幻の花クマガイソウと本栖湖の芝桜を見てGW渋滞にハマる
日 程
2016年5月5日(木) 天気:晴れ
山 名
コース
コース図
駐車場
温泉他

山行記

クマガイソウという名のランの一種で大きく膨らんだ風船みたいな一風変わった形の花がある。 詳しくはラン科アツモリソウ属に分類される多年草の一種で、扇型の特徴的な葉をつける。近年乱獲が進み、環境省のレッドデータブック絶滅危惧U類(絶滅の危険が増大している種)に分類されているとのことだが、この幻の花とも呼ばれるクマガイソウの群生地が山梨県の西桂町にあることを2年ほど前に知った。見頃がGWの時期の5日間程度しかないということで、昨年はタイミングを外した。しかし今年こそはGWの高速渋滞覚悟の上で、妻と群生地へ行ってみることにした。
それとこの時期、本栖湖で芝桜まつりが開催されている。地元埼玉の武甲山の麓の芝桜も見たことがないのだが、富士山をバックに一面に広がる芝桜の画像を雑誌などで何度となく目にしていた。こちらも見てみたかったので向かったのだが、芝桜渋滞は想像を絶していた。

アルバム

西桂町のクマガイソウ群生地は、三つ峠駅からほど近い。三つ峠山の対面の倉見山の麓に位置する。そのため中央道の大月JCTから河口湖方面へ進路を変え、都留ICで下りて現地へ向かう。 3連休最後のこどもの日だが、中央道は渋滞もなく、前方には雲ひとつない見事な富士山がその姿を現した。 三つ峠駅を過ぎ、道々に掲げられた案内を頼りに、駐車場のある町民グランドにたどり着いた。
気温は20度程度か。晴天で日差しが強く少し暑いくらいの陽気だ。日焼け止めを塗りたくり半袖になっているが、標高が高いせいか日陰は少しひんやりする。すぐ横を中央道が走っており、その柵沿いに上り進む。

中央道の向こう側には三ツ峠山の全景が見渡せる。山を眺めていると、ついつい登りたくなってしまう。あの山頂から眺める富士山はさぞ素晴らしいものであろう。そこで妻を誘ってみるが、疲れるからヤダ、暑いからヤダと想定内の答えが返ってくる(笑)
もっとも今日は山歩きの格好をしていないので登れないのだが。。。
案内に従って植林を少し登り進む。

ほどなくして柵で囲まれたクマガイソウの群生地に着いた。早速、柵の中に入ってみると、写真でしか見たことのないクマガイソウがちょうど見頃を迎えている。柵で区切られた敷地内に所狭しと立ち並んでいるクマガイソウの群生は見事の一言。

ここには5,000株のクマガイソウが自生しているということだが、地元の方が40年ほど前から、一人で育て上げたということだ。

色や形は違うが同じ種でアツモリソウというのもある。

クマガイソウ、アツモリソウという変わった名の由来は、膨らんだ形の唇弁と呼ばれる部分を、昔の武士が背中に背負った母衣に見立て、源平合戦の熊谷直実と、平敦盛にあてたものと説明があった。

確かに言われてみると、古の武者が背負った母衣に似ている。中には二つの花を持つ株もあった。

草丈は40cmほど、花は大きなもので10cm程度だろうか。意外と大きい。

時間の経過も忘れて夢中に写真を撮る。妻は下で呆れている。

しかし見れば見るほど変わった形をしている。ちなみにアツモリソウは三ツ峠山に保護地があって、そちらで見られるようだ。
三ツ峠山は花の山としても知られている。次はアツモリソウを見てみたい。
それほど広くない群生地には、結構な人数の見学者がいた。 30分も居ただろうか。十分に満足して駐車場に戻る。
この群生地は今や町が管理されているとのことだが、この日はご家族の方が現地にいらした。 元々、育てるのが難しい上に、盗掘などもあって、40年数年の長い歳月で想像も出来ないほどの苦労をされたのではないだろうか。全く頭が下がる思いだが、いつまでも残ってほしい願わずにはいられない。

さて、次は芝桜を見るために本栖湖へ向かう。ナビで検索すると、富士山の裾野を廻るR139は河口湖を過ぎたあたりから、渋滞しているようだ。 そこで、別ルートとして富士の樹海を抜ける県道71号線に変更して現地に向かった。セブンイレブンに寄ると、芝桜まつりの前売り券が売っていた。通常600円のところが、550円で手に入る。これは買わない手はないと早速購入して、県道71号に移る。

