アカヤシオを求めて、西上州の四ツ又山、鹿岳へ行くと素晴らしい展望が広がっていた。
日 程
2017年4月23日(日) 天気:晴れ
山 名
鹿岳、四ツ又山
コース
駐車場(7:28)→四ツ又山登山口(7:42)→分岐(7:51)→天狗峠(8:11)(5分休憩)→四ツ又山P1(8:41)(15分休憩)→マメガタ峠(9:37)→鹿岳分岐(10:16)→鹿岳(一ノ岳)(10:23)(10分休憩)→→鹿岳(二ノ岳)(10:50)(10分休憩)→高原下降点(11:24)→木々岩峠登山口(12:14)→駐車場(12:35)
コース図
駐車場
登山口付近駐車場
温泉他

山行記

前回はアカヤシオを楽しみに秩父を歩いたが、次期が早かったようで期待倒れに終わってしまった。もたもたしているとアカヤシオも終わってしまう。近場でアカヤシオが見れそうなところといえば、蕨山周辺となるが、どうせなら群生しているのを見ておきたい。 埼玉県内で群生しているアカヤシオの名所は思い付かず、昨年の毛無岩が頭に浮かんだ。やはり西上州あたりまで足を延ばしたほうが確実か。
早速、藪岩魂を引っ張り出してページをめくるが、この本で紹介しているルートは基本的にバリエーションルートばかり。今回の目的はアカヤシオの花見であって、バリエーションルートを歩くことではない。このガイドに従うと緊張を強いられて、花見どころではなくなってしまう。バリエーションルートもそそられるが、それはまた次の機会にしよう。そこで改めて西上州の山ベスト100ルートを開き直すと、四ツ又山と鹿岳の周回が良さそうだ。
この二つの山は上信越道を下仁田インター手前あたりから、それと分かる特徴的な山だ。高所恐怖症には、いささか緊張感を強いられるが、一般登山道なのでさほど危険は感じずに済むだろうと、昨年の毛無岩に引き続き連休前の西上州に向かった。

紫色のログが私の辿ったルート



今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。
画像の掲載にあたっては許可を頂いたうえで利用させていただいております。

アルバム

家からの駐車場までの時間を調べるためにググってみると1時間5分と出た。そんなに近いのかなぁと、西上州に向うたびにいつも思う。秩父の山へ行くよりも早いけど、その分高速代が掛かるので、そう毎回行けるわけではない。朝5時半過ぎに出発して、関越道から上信越道へと乗り継ぎ、前方に表妙義の荒々しい山稜が目に入るとじきに下仁田インターだ。ここで高速を下りると次は目の前に四ツ又山と鹿岳が現れた。路肩に車を停めて写真を撮った(右画像)。左側の山が四ツ又山。その名の通り、四つのピークが確認できる。その右側に見えるラクダのコブのような鹿岳は、左から一の岳、ニノ岳と二つのピークが特徴だ。今回はあの山の向こうから登り始め、まずは四ツ又山を目指す。そしてここからも確認できる稜線を北(右)へ進み鹿岳を抜け、西側に下るコース。一体あの稜線をどうやって歩くのだろうかと、そんな疑問も浮かばないではないが、今回のルートは一般登山道のため、大して心配していない。
これがバリエーションルートだとそうはいかない。あの稜線を見ただけで戦意喪失しそうだけど、今日はあくまでも花見が目的。のんびりと気楽に行きたい。しかも、この天気、山頂からの展望も期待できそうだ。
逸る気持ちを抑えつつ駐車場に1時間半も掛からずに到着した。15台ほど停められそうな広さにすでに2台停まっていた。駐車場の手前で単独のハイカーとすれ違ったが、どちらかの車のオーナーだろう。 車を停めて準備をしていると、立て続けに2台の車がやってきた。やはり、この時期はツツジ目当てで訪れる人も多いのだろう。 若い単独の女性ハイカーもいらしたがどちらに向かわれるのだろうか。気にはなったが、話しかけづらい雰囲気で、こちらから聞くのも躊躇われ先に出発した。 まずは舗装路を南下して四ツ又山の登山口を目指す。 途中、鹿の角付き頭蓋骨を玄関先に飾ってあるのを見てギョッとしたが、魔除けとかお守りか(^_^;)
標識に従い、集落から離れて、登山口に着いた。ここから山道が始まる。

