雪山入門の山として名高い赤城山で雪山ハイクを楽しんだ
日 程
2017年3月11日(土) 天気:晴れ
山 名
黒檜山(1,828m)
コース
駐車場(9:46)→黒檜山登山口(10:00)(7分アイゼン取付)→猫岩(10:19)(10分休憩)→黒檜山(11:20)(11分休憩)→展望地(55分食事休憩)→駒ヶ岳(13 :21)(5分休憩)→(滑落停止訓練10分)→駐車場(14:13)
コース図
駐車場
おのこ駐車場
温泉他

山行記

雪山に興味を持つようになり、先日、アイゼンを購入し、奥秩父に行ったはいいが、雪は期待していたほどではなく、アイゼンもまともに使えず、少々悔いが残っていた。もう一度くらい、手軽に楽しめる雪山に行ってみたいと赤城山辺りを狙っていた。 しかし、3月も半ばを迎え温暖な日々が続き、関東近郊は降雪もなく、雪が溶け始めているようだ。 これでは赤城山の雪山も長いこと持たないだろう。赤城山以外に初心者向けで、適当な山というと、北八ヶ岳あたりしか知らない。赤城山より標高が高い分、雪は多いと思われるが、まずは赤城山に行っておきたい。
元々、N氏と先週に予定していた赤城山行が事情により中止となったが、雪が消える心配もあり、結局、N氏と翌週に行くことになった。

赤城山は言わずと知れた日本百名山の一座。中央に位置するカルデラ湖を囲むように外輪山を構える独立峰だ。 関越道を下っていくと、関東平野の北端に裾野の広い赤城山と、その西側には赤城山と同様に特徴的な外輪山を備えた榛名山が、関越道を挟んで二枚看板のように立ち並んでいる様は、いやでも目につく。我が家からは比較的に近いこともあり、他に行く山がなければ歩いてみようと考えていたが、今まで特に機会もなく、つい10年以上経ってしまった。 その赤城山もまさか雪山シーズンに行こうなどとは思いもしなかったが、赤城山を歩くちょうど良いきっかけになった。
赤城山に行くにあたり、県道の凍結が懸念事項であったが、しばらく好天が続きその心配もなさそうだ。前日の天気予想では昼頃から晴れるとあり期待も膨らむ一方で、当日の未明に雪予報があり、実際に降雪はあったようだが、どうやら恵の雪だったようだ。

前回は歩いている最中にアイゼンが外れたりと散々だったが、瀑泉さんのアドバイスに従い靴を変えてみた。すると、アイゼンも外れることはなく、終始安定したアイゼン歩行が出来た。もしものために携帯したワカンは出番がなく、ただの重しになってしまったが、赤城山でも最高峰の黒檜山から駒ヶ岳への周回ルートは、さすがに雪山入門の山として名高いだけあって、雪山の楽しみを味わうことが出来たと思う。
まだ、雪山の何たかるかを理解していないが、赤城山の人気の高さも分かるような気がした。それに花粉症持ちにとっては、スギ花粉が吹き荒れるこの時期に、その脅威に脅かされることもないというのも雪山の魅力かもしれない。

紫色のログが私の辿ったルート



今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。
画像の掲載にあたっては許可を頂いたうえで利用させていただいております。

アルバム

都心に住むN氏は6時を目途に我が家へ向かうが、関越道で事故渋滞につかまり、30分ほど遅れて到着。その後、関越道に乗りなおし前橋ICを目指す。前橋IC辺りの車線が3車線から2車線に変わる箇所ですでに渋滞が始まっていたが、赤城山の天気は昼から晴れるとの予想なので特に慌てる必要はない。高速から眺める赤城山は、外輪山の一部に少し雲が掛かっている程度。今日も好天が期待できそうだ。高速を下りて前橋市内を抜け、赤城道路を進む。標高1,000m辺りまでに上ると路面は雪に覆われるようになり、部分的に凍結していた。想定外の展開に多少戸惑ったが、どうやら昨夜に降雪があったようだ。2〜3回滑ったが大して問題はない。
駐車場がよく分からず、ナビに従っていたら大沼湖畔に出てしまった。適当に道路に復帰すると駐車場があったので、そこに駐車して準備を始める。

左奥がこれから目指す黒檜山。雲は掛かっておらず山頂からの展望が期待できそうだ。気温は氷点下で風があって肌寒い。山頂はもっと風が強いのだろうか。

まずは舗装路を歩いて黒檜山登山口へ向かう。ここではアイゼンは付けないので、滑らないように慎重に進む。左はカルデラ湖の大沼。

大沼全景。テントを張ってワカサギの穴釣りをしている。やってみたい気もするが、じっとしているなんて何とも寒そうだ。
15分も歩くと黒檜山の登山口に到着した。すでに大勢のハイカーがアイゼンを付けたりと準備を進めている。我々もここでアイゼンをセットして早々に歩き出す。

初っ端からいきなり急登だが、アイゼンが効いて登りやすい。アイゼンを付けている分、足は重くなるが余計な踏ん張りがない分、無積雪期と比較すると急斜面は登りやすく感じる。

