紅葉と岩場を楽しみに八丁尾根を歩いて両神山に寄ってみた
日 程
2016年11月5日(土) 天気:晴れ
山 名
両神山(1,723m)
コース
落合橋駐車スペース(7:27)→八丁峠(8:07)(15分休憩)→行蔵峠(9:02)→西岳(9:08)→龍頭神社奥社(9:25)→東岳(10:00)→両神山(10:27)(22分休憩)→下降点(10:52)(45分休憩)→落合橋駐車スペース(12:54)
コース図
駐車場
落合橋駐車スペース
温泉他

山行記

紅葉が期待できるこの時期にM氏とN氏の3人で奥秩父の両神山へ行ってきた。 今回の日程はかなり前から決まっていたが、行き先は未定のままで前日に決めることにしていた。当初は八海山、両神山、裏妙義の三つの候補が上がっていた。両神山は八丁峠から岩場が続く八丁尾根歩き。どれも岩場が売りのコースばかり。ここのところ、このメンバーでは、すっかり岩場指向になりつつある(^^;)
第一候補は新潟の八海山だったが、南魚沼市は数日前に雪が降り出したようだ。紅葉も素晴らしい所だが、すでに峠は越えたようで、出遅れてしまった感がある。雪は避けたいし、前日も天気が悪かったようなので、八海山は止めることにした。
裏妙義も気になっているのだが、ここのところ奥秩父には行っておらず、個人的には奥秩父方面に行きたい。しかも紅葉も見頃を迎えているのではないか。そう考えると居ても立っても居られなくなる。それに久しぶりの上武国境稜線(上州・群馬県と武州・埼玉県の県境)の山々や奥秩父の山並みを間近に眺めたい。ご一緒する両名とも両神山はおろか奥秩父でも埼玉の奥地は初めてとのこと。
これまではメジャーな山ばかりだか、たまには秩父の山もいいのでということで、両神山に決まった。

アルバム

我が家からだと両神山まで2時間半程掛かる。7時頃から歩き始めることを目標として、我が家に4時半集合して現地に向かった。 ほぼ時間とおりに7時過ぎに駐車スペースにたどり着いたが、すでに1台分のスペースしか残っていなかった。往路は一般登山道を八丁峠まで登り、八丁尾根を歩いて両神山へ向かう。
復路は両神山から落合橋まで直接下る。以前は作業道だったのか分からないが、今は通行止めとなっており、廃道化しつつあるようだ。駐車スペースの周りは高い擁壁に囲まれているので、一応、降り口は確認して歩き始める。

歩き始めは涸沢を高巻きしながら進む。風もなく穏やかな陽気の中、植林帯を抜け自然林が多くなると、じきに日も差してきた。

紅葉が朝日を浴びて、色煌びやかになる。まるで山が賑わい始めたようだ。
40分ほど歩くと八丁峠に到着した。ベンチで少し休憩をとった。北側から吹き上げる風は僅かだが、休んでいると肌寒さを感じる。

汗を拭いて軽く栄養補給した。長く休んでいても体が冷えるばかりなので、ニット帽からヘルメットに切り替えて、歩き始めることにした。
八丁峠から両神山までは八丁尾根と名付けられた岩峰を歩く。アップタウンが多く、ギザギザなノコギリの刃のような稜線だ。 歩き始めると早速クサリ場が現れた。このルートはクサリ場が二十数か所あるようだが、レベルはどんなものだろうか。往路は上りなので、クサリは使わないで登りたい。

前回の黒斑山に引き続き天候にも恵まれ、稜線からの眺望は素晴らしい。背後に見える赤岩尾根の山肌は赤や黄が混ざり合い、いい感じで染まって見える。

八丁尾根も赤く染まっている。

手前の尾根は狩倉尾根。奥には三宝山や甲武信ヶ岳が遠望できた。

西には八ヶ岳が見える。
手がかり、足がかりがしっかりしているので、傾斜のわりにクサリは使わずに登れる。

画像の左側には、先日、歩いた浅間山と黒斑山が見える。あの山は山座同定するまでもなくそれと分る。

手前には二子山が見える。
次から次へと岩場が続く。
行蔵峠、西岳と続けて通過する。

この先、アップダウンは多いが、八丁尾根は見かけの割りに道がしっかりしているからか、それほどきつくはない。

ひっきりなしに岩場が続く。

この程度の傾斜になると、登るのも簡単ではないが、次の一歩を考えながら登るのは、なかなか楽しい。

先ほど下った斜面を振り返ると、鎖を掴み慎重に下っているハイカーが見える。
あの下りも鎖は掴まずに下りたが、離れて見るとまるで滑り台みたいだ。
龍頭神社の奥社。ここが尾ノ内沢ルートの分岐。このルートもいずれ歩いてみたい。
こんな垂直に近い岩場が次から次へと現れる。なかなか歩き応えのある岩場だけど、八丁尾根の岩場はクサリは捉まらずに済んだ。
昨年歩いた表妙義の岩場の方が、数倍レベルが高いと感じた。

