況を目の当たりにできれば、たまらないだろうなぁと、早速、後追いしたくなるが全く馴染みのない山域だし、おいそれと向かうわけにもいかない。

だけど、こちらもうかうかしてられない。
やはりここは秩父でとネットで調べると、例年、大クビレから七跳山に掛けてシロヤシオが咲き乱れるようだ。
しかし、選りに選って、七跳山か。。。
秩父からだと日帰りするにはしんどいエリア。軽いノリでさっと片付けられる山ではない。大クビレに出るまでに4時間程度は掛かってしまうのではないか?
喜び勇んで出かけてシロヤシオのシの字も見れなかったら、目も当てられない。
どうするか。。。
テンションは下がってきたが、1年近くご無沙汰している課題が多い山域でもある。
夏の暑い時期は、辛いだけだし、思い立ったが吉日ということで行ってみるか。 それに長沢背稜から矢岳の区間は未踏で気になっていた。
そこで思いついたのが、栗山尾根を末端から歩き、大ドッケ、大平山から長沢背稜に出て、矢岳尾根を戻るなんて考えただけでもうんざりするルート。
そんなルートだが1度は歩いてみようと考えていた。日も長い時期だし、チャレンジしてみるか。途中で嫌になったら、峠の尾根や大ネド尾根にエスケープするか、大クビレから天目山林道をとぼとぼ帰るという手もある。ただ大ネド尾根は熊に遭遇する恐れがあるので、そこは避けたい。

それと栗山尾根の山の神が祀られている岩場が気になっていた。以前、たそがれ親父さんが下りで大巻を余儀なくされた記事を拝見し、どんな所だろうと1度は体験してみたかった。

今日は20km近いバリエーションルート。暑くなる事が予想されるので、重くなるけど飲料水を多めに持たないといけない。去年の乾徳山での熱中症騒ぎがあったことだし、予備も含めて2.5リットルほど用意しよう。

紫色のログが私の辿ったルート



今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。
画像の掲載にあたっては許可を頂いたうえで利用させていただいております。

アルバム

車を浦山大橋橋近くに駐車した。今が6時30分。本日は長丁場になるので、準備も早々に早速歩き始める。
この周辺はお猿さんが多い。道路に出て日向ぼっこしているのか。
栗山尾根の取り付けは、たそがれさんの記事で事前に把握済み。あらかじめ取り付き位置が分かっていると探す手間が省けて楽だ。
それに東電の巡視路が九十九折につづている。 見上げる斜面はいつもながら容赦のない斜度だが、道があるのとないのでは体力の消耗度が全然違う。今日は先が長いので取り付きで楽できるのは非常に助かる。東電の巡視路を淡々と登り進むと鉄塔に出た。

まだ7時過ぎだが日差しが強い。今日も暑くなりそうだ。すでに汗が止まらない。飲料水がいささか足りない気もしてきた。この辺りは標高500m程で、本日の最高地点が1,650m程度なので、登れば多少は涼しくなるかと期待するが、ここ秩父はそんなに甘くない。ますます暑さが増して、嘆いていることが容易に想像できる(^^;

次の鉄塔に出た。開けた西側には復路で歩く予定の矢岳尾根の一部が見える。そしてちょうど伐採地辺りから始まるフナイド尾根を下るプラン。この暑さの中、無事に歩き切れるのか心配になってきたが、実際には5時間半後にあの地に立つことになる。
そんなことを考えながら、呼吸を整えていると、いつの間にやらスズメバチが至近距離にいた。
こいつはヤバイ。攻撃されたらひとたまりもない。早々にこの場を離れよう。
しばらくすると尾根もなだらかになった。最初の目標である栗山も近い。山と高原地図には、丸山と記載されている山だ。足元には栗のイガが多いが、栗山という名は、そんな所から来ているのだろうか。現にこの山域は熊が多い事でも知られ、この近辺でもよく出没するらしいので、クマ鈴3つ装着して臨んでいる。三角点のある栗山にたどり着いた。やっと主尾根に乗ったくらいの感覚で、山頂という印象はあまりない。
植林の薄暗い尾根を進むと、次第に辺りは落葉樹のやせ尾根に変わり、岩場が現れてきた。 高度計を見ると950mに近い。いよいよ例の岩場に近づいたようだ。たそがれ親父さんは2回目の際、山の神を見ずに巻いてしまわれたとのことだったので、注意してみよう。
前方に見るからに険悪な岩場が現れた。 西側には巻道があった(左画像)。巻道の先が件の岩場だな。おそらくたそがれさんはここを巻いてしまったのだなぁと、その時には思っていたが、実は勘違いで東側の巻道を進まれたようだ。後から十津川村さんのコメントを読み直すと、直進または西側の巻道は危険と記されていた。
そんなことをつゆとも知らず、まずは直進して岩の上に向かった。すると確かに東側に顕著な踏み跡があるが、その時は巻道とは思わずに岩の上に続くものと思っていた。
岩の上に出ると山の神がフェンスに囲まれて祀られていた。

さて、岩場は西側に続いている。あの先はおそらく行き止まりだろう。とりあえず確認だけと行ってみようかと思ったが、あの岩場まで行けない(^_^;)
手前の岩場には谷側に傾いた細いステップがあり、そこを抜けないと写真の岩場まで到達できないが、手で掴むものがなく、たかが1m程なのに怖くて足が出ない。
滑って落ちたら只では済まない。
だけど実は行けないことはないとも思うが、行ったところでその先には進めないのだから、無駄なことはやめよう。単独行だと、どうしてもその辺の判断は慎重になると思う。

岩場の直進は諦めた。西側の巻道を進もうと足を出したが、巻道とはいえ楽ではない。
慎重に足を運ぶと急な支尾根を乗越す位置についたが、その先は壁になっており進めない。

