梅雨明けの至仏山はさすが百名山に相応しい山だった
日 程
2016年7月18日(月) 天気:晴れ
山 名
至仏山
コース
尾瀬戸倉駐車場着(7:14)→鳩待峠(7:41)(3min休憩)→至仏山荘(8:23)(12min休憩)→高天原(10:26)(10min休憩)→至仏山(10:54)(10min休憩)→小至仏山(12:10)(15min休憩)→鳩待峠(13:20)(25min休憩)→尾瀬戸倉駐車場着(14:10)
コース図
駐車場
尾瀬戸倉駐車場(1,000円/日)
温泉他

山行記

海の日を絡めた3連休の土曜日は地元の夏祭りと決まっており、そちらが優先される。しかも今年は神社の当番という役柄を仰せつかり、日曜日も祭りの片付けなどでバタバタしていた。連休の最後の日となる月曜日は、M氏と天気が良ければ山でも行こうかと話していたが、予報では天気も悪くなさそうなので、前日に山行が決まった。
さて、行くのはいいが山が決まっていない。いつものごとくM氏は登りが楽な山がいいと仰る(笑)
そこでロープウェイが使える日光白根山を希望されるが、北関東は天候が怪しいということで諦めた。その代わりにと岩場の好きなM氏から両神山の八丁峠ルートを提案された。いずれ歩いてみたいと考えていたので、二つ返事で提案に乗った。

翌朝、5時前に我が家に迎えに来ていただいた。
このルートは岩場のアップダウンが続くため、ヘルメットとクライミング用の手袋も用意して関越道に乗り込んだ。 助手席で天気予報を調べていると、関東近県、この天気は夕方まで晴れの予報。 北関東方面も同様の予報だ。 天気が良ければ見晴らしの良い、涼しさも期待できる日光白根山にする?と振ってみた。

この時期の両神山方面の暑さは、身にしみて分かっているので、正直なところ出来れば避けたいが、結局のところ、お互いにどちらでもよく、迷うばかりで一向に決まらない。 しかし、両神山の場合、花園インターで関越道を下りなければならないが、M氏が涼しさに惹かれて、花園インターをそのままスルーした(笑)
これで日光白根山に決まったが、私は10年前に日光白根山に行ったことがあり、いまいち煮え切らないでいると、M氏が尾瀬の至仏山でもいいよと言っていただいた。

その返事を待ってましたとばかりに至仏山に決まったはいいが、まさか尾瀬を歩くとは考えておらず、お互いに地図は持っていない。メジャーな至仏山であれば、山小屋にもルート図くらいありそうだし、何とかなりそうな気もするが、山と高原地図をダウンロードすることにした。
Wi-Fiの環境でなければダウンロードできなかったと記憶しており、Wi-Fiが使える赤城高原SAに向かうことにしたが、試しに走行中の車の中で購入してみるとダウンロードが始まった。
M氏の車はWi-Fiに対応しているのかとびっくりしたが、どうやらそうではなくWi-Fi以外の環境でもダウンロードできるようだった。

さて、関越道を沼田インターで下りて、R120をひた走り駐車場のある尾瀬戸倉に向かった。
尾瀬戸倉に到着すると、上々な天候にいやがうえにも期待が高まる。ここで乗合タクシーに乗り換え、鳩待峠には7時半頃に到着した。すでに多くのハイカーで賑わう鳩待峠を起点に山の鼻から至仏山に登り周回コースを楽しんだ。
この日の空は終日澄み渡り、尾瀬ヶ原の片鱗を楽しめたし、様々な高山植物や至仏山から眺める尾瀬ヶ原や燧ヶ岳の絶景には目を見張るものがあり期待以上に楽しめた一日となった。

当初の両神山とはえらく違う展開となってしまったが、予定変更して正解だったかもしれない。
ただし、先日の打ち合わせで今年の夏山山行の行き先が決まったが、長年の懸案だった山で、その山行に備えて、キャンセルした両神山のルートはピストンしておいたほうが良いかもしれない(^_^;)