歩き始めは植林を沢沿いに進む。
じきに四ツ又山と鹿岳の分岐に出た。ここを四ツ又山方面に進み、雑木林の斜面を巻きながら登っていくと、天狗峠に辿り着いた。 ここまで大して歩いていないが、それなりに汗をかいたので、倒木に腰掛けて上着を脱いで汗を拭う。 この辺りからミツバツツジがチラホラと見え始めてきた。この辺りが690m、主役はまだ登場していない(笑)

軽く栄養補給したのち、四ツ又山を目指して尾根を先に進むと、大天狗の石碑と天狗の石像が現れた。
明治三十四年とある。ここは昔から信仰のある山だったのだろう。

緩やかな尾根を進むと右前方に四ツ又山が見えるようになるが、アカヤシオはまだ登場してくれない。

ミツバツツジは尾根上にちらほらと姿を現し始めたが。。。

アカヤシオは恥ずかしがり屋なのか、一向に姿を見せてはくれない。まさか四ツ又山には咲いていないのだろうか。アカヤシオパラダイスを期待していたのに。 だんだんと焦りが生じてきた。こんなことならアカヤシオ予想士のふみふみぃさんに、アカヤシオの聖地など事前に聞いておけば良かったと半ば後悔の念も抱きつつ先に進むと尾根に突きあたった。ここは右におれて四ツ又山へ向かう。山頂手前の急登に差し掛かるとツツジの灌木が増えてきた。

まだ蕾の段階のものも多いが、淡いピンクの花が現れた。

待ってました!標高850m付近でようやく真打のお出まし(笑)
それなりに苦労を積まないと「ひとつばな」さんは簡単には姿を現してくれないのだろう(笑)

山頂には山頂板と神官像が立っている。そして、周囲にはアカヤシオ達が競うように咲き誇っている、とまではいかないが、それでもまずまずの開花具合ではないか。 そして想像していた通りの素晴らしい展望が広がっていた。

東には下仁田の市街が見下ろせる。

北を見るとラクダのこぶのような鹿岳と、その右奥には噴煙を上げる浅間山が見える。これから向かうあの岩峰は一般登山道といえども高所恐怖症にとっては厳しそうだ。心して臨まなければなるまい。

ゴジラの背中のような表妙義の稜線が、来るものを拒むような威圧感を放っている。

浅間山のアップ。いつ見てもデカい山だなぁ。外輪山の黒斑山も見えるし、全く素晴らしい眺望だ。 前回の谷川岳や赤城山に引き続きの晴天。群馬の山と相性が良いのだろうか。

山頂でおにぎりを一ついただく。この間、訪れる人はいない。アカヤシオと展望を独り占め。

ここはP1、隣のP2にも石像が見える。次はP2を目指す。それにしても表妙義の稜線はすごい迫力だなぁ。

赤八汐
少し下って次のピークに登ったと思ったら、P2を通り過ぎてP3まで来てしまったようだ。

P2を素通りするわけにはいかない。そこで少し戻ってP2へ登り返した。ここには神官像の他に天狗の石像もあった。
見晴らしはP1とほとんど変わらないため、写真を撮ってすぐさまP3へ向かう。

アカヤシオ

続けてアカヤシオ、鹿岳、浅間山
P3を過ぎると急斜面の下りとなりP4へ登り返す。繰り返されるアップダウンに西上州を歩いていることを実感する。こういった下りは苦手。どうしても慎重になってペースはダウンするが、要所にロープがあるので助かる。

P4でリュックを下ろして一息入れる。いくぶん鹿岳も近付いたような気もするが、遠目では相変わらずどこを歩いてあの岩峰のトップに立てるのか分からない。

奥に雪を纏った八ヶ岳が遠望できる。

淡い色のアカヤシオもいい感じ。

この先、だいぶ下るようだ。折角登った貯金を吐き出さないといけないのが辛いところ。これからマメガタ峠を目指して一気に下る。

鹿岳にもだいぶ近づいた。なかなかの迫力。
慎重に足を運んでいくとじきにマメガタ峠に辿り着いた。西側は気持ちの良さそうな緩やかな谷筋が続いている。そのまま西へ進めば、先ほどの四ツ又山の分岐に出る。四ツ又山だけ歩くのであれば、ここを下れば良いが、こちらはこれからが本番。鹿岳を目指して登りが始まる。すぐ先にクマ鈴の音が聞こえる。 前方にご年配の夫婦と思しきお二人が歩いている。ペース的に見ておそらく四ツ又山はパスされたのだろう。マメガタ峠からは杉の植林の急登が始まる。100m程度の登りだろうか。前方のお二人を抜かして先に行かせていただく。 結構な傾斜だけど、登山道を辿るのでだいぶ楽だ。

