館川右岸尾根の末端から金獄、笠山へ向かったが尾根は想像以上に長かった
日 程
2017年1月3日(火) 天気:晴れ
山 名
笠山(837m)
コース
和紙の里(9:00)−(バス移動)→木落しバス停(9:33)→尾根取り付き(9:36)→280m三角点(古寺山)(10:07)→289m三角点(士峰山)(10:35)→328m三角点(11:25)(5分休憩)→金獄(12:05)→堂平山分岐(12:45)(18分食事休憩)→七重峠(13:28)→笠山(13:50)(5分休憩)→笠山神社下社(14:30)→切通しバス停(15:51)−(バス移動)→和紙の里(16:25)
コース図
駐車場
道の駅・和紙の里
温泉他
-

山行記

年末年始は何かと忙しく、連休中での山歩きは半ば諦めていたが、年が明けて3日が自由になった。12月は山へ行けず、ここのところご無沙汰だったので、久しぶりに山歩きに出かけることにした。
どうせなら歩き始めとして、正月を飾るに相応しい山はないだろうか。 縁起を担いで、干支の名の付く秩父の酉谷山あたりは富士山も見えるし、いいかもしれないが、ブランクのある体にはキツいだろうと諦めた(^^;)
いろいろと考えてみたが一向に思い浮かばない。そして正月ボケした鈍った体には標高差のある山も避けたい。そうすると近場で低山が妥当なところかと考えているうちに結論も出ず夜も更けてしまった。 ごく最近、ぶなじろうさんが歩かれた東秩父村に位置する館川左岸尾根のタカハタを絡めて、笠山辺りを歩くのが面白そうだ。長年の課題として、頭の片隅に残っている尾根で、冬枯れの時季に歩いてみたいと考えていたので丁度良いかもしれない。

そこで、今日の予定ルートは館川右岸尾根を上り詰め、笠山を目指し、館川左岸尾根を下る周回ルートとしてみたが、その考えが甘いことを後で思い知ることになる。

紫色のログが私の辿ったルート

注)笹山は私有地で部外者立ち入り禁止となっております。
なお、山と高原地図では笹山が360度の展望とされコースタイムが載っていますが、2017年度版では削除されています。
(2017.6)


今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。
画像の掲載にあたっては許可を頂いたうえで利用させていただいております。

アルバム

朝は目覚ましをセットするも起きるのが億劫で、家を出るがつい遅れてしまった。車に乗り込むと、さほど時間は掛からずに尾根の取りつき周辺に着いたが、駐車予定のパトリア小川は正月休みで駐車場は侵入禁止となっていた。この近辺で他に駐車出来そうな場所はない。さすがに路上駐車はまずいので、4kmほど離れた道の駅・和紙の里へ移動した。 和紙の里から尾根の取付きまではバスが出ている。時刻表を調べると20分後に出発するバスがあったので、それで取り付きまで戻ったが、1時間ほどロスしてしまった。家を出るのが遅れたうえ、駐車でもまごついて、すっかり遅くなってしまった。
しかし、いつの間にか和紙の里がすっかり様変わりして新しくなっている。以前と比べるとお店の規模も拡張されているし、バス停もバスターミナルが出来ている。 小川町の和紙がユネスコ無形文化遺産に登録されたことも影響しているのだろうか。 下山後に是非寄ってみようと思ったが、この日は残念ながら正月休みとのことだった。 さて、和紙の里からバスに乗り、木落しバス停でバスから下りると風が冷たい。上着を着こみ帽子を被って、取り付きに向かう。橋の先の突き当りが尾根の末端部だけど、そこはほぼ垂直で登れない。