紫色のログが私の辿ったルート



今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。
画像の掲載にあたっては許可を頂いたうえで利用させていただいております。

アルバム

尾瀬戸倉に到着した、ここからは自然保護のため自家用車は乗り入れできない。そこで乗り合いタクシーに乗り換えて、20分ほど揺られると鳩待峠に到着した。
空は晴れ渡り、今日も暑くなる予感。とはいえ鳩待峠はすでに標高1500m以上あるので、案外と涼しい。ただ日が昇るにつれ暑くなりそう。熱中症には十分に気をつけなければならない。鳩待峠から至仏山を周回する場合、植生保護のため、山ノ鼻から登らなくてはならない。ここを直接至仏山に向かってしまうとピストンとなってしまうため、注意が必要となる。そこで我々も山ノ鼻を目指して出発する。

時折り樹間から見える至仏山の山頂はガスっている。あまり贅沢な事はいえないが、山頂に着く頃にはガスも解消していれば、先週の巻機山に引き続き展望が期待出来そうだ。 鳩待峠から山ノ鼻までは200m程の下りとなる。

ブナかカラマツなど生い茂った新緑の中、整備された木道歩きは何とも気持ちが良い。 時折り射し込む日差しもいい感じ。
足元に咲く可憐な花を見つけてはカメラを構えての繰り返しで、今日も歩みが遅い。一方で下りのM氏は相変わらず速い。どんどん置いていかれるが、仕方がないと諦めてのんびりと歩く。

このルートは尾瀬ヶ原に向かうアクセスルートでもあり、登山者というよりもハイキング目当ての人達が多く、引っ切り無しにすれ違う。
右の花はシシウドみたいだけど、左の花は分からない。

森林浴を楽しみながら、40分も歩くと至仏山荘に到着した。多くのハイカーや観光客の方が休まれていた。
トイレのそばに咲いていたヒメシャジンとノハラアザミ
ここから始まる尾瀬ヶ原も歩きたい気分になってしまう。
幸いな事にここから見る至仏山の山頂にはすでにガスはない。今のうちに登らなければと気がはやる。

近くの人が美味しそうにソフトクリームを食べている。見ているとこちらも食べたくなるが、下山後、鳩待峠での楽しみとして取っておこう(笑)

いよいよ至仏山への登りが始まる。栄養補給のゼリーとおにぎりをひとついただき気合いを入れて歩き始める。
湿原とコキバボウシ。

前方にのっぺりとした至仏山の山容が見える。鳩待峠から200mも下ってしまったので、あの山頂まで約800m程の登りとなる。
M氏には申し訳ないが日帰りではちょうど手頃な標高差かな。

歩き始めは湿原を横切る。尾瀬ヶ原の雰囲気を味わいながら先へ進む。
山道に入ると前日の雨で道はビショビショだ。まぁ大体予想通り。前回のように転ばないように注意しなければならない。
道端にはクルマユリやらニッコウキスゲが見られるようになった。おかげで益々足は進まない。

登り始めてしばらくすると森林限界を超えた。蛇紋岩という岩盤で構成されているこの山は植物が根を張りにくいという事で、森林限界高度も低いようだ。
斜度も増し足元も露出した岩場が続くようになる。この蛇紋岩は滑りやすいので、転ばないように慎重に進む。

周囲にはお花も増えてきた。植生保護のため、終始ロープで区切られている山道には、休憩できる岩場も多く、ついつい休みたくなってしまう。
キンコウカ

後ろを振り返ると尾瀬ヶ原とその先に聳える堂々とした燧ヶ岳で構成された雄大なパノラマが広がる。
前日の捻挫で裸足ではまともに歩けない状態で登った燧ケ岳。M氏も一緒に歩いた6年前の事が懐かしく思い出された。

ため息が出るほどの絶景。尾瀬ヶ原の湿原もいつか歩いてみたいものだ。
後ろに広がる大パノラマが登りの苦労を忘れさせてくれる。景色と足元とよそ見ばかりで、蛇紋岩に足を滑らさないように気を付けなといけない。
ホソバヒナウスユキソウとタカネニガナ