谷川連峰の白毛門から朝日岳に続く稜線を歩いた(正確には馬蹄形縦走失敗)
日 程
2016年6月11日(土) 天気:晴れ
山 名
白毛門、笠ヶ岳、朝日岳
コース
土合橋駐車場着(2:50)→登山口(3:33)→白毛門(5:57)(5min休憩)→笠ヶ岳(6:47)(3min休憩)→朝日岳(7:53)(10min休憩)→ジャンクションピーク(8:15)→清水峠(9:18)(13min休憩)→折り返し点(10:05)→清水峠(10:35)(5min休憩)→白樺避難小屋(12:59)→JR見張小屋(14:20)→駐車場(15:40)
コース図
駐車場
土合橋側駐車場
温泉他

山行記

谷川岳馬蹄形縦走路という名の縦走コースの存在を知ったのはいつ頃の事だろうか。
谷川岳馬蹄形とは、群馬県水上町の土合を起点に、白毛門−笠ヶ岳−朝日岳−七ツ小屋山−武能岳−茂倉岳−一ノ倉岳−谷川岳から土合に戻るという谷川連峰の稜線をぐるっと周回するルートだが、そのルートが馬の蹄の形に似ていることからその名が付けられた(下図参照)。
山と高原地図による標準コースタイムは17時間20分。歩行距離30km弱。累計標高差は3,000mといわれている。これを日帰りでチャレンジするということは、無謀にも近い行為だが、一部の健脚ハイカーの間では結構歩かれている。
谷川連峰の雄大な景観を眺めながら、長時間に及ぶルートを歩き切れたら、さぞ感動することだろうと、いつからかは記憶にないが、一度は歩いてみたいと漠然と考えていた。
今年は残雪も少ないようで、夏になる前に歩けそうな気がしていた。これから梅雨本番になってしまうとやる気は失せてしまう。チャレンジするなら日が長くて比較的に涼しいこの時季かと意を決して行ってみることにした。

前日は少し早めに仕事を切り止め、帰り掛けにスポーツ用品店に寄り、トレッキングポール(2代目ブラックダイヤモンド)を購入する。帰宅後、夕飯やお風呂などの諸々を済ませ、出発の準備をしていると23時を過ぎてしまい、少し横になった。
今回のロングコースは、まず歩き切れるのかどうかが大きな問題だが、仮に歩き切れたとしても、私の足では15時間はかかるかなぁと想定していた。
今の日没が19時頃だとすると、日没前に下山するには3時くらいから歩き始めれば良いだろう。
自宅から登山口のある駐車場まで2時間程度で着きそうなので、深夜1時頃に出ればちょうど良いだろうということで、結局、眠りに付けずに家を出た。
気持ちの高ぶりもあって眠気も訪れることなく、予定通り2時間程で駐車場に到着した。

駐車場にはすでに10台ほどの車が停まっていた。前泊組か日帰り組かは分からないが、すでに外に出て身支度しているハイカーもいた。
こちらも早々に出発したいが、前後すぐそばに付かれるのも避けたく、車の中で出発してくれるのを待っていたが一向に歩き始める気配がない。そうこうしているうちに、車が2台やって来た。いい加減待つのもバカらしくなり、外に出て準備運動を始める。
見上げる空には、眩いほどの星空が広がっている。今日の好天に期待して歩き始めたが、偶然にもふみふみぃさんが、この後に駐車場に入られ、少し遅れて途中まで同じコースを歩いて来られたそうだ。ちょっとしたタイミングの差でお会いできたかもしれない。 この時には当然知る由もなかったが、ふみふみぃさんの記録を拝見すると、つくづくと不思議なものだなぁと感じてしまう(^^;
それとぶなじろうさんも同日に西黒尾根を歩かれたようだ。西黒尾根は本日の最終行程。時間的にお会いすることは厳しいとは思うが、ご両人にお会いしたかったなぁ。

