毛呂山町の毛呂氏館跡から石尊山へ
日 程
2016年1月17日(日) 天気:晴れ/曇り
山 名
石尊山(225m)
コース
長栄寺脇駐車地(11:47)→石尊山(12:03)(5分休憩)→不動堂(12:20)→毛呂氏館跡(12:26)
コース図
駐車場
温泉他

山行記

奥武蔵登山詳細図」を眺めてみると毛呂山町にある石尊山という三角点峰が目に付いた。
毛呂山駅からほど近いこの山は225m程の低山でゴルフ場に隣接しており、三角点はゴルフ場の敷地内にある。標高のわりに三角点からの眺望はなかなかのものらしい。以前から知ってはいたがルートがいまいち分からなかった。しかし詳細図により明確になった。 山と高原地図には山名の記載しかなく、面白味に欠ける印象しかなかったが、詳細図によると石尊山の東側には丸山、天神山という名の山が連ねている。それに石尊山の中腹には毛呂氏館跡がある。毛呂氏とはかつてこの地を治めた豪族で、鎌倉から平安、戦国と約400年の長きに亘って、山内上杉家や北条に仕えてきたが、豊臣秀吉による小田原征伐で北条方に与して滅亡したということだ。石尊山の麓には長栄寺があり、その裏の山中に遺構が残っており、毛呂山城ということでも知られている。
石尊山を登るだけでは何とも物足りないが、当時の遺構も一緒に見て回ろうとそろそろと出かけてみた。

アルバム

県道30号線を南に進み、埼玉医大を過ぎると毛呂山霊園、長栄寺の看板に従い右折する。左側に山の斜面が墓地となっている巨大な霊園があり、その先の右側には長栄寺がある。長栄寺を過ぎた辺りに広いスペースがあり、そこに車を停めた。車を降りると池の前に石尊山を示す道標があった。
案内に従い長栄寺の西側の舗装路を進む。
寺の裏側に毛呂氏のお墓があった。折角だから、お墓に寄ってみた。

毛呂氏の栄枯盛衰の物語が記されていた。
先へ進むと山道に変わり、石尊山と毛呂氏館跡の分岐に出た。毛呂氏館跡も気になるが、まずは石尊山に向かった。

広大な範囲で造成されている墓地を左手に見ながら、植林の中を淡々と進む。
距離にすると600mほどしか歩いていないが、途中で何箇所も道標があった。
ここに限らず毛呂山町圏内は比較的に道標など案内がしっかり整備されていると思う。奥武蔵を歩いていると行政区による違いがよく分かる。
分岐から10分程で石尊山の山頂に出た。隣接しているゴルフ場とは柵で分けられている。
三角点はゴルフ場の中にあるが、登山者のためか扉が付いており、出入りできるようになっていた。
山頂には富士仙元大菩薩の石碑があり、案内によると浅間信仰ということだ。
一方で石尊山は丹沢の大山阿夫利神社を中心とした石尊信仰を象徴する山ということだが、その辺の違いは定かではない。

富士仙元大菩薩縁起

早速、柵の中に入ると珍しく先客がいらした。 なるほど周囲の眺望はなかなかのものであるが、この日はあいにくの曇り空で、スカイツリーは見れなかった。

眼下にはゴルフ場の景色が拡がる。
三角点に座って休まれていた単独ハイカーさんにどいていただき写真を撮った。荷物はそのままで。
下りは不動堂の方へ回ってみたい。
ゴルフ場のフェンス沿いを東へ丸山を目指す。 右画像の辺りが山頂部と思われるが、ピークと呼べるような地形でもなく山名を示すようなものは何もなかった。ここから北へ進路を変えて下るだけだが東側にもうひとつ気になる天神山がある。斜面の多くの部分が墓地になっている山だ。地図を見ると踏み跡不明瞭な紫色のルート。天神山の方を見ても藪しかなく踏み跡は不明瞭。微かにピークが認識できるので方向はわかるが、靴以外は山を歩く格好ではなくヤブに突入する気も起きず諦めた。
コースに従って10分程下ると長栄寺から10mほど高い位置にある不動堂にたどり着いた。
不動堂の横を見ると、大きな木製の太刀が掲げられていた。これが納め太刀というものらしい。大きな太刀に願い事を記して奉納するという行事で、大山信仰でやられている風習のようだ。ここでは石尊信仰を確認することができる。

登り始めて30分ほどで周回できた。前方に見える長栄寺の裏側に毛呂氏館跡がある。
以外とあっさり廻れたので、続けて毛呂氏館跡を見学しておこう。車に荷物を置いてカメラだけ持って向かった。
先ほどの分岐を案内に従って館跡に進むと20mほどで山裾を切り拓いたような平らな場所に出た。

振り返ると先ほど歩いた石尊山のピークが見える。

右側にはお墓がある。この先が館跡のようだ。
山の斜面を切り拓いた部分は結構広さだ。西面には土塁のようなものが見て取れた。ここはきっと大きな屋敷だったに違いない。

奥に見えるピークが天神山のようだ。斜面の下の方は墓地になっているが、そのうち全山墓地として造成されてしまうのではないだろうか。

そして、車で移動して越生の梅園へ寄ってみたが、梅はまだ少し早かったようなので、梅園から近い最勝寺に蝋梅と紅梅を見に行った。

最勝寺

お地蔵様

紅梅1

紅梅2