紅葉を期待してヤシンタイ谷右岸尾根を上り、ウノタワに行ってみたが。。。
日 程
2016年11月20日(日) 天気:晴れ
山 名
横倉山(1,197m)
コース
大日堂前駐車場(7:20)→尾根取り付き(8:25)(8分休憩)→滝入ノ頭(9:51)(5分休憩)→鳥首峠(10:17)→ウノタワ(10:53)(35分休憩)→横倉山(11:37)→下降点(11:44)→大日堂前駐車場(13:10)
コース図
駐車場
大日堂前駐車場
温泉他
-

山行記

ここのところ、グループ山行か、賑やかな場所での山歩きが続いていた。久しぶりに静かな山歩きを楽しむべく、秩父の浦山口を起点に歩いてきた。 今回の山行はたそがれさんやふみふみぃさんの記事に触発されたようなものだが、以前から蕎麦粒山の北側に真っ直ぐ延びる三工場谷の右岸尾根が気になっていた。この尾根を歩いた記録をたまたま見つけ、取り付き部の具合も分かったので先月歩く予定でいた。 それなのに出発前夜になり、急遽予定変更で、なぜか八ヶ岳に行ってしまった(^^;)
それはそうと、すでに時遅しの気もするが、ウノタワの紅葉も気になっていた。そこで、いつもの大日堂の駐車場に車を停め、林道を上り詰め、三工場谷右岸尾根を登り蕎麦粒山に出る。その後は有馬山稜を歩き詰め、ウノタワに寄って鳥首峠から下る。 そんな歩き甲斐のある壮大なルートを思いついたが、これでは20kmを超えてしまう。早朝から歩けば、暗くなる前には歩き切れそうだけど、夕方から用事があるので、時間的に無理。
蕎麦粒山は距離があるので、今回は諦めることにして、ウノタワに行ってみることにした。ウノタワに行くにしても鳥首峠を経由するルートをただピストンするだけではつまらない。周回歩きができないだろうかと、地形図を眺めて上りと下りで歩く尾根を決めた。過去の記録をネットで調べてる時間もないので、行き当たりばったりで行き詰まったら、その時に考えよう。
と、そんなノリで現地に向かった。

紫色のログが私の辿ったルート



今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。
画像の掲載にあたっては許可を頂いたうえで利用させていただいております。

アルバム


この日は朝から霧が立ち込めていた。我が家の周りも真っ白だったが、秩父市も同じように霧に包まれたまま。R140から離れて大日堂を目指して高度を上げていくと、ちょうどよい具合で町が霧に包まれていたので、車を停めて写真を撮ってみた。
7時過ぎにいつもの大日堂の駐車スペースに到着した。まだ他に車は停まっていない。準備を済ませて早速歩き出す。 まずは浦山川の上流を目指して県道を進む。周囲の紅葉が見頃を迎えている。紅葉前線もだいぶ高度を下げてきた。標高450m程度の、この辺りが見頃ということは、標高1,000mを超えるウノタワの紅葉は終わってしまっているのではないだろうか。
ウノタワに行ってもしょうがない気もしてきたが、今さらルートを変えるのもなんだし、少しくらい残っていることを期待しよう。
冠岩と別つ分岐。左へ行くと鳥首峠に出る。復路はこちらから降りてくる予定だが、ここは真っ直ぐに進む。
往路で上る尾根を気にしながら歩き進む。上りで歩く尾根の名前は分からない。尾根を上り詰めると滝入ノ頭というピークに出る。隣を流れる沢から、ヤシンタイ谷右岸尾根としておこう。 尾根は県道から橋を渡った先にある。前方に橋が見えてきた。尾根を見た限りではそれほど急ではなさそうだ。橋には通行不可を示す鎖が掛けられているが、橋の通行を妨げているものではなく、その先の林道の事をいっており、車の侵入を防いでいるようだ。
橋のすぐ手前で、落ち葉をかき集めている軽トラのおじさんがいた。挨拶すると、こんなところで登山者は珍しいが、どこに行くのかと話しかけられた。
ルートの説明をすると、「え!その尾根は登れるのか?そもそも遊歩道とかあったか?」と聞かれるが「遊歩道なんてないと思うけど、多分問題ないでしょう」と余計な心配をさせたくないので適当に答える。
すると一人で怖くないのか、寂しくならないかと聞かれる(^^;)
山の中では寂しくなることはないけど、いろいろな意味で怖さは感じます。
この後も、熊や狩猟の話などが続く。。。(汗)
こんな調子で、10分以上も立ち話をしてお別れした。