橋の上から右を見ると、これから目指す笠山が遥か遠くに見える。あれ、これから歩く尾根はあんなに距離があっただろうか。すでに9時半を過ぎている。日の短いこの時季に少し無謀かもしれない。のんびり歩いていると、後半暗くなりそうだと少し焦り始めた。
右岸尾根の取り付き箇所については、先ほど車で確認しておいた。 末端部から少し左にずれたところにテープがぶら下がっている。そこから踏み跡が続いているので突入する。斜面もふみ跡らしき箇所をトレースしながら登り進む。
大して苦労せずに尾根に乗った。方向だけ気を付けて進むと、青いテープとともに国調多角点が続いており、それを目印に進む。落ち葉が堆積しているが、微かな踏み跡もあって、歩きづらくはない。ただ灌木も多く、この時季以外では、葉を付けた灌木が邪魔になるかもしれない。
280mの三角点に到着した。傍らの樹木に「古寺山」と刻まれていた。ここで進行方向の方角が変わるため、コンパスをセットして先へ進むが、
その先で、いきなり道を間違えた。南側に延びる支尾根に明瞭なふみ跡があり、例の青い杭に誘導されるように引き込まれた。高度を下げているので、おかしいと思い、コンパスを確認して間違いに気づき慌てて引き返した。左画像が間違いルートに気付いた時のもので、右画像の先に正しいルートが続くのだが、ふみ跡はない(^^;)
右画像のその先に尾根があり、目を凝らしてみるとなんとなく判別できるのだが、非常に分かりにくい。あと70mも下っていたら里に出てしまうところだった。 ぶなじろうさんも記事の中でルートミスされたとあったが、ここの事ではないだろうか。

正しい尾根に復帰する。微妙なアップダウンを繰り返し徐々に高度を上げていく。
次の三角点(289.8m)にたどり着いた。ここに畠山重忠公のお墓があることは、ぶなじろうさんの記事で知っていた。武士の鏡ともいわれた鎌倉時代の武士で、奥武蔵や秩父の山ではそこかしこでこの人物の伝説が残っている。「ものがたり奥武蔵」にも、この人物の墓の伝説についての節があり、読み返してみた。この地に関する記述はなかったが、なかなか興味深い内容だった。
お墓から少し下ったところに四等三角点が設置されていた。 1時間ほど歩いたので少し休憩しよう。お墓で休むのも憚られるので、三角点でしばし休憩する。汗もかき少し暑くなってきたので、上着を脱いで喉を潤したが、休んでいると少し肌寒い。

送電線の鉄塔に出た。中央に見えるのが、これから目指す笠山だけど、あまり近づいた感じがしない。1時間は歩いたが、まだ全行程の1/8程度だ。今が10時半。これでは完璧に暗くなってしまうパターンではないか。場合によっては、笠山は諦めて途中からエスケープする必要がありそうだ。
大した藪ではないが、所々分かりづらい箇所があり、かなり気を使う。小ピークに差し掛かるたびに、方向が変わるので、いちいち注意しなければならない。 左画像のピークは、左へ明瞭な尾根道が続く(おそらく東電の作業道)が、ここは右に行かなければならない。
328.4mの三角点に到着した。これで全行程の1/4程度は歩いただろうか。2時間も歩いているのに、3/4も残している。冷静に考えてみると、この右岸尾根は距離が長い。この時季に周回するには出発が遅すぎた。いつもなら2時間は早めに歩き出しているはず。2時間の遅れは厳しいなぁ、と少し後悔の念が湧き、笠山までは無理かもしれないと思い始める。
右画像の箇所から地形図上の破線路を歩くことになるが、道もしっかりしていた。
途中で林道と交差すると、ふみ跡にもバイクの轍が目立つようになる。このような登山者が訪れることに少ない道は、バイクの恰好のルートになるのだろう。 しばらく進むと539.5mの三角点峰である金獄に到着した。ここで都幾山から延びる尾根と合流する。

