節分草と福寿草を楽しみに浦島口から両見山、三合落、四阿屋山を歩いた
日 程
2016年2月28日(日) 天気:晴れ
山 名
三合落(1115.1m)、両見山(748m)、四阿屋山(771.6m)
コース
道の駅両神温泉薬師の湯駐車場(7:10)→(バス8:15発)→浦島口バス停(8:28)→両神御嶽神社(9:05)→両見山(9:38)(6min休憩)→892m標高点(10:11)(8min休憩)→三合落(10:58)(20min休憩)→986m標高点(11:58)→739m標高点(12:54)(5min休憩)→四阿屋山(13:19)(3min休憩)→福寿草園(13:45)(25min休憩)→薬師の湯(14:46)
コース図
駐車場
道の駅両神温泉薬師の湯
温泉他

山行記

節分草が気になる季節になった。毎年タイミングを外しており、今まで節分草を見たことがない。秩父の小鹿野町に日本一の規模を誇る節分草の群生地がある。ここならば間違いなく見ることが出来るだろう。
群生地は柵で保護されており、見頃を迎えると節分草園として入園料を徴収するようになる。ネットで調べると節分草が咲き始め、先週末から入園料を取り始めたということだ。そして四阿屋山では福寿草も咲いているらしい。
ここ数日は降雪もなく、週末も穏やかな晴天が期待できそうだし、少しばかり早い春を満喫するために出かけてみることにした。
しかし、四阿屋山だけでは、少し物足りない。四阿屋山から両神山まで尾根が続いている。 ギザギザで険悪な尾根は容易に人を寄せ付けない雰囲気が漂う。辺見尾根とも呼ばれているが、危険度の高いバリエーションルートとして、実際にここを歩くハイカーは少ないようだ。その昔は修験道でもあったらしく石仏なども色々とあるようで、以前から気になっているのだが、なかなか踏み込めないでいる。
そんな中、先日、読んだ秩父藪尾根単独行に四阿屋山から辺見尾根を三合落(さんごーつ)まで歩き、北東に伸びる尾根を下りられた記事があった。三合落という珍しい山名に惹かれ、そのうち歩いてみようと考えていた。
辺見尾根は両神山に近づくにつれ、岩場や藪などが続く険悪な様相となるようで、それなりの装備やスキルが必要だろうが、三合落までであれば、特に道迷いに気をつければ歩けそうだ。
辺見尾根に位置する三合落(1,115m)という山名は地元における呼び名で、山と高原地図には両見山となっている。しかし地元では両見山は三合落から北東に伸びる尾根の748mピークとされるので、本レポートでは辺見尾根の1,115m峰を三合落と呼ぶことにする。

今回のルートはそっくりそのままパクらせていただこう。薬師の湯に車を停めて四阿屋山から浦島口まで歩き、バスで薬師の湯まで戻るルートだ。
しかし、浦島口まで何時間掛かるのか全く読めない。浦島口からバスの本数も少ないようなので、逆ルートにしよう。つまり薬師の湯から浦島口までバスで向かい、薬師の湯まで歩いて戻るルートである。時刻表を調べると始発が6時45分。その次が8時15分発のバスがある。始発は早過ぎるが、8時15分発に乗り9時前頃から歩き始めれば、暗くなる前に下山出来るだろう。

紫色のログが私の辿ったルート



今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。
画像の掲載にあたっては許可を頂いたうえで利用させていただいております。

アルバム

件のバスに乗るべく5時半過ぎに我が家を出発したが、早朝のためか7時過ぎに薬師の湯に到着した。時間もあることだし、ゆっくりと出発の準備をしていると、多くハイカーがやってきては歩き出している。皆さん、福寿草目当てなのだろう。隣の車の方は大田区から3時間半掛かったとおっしゃっていた。どこを歩くのか聞かれたので、三合落(さんごーつ)とお伝えすると、え?って顔をされてしまった(^_^;)
当然の反応か?そんなマイナーなルートを目当てにやって来る物好きなハイカーは滅多にいないのだろうから(笑)
バスターミナルにバスが来たので乗り込んだ。乗客は私だけ。バスにあった節分草園のチラシをみると営業時間は16時半までであった。節分草園は下山後に車で向かう予定だが、間に合うだろうか。少々気になるが、車窓から見える辺見尾根は雪がほとんどないようなので、ひとまず安心。
お話好きな運転手さんと、この周辺における過疎化の実情などを伺った。切実な思いが実感を伴い、興味深く聞かせていただいた。
しばらくお話を聞きたい気分でもあったが、じきに浦島口バス停に到着した。
しばらくは沢沿いの舗装路を進み、浦島集落を抜けて山腹にある両神神社の里宮を目指す。

