名郷〜妻坂峠〜大持山〜小持山〜武甲山〜芝桜〜西武秩父駅へ縦走した
日 程
2017年5月7日(日) 天気:曇り/晴れ
山 名
武甲山(1,304m)
コース
名郷バス停(8:22)→妻坂峠(9:34)(10分休憩)→大持山(10:37)→覗き岩(10:48)(5分休憩)→小持山(11:10)→シラジクボ(11:34)→武甲山(12:03)(23分休憩)→長者屋敷ノ頭(12:48)(3分休憩)→林道終点(13:29)(5分休憩)→はにつえん(14:00)(28分休憩)→浦山民俗資料館(14:36)(10分見学)→大渕寺(14:58)→岩井堂(15:31)→長者屋敷跡(15:52)→羊山公園芝桜会場(16:40)(20分見学)→西武秩父駅(17:24)
コース図
駐車場
-
温泉他

山行記

先日、バラエティー番組で箱根、高尾山、そして秩父が比較されているのを見た。秩父が箱根、高尾山と観光地として並び称されるとは、何とも嬉しい限りだが、どこも鉄道会社が力を入れている。 秩父は「ちちんぶいぶいぶいダンス」という知る人ぞ知る西武鉄道のCMの影響もあってか、ホットな観光スポットとして脚光を浴びているようだ。 今年のGWに合わせるように西武秩父駅に温泉施設がオープンした。高尾山と同じように集客効果は高そうだ。そんな秩父の熱気を肌で感じてみたい。 そこでGWの最終日はバスで飯能駅から名郷へ向かい、名郷〜妻坂峠〜大持山〜小持山〜武甲山〜浦山口へ下る。それから琴平ハイキング道を抜けて、羊山公園の芝桜を見物し西武秩父駅へ至るというロングな縦走ルートを歩いてみた。

紫色のログが私の辿ったルート



今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。
画像の掲載にあたっては許可を頂いたうえで利用させていただいております。

アルバム

飯能駅から名郷までバスで向かう。長丁場になるので、どうせなら7:07発の始発に乗りたい。我が家から飯能まで、車であれば40分程度の距離だが、電車では1時間半は掛かる。そこで時間節約のため、飯能まで車で向かい、駅周辺のコインパーキングに車を停めて、バスに乗り込むことにした。そして、帰りは西武秩父駅から電車で飯能駅に戻る。そんな予定で飯能駅から始発のバスに乗り込むと、座れないほどのハイカーでギッシリ。
50分ほどバスに揺られ、さわらびの湯のバス停で8割方は下車、残りのハイカーは名郷でバスを下りた。 下車した半数は蕨山方面に向かわれた。 私と同じウノタワ、妻坂峠方面に向かう人はいなかった。
やはりほとんどのハイカーのお目当ては人気の棒ノ折山か蕨山なのだろう。こちらは妻坂峠へ向かう。後続者はいないようだ。途中で新しく切り開いている林道があった。尾根を切断して先へ続いているようだ。まだ工事中だったが、一体どこへ繋がるのだろうか。
50分程歩くと舗装路が終わり山道に変わる。バイクが停まっていた。登山者のものだろうか。 今日のルートは標準タイムが10時間を超える。少しペースを上げないと、明るいうちに歩き切れない。 見上げる空は曇っているが、風もなく滴り落ちる汗が止まらない。 休憩もそこそこに妻坂峠を目指して杉の植林を進む。ここは間伐がされているようで明るい林だ。

日も差してきたので、日焼け止めを塗った。妻坂峠も近づくと傾斜も増して九十九折に登って行く。汗が止まらないが構わず上り詰めると妻坂峠に到着した。 ここでリュックを下ろして休憩し、おにぎりを一ついただく。峠は風が強く、汗で濡れた身体には肌寒く感じる。
妻坂峠の石仏。逆光で分かりづらくなってしまったが、近くに説明版が掲げられていた。

樹間に武甲山が見えたが、まだ遠い。武川岳からご夫婦と思しきハイカーさんが下りてこられた。 元気プラザからピストンされるとおっしゃっていた。こちらは長距離の予定なので、お話もつかの間、先へ急いだ。

妻坂峠から大持山の肩まで、単調な登りが続く。道端にカタクリが見られるようになる。なるべく足を止めないように登り進む。6名ほど抜かして、先へ進むと大持山の肩に辿り着いた。ここは開けた場所であるが、少し霞んでて見晴らしはイマイチだった。
4人組のグループが休まれていたので、水分補給だけして先へ向かう。