さて、クマ鈴をセットして県道を離れ、いよいよ尾根に取り付くべく林道を進む。 登山道ではないバリエーションルートを歩くのは久しぶりだ。一歩踏み出す時の独特な緊張感、久しく感じることのなかった感覚に気も引き締まる。 林道を進み、尾根の末端に到着すると高い擁壁で登れない。こんな展開は想定の範囲内。手前の擁壁の切れ目から取り付くことにした。 昨日の雨と朝方の霧の影響か、斜面はぬかるんでいる上、ふかふかで登りづらい急勾配だが、よくあるパターンだ。
足だけでは登れず根なども掴みながら強引に上る。
程なくして尾根に乗った。 これでまずは一安心。 尾根にはテープなどの類は一切ないが、注意してみると踏み跡っぽいのが随所に見られる。
注意しないと気付かないレベルだが、トレースすると、荷物置き場だが何だが分からないが、屋根が潰れて放置されている。残置ワイヤーもあるので、林業関係のものだろう。尾根も緩やかになったり、キツくなったりと繰り返しながら登り進む。馬酔木が多少うるさいくらいだが、歩くのに支障はない。
しばらく進むと林道に出た。 ここは地形図で予め分かっていた場所だ。 リュックを下ろしてひとまず休憩。 風もなく陽も昇り暑くなってきた。汗も止まらずフリースは脱いで長袖シャツ一枚になる。 尾根の取付きは軽く崩落しているようで、そのまま登るのは無理っぽい。

そこで少し左へトラバースして尾根に取り付くことにした。トラバースといっても、奈落へと続く急斜面を巻かないといけない。慎重に歩を進める。尾根に取り付くにしても、どこも急斜面であることには変わりないが、少しルンゼ状になっているところから登ることにした。

ここも足だけでは登れない。木の根や岩を掴みながら登り尾根に復帰した。
やがて周囲はブナとかだろうか、自然林に変わってきた。すると前方に先ほどと同じような人工物が現れた。
残置ワイヤーなどから、ここも林業関係の作業場だったのだろう。

日の当たる伐採地ではススキが綺麗だ。
ススキの藪などを抜けると林道に出た。地形図ではここまで林道は延びていないが、ここで終わっている。工事の途中という雰囲気でもなく放置されている感じだ。

北の方の展望が開ける。奥には両神山や浅間山が遠望できた。
西を見ると仙元尾根の向こうに三つドッケが見える。
尾根への取りつき部が崩落しているため、そのまま真っすぐに上ることができない。どこを攻めようかと考えながら、斜面を見渡すと残置ワイヤーがぶら下がっていたので、そちらを掴んで尾根に身体を引っ張り上げた。
標高900m辺りで尾根はなだらかになる。すると明らかな登山道レベルの踏み跡が現れた。
こんな辺鄙な場所に、誰がこの道を利用するのだろうか? こちらは楽ができるので、利用させてさせていただいた。
左画像では右へ巻道が続く。
有馬山稜も近付くと伐採地に出た。尾根の両サイドは食害よけのネットが張られている。 丁度良い具合の切り株に腰掛けて休憩を取る。
風もなくポカポカ陽気で気持ちが良い。喉を潤し、目と鼻の先の滝入ノ頭を目指す。

ススキの藪を掻き分けて進むと滝入ノ頭に出た。

北西を見るとギザギザの両神山と右奥には浅間山がよく見えた。

西の展望が素晴らしい。大ドッケ、太平山、三つドッケ、蕎麦粒山が一望のもとに見渡せる。仙元尾根や蕎麦粒山から北東へ続く尾根もよく見える。

有馬山稜に出ればハイカーもいるだろうと思ったが、周囲には誰もいない。次は山稜を北へ向かい鳥首峠を目指す。北を見ると左側にどっしりした山容の大持山が見える。中央奥には武甲山がわずかに頭を出している。右側に見えるピークの先がウノタワなので、今日はあの辺りまで進んで、西に延びる尾根を下ることになる。
少しぬかるんだ山道を進み、急斜面を慎重に下ると鳥首峠に到着した。ここに来るのは何年ぶりだろうか。
名郷の方から何人かのハイカーが登って来る。ここでひとまず休憩を取る。
見頃を過ぎた紅葉が現れた。ひょっとしたらウノタワにも残っているのではと淡い期待を持ってウノタワを目指す。ここから急登が続く。道も滑り易くて登りづらい。 こんな急登なんてあったっけと思いながらも、距離はないので一気に上り詰める。

やがて道は平らになり、周囲はブナなどの広葉樹に変わるが、すっかり落葉が進み、もはや冬の装いだ。じきにカラマツに囲まれたウノタワに到着した。カラマツの黄葉もカエデ類の紅葉もすでに終わっていた。微かな期待をしていたが無駄だった。

