白駒池の紅葉を期待して、ニュウや天狗岳など北八ヶ岳を歩いた
日 程
2016年10月10日(日) 天気:晴れ
山 名
ニュウ、天狗岳、中山
コース
麦草峠駐車場着(6:00)→白駒池(6:13)→ニュウ(7:21)(18min休憩)→中山峠(8:35)→東天狗岳(9:24)(15min休憩)→西天狗岳(9:53)(28min休憩)→中山峠(11:13)(2min休憩)→中山展望台(11:46)→高見石小屋(12:44)(10min休憩)→白駒池(13:24)(10min休憩)→駐車場(13:40)
コース図
駐車場
麦草峠駐車場(500円/日)
温泉他

山行記

先月の北アルプス以来、一か月ほど山に行っていない。毎週のように地元のイベントがあり、空いた休みは雨が降ったりで、すっかり山から遠ざかっている。
この三連休は地元の行事がないので、折角だから山に行ってみたい。 相変わらず天気は良くないようだが、連休最終日が唯一晴れ予報。
久しぶりに秩父辺りでも歩こうかと検討するが、ここのところ熊の出没が騒がれるようになり、怖くていまいち踏ん切りが付かない。
それでも歩いてみたい尾根があり、あれこれとコース設定を考えていると、ネットで知り合った方から、北八ヶ岳の白駒池の紅葉が見頃で行ってみるとの連絡を頂いた。
白駒池は学生の頃、キャンプで一度訪れたきりで、ずいぶんとご無沙汰している。 以前から周辺の天狗岳やニュウという変わった名前の山を歩いてみたかったのと、その名の懐かしさから衝動的に行ってみたくなった。
ただ連休の最終日、渋滞確実の中央高速は走りたくないなぁと、ググってみると関越道経由で、佐久から南進した方が近いようで、自宅から2時間半程度のようだ。同じ渋滞でも中央道よりも関越道の方が流れるイメージがあり、まだ我慢もできる。しかも別ルートとして、下仁田インターで高速を下りて、R254を西進して内山峠を抜けるルートもあった。どちらのルートも時間的に大して変わらない。高速代もバカにならないから、下仁田で下りて行ってみるかと、すっかりその気になってしまった。
この時期、やはりというのか満車の駐車場待ちの渋滞がすごいらしい。遅れると駐車場に入れるまでひたすら待つか、2〜3km先の路肩に駐車し、無駄な県道歩きを強いられるなど大変だということだ。
とはいえ駐車場はそこそこ広さがあり、暗いうちであれば、停められるだろう。そこで我が家を2時頃に出発した。R299沿いの麦草峠にある駐車場に向かう。そこは標高2,180mに位置し、国道の中では峠として2番目に高いらしい。麓から登っていくと標高1,800mあたりでものすごい濃霧となり、10m先も見えないような状況で、焦りながら走っていたが、2,000mを越えると霧もすっかりと晴れて、星空が広がっている。今日も好天が期待できそうだ。そして、ほぼナビの時間とおり、駐車場には5時前に到着した。

紫色のログが私の辿ったルート



今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。
画像の掲載にあたっては許可を頂いたうえで利用させていただいております。

アルバム

こんな時間にやってくるのは登山者くらいで、余裕で駐車できた。 車を下りると想像を超える寒さに、思わずダウンジャケットを着込む。暗いうちから歩き出すハイカーもいる。 こちらは天狗岳まで歩くだけなので、往復で約12km程度である。明るくなってから歩き始めても時間的に余裕はあるが、帰りのことを考えると少しでも早くから歩きたい。しかし、暗いうちから歩き始めると、せっかくの紅葉が全く見られなくなってしまう。5時半頃になると明るくなって来たので、それではと歩き始めることにした。 長袖シャツにフリースを着て、その上にダウンジャケットを着込むが、それでも寒さを感じるくらいだ。 まずは駐車場から歩いてすぐの白駒池に向かう。
ほどなくして白駒池に到着した。 以前、訪れた時はティピーテントというインディアンが使うようなテントが、沢山設置されており、そこに泊まったと記憶しているが、そんなものは全くなく、当時の様子が全く思い出せない。
さて、湖畔に広がる紅葉の具合を見てみようと桟橋に出た。湖畔の紅葉は進んでいる。しかしまだ日が昇っておらず、いまいちな印象だ。帰りがけに改めて確認してみよう。
ひとまず紅葉見物は置いといて、山歩きを始めよう。まずはニュウを目指す。 白駒池の周りには一般の観光客が周回して見物できるように木道が敷かれている。 ちょうど池の反対側にニュウに向かうルートがあるので、時計周りで木道を進む。 周りは原生林が広がるの森林。もののけの森と名付けられた箇所があるが、まさに映画のような世界が広がる。

