一足先の春を探しに、橋本山からユガテなど奥武蔵の低山を歩いた
日 程
2017年2月4日(土) 天気:晴れ
山 名
橋本山(320m)
コース
東吾野駅(11:42)→橋本山(12:20)(20分休憩)→ユガテ(12:49)→エビガ坂(13:12)−(食事休憩)→十二曲峠(14:08)→大ダナツチ(14:58)→虎秀山(15:32)→東吾野駅(16:18)
コース図
駐車場
東吾野駅駐車場(500円/日)
温泉他
-

山行記

ここのところ、バタバタが続き、山歩きをしようという気が薄れていたが、今週末は久しぶりに歩きたくなり衝動的に山歩きを決めた。行ってみたい山は数多くあるのだが、地図を見ても、寒さが苦手で、この時期はどうしても雪の深そうな高山は避けて、低山ばかりに目が向いてしまう。 1ヶ月間のブランクがあるので、足慣らしで奥武蔵の低山歩きがいいかもしれない。
そこで、奥武蔵登山地図を眺めてみた。 この地図には、旺文社の「山と高原地図」には記されていない山名が多く記載されている。それによると奥武蔵の主稜線にも変わった名前の山々が多い。たわいもないような小ピークが多く、主稜線の登山道を歩ていると、それらのピークは巻いてしまい、気付かずに通り過ぎてしまう。
普段ハイカーの目に触れることのないマイナーな山々を見ておきたかったので、それらの山の一部を、この機会につぶしておこう。
と、そんなことを考えたのが土曜日の朝の9時頃。日曜日は天気が崩れるようなので、土曜日のうちに歩いておこうと、目星を付けたのが、東吾野駅からユガテに抜けるルート。 東吾野駅に車を停めて、橋本山、ユガテを抜けて奥武蔵の主稜線に出る。そこからマイナーな山々を検証して歩き、下りは奥武蔵登山地図の「虎秀山コース」を歩いてみたい。
ユガテといえば山上の桃源郷と呼ばれた山上集落のこと。長閑な雰囲気がお気に入りの場所で、一足先に春の訪れが味わえるのではないかと期待して向かった。

紫色のログが私の辿ったルート



今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。
画像の掲載にあたっては許可を頂いたうえで利用させていただいております。

アルバム

駐車場のある東吾野駅に到着。すでに11時過ぎ。出だしがすっかり遅れてしまった。これから10kmほど歩くつもりでいる。予定では5時間程度で戻る予定だが、後半は薄暗くなるのを覚悟しなければならない。とはいえ、たとえ迷っても下れば里に出られるだろうという安心感はある。
R299から離れ、橋本山、ユガテへ向かい吾那神社の裏手から山道に入る。

神社から登り始めて5分ほどで東吾野駅が見下ろせる場所にでた。この日は風もなく穏やかで温暖な陽気。景色を眺めながら汗をぬぐう。
旺文社の山と高原地図の実線ルートだけあって、しっかりしたハイキングルート。案内標識も地元の方により整備されている。おまけにベンチもある。

この辺りで優良木材として知られる西川材の産地。このルートは西川材にゆかりがあり、飛脚が行き交った古道?のようだ。
すでに昼下がりの時間帯。下山するハイカーと次々とすれ違う。少し焦りを覚えるが進むしかない。橋本山の山頂直下の急登。以前は女坂を通り橋本山を巻いてしまったので、男坂を進んで山頂を目指す。
歩き始めて30分ほどで橋本山へ到着。ベンチに座ってポカリスエットでのどを潤していると、外人のトレランハイカーさんと、単独行のハイカーさんがユガテ方面から次々にやって来られた。単独のハイカーさんは、毎年、奥多摩や奥地秩父から稜線伝いに北アルプスまで歩き繋いでいるとのこと。東京や埼玉から山繋ぎで北アルプスまで辿り着けるのかと、疑問にも思ったが、すごいことをされるんだなぁと関心した。

風もなく空気は澄んで見晴らしは最高。長沢背稜の山々や伊豆が岳、武甲山と、単独ハイカーさんと山座同定をしては、つい思い出話に花が咲き、長話になってしまった。ここで昼食を取る予定だったが、時間的に余裕もないので、20分ほどで話を切り上げて先を急ぐことにした。

途中から飛脚道も林道のようになると木材加工場のような場所で、多くのハイカーさんが食事休憩をされていた。しかし勝手に使っていいのだろうか(^^;)

山上の桃源郷といわれたユガテに到着。標高は290m。2軒ほどの民家がある集落だけど、ここは完全なる山の中。なんだか落ち着く不思議な空間。
蝋梅が綺麗に咲き誇り、何とも言えない甘い香りに一足早い春を感じることが出来た。
向いている方向が微妙に異なる案内標識。ごちゃごちゃして、位置関係を理解していないと迷うだけではないか(笑)
梅やまんさくの花が咲いていた。

ユズと月。
長閑なユガテを後にして、次はエビガ坂を目指す。

エビガ坂に到着。高年配のハイカーグループが休んでおられる。その右奥のこんもりしたピークが旺文社の地図には記載のない、湯ヶ天山と思われる。
ハイカーグループがいなくなってから、とりあえず登ってみたけど、予想通り山名板も何もなく、さしたる感慨もない。こんなものだろうと次なるマイナーな山を目指して先へ進む。
7〜8分も歩くと、前方に小ピークが現れた。山道は右へ巻いている。おそらくこのピークが茶獄山だろう。急こう配と藪具合に登るのを尻込みしたくなるが、次に来れるのはいつになるか分からない。登ったところで感動もないのだろうと思いつつも、登ってみると案の定。厳めしい山名の割りに何もなく、苦労しても全く報われずげんなりしてしまった(汗)
先ほど茶獄山と思い込んでいたのは勘違いで、後から調べたら、その先のピークが茶獄山(左画像)のようだ。いずれにしても名前からイメージされるような岩場でもなんでもない。
今が13時半。1ヶ月間のブランクの割りには順調に歩けている。この辺りで14時を過ぎていたら、下山時に予定している得体のしれない「虎秀山コース」はパスしようかと考えていたが、予定通り決行しよう(笑)

