伊豆の山を城山から葛城山までハイキング
日 程
2017年5月21日(日) 天気:晴れ
山 名
葛城山(m)
コース
城山登山口(6:07)→城山峠(6:33)(3分休憩)→城山(6:44)(6分休憩)→城山分岐(6:57)→葛城山(7:46)(47分休憩)→葛城山分岐(8:58)→城山分岐(9:25)→城山登山口(9:49)
コース図
駐車場
城山登山口脇路肩
温泉他

山行記

このところ、日増しに暑さが厳しくなってきた。まだ5月だというのに、秩父では最高気温を更新し、すでに真夏日を迎えている。奥武蔵あたりの低山歩きも、しばらくお預けか。そんな陽気が影響しているわけではないが、多少の涼しさを求めて久しぶりに伊豆の山を歩いてみた。
海に囲まれた伊豆半島の山の魅力は何と言っても、富士山の絶景だろう。それに海を間近に見下ろしながら歩けるのも気分がよい。また温暖な気候と海に接した環境により植生も秩父のそれとは異なる。ウバメガシの灌木が密林の様相を呈し、いつもと違った雰囲気を味わうことが出来る。
妻の実家がある伊豆には年に何度か訪れるが、山歩きがメインの目的ではないため、あまり時間が取れない。以前からの課題である沼津アルプスの完全制覇を図りたいが、今回も時間が合わない。昼前には戻らなければならず、3〜4時間で歩ける山を探す。
山と高原地図を眺めると、実家からほど近い伊豆長岡温泉の葛城山が目に止まった。この山は子供が小さい頃に、何度かロープウェイで訪れたことがある。R136を走っていると麓から山頂までロープウェイが一直線に延びるピークが目立つ山だ。その山の東側にはロッククライミングで知られる城山がある。この城山の麓に駐車場のマークがあり、城山、葛城山、発端丈山から三津へ縦走出来るコースがある。調べてみると、結構知られたハイキングコースのようだ。コースの一端が海に面しているとは、何とも伊豆の山らしい。
葛城山、城山は有名だが発端丈山は知らなかった。今回は城山登山口から葛城山をピストンしたため、海側(三津)を訪れることはなかった。発端丈山から眺める駿河湾越しの富士山は、それだけでも見る価値がある。空気が澄んで眺望の間違いない日を見計らって三津側から歩いてみたい。

紫色のログが私の辿ったルート



今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。
画像の掲載にあたっては許可を頂いたうえで利用させていただいております。

アルバム


朝は5時半過ぎに出掛けた。愛鷹山の向こう側に聳える富士山は霞んでいる。
時間が経過すれば霞も取れるだろうと期待しつつ、途中のコンビニで朝食と行動食を買って、現地へ向かうとわずかに20分ほどで城山登山口に到着した。時間は6時過ぎ。まだ車は1台も停まっていない。登山口のそばに路肩が広くなっている箇所があり、そこに停めた。
靴を履き替え目の前の登山口へ向かう。 陽はまだそれほど高くはない。目の前に流れる狩野川のせせらぎとともに涼しい風が吹く。初夏の早朝といった陽気だ。 ひっそりと石仏が佇んでいる。それに案内板や周辺の地形の説明やらで賑やかな登山口だ。かの長嶋茂雄氏が現役時代、大仁ホテルで毎年冬合宿し、城山もトレーニングで登っていたとある。長嶋氏が大仁ホテルで合宿していたのは地元では有名な話で、かく言う私も二十〇年前に結納を交わした思い出深きホテルだ(笑)

すっかり忘れていた大昔の記憶が蘇ったところで早々に歩き出す。始めは竹林の中を進む。
じきに周囲はウバメガシと思しき鬱蒼とした灌木に覆われるようになる。普段歩いている秩父や奥武蔵の山道とは明らかに違った印象だ。ハイキングとロッククライミングを分かつ分岐に出た。前方右手には城山のビックウオールが聳え立っているのが見える。間近に迫る岩壁の威圧感は半端ではない。あんな壁を登るなんて正気の沙汰ではない気がするが、好きな人にはたまらない魅力なのだろうか。こんな時間から登る人などいないだろうが、帰りはロッククライマーを実際に見てみたいものだ。

