小鹿野町の二子山に行ったけど、予想通りの暑さにバテバテ
日 程
2017年7月9日(日) 天気:晴れ
山 名
二子山(西岳)
コース
駐車地(7:35)→股峠(7:39)→岩稜(8:08)(15分休憩)→西岳山頂(8:29)→クサリ場(9:07)(15分休憩&ロープワーク練習)→股峠(9:55)(6分休憩)→駐車地(10:06)
コース図
駐車場
路肩駐車
温泉他

山行記

ここ最近、日を追うごとに暑さが増してきた。そして日曜日は今年初の猛暑日を迎えそうな天気予報だ。こんな日は八ヶ岳などの標高の高い山へ行くか、もしくは家で大人しくしているのがよいのかもしれないが、山には行きたい。だけど遠出は気が進まない。
かといって近場の低山は熱中症を覚悟しなければいけないだろう。少なくとも長距離を歩くという選択肢はない。そんなことを考えていると、なぜだか分からないが、永年の課題でもある両神山から派生する狩倉尾根が思い浮かんだ。 この尾根は岩場の経験が豊富で、確かなルートファインディング技術が要求され、場合によってはロープワークが必要な熟練者ルートだ。 私ごときでは力不足は分かっているが、一度くらいは試してみたい。
とはいえ、この時期に、しかも一人で歩くのもどうかとも思うが、とりあえずは行けるところまで行ってみようと、ハーネスやカラビナ、補助ロープなどをリュックに詰めた。
しかし、前日は寝るのが遅れ、少しばかり朝寝坊してしまった。この時点でかなりテンションが下がり、狩倉尾根は半ば諦め気味の心境で奥秩父へ向かった。
7時過ぎ秩父市街を抜け、小鹿野町に入るとすでにむし暑い。しかも眠い。これはいよいよ熱中症を警戒しなければいけない。こんなコンディションで狩倉尾根はないなぁと、止める言い訳ばかりが頭をよぎり、あっさりと狩倉尾根歩きは諦めた。紅葉の時期にでもチャレンジしたい。
そこで、急遽予定を二子山に変更した。二子山は東峰と西峰の二つの岩峰が聳り立つロッククライマーの聖地のような山だ。西峰には一般コースと上級者コースがある。上級者コースはほぼ垂直の岩場が続く。毎年のように事故が絶えない山だ。8年前に一度行ったことがある。その時に東岳から見た西岳の上級者コースは崖にしか見えず、しかもその前日、滑落現場に居合わせた人の生々しい記事を見てしまったため、すっかり怖じ気付き一般コースを歩くしかなかった。それと西岳から西へ続くナイフリッジの稜線もあまりの高度感に恐怖を感じて諦めてしまった。
そこで今回は、前回やり残した課題でもある西岳の上級者コースを登り、岩稜帯を巡って股峠を周回してみたい。
とにかく暑いのでさくっと登って、さっさと下山する。 そんな歩きとなったが、下山してからの寄り道が辛かった(笑)

今回辿ったルート
(ログを取っていないのであくまでも想像)



この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図50000(地図画像)、数値地図25000(地図画像)、数値地図50mメッシュ(標高)及び数値地図5mメッシュ(標高)を使用した。
(承認番号 平25情使、 第585号)

アルバム

眠い目を擦りながら林道を登る。股峠に近い駐車場に着くとすでに4台止まっていた。準備をしていると後から2台やってきた。この暑いなか、人気の山だなぁ。
歩き出して5分足らずで股峠に到着する。とりあえずアクエリアスを二口飲む。そしてハーネスにガチャガチャ類をセットし、ヘルメットを被って気合を入れて出発する。

今回は上級者コースを歩く。鎖などは全て撤去されているとのことだが、この案内図を見ると、闘志が湧く半面、ビビりもする。

西岳の支尾根を登る。しばらく進むと右に巻く顕著な巻道と直進する微かな踏み跡に分かれる。ここは微かなふみ跡を追い、崖に向かう。 樹間で陽が遮られているにも関わらず、汗が止まらない。すでにバテそうだ。
ここも一般コースと上級者コースの分岐のようだ。いよいよここから岩登りが始まる。

全面岩場。どこから取り付こうか。

ここから山頂までクサリ場はない。覚悟を決めて先へ進む。

岩場の取り付き。岩にペイントされている。この写真では分かりづらいが、分かる人には分かるふみ跡があってルーファイは不要だった。
首からぶら下げたカメラが邪魔かもしれないが、この程度の傾斜であれば、とりあえずは何とかなるだろうと、早速取り付いてみた。

ホールドやスタンスは豊富。

登り始めはこんな感じ。焦らず慎重に登る。5mほど登ると落ち着ける場所に出た。ここでひと息つく。垂直に近い傾斜で、見下ろすとビビるが、取り付いてみるとそれほどでもない。

垂直に近い岩場では、さすがにカメラは邪魔となり、岩場に取り付いている時には、リュックにしまう。また5mほど登ってひと息つく。

見下ろすと足も竦むが、下は気にしないようにして、落ち着いて先へ進む。

先ほどから休んでばかり。意識的に水分を補給しながらのんびりと行こう。

岩場もすぐに終わり、傾斜は緩くなって潅木など多くなった。どうやら核心部は抜けたようだ。あとは山頂に出るだけ。

振り返ると東岳が見える。東岳も簡単な斜面ではないが、遠目で見る分には西岳のような恐ろしさは感じられない。

所々で咲いているニッコウキスゲに癒されながら進む。
身に着けた道具は全く使わず、ただの重りと化したが、付けているだけでも安心する。もっとも端から使うつもりではなかった。

