天狗沢からジャンダルム、奥穂高岳、そして前穂高岳と穂高連峰岩峰群を歩いた
日 程
2016年9月10日(土)〜12(月) 天気:晴れ
山 名
前穂高岳(3,090m)、奥穂高岳(3,190m)
コース
【1日目】
上高地バスターミナル(6:12)→岳沢登山口(6:36)→岳沢小屋(8:12)→紀美子平(11:05)(5min休憩)→前穂高岳(11:32)(70min休憩)→岳沢小屋(14:30)

【2日目】
岳沢小屋(6:15)→天狗のコル(8:04)(20min休憩)→ジャンダルム(9:44)(30min休憩)→奥穂高岳(11:20)(22min休憩)→穂高岳山荘(12:13)(40min休憩)→涸沢ヒュッテ(14:32)

【3日目】
涸沢ヒュッテ(6:12)→本谷橋(7:13)(9min休憩)→横尾(8:12)(15min休憩)→徳沢(9:22)(24min休憩)→明神(10:30)(12min休憩)→上高地(11:15)(25min休憩)→上高地バスターミナル(12:16)

コース図
駐車場
沢渡駐車場
温泉他

山行記

毎年恒例となっている夏休み山行。
例年、どこの山に行くのか事前に検討会議を開催して決定しているのだが、今年の山は昨年からほぼ決まっていた。昨年というよりも毎年候補に挙がる懸案の山でもあった。
多くの登山者を魅了する穂高連峰はおろか北アルプスを代表するといっても過言ではない奥穂高岳がその山だ。 この山は言わずと知れた日本百名山の一座で、日本で3番目に高い山だ。 10年ほど前に槍ヶ岳を登ったときに上高地から見た岳沢の先に聳え立つヨーロッパのアルプスを思われる岩稜帯を目の当たりにしてから、いつかはと考えていたが、ずっと後回しになっていた。
この奥穂高岳に登れば、日本で標高の高い山ベスト5をクリアしたことになる。といっても何の自慢にもならないが、気になっていたことは確かだ。
ただ、今回の主たる目的は奥穂高岳ではなく一般登山道で最難関といわれる奥穂高から西穂に抜ける岩稜帯を歩くことで、奥穂高岳はいわばそのおまけのような位置付けだ。ルート上には、ジャンダルム、ロバの耳、馬の背と名付けられた難所が続く。M氏とN氏は歩く気満々。高所恐怖症の私は途中でセミになって動けなくなる恐れが十分にあり、当初は別ルートから奥穂高岳を目指すことを考えていた。観覧車に乗るだけで固まってしまうのに、ジャンダルムなど行けるわけがない(^^;)
ジャンダルムという、その名を聞くだけでも足が竦んでしまうような奴は、足手まといでしかない。しかし、この機会を逃すともう二度目はないかもしれないと、YouTubeで岩稜帯の動画を繰り返し見た。やはり高度感は半端ではない。途中で固まってしまう可能性はあるが、技術的には何とかなりそうな気もしてきた。

このルートはマークが多く、ロープなど特別な登攀用具が不要な点で、一般登山道とは呼ばれているのかもしれないが、詳細を紹介するガイド本はなく、雑誌でも特集されることはほとんどない。それは読者に行く気を起こさせないためだろうと、そんな勘繰りをしてしまう。
ルート上にマークが多いとはいえ、全く気の抜けないコースの難易度から、ここはバリエーションルートと言ってもいい、というか、このルートを一般登山道と思わない方がよい。目印はあると言っても、一般登山道のように道があるわけでもなく、実際に何度か間違えてしまった。慣れないと間違えにすら気付かずに遭難や滑落事故に直結する恐れがある。
実際に歩いてみた感じでは、怖いという感覚はそれほどではなかった。ジャンダルムや馬の背よりもザレ場のアップダウンでの上からの落石、あるいは自分が落石させないようにと何かと気疲れした印象の方が強かった。まぁ、正直なところ怖がっている余裕などはないといった感じだった。
そうはいっても場所によっては、足元が何百mも切れ落ちている。それを見下ろしてはビクビクしていた。なるべく下は見ないように気を付けていたが、高所恐怖症には少し酷かもしれない(^^;)