赤岩尾根から小倉沢までの斜面はいい感じで染まっているのが分かる。緑の部分は植林帯だろう。
中央奥に北アルプスの穂高連峰が見えた。

手前に赤岩尾根。奥には浅間山。

東に目を転じると奥に延びる辺見尾根の先には、ピラミダルな山容の武甲山がよく分かる。

中央に見える丸い山容の一番高い山が埼玉県の最高峰である三宝山(2,483m)。その左には甲武信ヶ岳が並んでいる。

こちらは北東方面の山々。遠方に日光の山々も見渡せた。

奥に見えるのが長沢背稜線の山々。右に雲取山、和名倉山。中央に酉谷山、三ドッケ、太平山。左には武甲山や大持山が見える。
両神山山頂に到着。想像していた通りの人だかり。日向大谷口の一般ルートは相変わらずの賑わいのようだ。
立錐の余地なしといった状況は前回と同じで、ここは若い人が多い。写真だけ撮って早々に立ち去ろう。

両神山の一番高い所を占拠して撮った一枚(笑)
奥に見える稜線が奥秩父主脈。山の位置関係はこんな感じ。一つ手前に見えるのが白泰山から十文字峠へ続く稜線。

富士山のアップ。実際にはこれほどはっきりと見えないが、富士山まで見れると思わなかったので、何だか得した気分だ。

八ヶ岳や穂高連峰がよく見える、西上州の山々や赤岩尾根から続く上武国境稜線の山並みも見渡せる。赤岩尾根はいずれ歩いてみたいが、ザイル必携の熟練者ルートと言われている。一人では歩こうとは思わない。このメンバーでいずれ行くことがあるかなぁ。 しかし、上武国境稜線の周辺のピラミダルな山容が特徴の大ナゲシや宗四郎山がよく分からない。帳付山はなんとなく分るけれども、奥秩父であれば、どこから見ても分かると思っていたが、見る方角により、案外分からないものだ。

赤岩尾根と浅間山
そろそろ昼食としたいが、山頂も含めて人だらけで、落ち着いて食事できそうなスペースがない。下降点は一般登山道から外れた所なので、そこに移動した。 下降点がある場所は、梵天尾根と白井差の分岐でもある。梵天尾根は距離があるためか、そこを往来する人は一人くらいしか見かけなかったが、白井差へ向かう踏み跡は、上下するハイカーが以外にも多かった。 比較的に平らな場所で食べることにした。 ゆっくり休憩した後、落合橋へ向かい下山することにした。下降点には立ち入らないように二重にビニール紐が貼られている。ここは自己責任で先に進む。

この周回ルートは便利なので、それなりに歩くハイカーもいるようだ。廃道化が進んでいるといった印象はなかった。
高度を下げると周囲には紅葉が目立つようになる。途中から写真を撮るのに夢中になり、足が進まなくなった。

この辺りは堪らない。色付きも赤、黄、橙、緑が混ざり合い、なかなかなものだ。

赤カエデ1
赤カエデ2

なかなかの色づきに、

ついつい見とれてしまう。

いい感じ。

日に当たり赤みがさらに増すようだ。

ちょっとしつこいか?
紅葉を堪能しながら降りるとバイクの音が聞こえてきた。しばらく進むと駐車スペースが見える林道沿いの擁壁の上に出た。最後の最後で転ばないように慎重に歩いて駐車スペースに辿り着いた。 駐車スペースはまだ車で一杯だった。
山の斜面を見上げると、紅葉色に染まりつつあるのか、峠を越えているのか、いまいち分からないが、それなりに紅葉は満喫出来たと思う。
帰りも往路と同じ金山志賀坂林道を進むが、林道を覆う紅葉の鮮やかさに堪りかねて、車を停め、外に出て写真を撮りだす(笑)

お二人は呆れていたと思うが、二度と見られない光景なので仕方がない。 この後は温泉に浸かって一眠りした。そして、わらじカツを食べるために、小鹿野町内の店をあちこちと回った。営業時間の関係で昼の中途半端な時間に店はどこも開いていなかった。秩父に移動して何軒か回り、17時過ぎになって漸くわらじカツを食べることが出来た。 今回も好天に恵まれ、奥秩父の空気に浸かり、紅葉、岩場と満足な山行となった。

初めて食べたわらじカツ。 本家本物とは味が違うのかもしれないが、美味しくいただいた。