右を向くと樹間の先に笹山が見える。笠山はその向こうに隠れている。まだ距離がある。先ほどお昼の時報を聞いたが、笠山まで、あと2時間は掛かるだろうか。
バイクの轍が残る一本道。ここも道はしっかりしているが、旺文社の地図では破線ですらない。従って歩く人もほとんどいないと思われるので、バイクは飛ばしそうだなぁ。 途中で林道と交差する。この近辺はやたらと林道が多くて、さっきからバイクの音が気になって仕方がない。
以前、ここを通った時は茨の藪がうるさくて、今回も心配していたが、すっかり下刈りされており、今や何の支障もない。
絶え間なく続くアップダウンに閉口しながら進むと、じきに一般登山道と合流した。懐かしいマツダランプの看板が今も健在だった(笑)
また林道と交差する。ここは堂平山との分岐。すでに13時に近い。笠山を回って館川左岸尾根を下ると暗くなってしまう。周囲は薄暗く、風も強く寒さが一段と増してきた。それに歩き通す気も薄れている。林道を少し進んだ先に赤木集落へ下る破線路がある。安全を考えて破線路からエスケープルートすることにした。そうと決まれば、お腹も空いているので、ベンチに座って昼食休憩を取った。食事中、外人さんがマウンテンバイクで林道を上がってきた。挨拶を交わすと、そのまま堂平山へ砂利の坂道を登って行かれた。すごい体力なのか、自転車の性能が良いのか、関心しながらしばらく眺めていた。

食事休憩も済ませて、歩き始める。破線路はこの林道の先にある。奥に見えるのは笹山で、笠山はその向こう。笠山に向かうとたどり着くのは15時頃と思われるため、諦めて正解かな、などと考えながら、破線路の尾根にたどり着いた。 あとは下るだけだけど、ここで諦めるのも釈然せず、破線路への一歩が出ない。5分程悩んで、とりあえず笠山だけは行ってみることにした。
林道からショートカットして、100m程登り七重峠に到着すると、堂平山方面へ延びる林道と思しき整地が進んでいる。途中でも何か所か、林道を造っているような箇所を見かけたが、この辺りの林道化は益々進みそうだ。

七重峠からの展望。空気が澄んでいればスカイツリーも見えるようだけど、遠くは霞んでよく見えない。
七重峠からは、しばらく外秩父七峰縦走路を進む。
途中で林道と交差して、笠山への最後の急斜面を登り詰める。ここでカップルのハイカーとすれ違う。本日、初めてハイカーと会った。そして予定よりも早く14時前に笠山へたどり着いた。ここで単独のハイカーとすれ違った。
そして、山頂にある笠山神社の奥社に寄って参拝した。ここには親子のハイカーが居たが、日帰り登山にしては、ずいぶん遅い時間だし、少し心配になった。
何とか笠山に辿り着いたので、下りは館川左岸尾根を歩けるのでは、とそんな考えが浮かんだが、右岸尾根と同じように支尾根が入り組んでいると厄介だ。時間的に余裕がないところでややっこしい未踏の尾根を下りで使うのは精神的にも疲れる。
笠山からは東側に破線路が続いており、1時間も歩かないうちに集落に出られそうだ。林道に出られれば、暗くなっても特に問題はない。
東側は表参道になっているようで、半端ではない急な石段をびくびくしながら慎重に下る。
等高線が混みあっている割には歩き易いが、日が差さない山の中では、すでに薄暗くなっている。足元に注意して慎重に下る。
「右 笠山道」と記されている古い案内石を過ぎると、じきに笠山神社の下社を通過した。

笠山から30分ほど下ると栗山の集落に出た。
里山風情のある、ほのぼのとした風景
辻にある馬頭観音の石碑。

電柱の街灯が何ともレトロでいい感じだ。
二十二夜塔とは、特定の月齢の夜に人々が集まり、月の出を待つ行事を行った講中で、供養のしるしに造立した塔とのこと。二十三夜塔、十六夜塔、など種類はあるようだ。ここの二十二夜塔の文字は天保三年(1832年)増尾の磯田健斉氏が記したもので、婦人たちが集まり夜半近く半分欠けた月の出を待ち、安産の祈願をしたといわれている。
馬頭観世音の石碑や、青面金剛の庚申塚も至る所で見かけた。このような石碑が見られるのも里山の魅力かもしれない。
味があるレトロな看板と消火栓。消火栓の方は水が漏れてて気になったけど現役のようだ。

16時10分前に切通しのバス停に到着。15時台のバスはなく、16時台は9分発の1本のみ。ちょうどよいタイミングだ。バスを待つ間に撮った笠山。すでに日は落ち、寒さが増してきたが、じきにやってきたバスに乗り込んで、和紙の里へ向かった。