大持山を過ぎると足元にはアカヤシオの花弁が散見される。もうこの辺りは終わってしまったのか、アカヤシオは綺麗だけど、その命は儚いものだなぁ。しかし儚いからこその美しさもあるのだろうか。そんなことを思いながら歩いていると疎らだがアカヤシオの花が見られるようになる。 この状況の違いは標高の差なのだろうか。繊細な花だなぁとつくづくと思う。散る間際、一生懸命に生を全うするが如く、咲き急ぐアカヤシオに健気すら感じてしまう。道端に落ちているアカヤシオの花弁を見ると柴山全慶の「花語らず」という詩を思い出したりする。アカヤシオにぴったりの詩だと思うが、山の中を一人で歩いていると、そんな柄にもないことを考えたりする(笑)

小持山手前の見晴らしの良い雨乞岩でリュックを下ろして二度目の休憩。おにぎりをいただきながら、目の前に見えるタワ尾根や高ワラビ尾根を眺める。

天目山や酉谷山はガスに覆われているようだ。あの山域もご無沙汰している。今年も月末頃にはシロヤシオのカーニバルが繰り広げられるのか。

後続グループの話し声が聞こえてきたので、先に向かうことにした。
小持山を抜けてシラジクボを目指して一気に下る。

小持山から見た武甲山
この辺りで、トレランをされている高齢のご婦人ランナーに抜かされた。大持山から小持山にかけて、後ろにいるのは感じていた。登りはほぼ同じようなペースだったので、抜かされることはなかったが、下りで颯爽と抜かされてしまった。この方、後で写真を見返すと名郷で同じバスを降りた方だった。おそらく蕨山方面からグルッと廻られたのであろう。結構なハイペース。
小持山から150mほど下って、武甲山とのコルにあたるシラジクボに辿り着いた。ここから200mほど登り一辺倒となる。
尾根に咲くフデリンドウとニリンソウ

日の当たる斜面には、二輪草やスミレ、それにバイケイソウが咲き乱れ、新緑が眩しい。左側はカラマツだろうか。右側の杉林とは対極な感じで面白い。
シンドい登りだけど、雰囲気の良い尾根に癒されながら、先へ進むと表参道と裏参道の分岐に辿り着いた。武甲山の山頂までは目と鼻の先。とりあえず武甲山に向かうと小持山からの下りで抜かされたトレランランナーさんとすれ違った。武甲山の山頂広場では多くのハイカー、トレランランナー、それに観光客で賑わっていた。ジーパンなどのカジュアルな格好で、スニーカーといった出で立ちの人を登山者と区別する為、観光客という範疇にした。

山頂の御嶽神社。あまり長居したくない賑わい。お馴染みの山頂柱と秩父市街の景色を写真に収めておこうと三角点のある場所に向かった。

黄砂の影響だろうか、秩父市街を一望できるポイントも空が霞んで今ひとつだった。

これから向かう芝桜の会場を見下ろすと、少し色褪せた感じであった。今が12時、歩き通しても16時ごろには辿り着けるだろうと目算する。 さて、山頂でやる事は済ませた。一息入れようと、座れる場所を探したが、ベンチや手頃な倒木は人で埋まっている。その中でも良さそうな切り株を見つけたので、そこに腰掛けて汗を拭う。しかし、表参道の往来はすごい。次から次へとハイカーが押し寄せる。それにトレラングループも多い。さすがは奥武蔵の盟主といったところか。それとも秩父人気がこんなところにも波及しているのだろうか。
後の工程を考えるとのんびりもしていられない。10人ほどのグループが上がってきたのを機に、腰を上げて歩き始める。この先は裏参道を下って浦山口方面を目指す。こちらは表参道と比べると驚くほどハイカーはいない。すれ違ったのは2人で、抜かしたのが6名だった。普通の登山道はこんなものだろう。9割以上は表参道のピストンか、大持山、妻坂峠の周回だろう。

左手の手前に見える尾根は2年前に歩いたタワ尾根。
お腹も空いたので、長者屋敷ノ頭で休憩を取っておにぎりを一ついただく。周辺には一人静が咲いていた。この先しばらく単調な尾根の下りが続く。
じきに尾根を離れて杉の植林を九十九折に250mほど下る。