一気に上り詰めると、自然林の尾根に出た。ツツジやアカヤシオがまた登場だ。

前方に鹿岳が近く見えるようになる。 単独のご年配のハイカーとすれ違った。

標高にして800m程度か。この尾根はミツバツツジとアカヤシオが同時に咲いている。

ここもいい感じだ。まだ蕾も多いが、これくらいの開花具合であれはアカヤシオロードと呼んでもいいのではないだろうか(笑)

アカヤシオが続く。

すごい咲きっぷりに目が釘付け。

微妙な色の違いもいい感じ。

少々しつこいくらいにアカヤシオが続く。

白っぽいヤシオも珍しい。
写真の撮りすぎで先に進まない。前回に引き続き、この日も600枚以上撮っていた(^^;

尾根を順調に登り進むと、いつの間にか鹿岳南峰の麓に辿り着いた。

岩場に腰掛けてしばし休憩を挟んだ。しかし前を見ても岩壁しか見えない。離れた位置ではどこを登るのかさっぱり分からないが、ルートは間違っていないし、一般登山道なので、きちんとしたルートがあるのだろうと気楽に構えている。
岩壁に近付くと右斜め上に延びるルートを確認した。ロープも垂れ下がっている。

垂直の岩場に咲くアカヤシオ。
ルートに従って一ノ岳を右に巻きながら進むと一ノ岳とニノ岳のコルに出た。コルから痩せ尾根を挟んで一ノ岳、ニノ岳とも近い。

ちょうど一ノ岳から男女二人組が下りてきた。ヤセ尾根上ではすれ違えないのでコルで待った。挨拶を交わして山頂でのアカヤシオの咲き具合などをお聞きした。
ニノ岳はコース上にあるので、まず目の前の一ノ岳を登ろうとヤセ尾根を10mも進むとハシゴのある取付きに着く。両サイドは切れ落ちているが、右下に向かってルートが続いている。 麓から直接登るコースのようだ。できれば下りたくないほどの傾斜。 さて、一ノ岳の山頂に向かうルートは見上げると首が痛くなるほどの斜度。まるで壁のようだ。

コルを挟んだ先に見える二ノ岳。

実際には手掛かり足掛かりが多く、見た目ほど怖くはないが、なるべく下を見ないように登ると、じきに斜面も緩やかになり山頂に着いた。山名版と岩の上に摩利支天の石碑がある。奥の方に単独ハイカーさんが食事をされていたので、手前に荷物を下ろして早速、撮影タイムが始まる(笑)

ここは四ツ又山ほどアカヤシオは咲いていなかった。1週間早かったのだろうか。そんな感じだ。

ここからの展望も素晴らしい。

これから向かうニノ岳がそびえ立つ。よく見ると山頂手前でハイカーが休まれている。先ほどコルですれ違ったハイカーだろうか。

ここでおにぎりをいただき、のんびりと一休み。
急斜面を恐る恐る下ると5人組のハイカーさん達とちょうどよくハシゴのところで行き合った。山頂の様子をお話ししてニノ岳に向かうとコルを過ぎたところで、先ほどの二人組がヘルメットを被り、ハーネスを付け、アイザイレンの準備をしているような感じだ。まさか正規以外のルートを歩くのではあるまい。またそんな雰囲気でもない。あくまでも安全・安心のためなのだろう。このルートは一般登山道ではあるけれども、初心者レベルの山ではないと思われる。特にこの二ノ岳から先は慣れない方が単独で歩くのは控えた方がいいかもしれない。
さて、お二人の横を通り過ぎると古い木製のハシゴが現れた。ここも下を見ないように一歩ずつ確実に登る。