歩き始めて30分ほどで稜線に出ると山頂の方から単独氏が歩いて来られた。ひとまずリュックを下ろして一息入れる。練馬からお越しの単独氏は、一般コースを登って来られたようだ。今日はピーカン。見晴らしもさぞ素晴らしいことだろうと思いきや、遠くは霞んで、期待が外れた。単独氏は新しいスマホアプリで山座同定できるアプリを入れたとかで、見せていただいた。 以前、私も同じようなフリーのアプリをダウンロードしたことを思い出し、久しぶりに見てみようかと思ったがスマホがない。車に置き忘れてしまった。
それでも、山と高原地図の奥武蔵と奥秩父版は、常にリュックに入れてあるからと、引っ張りだそうとしたら地図もない。
やばい。。。
先日、リュックを整理した際に外していた。手持ちの地形図は狩倉尾根のものだ。地図がないなんて、とんでもない事態だ。距離が短いからと完全にナメていたが、何とかなるだろう。全くなじみのない山域ならば、そのまま引き返すかもしれないが、 バリエーションルートとはいえ、多くの人が歩いているはずなので、踏み跡は明瞭だろう。岩稜帯を端まで歩いて、あとは岩峰の南側をトラバースするだけで、巻道があるはずと予定とおり進むことにした。

両神山へ続く天武将尾根がよく分かる。中央の尖がりは天理岳だろう。

両神山の八丁尾根

西岳山頂とその先に上武国境稜線が続いている。

群馬方面の山並み
単独氏と別れて歩き出す。 それにしても暑い。気持ち風が吹いているが、じっとしていると辛い。ちょこまかと休憩しながら水分も補給する。
垂直に近い下りは、距離が短いとはいえ、クライムダウンで慎重に下る。一般コースとの分岐。

上武国境稜線が諏訪山や蓬莱山を経由して赤岩尾根まで続いている。

後ろを振り返ると、先ほどの単独氏がこちらを撮影しているのが見えた。

西岳に到着。陽を遮るものがないが、リュックを下ろしておにぎりをいただく。

これからナイフリッジを進む。

両サイドが切れ落ちいてる。バランス崩したら、一巻の終わり。それでも踏み跡は分かるので、行き詰まったり、悩まないで済むのが助かる。高所恐怖症なので余計に気を付けながら慎重に歩を進める。

振り返ると西岳からだいぶ下ったことが分かる。単独氏も付いて来られているようだ。

晴天なのは良いのだけれど、暑さがネック。

ここは目の前の岩を乗り越えていく。

眼前に山頂部が切り崩された叶山がはっきりと見渡せるようになると岩稜は終わる。
岩にペイントされた×マークを見落とさないように左へ外れる。唯一の鎖場に出る。ここもレベル的には上級者コースと同じく、ホールドやスタンスが豊富なので、鎖は掴まずクライムダウンで下りてみる。

クサリ場を下り、岩稜から離れたので、ひと息いれる。岩稜を歩いている時は緊張を強いられたが、それも終わった。 折角ハーネスを付けているので、少しばかり懸垂下降とセルフビレイの練習をしてみた。
あとは踏み跡を追って、股峠に戻るだけ。
斜面下の方へ続くふみ跡とテープが見える。R299へ向かうルートだろうか。地図もないので、よく分からないが、R299まで下りてしまうと、股峠に戻るのが面倒だ。
※多分、ここを下るのが正しいルートだと思われるが、ふみ跡を無視して岩峰の麓をトラバースしながら進んだ。

確かルートは岩峰の麓を巻いてはずなので、できるだけ岩峰から離れないで進むと所々で踏み跡が消える。
それでも強引に斜面をトラバースして進むとやがて明瞭な踏み跡に出た。この道、鎖場まで続いているのだろうか。素直にテープを追っていけばよかったか。何れにしても、ここは岩峰に引っ付いて歩けば股峠に出られるので、さほど心配はなかった。

しばらく進むとロッククライミングのグループがいた。
岩峰が切れと股峠にたどり着いた。西岳と東岳へそれぞれ向かうハイカーが見えた。これから益々暑くなるのに辛そうだ。 倒木に腰を下ろして、水分を補給。まだ10時、東岳も気にはなったが、一度登っことがあるし、暑さを我慢してまで登る必要はないと止めた。
駐車場に戻ると、先ほどの単独氏がおられた。あれ、と思いお聞きすると途中で引き返したとのこと。途中から後方の人気がなくなったので気にはなっていたが、なるほどそういうことだったのかと納得。これから温泉に浸かっておかえりになるとの事で車で移動された。こちらも片付けして、温泉に向けて出発する。薬師の湯に浸かっているとこの単独氏と再会した。湯上りで30分ほど横になるが、エアコンの寒さで目が覚めた。
折角だから小鹿野町の名物わらじカツでも食べて帰るかと安田屋へ向かった。町営駐車場に駐車して店に行くと、10人以上は並んでいる。この暑い中、並ぶのはきついなぁと躊躇ったが、このようなお店は回転が早いだろうと並んでみた。しかし、一向に列は減らず、直射日光で頭がふらふらに成りながらも1時間程待ってやっと入店できた。 並んでいる間にお腹も空いてきたので、わらじカツ丼を美味しくいただけた。しかしすごいボリューム(笑)