岩殿観音の大イチョウの黄葉絨毯はまだ早かった(おまけ山中湖)
日 程
2016年11月12(土)13(日) 天気:晴れ
山 名
コース
コース図
駐車場
温泉他

山行記

比企丘陵の東端に位置する正法寺の大イチョウの様子が気になる時期になってきた。ここには樹齢700年を超えるとされる大イチョウがある。黄葉の時期になると、イチョウの葉が辺り一面に敷き詰められ、まるで黄色の絨毯のようになり、訪れた人を幻想の世界に誘うほどだと紹介されている。一度、幻想の世界に浸ってみたいと、ここ2〜3年は気にしていたが、タイミングを外してばかりだった。 昨年の記録では12月上旬あたりで見頃を迎えたので、少しばかり早い気はしたが、どんなものか寄ってみた。
その後は山中湖へ移動して、富士山と山中湖の紅葉を見物した。

アルバム


正法寺は坂東三十三観音霊場の第十番札所で、一般的には岩殿観音として知られている。

これが大イチョウ。まだ全く黄葉の兆しがないなぁ。まぁ、予想はしていたので特に落胆はしない。

そして、仁王門から続く正法寺の表参道。門前町を偲ばせる家並みを見下ろす。本HPでも何度も登場する定番の景色になりつつある(笑)
正法寺の銅鐘。天正年間、豊臣秀吉による関東征伐の際に、山中を引き回したため、無数の傷が付いているといわれる。
見晴らしがよいので、思いっきり鐘を突いたら気持ちいいだろうなぁと思いつつ、それは禁止されているのでNG。
歴史情緒が溢れる本堂の欄間を飾る龍の彫刻。
鎌倉時代には頼朝の命で比企能員が復興し、頼朝の妻・北条政子の守り本尊だったと伝わる。
その後、戦国期には東松山の松山城を巡る北条・武田連合軍との合戦(山城の合戦)で本堂は焼失した。
その後も中興されるも、江戸の寛永期、また明治にも火災に遭い、現在のお堂は明治になって高麗村から移築したとのこと。

岩殿観音と呼ばれる所以でもある岩壁に埋め付けされた石仏。ここには、四国八十八カ所、坂東三十三カ所、秩父三十四カ所、西国三十三カ所の百観音の石仏があり、合計すると188体の石仏が祀られているということだ。そのため、全ての石仏を拝めば、四国、坂東、秩父、西国の各霊場を巡ることになるらしい。
しかし、目の付く岩壁に並ぶ石仏はほんの僅かしかない。 他の石仏たちはひっそりとした場所に祀られているが、そこへの行き方が分かりづらいので、一般には知られていない。私は偶々迷い込んで発見したが、人知れずひっそりと佇んだ石仏群はなかなか見ものだ。
本当に188体の石仏があるのか、いつか検証してみたいが、思うだけで終わりそう。。

若干だが、紅葉は進んでおり、ちらほらと色づきも変わり始めているようだ。
折角なので、石段を下って山門の仁王像も見物した。元々は運慶作の仁王像だったらしいが、最近になって過去に焼失したことが判明したようだ。現在の仏像は文化年間に建てられたものらしい。

ここはまた12月の上旬にでも再チェックが必要かな。

そして、翌日、場所は唐突に変わり、山中湖を見下ろすパノラマ台にいる。ススキの向こうに霊峰・富士が聳える。

雲一つない澄んだ晩秋の空気の中、雪を纏った富士山は絵になるなぁ。ずっと見ていたい景色である。

カラマツの黄葉に囲まれた山中湖。そしてその先に見えるのは自衛隊の演習場だろうか。

南アルプスの白根三山。北岳もよく見える。

富士山頂のアップ。登山道が九十九折に続ている。富士吉田口の登山道だろうか。もう二度と登りたくないコース(^^;)
この日の朝は8度程度。風もなく陽が登ると暖かいほどだ。
山中湖湖畔を探索。
毎年恒例の紅葉祭りは終わったようだけど。

まだまだ見頃。

やや、峠を越した感はあるが、やはり晴れると見栄えが良い。