少し登ると尾根に出た。普段、私ほど山登りをすることのないN氏は上りが辛そう。こちらは前後に人がいると気になって仕方がない。前に人が見えるとついペースを上げてしまう(汗)
何が猫岩なのか分からないが、展望の良いこの辺りで10分ほど休憩を取る。

250mほど登ったであろうか。先ほど歩いた大沼と駐車場が見下ろせた。大沼の先に電波塔のある地蔵岳がはっきり見える。ここから約140km先に位置する富士山も見えるとあるが、遠方は霞んでよく分からない。
前方に黒檜山山頂が見える。あと僅か300m程の登りか。尾根の南側は切れ落ちていて、雪庇が張り出していた。
歩く人も多く、トレースは踏み固められている。斜面が急な箇所はアイゼンの前爪が効かせて登り進む。
じきに黒檜山から駒ヶ岳に続く稜線上に出た。ここは左へ進路を変えて黒檜山を目指す。
分岐から2〜3分で赤城山の主峰・黒檜山に到着した。さすがにハイカーが多い。この先2分の所に絶景スポットがあるらしいので向ってみた。
空は青々としており、眩しいほどの雪に覆われた白銀の世界が広がる。見晴らしの良い稜線歩きは気持ちが良い。これぞ雪山の醍醐味か。

絶景ポイントに到着。関東平野の北端から見渡す限りの景観はさすが絶景スポットと呼ぶのに相応しい。
尾瀬の山々や谷川岳など北の名峰が立ち並ぶ様は圧巻の一言。単純に感動してしまう。

赤城山の最高峰である黒檜山からは赤城の外輪山が見下ろせる。 右奥には榛名山、その先には雪を纏った浅間山が遠望できる。
エビの尻尾の小さい版?。
稜線上では強風を予想していたが、さほど風は強くない。暑くもなく寒くもない丁度良い陽気に、ここで昼食を取ることにした。今日は抹茶味のカップヌードル、どんな味がするのか、ある意味期待していたが、意外と美味しく良い意味で期待を裏切られた(笑)
しかし、次から次へと人が集まる。さすが人気の山だけのことはある。

いつもと違う展望に山座同定はさっぱりだけど、こちらは日光連山だろう。

中央左寄りに見える出っ張りが皇海山なのは分かる。右奥に見えるのは男体山と女峰山だろうか。

右寄りの一番高い山は日光白根山だろう。
のんびりと一時間ほど休憩を取った。日焼け止めを塗り忘れ、あまりの日差しに少し日焼けしてしまった。これから稜線上を駒ヶ岳まで目指す。
5分も歩くと黒檜大神が祀られている石碑に出た。その先の分岐の標識を見ると、ここにも絶景スポットがある。はて、日本一の関東平野?日本で一番広い平野という意味か。昔、そんなことを習った記憶があるが、60歩という距離表記は面白い。

関東平野が見渡せるということだ。前橋市は分かるが、その先は霞んで良く見えない。空気が澄み渡れば、関東一円が一望のもとに見渡せるのだろうか。

中央に見るピークがこれから目指す駒ヶ岳のようだ。これから200m程下るが、アイゼンが効いて下りも楽だ。

これから目指す駒ヶ岳へと続く稜線を眺める。

一旦、下って緩やかな稜線上を進む。雪が締まってアイゼンでも沈まない。おかげでリュックに背負ったワカンは全くの重しになってしまった(^^;

駒ヶ岳を目指して、緩やかな斜面を登ると多少汗ばむが、上着を脱ぐほどではない。
駒ヶ岳に辿り着いた。風が程々に吹いており、休んでいると肌寒いので先を急ぐ。

雪の稜線歩きは何とも気持ちが良い。今まで雪山を避けてきたことが勿体無かった気もしてきた。夏山とは全く違う世界に来たような錯覚を覚える。

いつものごとく無駄に写真を撮りながらなので、N氏に益々置いていかれる。
稜線から外れて丸沼へ下る分岐に来た。ここから35分とある。稜線から離れるのを名残惜しく荷物を降ろしてしばし休憩。

多くのハイカーさんがやって来たので、荷物を担いで下ることにした。

下りでは、始めこそ雪があったが途中から地肌がむき出しになったり、ガチガチのアイスバーンだったりする。構わずアイゼンを付けたまま進むが、アイスバーンでの12本爪のアイゼンの効果はさすがである。きちんと爪が刺さるし、何より安心感が違う。

じきに駐車場も見えてきた。相変わらず下りのN氏は早い。すぐに引き離されてしまうが、無理にペースを上げるのは怪我のもと。

こういった鉄製のハシゴは、なるべく歩きたくないが気をつけて通過する。

高度を下げると、雪のない地肌むき出しの夏道が現れる。アイゼンを外すのも面倒なので、そのまま進む。

慎重に進み道路手前まで下りたところで、折角なのでN氏のピッケルを使い、滑落停止訓練をやってみた。 その後、アイゼンを外して道路に出ると雪はすっかりと溶けていた。

駐車場で着替えて、歩いたコースを見上げながら、雪山の余韻を浸る。 今回も天候にも恵まれ、定番の雪山コースだが十分に楽しめた。