こちらは渋滞もなく、すいすいと樹海の中を駆け抜ける。途中で全景が見渡せる場所に出た。富士山の全景といっても写真を撮った場所自体も富士山の一部なのだが、間近に見える富士山は雲ひとつ無いパーフェクトな状態。つい車を停めて写真を撮る。周りを見ると同じように車を降りて写真を撮っている方々が多い。
その後も快調に進むが、目的地手前の3kmあたりから渋滞で全く動かなくなってしまった。待っていても遅々として進まない。
なぜ、こんなところが渋滞するのだろうか。まさか芝桜渋滞ではないだろうと、妻がネットで調べてみたら、果たしてそうであった。
本日の情報で、ナビで30分のところが、3時間掛かったとかそんな情報ばかりだ。全く同じパターンにはまってしまったようだ(^_^;)
何とかならないものだろうか。考えるに県道から国道に合流するのに、時間が掛かっているのだろう。R139のほうが渋滞してても流れているだろうから、わき道からR139に出てしまった方が早いはずだと、勝手に思い込み渋滞の列から飛び出した。
こういう悪あがきは、大概後で後悔を伴うのだが、じっとしているのが、耐えられないので仕方がない。そして渋滞の列を離れて、牧場のような細い道を抜けるとすんなりとR139に出た。これは読み通りだと、喜んだのもつかの間、国道もそう大して流れは変わらない。現地まであと4km程度。チケットも買ってしまったから、別の観光地に行くわけにもいかない。
この時期はGWだし、もう諦めて素直に待つしかない。。。
中には渋滞を待てずに4kmほど手前の朝霧高原の道の駅から歩いている人もが多かった。 私一人なら4kmくらい歩くのは何でもないのだけど、同乗者はそうはいかない。歩くことは絶対に許可しないだろう(笑)
そして河口湖から3時間以上経過し、やっとのことで駐車場に入ることができたが、結局のところ、時間的には何も変わらなかったか?(笑)
駐車場は広大で入れ替わり立ち代り出入りが多く、入口付近は意外とスムーズだったが、R139経由でしか駐車場にアクセスできないのだから詰まってしまうのだろう。しかし、芝桜の駐車場をスルーする車もあったが、気の毒としかいいようがない。

さて、渋滞のことなど忘れ去って、芝桜を楽しむとしよう。
広い駐車場から園内に入り、5分ほど歩くと、芝桜の広がる草原に出た。

なかなか壮観である。

それにしても園内の観光客の人数は凄まじい。所狭しと人波が続き、写真を撮るのも一苦労。

若いカップルなど自撮棒でバシャバシャ撮影している。

しかし周囲は外国人観光客が多い。2〜3割くらいは外国人かなぁと話すと、妻は7割くらいは外国人だと言っていた。

さすがにそこまではいかないと思うが、ここ数年で変わったものだと思う。

そして振り返ると裾野まで広がる見事な富士山がひかえている。この渋滞の間に雲に覆われてしまうのではないかと心配したが杞憂にすぎなかった。

早速、富士山をバックに芝桜の写真を撮る。

ここは富士五湖周辺で、この時期、一番の人気スポットではないだろうか。
しかし、個人的には奥に写る稜線が気になる。上から見下ろす芝桜も見応えありそうだ。

園内には食事処も多い。せっかくなので園内をぐるっと回ってみた。

他にもサクラソウなどが咲いていたが、サクラやミツバツツジは枯れていた。あとクマガイソウの群生地もあったが、全て蕾の状態だった。ここの株は5月中旬以降に開花を迎えるのではないだろうか。

昼ご飯も食べずに、16時近くになってしまった。
他にも寄ってみたい観光地もあったが、帰りが遅くなってしまうので諦めた。

そして帰りも河口湖に出るまで渋滞につかまり、渋滞を抜けるのに60分ほど時間が掛かってしまった。
お腹も空いてきた。河口湖近くの繭(まゆ)のような不思議な構造物の中でほうとうを頂く。満腹になって中央道に乗ると、大月の先から予想通り?30kmの渋滞につかまる。 久しぶりにGW連休渋滞の洗礼を受けてしまった。今日は満足だけど疲れた一日となってしまった。