支尾根はとてもではないが下れるような感じではない。突然進路が分からなくなってしまった。
進行方向の上部を見ると斜面が崩落しているが、何となく踏み跡がある。

先に尾根が見える。あそこに出ればよいのだ。 危険なトラバースを強いられるが、ここは崩落地を進むより他はないようだ。

トラバースしている崩落地の谷側は奈落の底。一歩でも足を滑らしたらアウトだが、斜面には木の根が張り出しているので、それに掴まりながら慎重に進み、無事に通過した。確かに知らないと危険な巻道だと思う。気が抜けない巻道だったが、ひょっとしたら岩場の正面突破も行けたのではないだろうか。
さて、岩場と山の神の確認が取れたところで先に進もう。 しばらくするとバラモ尾根との分岐に出た。ここでバテていたらバラモ尾根を下る予定でいたが、今のところ大して疲れていない。

ひとまず休憩しよう。倒木に腰掛けていると、心なしか周りに小バエ増えてきたようだ。時期が少し早いかと思ったが、すでに20匹程の小バエにまとわりつかれていた。こんな調子でこの先続くのかと思うとうんざりする。休むのも億劫になってしまう。
西側が開けた。中央に矢岳が見える。その左には赤岩ノ頭の北から東南に伸びる尾根がよく見える。あの尾根も歩いてみたい。
さて次は大ドッケを目標として高度を上げていくと、セミの鳴き声が聞こえてきた。森が深いので、直射日光を浴びることは少ないが、ムシムシして汗が止まらない。もうすっかり夏のようだ。 次第に周りはコメツガが見られるようなり、少し険しい傾斜を登ると狭いピークに出た。どうやら大ドッケに到着したようだ。東には峠の尾根が伸びている。
大ドッケから少し下って登り返すと同じようなこじんまりとしたピークに出た。こちらには独標とさりげなく名前が表示されていた。
大ドッケを過ぎたあたりから、異様にテープが目につくようになった。しかも踏み跡は登山道のようだ。これはやはり福寿草ブームの影響だろう。ツアーや団体さんやら多くのハイカーが歩かれるからだろう。以前と全く様相が変わっていることに戸惑いを覚えた。それにしてもテープが多過ぎる。テープのある木の3mほど隣の木にもテープが貼ってある。視界の中でも5箇所認識できたところもあった。なぜこんなことをするのだろうか。福寿草の下降点近辺もテープだらけ。普段はテープを見ると安心もするし、助けられるとこもあるが、これはいくら何でも目に余る。普段はテープを邪魔だと思うことも少ないが、この状況は大平山まで続いていた。大平山をピストンするケースも多いのだろう。
登山道のような踏み跡を辿り大ネド尾根の分岐に差し掛かった。ここは去年の3月以来だが、周辺の様子が変わって広くなったような気がする。ここまで3時間歩いた。さすがに足も重くなってきた。それにお腹も空いた。 これまで2度休憩し、それぞれおにぎりを食べているが、カロリー消化だけではなくエネルギーの消耗も激しい。休憩を取ってドーナツを食べる。ポカリスエットは500mlも飲んでいない。今のところ、水分は持ちそうだ。相変わらず小バエが煩いので、早々に歩き始める。すると前方に林道が現れた。これが噂の林道のようだ。ここも全く景観が変わってしまった。ここまで3時間ほど掛けてやって来た山奥感がない。以前は寂しくなるほど山深い場所に来てしまったと感慨深いものがあったけど、そんな感情は皆無だ。

この林道を歩けば大クビレまで出られる事は分かっている。大平山の山頂近くを通るはずだ。さすがに足も疲れてきた。 ここは楽をしようと林道を歩き、山頂に一番近づいたところから、山頂を目指すことにした。 周辺はカラマツに囲まれ、なかなか気分が良いが、日差しをモロに浴びてしまうので、急いで日焼けを塗った。
しかし林道は楽チンで、大平山に寄るのが、何だか面倒になってきた。大平山の山頂はパスして、そのまま大クビレに行ってしまおうと、山頂部を見上げると、山頂付近にポツポツとミツバツツジが咲いているのが見えた。 まだこの日はまともにツツジを見ていない。

近づいて見みたいと、気付いたら斜面を登り始めていた(笑)
上がるにつれてツツジの密度も濃くなってきた。よく見るとシロヤシオも多く、いつの間にか、周囲はシロヤシオとミツバツツジに囲まれていた。

夢中になって写真を撮っていると、大平山の山頂のことをすっかり忘れてしまっていた。折角だから寄っておかなければ(^_^;)
ここはツツジのお祭り会場と化している。それをたった一人で独占している(笑)

しかし先はまだ長い。ゆっくりもしてられないので歩き始める。適当なところで、林道に出て横着しながら大クビレに到着した。

ようやくここまでたどり着いた。かなり疲れたので、ここでも軽く食事休憩とした。左手にはミツドッケが見える。
ここが当初の目的地で、この先の七跳山に向かう途中のシロヤシオを期待していたのだが、大平山で十分楽しませてもらった。などと妙に達成感が沸き起こり、もう戻ってもいいのではと、囁いているもう一人の自分がいる。ここからは距離はあるけど、天目山林道か、大久保谷林道のどちらでも使える。駐車場のことを考えると、大久保谷林道の方が、利用価値は高い。
これから七跳山に登り、長沢背稜を坊主山まで歩き、そこから矢岳尾根を下るとは考えただけでゾッとしてきた(笑)
しかし、矢岳尾根を歩き通す機会はそうそうあるわけでもなし、長沢背稜まで行ってみることにした。大クビレからはグズグズな斜面を覚悟していたが、ここにも踏み跡が付いていた。