今回のコースは、上高地から岳沢を登り岳沢小屋に荷物をデポする。それから前穂高岳へのピストン、そして岳沢小屋に泊まる。
次の日は天狗沢を上り詰め、天狗のコルから先の岩稜帯を進み奥穂高岳の頂に立ち、穂高岳山荘に泊まる。
そして最終日は涸沢を経由して横尾から梓川沿いに上高地に戻るルートを歩く。
という贅沢なコース設定とした。
高所恐怖症の私にとって、単独では絶対に歩こうなどとは思いも浮かばないルートだ。

天気予報では、2日目、3日目と崩れる予定だ。そうなったらジャンダルムにしろ、それ以外のルートにしろ、極めて危険なので下山する予定でいた。
しかし今回も天気予報に良い意味で裏切られ、3日間とも好天で、3日目にはモルゲンロートも拝むことが出来た。
下山して沢渡駐車場から車に乗り始めたら、ちょうど雨が降り出した、というよくある展開となったが、今のところ晴れ男伝説が続いていることになる(笑)
今回も天候に恵まれ、M氏とN氏のおかげで長年の懸案だった奥穂高岳と、ジャンダルムや馬の背などの岩稜を歩くことができて満足な山行となった。

紫色のログが私の辿ったルート


今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。
画像の掲載にあたっては許可を頂いたうえで利用させていただいております。

アルバム

夜中0時に八王子駅で落ち合って、一路、車で駐車場のある沢渡へ向かう。予定通り4時頃に到着する。まだ暗い車外に出るとかなり肌寒い。山の上はもっと寒いだろうと、ダウンジャケットなどもリュックに詰め込み、準備を整え乗合タクシーで上高地に向かう。 さすがに寝不足で、20分程度のタクシーの移動も眠くて堪らない。助手席に座られたM氏は話好きな運転手の相手をさせられ、気の毒だなと思いつつも、うとうとしているとじきに上高地バスターミナルに到着した。
ここはハイカーにとって聖地のような場所。バスターミナルには、全国各地からやってきたと思しき、ハイカー達で大にぎわい。

青空が広がっている。少し肌寒いくらいの陽気が眠気覚ましにちょうどよい。 上高地のバスターミナルでトイレを済まし、登山届を提出する。 初日の目標は岳沢小屋へ行くだけだが、上高地から標準コースタイムでは、3時間で着いてしまう。小屋には15時頃までに入ればよい。今の時間が5時過ぎなので、だいぶ時間がある。
ここでN氏は温泉にゆっくりと浸かって、上高地を探索して美味しいものを食べてからのんびりと小屋に向かう完全な一般観光客モード。一体何のためにここまで来たのか、思わず突っ込まずにはいられないうらやましい行程。一方でM氏は岳沢小屋へ向かい、そこに荷物を置いて、前穂高岳をピストンされる予定。上高地の標高が約1,500mで、前穂高岳が3,090mなので、1,500の標高差を登って、岳沢小屋まで約1,000m下る行程だ。 寝不足の体にこの行程はきついものがあり、私もN氏と同じパターンで考えていた。しかし翌日の天気は雨予報。雨が降った場合、岳沢小屋から先には進みたくない。下山するしかないだろうと考えていたので、晴れているこの日に3000m超えの山を登って、展望も楽しんでおこうと、M氏と行動を共にすることにし、N氏とは一旦ここでお別れ。後ほど岳沢小屋で合流する予定だ。
河童橋でお決まりの写真を撮る。穂高連峰がよく見える。本日登る予定の前穂高岳を始め、ジャンダルム、ロバの耳、そして、奥穂高岳の岩峰群が独特の威圧感を放っている。 そして、岳沢の先には、本日宿泊予定の岳沢小屋が遠望出来る。1,500mも高みにある前穂高岳を目の当たりにすると気合も入り、眠気も一気になくなった。

後ろを振り向くと焼岳が陽の当たりきれいにその姿を現している。
河童橋を渡り、岳沢登山口に向かう。湿原に架かる木道を歩いていると、ちっとも人間を怖がらないニホンザルがふんずり返っている。上高地らしい光景。

昼から登り始めたN氏から頂いた画像。この頃には前穂高岳の手前、3,000m近い地点を歩いていた。

N氏からいただいた湿原の写真
湿原美を楽しみながら、30程歩くと登山口に着いた。ここから登山道が始まる。周りも原生林の雰囲気に溢れ、歩いていて気持ちが良い。
周りではサルがキィーキィー騒がしい。まるでボルネオのジャングルにいるのではと思った。ボルネオのジャングルがどんなところか知らないけど。。
周囲を見渡すと、すぐそばをサルのファミリーが移動していた。