さて、結果を先に言ってしまうと、谷川岳馬蹄形縦走は失敗に終わり、最後まで踏破することは叶わなかった。
序盤で両足が攣ってしまい、思わぬペースダウン。日帰り馬蹄形縦走を狙っている後続のハイカーさんは6組程いたであろうか。次から次へと抜かされて、時間ばかりが気になってしまい半ば諦めモードに陥ったことや、荷物の軽量化を考慮すべきこと、エスケープルートを誤ったことなど、失敗の原因を考えると枚挙に暇がない。
このルートは、ほとんどの行程が日を遮ることのない稜線上の歩きとなるため、晴れていれば熱くもなるだろう。日中は水対策をしっかり取らなければならない。
元々はあまり水分は摂らない方なので、基本的に夏場でも2.5リットル程度しか持たないが、今回は軽く13時間以上は歩くことを考えると、正直どの程度水を持てば良いのか見当がつかない。ルート上に水場の記載はあるが、期待しない方が良いと考え、全行程分の水として、5リットル持つことにした。
しかし未だかつて、5リットル(kg)の水分を背負ったことなどなく重くて堪らなかった。正直なところ、不要な負荷を掛けてしまったと反省点しかない。

気力、体力、体調、天候など様々な条件が満たされなければ、馬蹄形縦走は難しいと聞くが、自分にとってはまさにその通りの展開となってしまった。
思い起こすと足が攣らなければ歩けたかもしれない。いや無理すれば行けたかもしれないと、そんなことを言っても始まらない。 しかし、縦走路の状況は嫌というほど眺めているうちに何となく様子も分かったし、自分のレベルでも歩き切れる気もする。
そして何よりも稜線から見渡す展望は言葉にならないくらい素晴らしい。また近いうちにチャレンジしたい。

谷川岳馬蹄形縦走ルート(青字ルート)



今回は清水峠から旧国道のエスケープルートに回避したため、実際のルートとは異なる。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。
画像の掲載にあたっては許可を頂いたうえで利用させていただいております。

アルバム

AM3:30 人を避けて出発したつもりだが、ヘッデンを点灯して歩き始めると、登山口で単独ハイカーさんと一緒になった。お聞きすると、馬蹄形縦走は何度もやられているとの事。これは何とも心強いと、後を付いていくのもありかなと期待したけれど、あっさりと先に行ってくださいと道を譲られた。別れ際、ここは熊が多いから気をつけてとの助言に、慌てて熊鈴を装着。こんな真っ暗な山の中で、襲われたらひとたまりも無い。 登山口を過ぎるとのっけから急登が始まる。最初の目的地の白毛門まで1000mほどの登りだが、終始急登が続く。熊鈴を意識的に手で鳴らしながら、上り進むと、いつの間にか後続の単独ハイカーさんのヘッデンの灯りや携帯されていたラジオの音も聞こえなくなっていた。急登でシンドイはずなのだが、周囲が見えない真っ暗なうちに高度を稼ぐのは気分的に楽だった。

周囲が明るくなると前方に目指す白毛門のピークが見えるようになる。暗いうちにだいぶ高度を稼いだので、あとわずかという感覚だった。
急登や岩場が続くが、今のところ体は軽い。荷物は重いけど。。。(^^;

森林限界を突破したのか。振り返り見下ろすと駐車場のある土合が見えた。

谷川岳が見えた。左にトマノ耳、その右にオキノ耳、右に一番高く見えるのは一ノ倉岳で、その右奥は茂倉岳のようだ。

日本三大岩場にして、遭難者世界一としてギネスブックにも登録されている魔の山と言われている谷川岳。真ん中に見えるのが一ノ倉沢。
イワカガミやアカモノがそこら中で咲いていた。

松ノ木沢の頭に到着。白毛門の山頂にもだいぶ近づいた。
7〜8時間後に歩くはずだった稜線が奥に見える。この少し先辺りから足が攣り始めた。
まだ2時間ほどしか歩いていないのに。。。(^^;
両足攣った状況で、何とか白毛門までたどり着けたが、歩くペースは大幅ダウン。