奥に見える三つの顕著なピークの右端が三合落のようだ。以外と近くに感じる。その手前のピークが両見山か。
集落の庭先には、梅、蝋梅や福寿草が咲いている。のんびりと眺めながら歩いていると、地元の方とすれ違いざまにおしゃべりが始まった。 山のことをお聞きすると、やはり三合落とおっしゃっていた。両見山はピンと来ていないようだが、両神御嶽神社(金剛院)の裏にある奥社の祀られている山と説明すると分っていただけた。 その昔には三合落から両神山まで修験者が歩かれていたというお話を伺った。 ネットでは披露できない興味深いことも伺い、話も尽きないのだが、時間に余裕がないので、先へと急いだ。
集落を抜け、林道を登り進むと林道が分岐した。神社の方へ進むと民家で行き止まりになった。よく見ると「神社はこちら」という案内があり、それに従うと鳥居の手前にネットが張られている。まるで神社への進入を防いでいるかのようだ。

獣除けのネットだと思うが、すごい厳重で入るのに苦労した。 神社の裏手を上り詰めたピークが両見山。両見山には奥社があるということなので、参道とはいわないが、踏み跡くらいは続いているだろうと神社の裏に回ろうとしたが、そんなスペースはなかった。
神社の横の民家のような建物と柵の間の僅かなスペースを通過して裏手に回った。畑が広がる私有地と思われる斜面に出た。
左側を見るとお墓があり、その辺りから上部へ向かって踏み跡らしきものが続いている。 遠慮がちにお墓の横を抜ける。両見山まではほぼ真っ直ぐに登るだけ。両見山からは 北東尾根を三合落へ目指して歩く。上方に林道が見える。林道は目指す尾根を乗り越しているため、林道を辿るのは楽そうだが、地形図に林道の記載はなくルートは判然としない。
林道を辿ると大回りになりそうだ。面倒なので両見山まで右画像に見える支尾根を直登しよう。擁壁は難なく登ることができた。
踏み跡ははっきりしないが、途中から踏ん張りの効かない急斜面となる。日が当り風も なく、汗が止まらない。息を切らしながら登る。久しぶりに歩いたブランクなのか結構しんどい。
両見山から三合落へ伸びる北東尾根に出た。両見山は双耳峰のように北と南に二つのピークがあるが、どうやら北峰(右画像)のほうへ出たようだ。樹林に囲まれたピークには何もなく眺望も利かない。 ひとまずは荷物を下ろして、休憩を取り、アクエリアスを一口飲んで喉を潤す。
三合落に向かい北東尾根を南西に進むと程なくして南峰に着く。こちらには両神神社の奥社が祀られていた。両見山は両神山の遥拝所という説もあるようだが、今はそのような風習はないのでしょう。
しかし先ほどからくしゃみが止まらない。おまけに目もかゆい。完全に花粉症の症状に侵されている。通常はさほど気にすることもないのだが、山の中ではそうはいかない。スギ花粉の生産工場の中を彷徨っているようなものだから当たり前か。 やはりこの時季は山歩きは控えるべきだと、毎年同じことを言っているが、結局、同じことの繰り返し(笑)
マスクをして歩くが、上りになると息苦しくなり、マスクなどしていられないから、余計に症状がひどくなる。 実は花粉症が本日の最大の懸念事項でもあったのだが、我慢して歩くしかない。
尾根の傾斜はなだらかで徐々に高度を上げると、両見山から30分ほどで892mの標高点に到着した。 座るのにちょうど良さそうな石がゴロゴロしているので休憩をとることにした。ここから一旦下って登り返すことになる。地形図でみる山頂手前は等高線が密着している。 見ているだけで戦意がなくなりそうな急斜面で、遠方から眺めるとまるで崖のようだ。

山頂に近づくにつれ、傾斜も増してきたが、遠方から見ていた通りの急斜面が現れた。 尾根も痩せている。

右を向くと樹間の先に両神山と天武将尾根が見える。
両サイドは切れ落ち、足を踏み外したら、ただでは済まない。足だけで登ることは出来ない。木の根や岩に掴まりながらよじ登るように進む。

下を見下ろすと途中が見えないほどの急斜面で、下を覗くと緊張感で足がすくむ。