広いスペースには、家族連れと単独ハイカーさんが思い思いの場所で食事をされている。 こちらもカラマツの倒木に腰掛けて昼食とした。しかし、こんな雰囲気のウノタワも悪くない。気持ちの良い空間だ。抜けるような青空に思わず寝っ転がりたくなる。こんなところで何も考えずにぼけ〜っとしているのも最高だなぁ。 などとのんびりしていると、大持山方面や鳥首峠方面から、多くのハイカーが行き交う。こちらはここからほど近い横倉山に立ち寄って下るだけ。

ここまで来れば急ぐ必要もない。下るのは未知の尾根。等高線を見る限りは、特に問題はなさそうだけど、事前に下調べしてないので、歩きてみないと分からない。 下る尾根も上りと同様に尾根の名前が分からない。そこで冠岩沢左岸尾根と呼ぶことにする。 素直に鳥首峠に戻って破線のルートを下るのが安全だけど、そこまで戻るのが面倒だ。 近くに単独ハイカーさんが来られたので、歩き始めることにしよう。

東側の景観。 手前の尾根は天狗尾根。右側に見える2つのピークが左から伊豆が岳、古御岳だろう。奥に見える稜線が奥武蔵グリーンラインだ。
ウノタワから横倉山までは20分くらいの距離か。大持山へ向かう途中にあるピークだ。今まで何度かこの区間歩いたことがあるが山名板を見た記憶がない。何とも中途半端な山だが、以前から気になっていたので寄ってみた。 想像通り展望も利かず、冴えないピークだけど、よくできた山名板を写真に収めて、尾根の下降点に戻ろう。
右画像のポイントが冠岩沢左岸尾根の下降点だ。尾根は大きな木の右側に延びている。
さぁ、ここから尾根を下る。先を見るととりあえずは問題なさそうだ。 方向的には単純な尾根のため、コンパスを取り出し、向かう方向をセットした。 そして靴紐を締め直して歩き始める。 落ち葉がだいぶ積もっていて、足が滑るので気を付けながら歩くも傾斜も増してきたので、ストックを取り出して歩き始める。
ブナやコナラなどの広葉樹が広がる気持ちの良い尾根だ。雰囲気的には以前歩いた大持山の西尾根と同じかな。 テープの類はないし、誰もいない。自分の都合で歩けるのが良い。久しぶりに味わう感覚だ。 150mも下ると次第に周囲には紅葉が広がり出した。
紅葉独り占め。

気持ちよく下っていくと、尾根が右に大きく曲がっている。どうやら870mの標高点のようだ。
危うく引き込まれそうになる。正しいルートは左だが、尾根型が分かりづらい。
立ち止まって、周囲を見回すと微かな踏み跡らしきものを発見した。
そちらに進むと前方に高圧線の高架を見つけた。このエリアでは現在地を確認できる貴重なランドマークだ。ルートが間違っていないことに安心する。尾根型もはっきりしてきた。急斜面を下ると高架に出た。すでに高圧線はなく、お役御免になったようだ。
後は尾根を200mも下れば、鳥首峠からのルートに出るので、不安がなくなった。安心すると喉が乾いてきた。リュックを下ろして、メロンパンを頬張る。そして全然減っていないポカリを500mlほど一気に飲んだ。
高架から先は巡視路を辿るだけ。それもつまらないかと、冠岩集落跡に直接下ろうかと思ったが、急すぎるので諦めた。整備された木段を下るとはっきりした踏み跡に出た。どうやら鳥首峠からのルートに合流したようだ。あとは一般登山道のようなものだ。
少し進むと冠岩の集落跡に到着した。囲う物が何もなくなったお堂のお地蔵様と石塔婆があった。 後からネットで調べると怖い謂れが載っていたが、ここで記すのはやめよう。 そして今や人の居ない三軒の廃屋に寄ってみた。人が居なくなって、すでに何十年も経つのだろう。なぜ、こんな辺鄙な所で生活していたのだろうかと考えてしまう。 この集落の謂れなどを書き記したメモが一本の木に縛り付けられていた。読んでみると少し物悲しさを覚えた。廃屋の写真を掲載しようかと思ったが、そんな気分にもなれずに止めた。 しかし、ここにいると、この地に語り継がれる平家の落人伝説もまんざらではなさそうな気にもなる。

人の生活感が残る空間を後にして、次は県道を目指す。しばらくすると冠岩沢沿いに道は進み、県道に出た。
周囲の紅葉を楽しみながら大日堂の駐車スペースに戻った。
久しぶりに静かな山歩きが楽しめた。