後続のハイカーも後ろの方に見えるが、皆さん休まずに淡々と登って来られる。
こちらも負けじと休まずに登り詰めた。登ってきた尾根を振り返ると、やはり急登だ。

次は前方に見える笠ヶ岳を目指す。この辺りで単独のハイカーさんに抜かされるが、その方は縦走しないと仰っていた。
見える稜線を歩き切っても全行程の1/3にも満たない。まだ序の口である。
笠ヶ岳へ向かう登りは虫が多くて鬱陶しい。今回は後でも触れる防虫スプレーを使ったみたが、効果はあったようで、顔の周りは虫にまとわりつかれることはなかった。

日が昇り朝もやも消えて笠ヶ岳から朝日岳に続く稜線が綺麗に見渡せた。 左に見える低いピークが笠ヶ岳。

後ろを振り返り、歩いた稜線を眺める。感動的な眺めである。あまりの素晴らしさに何度も振り返る。
足をだましながら、なんとか笠ヶ岳に到着した。

谷川岳もスッキリと見渡せるようになる。終盤にあの稜線を歩くはずだが、だんだんと遠く感じるようになってきた。

この方は登山口で道を譲っていただいた単独ハイカーさんだが、笠ヶ岳で抜かされてしまった。
しかし、私のペースでも出来るだけ休まずに歩き続けられれば、ゴールできるよと励ましの言葉をいただいた。
離されつつも、この方の後を付いていったが、七ツ小屋山の手前に見えなくなってしまった(^^;
以後、助言のハイカーさんとさせていただく。
笠ヶ岳避難小屋を過ぎる。辺りにはフリテンドウが咲き乱れていたが、疲れて花どころではなかった。

二人組の若者に抜かされる。だんだんと歩き切れる自信がなくなってきた。

左手を見ると馬蹄形縦走路の一番先にあたる清水峠が見えるようになった。

清水峠付近の拡大画像。右手に見える赤い三角屋根の建造物のところが清水峠。
画面中央やや左に見える顕著なピークが上越のマッターホルンと呼ばれる大源太山のようだ。
そして、大源太山手前の稜線上あたりで、私はギブアップ宣言を出してしまった(汗)

画像では緩そうに見えるがスピードに乗れない。。。(^^;
お腹も空いてきた。途中の岩場に腰かけておにぎりを食べていると、単独のハイカーさんがやって来られた。私と同じく縦走は初めてのようで、とりあえず蓬峠まで行ってみて縦走を続けるかどうか判断すると言われて先へ向かわれた。
ミヤマキンバイやチングルマなどが咲き乱れている。久しぶりのチングルマに普段なら興奮収まらず、しばらく座り込んで写真を撮っているはずだが、今はそれどころではない。 私と年齢的には変わらないと思われるトレラン風の男女のハイカーさんに軽やかに抜かされる。リュックは小さい。かなり軽量化に気を使われているのだろう。こちらは水だけで4kg超。片手で持ち上げるのもしんどい。
やっとのことで朝日岳に到着した。助言のハイカーさんは休まれていたが、私を抜いていかれた他のハイカーさん達は、休憩もせずに淡々と先へ進まれている。こちらは小腹が空いているので、お菓子とおにぎりをいただく。かれこれ4時間強歩いてきたが、考えてみたら水分は0.5L程しか飲んでいない。大して喉も渇かないからなのだが、相変わらず攣った足は万全ではないし、熱中症の恐れもあるので、1L分は飲み干した。荷物も軽くしなければならない。

前方に見えるのは、足尾や日光の山々だろうか。見当が付かないが手前に見えるピークはふみふみぃさんが向かわれた大烏帽子山だろう。

朝日岳からジャンクションピークに向かう稜線。この辺りだけ少し残雪が見られた。

こんな木道は気持ちよい歩きとなるのだが、板が固いため逆に足(ふくらはぎ)への負担が掛かり歩くのも楽ではなかった。
この分岐を右へ進むと宝川に続く。

清水峠も近づいた気もするが、まだまだ先へ進まなければならない。