木道は前日までの降雨のためか、濡れて滑りやすい。

やがて木道は湖畔に近づく。間近の赤がいい感じ。

紅葉の写真を撮るのに夢中になっていると、ニュウへの道と周回路の分岐に着いた。
分岐を左へ進むと、傾斜が増し、やがて岩がゴロゴロした山道となる。

白駒湿原と呼ばれる湿原に出た。大して広くはないが、ベンチがあり休むのに具合は良さそうだ。しかし歩き始めてまだ30分も経っておらず、そのまま先へ進む。
斜面がなだらかになると、足元には水が溜まりドロドロになっている箇所が増えてきた。嫌いなパターンだ。ドロの中で転んだ巻機山の記憶が蘇る(^^;)
所々、丸太が敷かれているが、半ば腐っていたり、湿っているので、滑らないように気を付けて歩く。しかし裾はすでにドロドロ。歩き方が悪いのか、内側の裾をいつも汚してしまう。登りではさすがに暑くなってきたのでダウンジャケットは脱いた。途中、2グループを追い越し、先へ進む。
道標に、「ニュー中山峠」とある。???ニュー中山峠って、どこだ?(笑)
本当は「ニュウ」と「中山峠」を分けたかったのだろうが、スペース的に一つの言葉になっていた。
さて斜面を巻きながら登り進むと、上部に稜線が見えてきた。どうやらニュウに近づいたようだ。
多少傾斜が増した岩場の斜面を登りつめると、開けた場所に出た。 東から南にかけての展望が広がる。左を見ると小高い岩場があり、そちらから女性の話し声がする。リュックが2つデポされている。向ってみると果たしてニュウの山頂だった。 大きな岩が積み重なった山頂は狭いが三角点がある。大きな岩の上に立ってみた。結構風が強く、高所恐怖症には、辛いところだが、360度の大パノラマが広がる。 北を見ると眼下に白駒池が、その先にはガスに覆われた蓼科山が見えた。

全く期待していなかった光景に喜びもひとしお。今日は足攣り防止の漢方薬は飲んでいないが調子は悪くない。ここまで大して休んでおらず、ポカリスエットも2口しか飲んでいない。小腹も空いてきたことだし岩の上でに座り込んで、これから目指す天狗岳や硫黄岳を眺めながらおにぎりをいただく。

下界に広がる雲海の先には、富士山を見えた。

富士山のアップ

山頂にいた山ガールが北西に見える山塊を見て、あれはどこだろうかと言われる。そこで私は自慢げに「あれは北アルプスですよ。槍が見えるでしょ」とお伝えすると、山頂にいた他の2名も同時に振り返り、本当だと皆さん感動していた。槍から奥穂高岳までの稜線が肉眼でも分かる(画像はズームしたもの)。

次の目的地である天狗岳を目指す。天狗岳までのルートの左側は崖になっており、中山分岐までは稜線というかエッジを歩く。

双耳峰の天狗岳。右が西天狗岳で、左側が東天狗岳。

その左側には巨大な火口壁を持つ重厚な硫黄岳が一際存在感を放っていた。

東に広がる雲海。その先に見える山塊は奥秩父だろうか。
天狗岳を目指して徐々に高度を上げる。山道の苔むした感じがたまらない。
苔むした原生林の森を進む。

天狗岳もだいぶ近づいてきた。
小さな秋。
中山峠に到着した。ここはそのまま天狗岳へ進む。
中山分岐を過ぎ、天狗岳方面に向かうと、やがて森林限界を突破して道は岩石帯となる。 今までと周囲の様子が変わり、南八ヶ岳のような様相となってきた。風が強く肌寒い。

振り返った稜線の先には、ニュウが見える。一番奥に見えるピークがそれである。

眼下には広い天狗の奥庭と黒百合ヒュッテが一望できる。

さらにその奥には、蓼科山と北アルプスの広大な山並みが遠望出来た。
岩石帯を登り進むと東天狗岳に到着した。山頂は北、南や西から登っていくハイカーで賑わっていた。ひとまず空いているスペースに荷物を下ろして写真を撮ろう。

南に見える硫黄岳の奥には八ヶ岳の主峰である赤岳が聳えている。

八ヶ岳のさらに向こうには、南アルプスのスター軍団が一望できる。

硫黄岳の向こうに、(左から)赤岳、中岳、阿弥陀岳の南八ヶ岳の三兄弟が聳え立っている(笑)

南から続く縦走路。