今年初めての百名山。筑波山の人混みは噂通りだった
日 程
2016年5月28日(土) 天気:曇り
山 名
筑波山
コース
駐車場(9:25)→鳥居(9:40)→筑波山神社(9:46)→御幸ヶ原(11:44)(15min休憩)→男体山(12:15)(5min休憩)→御幸ヶ原(12:32)(30min休憩)→女体山(13:20)(10min休憩)→つつじヶ丘(15:08)→(関東バス)→駐車場(16:09)
コース図
駐車場
市営第3駐車場
温泉他

山行記

筑波山は言わずと知れた日本百名山の一座であり、私にとっては今年初の百名山ということで期待に胸が膨らむ。それに茨城県の山を登るのは初めて。関東地方では唯一山登りで訪れたことのない県であった。
この山は1,000mにも満たない日本百名山の中でも一番の低山である。 深田久弥氏は日本百名山の選定基準を「山の品格」「個性のある山」「山の歴史」としており、これらの基準は十分に満たしているように思うが、ほかに原則として1,500m以上の標高という条件がある。たかだか877mの標高しかない筑波山が選ばれたのは、歴史の古さにあるようだ。
我が家から東に目を向けるとはるか彼方に、男体山と女体山の二峰の頂を持つ双耳峰を眺めることができる。広大な関東平野の東に聳え立つ独立峰として、低山ながらも空気の澄んだ日であれば、関東近郊から眺めても、すぐにそれと識別できる美しい山容の山である。
西の富士、東の筑波とは、よくいったもので、1,000mに満たない山とはとても思えず、地元埼玉の山に登っても晴れた澄んだ日であれば、いやでも目に着く、山座同定など不要な山である。
しかし、筑波山のことは、ほとんど何も知らない。
前知識としてあるのは、男体山、女体山の双耳峰で、奇岩が多く、ガマの油売りで有名、とそれくらいか。

白袴に着物はたすき掛け、鉢巻きして刀を差したいで立ちで、
「手前ここに取りいだしたるは筑波山名物ガマの油、ガマと申してもただのガマとガマが違う。。。(中略)1枚の紙が2枚、2枚の紙が4枚。。。」

というガマの油売りの口上は、つくば市の無形文化財として認定され、今も筑波山神社でもやっていたが、これを見るだけでも価値がありそうだ。

山腹には筑波山神社の拝殿があり、男体山、女体山にそれぞれ伊弉諾の尊、伊弉冉の尊が祀られ、山全体がご神体として古くから信仰の深い山だ。ケーブルカーやロープウェイで簡単に登れるようになっているため、女体山から関東を一望する景観を一目見ようと登山者以外にも多くの観光客が訪れるようだ。 高尾山や御岳山と同じような感覚でいたが、日本百名山ということも影響しているのか、想像していた以上の登山者で、登山道でこれほどのハイカーを見るのは、富士山登山以来かもしれない。 もっとも紅葉時期など激混みの高尾山は話でしか知らないが、ここ筑波山も紅葉時期はさらにすごいことになるのだろう。

今回はHさんと筑波山神社から御幸ヶ原コースを登った。昔は参道として歩かれたのだろう、杉の大木や巨岩が立ち並びパワースポットとして、新緑もあって飽きさせないコースだった。思い他傾斜があって歩きごたえはあるが、前日の降雨もあり、道は滑りやすく、下山してくる多くのハイカーはひっきりなしに足を滑らせては転んでいた。あれだけ登山者が多いと滑りやすくなるのは仕方がないと思うけど、小学校の集団が歩いていたり、とにかく賑やかな山だった。

紫色のログが私の辿ったルート



今回のログ情報。
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。
画像の掲載にあたっては許可を頂いたうえで利用させていただいております。

アルバム


圏央道を堺古河ICで下りて、下道で現地へ向かう。この日は曇りがちで筑波山が全く見えなかったが、麓でようやくその全貌が見えるようになった。
一番高く見えるのが男体山で、その右寄りのピークが女体山。
市営駐車場に車を止め、巨大な鳥居から歩き始める。しばらくホテルや商店が立ち並ぶ車道を歩く。スペースシャトルに乗ったガマの看板に引き寄せられて、つい店に立ち寄ってしまったが先を急ごう。

鳥居の先に筑波山神社が見えてきた。神社に参拝する人やハイカーがぞくぞくを押し寄せる。
山門の上に目指す筑波山の山頂部が見える。あそこまで標高差は600m強である。
お土産屋さんには興味深いアイテムが所狭しと並んでいる。気になって仕方がない(笑)

神社に似つかわしくない圧倒的な大きさの随神門に、つい足が止まる。
廃仏毀釈の前には仁王門として仁王様が祀られていたようだが、今は古武士の像に替えられているようだ。

山門の横では、ガマの油売りの口上をやっていた。
筑波山全体を御神体と仰ぐ筑波山神社は、筑波山の中腹にある。拝殿には巨大な鈴がぶら下がり特徴的だ。
多くのハイカーさんは登山の安全を祈願しているのか、私も同じように並んで参拝した。

拝殿を離れ、筑波山の山頂を目指して登山道へ向かう。

ケーブルカーのルートに平行している御幸ヶ原コースを歩く。
前日の雨により足元が滑りやすくなっているようだ。下山しているハイカーが尻餅をつくのを何度か見かけた。前方に小学生の集団が屯している(^^;
傾斜もきつくなり、前が詰まって渋滞が発生している(^^;

杉の大木が立ち並び、凛とした空気にパワースポットと呼ばれるのもうなずけるが、ムシムシして汗が止まらない。

杉の巨木と巨岩のコラボ

巨大な杉に触れてパワーをいただく。
男女川の源流部に到着。ここでも多くのハイカーさんが休まれている。小学生の集団は6年生のようだ。

あと300mほどで山頂だ。人が詰まって自分のペースで歩けないのはもどかしいが我慢するしかない(^^;

時折り、峠を越したヤマツツジがポツポツと見えるが、すでに峠は越して初夏の雰囲気だ。
御幸ヶ原に到着。
御幸ヶ原はケーブルカーの山頂駅であり、ハイカーだけではなく多くの観光客でにぎわっていた。
ここは男体山と女体山のコルに当たる場所で、それぞれの山が間近に見える。
まずは男体山を目指すが、周囲の食堂や土産屋が非常に気になる。
軒を連ねる食堂やお土産物屋で何が売られているのか興味津々。このような所ではついテンションが上がってしまう。
なんとも気になる帽子があったが、これはさすがに買えない(笑)

おでん、やきそば、おそば、氷と、こちらも気になってしょうがない(笑)
もはや登山どころではなくなってきたが、ここで食べたら男体山に登る気が失せてしまうので我慢しよう。
しかし、焼き団子くらいは許されるでしょう(笑)
と、お団子をいただき男体山を目指す。
やはり昼食が気になって男体山はやっつけになってきた。
ケーブルカーで上がってきた軽装の一般観光客も多く、ますます道は詰まってきた。
ジタバタしてもしょうがない。のんびり歩き15分ほどで男体山に到着した。

男体山の御本殿。伊弉諾の尊が祀られている。

男体山の山頂からは一目散に下山する。食堂へ急がなくては。。。