それほど急ではない斜面が続く。しばらく進むと開けた場所に出たのでしばし休憩を取る。
穂高連峰の荒々しい岩峰群にだいぶ近づいた。明日はあの岩峰帯を左から歩き通す予定だ。 下から集団が上がってきたので、先に進むことにした。 しかし、ここは北アルプスのメジャーなルートなだけあって、ハイカーが多く、どうも落ち着かない。 前にハイカーが歩いていると、気になってしまうので、ついつい抜きにかかり、抜いたら抜いたで、抜かされたくないので、ペースを上げてしまう。そして休憩している間に、抜かされるのが嫌で、休憩も少なくなるの繰り返し。 ここのところ、メジャーな山が多く、誰とも会わないような辺鄙なルートが恋しくなってしまう。
しかし、M氏は年に1回か、2回ほどしか山に行かれないのに、しっかり付いて来られる。大したものだと感心してしまう。そんなブランクが空いてしまったら、自分だったらこんな山に行きたいと思わないだろう。

そんなことを思いながらも、順調に距離を伸ばし、宿泊予定の岳沢小屋まで登ってきた。ここまで700mほど登ったことになる。稜線左側の一番低くなっているのが、天狗のコル。
その手前の谷が天狗沢で明日歩くルートだ。上部は急でザレているのがよく分かる。

岳沢小屋に到着した。振り返ると下方に河童橋が見える。奥に見えるのが乗鞍岳。
まだ8時過ぎだが、先にチェックイン出来ないか聞いてみるとダメだと言われてしまった。 まだ前泊者の片付けも済んでいないのだろうから当たり前か。
ここから前穂高岳へピストンするので、不要な荷物は置かせていただき、持参したウエストバックに水分と非常食など最低限の荷を詰める。

画像中央の出っ張った尾根が重太郎新道。ここから見ても急峻な斜面であることがよくわかる。ヘルメットを被って前穂高岳へ向かった。
重太郎新道は終始急登でなかなか手強い。しかし荷が軽い分、断然楽で調子よく進む。
ノコンギクが標高に関わらず一番よく咲いていた。
それとこの時期に多いのがトリカブト。ミヤマキンポウゲも2株ほど見つけた。

まだ、小屋から大して時間は経っていないが、斜度があるから時間の割りに標高を上げている。

何しろ、こんなハシゴなどを使うから、簡単に高度を稼げる。
荷物が少ないと軽快に足が進む。今回は足が攣るのを警戒して、朝食時に漢方薬を飲んだのがよかったのか、足は全く問題ない。

左を見ると明日歩く予定の岩稜と同じ高度に近づいてきた。

後ろを振り返ると、右側に焼岳、左に霞沢岳、奥には乗鞍岳。そしてその左後ろには御岳山が一望のもとに見渡せる。上高地や大正池もはっきり見える素晴らしい景色に何度も足が止まる。高度は2,800mを超えているが、歩いていると風がない分、暑苦しいくらいだ。

西穂高から焼岳に続く稜線を眺める。
急斜面は高度が稼げるので、個人的には好きだが、その分下りのことを考えると気が滅入りそうだ。。
森林限界を突破した。上部も見渡せるようになった。ここで少し休憩。

そして左には天狗のコルから、ジャンダルム、ロバの耳、奥穂高岳など荒涼とした岩峰が立ち並んでいる。まるでゴジラの背中のようなギザギザぶり、すごい臨場感にまるで来る者を拒むような威圧感を感じる。それに遠目では、どこをどう歩くのかサッパリ分からない。

上を見上げると、人だかりが見える。どうやらあそこが、前穂高岳と奥穂高岳の分岐にあたる紀美子平のようだ。さらにその上に向かって人の群れが続いているが、前穂高岳は見えないようだ。時間的にまだ1時間以上は掛かるだろうか。しかし、体調が良いので、すごく近くに感じる。