沢のせせらぎが聞こえてくるとじきに橋立川沿いに出る。

沢沿いに進むと林道の終点に辿り着く。沢を流れる冷たい水で顔を洗う。
林道を50分ほど歩くと、はにつえんに到着した。ここまでいいペースで歩いた。この先は一旦街中に出て、その後、琴平ハイキングコースを含めて7km程度歩くだけだ。峠は越したとばかりに、はにつえんに入り込んで肉汁うどんを注文した。このお店は古い独特の佇まいがお気に入りのお店だ。はにつえんの後は秩父28番札所の橋立堂に寄った。
県道73号に出ると、浦山歴史民俗資料館なる建物があった。いつもは車で通過するだけなので気づかなかったが、こういった所はつい寄りたくなってしまう。入園料は無料のようだし、折角だからと寄ってしまった。中はさほど広くはないが、展示物が興味深くて10分ほど時間を費やしてしまった。次は市街地を抜けてハイキング道のスタート地点である秩父27番札所である大渕寺を目指す。

大渕寺。
境内にある地図を見ると観音堂の裏がハイキング道に通じているようだ。

ピークに佇む護国観音

標高の割りにはなかなかの見晴らし。
しかし、ハイキング道というにはアップダウンが多い気がする。この道は登山道ではなかろうか。
カジュアルな格好でスニーカーを履いて歩けるような道をハイキング道と考えているが、個人的にはスニーカーでは歩きたくないコースだ。

秩父26番札所の奥の院・岩井堂に辿り着いカ。見上げるとお経を唱える方がいらしたので、邪魔しないようにクマ鈴を鳴らないようにした。
この辺り、ルートが分かりずらい。麓から山中にある神社に向かう道なども混在して本気で迷った。 すでに16時近い時間帯で、普通であれば下山しているような時間だが、子供を連れた普通の格好をした家族と思しきグループとすれ違った。こんなルートは想定されていなかったのではないか。誤解を招きやすいと思う。
長者屋敷ノ頭に到着した。そして先へ進むと山の神を過ぎ分岐に出た。そこは今や石灰石の採掘のため、通行を閉ざされた武甲山の西参道の登山口の古い石碑(安永7年)があった。
山道に従い高度を下げると、数件の民家が立ち並ぶ舗装された道路に出た。これでしんどいハイキング道から解放されると喜んだのもつかの間、すぐに舗装路から離れて山道を登るよう道柱に促された。何だかがっかりしたが、そちらに行かないことには、芝桜を見ることができない。時間も押している。日が差すうちに辿り着かねばと、そんな使命感でひたすら歩くだけとなっていた。

山から離れて林の中の一本道となった。周囲に畑や廃屋が現れるようになると、突然開けた場所に出た。振り返ると田舎の作業道のような雰囲気。熊出没注意の看板もあり、とてもハイキング道が続いているようには見えない佇まい。自分なら敬遠したくなる。 夕方だから余計にそう思うのかもしれないが。

そしてその奥には武甲山が大きく聳えていた。 羊山公園に来るのは今回が初めてで、芝桜の会場がよく分からない。そのまま前方に進むと、何だか騒がしくなってきた。そちらの方向へ進むと、果たして芝桜会場だった。入園料は300円。開園時間は17:00までとなっている。今が16:40。20分もあれば十分。料金を支払って園内に入る。

昨年、本栖湖で見た芝桜の会場とは広さで見劣りする。芝桜も終盤を迎えたような印象だった。しかし、武甲山をバックに見る芝桜は絵になる。一通り写真を撮って、ソフトクリームをいただく。 疲れた身体に甘いアイスが心地よかった。

後は西武秩父駅まで歩くのみ。道標に従ってテクテクと進むと20分程で駅に着いた。 なるほど西武秩父駅はだいぶ変わっている。温泉、ショピングモールやレストランコートもあって、まるで高速のSAのようだ。それにしても凄い人出だ。もう少し早ければ温泉で寄って行こうかと考えていたが、チラッと覗きみたエントランスは券売機に人が並んでいた。西武鉄道も力を入れているなぁ。ここにいると秩父の活気を感じる。これから益々秩父が流行りそうな予感がした。
レッドアロー号は予約で半ば埋まっている。皆さん、チケットを予約して、温泉浸かって家路につかれるのだろう。 こちらは飯能に車を停めているので、鈍行に乗り込むが、おなじみのボックスシートではなく新しい車両だった。ドアの上に設置された大型の液晶モニターからは、ちちんぷいぷいのCMや秩父の観光情報が繰り返し流れる。そんな映像と車窓から夕暮れ迫る山村風景を交互に眺めながら、今日の山行の満足感に浸かっていると、つい眠ってしまい、気が付いたら終点の飯能駅に到着していた。