しばらく舗装された権現堂林道を進むと、山道との分岐。ここから再度山道へ分け入る。
続けてマイナーピークの第3弾。おそらくここが蟹穴山(左画像)だろうと思うが、山名の由来は不明だ。

開けた場所から見た越上山。双耳峰なので離れた場所からもよく分かる。時間的に余裕があれば、あそこまで行こうかと考えていたが、今回はパスして、あの山の手前を左へ下る。

東を見ると飯能市を始めとした市街地が遠望できた。

棒の折山から三つドッケ、酉谷山と長沢背稜の山々がよく見える。山頂部には若干の積雪が見られる。久しぶりにあの辺りにも行きたいが、アイゼンが必要かな。。

前方に見える大岳山と御前山の間にかすかに富士山がちょこんと頭を出している。

富士山のアップ。大岳山の右側に遠慮がちな富士山が見える。
伐採地から少し進んだ先が、マイナーピークの第4弾。大沢山があるはずだが、よく分からず、右画像がそうだろうか。時間的に目途が立ったので、ここでひとまず食事休憩とした。まったりとコーヒーを飲んでいると、単独の若い女性が歩いてきた。女性の単独行は珍しいなと思いつつも、このルートは奥武蔵のメジャーな縦走路だけあって、ハイカーも多いし、登山が流行りなのかなということを垣間見た気がした。
休憩後、少し歩くと十二曲峠に出た。獅子ヶ滝への案内板をよく見ると「出ます!要注意」と書き込みがあったが、出るって何が?クマ?幽霊?
越上山を諦めたので、ここからはしばらく林道を進む。

さぁ、いよいよ虎秀山コースを目指して林道を離れる。小さくて分かりづらいが黄色の案内に従って進む。
一見、民家の入り口だが、そこを抜けると分岐が現れた。ここは左側が正解だったようだが、右へ進んでみた。
次第に道は荒れ始め、方角的にも逆に進みだしたので、間違いに気づき、少し戻ってお墓の横からむりやり支尾根を下ってみた。
すると道は崖となって行き詰まる。方向的には西側の尾根を下るはずなので、西を見下ろしながら、うろうろしていると林道が見えたので、何とか下って正規のルートに復帰。少し時間をロスしてしまった。
下りの尾根に復帰するとほどなくして虎秀山コースの始まりと思しき分岐に出た。ここが詳細登山地図に記載の大ダナツチだろうか。
ここから先は、うす暗くなるし、ルート取りが大変だろうと警戒していたが、登山者というよりも地元の方が歩かれるのだろうか、それなりにふみ跡もしっかりしている。下り尾根の割りに分かりづらい箇所もほとんどないが、延々と植林が続く面白味の少ない尾根。特に特筆すべきところもない。ここは1度歩けば十分だろう。

鉄塔の立つ開けた場所の先に見えるピークが虎秀山。ここまで来れば、山道もあとわずか。
4等三角点のある虎秀山に到着。やはり山名板があると山に来た感がある。何故か絵馬もぶら下がっていた(笑)
日なたに座り込んで、山行の終盤での定番となっているメロンパンを頬張る。
虎秀山から東に進路を向けて下っていくと、通行止めを示すサインがあった。無視して少し進んたみたが、詳細地図に通行止めの記載があったことを思い出し、引き返すことにした。
サインの箇所まで引き返し、北東に進路を取ると、じきに分木林道と呼ばれる林道に出た。

あとは虎秀川沿いに集落を淡々と下るだけ。

途中にある福徳寺の阿弥陀堂。福徳寺は建暦2年(1212)に草創された鎌倉時代の古刹。阿弥陀堂は国指定の重要文化財(建造物)で、この堂の中には、阿弥陀三尊立像(県指定有形文化財)が安置されているという。

16時過ぎにR299に出た。前方の信号を右へ曲がり橋を渡れば東吾野駅だ。薄暗いが多少は日も長くなったようだ。
入間川を覗くと沢山の鴨たちが戯れている。写真を撮っているとカワセミ(右画像)がやってきたので思わずシャッターを切ったがよく分からない(汗)
道路の向こうから、「橋の向こうにアオサギがいるよ」と、大声で何度も叫ぶ声が聞こえ、振り向くと地元のおじさんが私に言っていたようだ。
別にバードウォッチャーという訳でもなく、アオサギがどんなサギなのかも知らないが、わざわざ親切に教えてくれたので、礼を言って橋の上から下流側を眺めてみたが鳥などいない。目を凝らしてみると遠くの岩かげにサギっぽいのがいる。あれがアオサギ(左画像)だろうか。この鳥は家の近所でしょっちゅう見るし、珍しくもなんともないのだけど、折角だから撮ってみた(笑)
そういえば、この時期、家の近所ではカモは普通にいるし、ときたまカワセミも見かける。うちの環境とは、山があるかないかの違いで、わざわざ鳥の写真を撮るほどのこともなかったのだが(^^;
そんなことで暗くなる前に東吾野駅まで戻ることが出来た。5時間程度の歩きで、さほど標高差もなく疲れることもなかったが、1ヶ月のブランクの身体には丁度よかったのかもしれない。次はほどほどの残雪のある山を歩いてみたい。