次は鎖が垂れ下がり斜上するテラス上を慎重に進む。するとあっけなくニノ岳上部に出た。

一ノ岳に目をやると中腹に先ほどのハイカーさん達が登っているのが見える。人がいるとルートがよく分かる。

上州側から秩父方面を眺めても見える山並みがどこなのか判別付かないが、丸い山容のひときわ大きい三宝山はよく分かる。そこを基準に甲武信ヶ岳から奥秩父主脈がおぼろげにわかってきた。

先ほど一ノ岳から見た人は、この辺りに座っていたはずだけどすでにいない。

南を向くと四ツ又山とそこから歩いてきた稜線がよく見える。一ノ岳はまるでピーナッツを立たせたように見えるが、ガイドブックには、カーシューナッツ形岩峰とあった。なぜカーシューナッツなのか、カーシューナッツといえば湾曲しているはずで似ても似つかないと思うが、ひょっとして一ノ岳とニノ岳を合わせてカーシューナッツなのだろうかとそんなたわいもない事を考えていた。

山名板が見えた。右側がスッパリと切れ落ちた岩場を進むと山頂に出た。

ここが本日の最高地点。噴煙を上げる浅間山も近付いたような気もする。

北東を見ると裏妙義や榛名山、右奥に見える雪山は谷川岳か。

すぐ横ではアゲハがひらひらと飛んでは休んでを繰り返す。見た目はアゲハだけど、こんな標高にいるなんて、もしかしてギフチョウかななんて、思ったりもして、山頂でネットに繋げて調べて見たけど、全く違っていた。以前、奥秩父の滝谷山へ行った時に、今まで見たこともない変わった蝶を見かけたが、これはごくありふれたやつか。

ここでも山頂を独り占め。何処となくお香のような匂いが漂ってくる。日焼け止めを塗らないと日焼けしそうやポカポカ陽気。横になったらそのまま眠り込んでしまいそうな気持ちの良さ。何もないけどなんとも贅沢な空間だ。こんなところで時間を過ごすも山登りの醍醐味だなぁとそんな事を考えてしまう。

どこを下るのが見下ろしていると、少し離れた岩峰におじさんがいるのが見えた。

先ほど見かけた人だろう。しかし、何であんなところにいるのだろうか。山頂から尾根伝いに行けるのだろうか、周囲を見渡してもよくわからない。というよりも途中が急すぎて見えないだけで、進んでみないと分からない。

表妙義の右奥に赤城山が見えた。
十分に満足の時を過ごしたので、先を行く人を追おう。下り始めると、とんでもない急斜面で、いきなり面を食らった。何だここはと横を見るとほぼ崖に近い(^^;
おっかなびっくりクライムダウンしたりと慎重に下る。
と少々オーバー気味だが、バリエーションルートではなく、ロープもあり慎重に下ればさほど問題はないと思うが、簡単な斜面ではない。

50m程下り、5mほど登り返すと先ほどのおじさんがいた岩峰に出た。目の前に先ほど下った斜面が見えるが、ほぼ壁としか思えない。一体どこをどう下ったのか。目を凝らすと真ん中にロープが確認できた。中央に少しチムニーのように見える斜面を下りてきたようだ。
岩峰の先にも怖いもの見たさで行ってみたが、これ以上(右画像)は足が竦んで進めない(^^;

リボンに従って岩峰から北へ下るルートを進む。
やがて緩やかな尾根に降り立つとじきに下降点に到着した。後は下るだけ。お腹が空いたのでメロンパンを頬張って、水分補給も済ませる。
下るだけとはいっても、等高線の間隔は狭く、途中でゲジゲジマークに並行して歩く箇所もある。まだ気を抜くわけにはいかない。

急な斜面が終わると伐採地に出た。斜面を慎重にトラバースをしながら進む。

トラバースの後は、手前に見える尾根に移って下降する。ここは遮るものがないためか、風が結構強かった。
尾根から外れると周囲は植林帯に変わる。
じきに舗装された作業道に変わり、少し進むと林道に出た。あとは舗装路を駐車場へ戻るだけ。

麓では庭先の花々が綺麗だ。

集落の風景もいい感じ。


駐車場に辿り着いた。山の中でお会いしたのは11人。天気にも恵まれ、アカヤシオも十分に堪能できた。この後は「井上うどん」に寄って鍋焼きうどんをいただこうと、お店に向かったが、法事が重なり貸し切りしていると言われて、入れなかったのは残念だった。