相変わらず足もすこぶる調子が良い。普段だったら、すでに両足を攣っていたかもしれない。歩き始めの河童橋が見下ろせる。

天狗のコルから西穂高岳へと続く稜線。今回は歩く予定はないが、いずれ奥穂高岳から歩き通してみたいものだ。

中央の小さなピークがジャンダルムで、その右側に見えるピークがロバの耳。

ハイカーも多く落石に気を付けないといけないが、ほとんどのハイカーはヘルメットを被っていた。

前穂高岳から東へ連なる八峰群。あの岩稜はバリエーションルート。

多くのハイカーが行き交う。

上からの落石にも注意しながら進む。
しばらくして、前穂高岳と奥穂高岳の分岐になる紀美子平に到着した。M氏は足を攣られたようで少し遅れ気味。紀美子平で到着を待つ。

左側には奥穂高岳に続く吊り尾根が見える。一番高いところが奥穂高岳。

標高は3,000mを超えている。北アルプスの核心部が見渡せる高度までやってきた。
すれ違った単独ハイカーさんと立ち止まって少しお話をしたところでは、前穂高岳をピストンするくらいなら、時間的に奥穂高岳からジャンダルム、天狗のコルから岳沢小屋に戻る周回コースを歩けるのでは、とおっしゃる。 なるほどその手があったかと思ったが、それを実行するには、いささか時間的に遅すぎる。 そして、一足先に前穂高岳に到着した。頂上でM氏を待っている間、山頂柱のそばで休んでいると、やたら写真撮影をせがまれる。
360度の展望。富士山も見える。展望は全く素晴らしいの一言。晴れてよかった。 この展望を楽しめただけでも、来た甲斐があるというものだ。翌日の雨予報に、目の前のジャンダルム、奥穂高岳には行けないかもしれない。いや、奥穂高岳だけでも往復できないか。 見る限りでは近くに感じるが、標準コースタイムでここからの往復が3時間20分とある。奥穂高岳に行ってしまうと、岳沢小屋に到着するのが、夕方になってしまう。それは避けたいので諦めるしかない。 曇りでもいいから、何とか天気ももってくれないだろうか。 M氏が上がって来られた。一緒に記念写真を撮ったり、眺望を楽しんで、N氏と合流すべく岳沢小屋まで下山することにした。

奥穂高岳と槍ヶ岳。

表銀座方面。

槍ヶ岳

真ん中のピークが昨年歩いた常念岳

槍ヶ岳と手前には明日下る予定のザイテングラートと涸沢ヒュッテが見える。

そして麓に梓川が見下ろせる。

はるか下方に岳沢小屋が見える。荷物が軽くて良かった。こんな斜面はフルの荷物を背負って歩きたくない(笑)
小屋近くのテント場に唯一咲いていたハクサンフウロと紅葉が始まる前のナナカマド。

今日はほとんど寝てない割には、よく歩いた。 寝づらい山小屋でも、今晩はじっくり眠れそうだ。 しかし、先ほども触れたが、年に一度程度しか、山に行かないにも関わらず、日帰りで3,000mを超す山で、しかも約1,500mの標高差を登ってしまうM氏は大したものだなぁ。 そんなブランクが空いたら、私には無理だろう。
岳沢小屋に14時半頃に到着すると、すでにN氏はチェックインを済ませて、余裕の表情でサンダル履きで待っていてくれた(笑)
これまでの行動を聞くと、温泉に浸かって、美味しいものを食べて、昼寝をしていたと言われる。
こちらは、普段、日帰りではやらない強行軍。さすがに足に疲れが溜まっている。 う〜む、なんとも羨ましい。そっちのルートでも良かったかな(笑)
この晩は、一人一布団が確保出来たので、快適に寝れた。 翌日の天気予報が気になる。それによって明日の行動が変わる。雨など降られたら、とてもではないが、ジャンダルムはおろか、重太郎新道も歩けたものではない。受付に天気予報が貼り出されており、それによると明日の天気は、曇りで雨は夜半から降り出すとあった。 ラッキーなお知らせである。3日目は穂高岳山荘に泊まって下山するだけだから、雨降っても構わない。これで、翌日の予定は決まった。 天狗沢を登り詰めて、天狗のコルからジャンダルム、奥穂高岳へ向かうルートを歩く。 雨だからと多少諦めモードの半面、あの尾根を歩かないで済むと安心もしていたが、一気に緊張感が高まってきた。
消灯は20時。17時に食事してやる事もなくなったので、明日の準備して横になると知らないうちに眠ってしまった。