岩殿観音の大イチョウの黄葉絨毯が気になって。。
日 程
2016年11月26(土) 天気:晴れ
山 名
コース
コース図
駐車場
温泉他

山行記

正法寺の大銀杏の黄葉は進んでいるだろうか。2週間ほど前に訪れた時には落葉しておらず、まだ青々としていた。 関東では二日前に夜半から雪が降ったが、11月では54年ぶりの降雪ということだ。この降雪が黄葉にどの程度の影響を与えるのか分からないが、早く行っておかなければと見逃してしまうのではと気を揉んでいた。 今年こそはタイミングを逸して後悔したくないと、満を持して週末に行ってみた。

アルバム


さて、境内に入るといやでも目に入る大銀杏。 まだ色付きは足りないような気もしないでもないが、落葉具合は悪くはないのではないか。
大イチョウ狙いでカメラを構えている方が何人かいらっしゃる。中には三脚を据えている方もいた。

大銀杏の周りにロープが張られており、近づけないようにしている。中には大きな枝が、いくつも横たわっている。
これは剪定したものなのが、自然に落ちたものかは分からない。

しかし、大イチョウの上部は枝が萎れているようにも見えるので弱っているのか。

大銀杏の黄葉にカエデの紅葉もいいアクセントになっている。
鎌倉の鶴岡八幡宮の大銀杏は台風の影響とやらで突然倒壊したが、樹齢700年も永きに亘って生きながらえている歴史を終わらせないでほしい、と祈るばかりだ。

さて、お馴染みの風景、山門の向こうに立ち並ぶ門前町を見下ろしてみる。

下から孫の後を追いかけて、辛そうに石段を登るじいちゃんばあちゃん、
そしてその後には晴れ着で着飾った娘を抱っこして七五三のお参りにやってきた親子三代が後に続く。なんとも長閑だなぁ。

境内の楓もいい色合い。

岩殿観音の大イチョウ、少し早い気もするが、とりあえずは満足できた。
次はもみじ谷の紅葉を見てみよう。といっても場所がイマイチ分からないが、何となく見当はつく。

目星の付けた方向へ5分も歩くと真っ赤なカエデが目に付いた。 陽の光を浴びて、いい塩梅だ。
ここは一番の見頃だろう。なんだかんだといって、今年はそれなりに紅葉を楽しむことが出来たかな。
こども自然動物園の横に人知れずひっそりと建つ青石塔婆。建立年代は不明。

場所は変わり、正法寺の参道からほど近い足利基氏の塁跡を見に行くことにした。

正法寺の表参道。前方奥に正法寺の山門とその奥には石段が見える。火の見櫓も 味が出ている。
九十九川に架かる「惣門橋」から始まる岩殿観音の参道両側には、その昔、約50戸の宿坊や、宿屋、商店等が並び門前町を形成していたとのこと。
今は、往時の面影はないが各戸では当時の屋号を書いた木札を吊るしている。
そして、弁天沼(鳴かずの池)
昔、坂上田村麻呂が岩殿山に住む悪竜を退治し、首を埋めたところにこの弁天沼が出来たといわれ、カエルが棲みつかないところから「鳴かずの池」と呼ばれたと言い伝えられている。カエルを探してみたが確かに居ないようだ。

青面金剛の庚申塚を見つけると、つい写真に納めてしまう。この庚申塚も古そうだ。そして、その左後ろには1368年に建立された「阿弥陀堂の板石塔婆」が見える。

次は足利基氏の館があった場所に向かってみた。
舗装路から民家の横を少し進んだ先に塁跡があった。塁跡は藪の中にも形跡が続いていそうだけど、山歩きの恰好をしていないので諦めよう。

足利基氏は、鎌倉公方と呼ばれ、南北朝時代に活躍した武将で、足利尊氏の次男として歴応三年(1340)に生まれた。この館跡は足利基氏が貞治二・正平一八年(1363)に反乱をおこした芳賀高貞(宇都宮氏の一族で下野の豪族)と、いわゆる「岩殿山合戦」を行った時に布陣した場所で、本陣がおかれた可能性が高いといわれる。 しかし、基氏は長期の滞在はせずに、すぐに下野国に陣を進めているため、この館は合戦の時に基氏が築いたものではなく、地元豪族が造った館を陣地として利用したものと伝わる。
秋の風物詩

どこからともなく漂うたき火の香りが哀愁を誘う。

庭先の柿の木。
柿の木は実が沢山生る年とそうではない年がある。今年の我が家の柿の木は全くの不作だった。
昨年は何百個と生ったのに、数えるほどしか生らなかった。余計な事だが不思議なものだ。
まだ14時半だというのに、山間の町では日も暮れかかっている。もう秋も終わり、いつの間にか冬が訪れてしまったみたいだ。