この日は大して歩くつもりはなかったので、リュックではなくヒップバッグにした。

雨など100%降りそうにないので雨具はなし。500mlのアクエリアスと水、おにぎり二つに、メロンパン、それにチョコとナッツの詰め合わせ、サングラスとタオルを詰め込んだ軽量仕様だ。
そのため身が軽い。近くで鳴く鶯の囀りに癒されながら先に進むと城山峠に到着した。ベンチがあり、お地蔵さまが祀られていた。ここを基点に城山をピストンする。これまで30分も歩いておらず、大して疲れていないが汗が止まらない。タオルで汗を拭いて、アクエリアスを一口飲む。まだ6時半過ぎだがすでに暑い。飲み物も1リットルでは心許ないが、葛城山の山頂に至れば自販機があるはずだと、もう二口飲んでおく(笑)
城山の山頂へ向かうべく、ウバメガシに覆われた尾根を東に進む。月桂樹というのか、榊の葉に似ているのか、見た目は柿ピーを平たく大きくした??ような固い落葉の上を歩く。ロッククライミングコースを示す分岐が目に止まった。ビックウオールを上から覗いてみようかと考えていたが、少し藪の中を進まないとならないようなので諦めた。

分岐から10分も歩かずに開けた狭い城山の山頂に至った。二等三角点がある。下から眺めた城山は切り立った岩山だが、山頂にいると周辺は藪が深く、そんなことは微塵も感じられない。日が差す明るい所ではヤマツツジが咲いている。
そして、富士山の様子はどうだろうかと北を見ると、早朝よりも状況は悪化しており、雪を被った山頂部のみがぼんやりと見えるだけ。肉眼で辛うじて分かる程度だ。

伊豆の山で富士山がはっきりと見えないのは少々残念だ。狩野川沿いに大仁の街並みが拡がる。高い所から街を見下ろすと、人の営みなどちっぽけなものだなぁ、などと感傷的な気分にもなる。ぼけっといつまでも眺めていたいスポット。 すでに日差しは強いが、下から吹き上げる風は心地よい。

5分ほどぼんやりと時間を過ごし城山峠に戻った。
次は葛城山へ向かう。
葛城山までは稜線で繋がっており、南側を巻きながら山道は続く。ウバメガシに杉が混在した薄暗くて鬱蒼とした道を進む。道端ではヤマツツジが点々と咲いていた。
巻道を離れ杉の斜面を登り、七ツ石と呼ばれる大きな岩が立ち並ぶ巨石群の横を抜けると林道に出た。ここで青年とすれ違った。ベンチがあるので、腰を下ろして汗を拭う。大してお腹は空いていないが、バテないようにおにぎりを一ついただく。 林道を左に進み、ハイキング道に復帰する。
平坦な山道をしばらく進むと出払いの表札が立つ分岐を出た。右は内山、左は外山とあるが、何のことかさっぱり分からない。標識には手書きで葛城山は左と書いてある。それに従い左へ進路を取る。
相変わらず巻きながら進むと、ひっそりと石仏が佇んでいた。外山の観音様とある。草に埋もれてうっかり通り過ぎてしまいそうだが、表札があるので見落とすことはない。 表札には、往時、樹齢500年の老松あり、とあった。周囲を見回したけど、そんな痕跡は発見できなかった。
しばらく進むと「葛城山背面登山口」という標識があった。目指す葛城山は西の方へだいぶ遠回りするようにコースが続いている。この位置から直登出来れば、かなりの距離を節約出来る。見上げる斜面はかなりの斜度がある。それにウバメガシの灌木が生い茂っているようでもある。標高差にして100m程度か。寂しい尾根の取付きのような感じだが、一般のハイカーはまず敬遠するようなルートだろう。手書きで「上はトラバース」とある。敢えて手書きで記すくらいであるから危険なトラバースが待ち受けているのか。何だか怪しいが、こういったルートは嫌いではない。平凡なハイキング道にも変化があって楽しいだろうと背面登山口から取り付くことにした。 踏み跡はしっかりしているが、道は荒れており、ハイキング道ほど歩かれてはいないようだ。
上に向かうにつれて、踏み跡も怪しくなる。ウバメガシの灌木もうるさくなり、屈みながら進む。ルートは少し左へトラバースしている。古いテープなどが点々としているが、初心者ハイカーには、分かりづらいかもしれない。先ほどの手書きの説明は、ここのことを記していたのだろうか。そんなことを考えていると岩の露出した支尾根に出た。傾斜も増し、灌木を掴みながら上を目指すとヤマツツジがチラホラ見えるようになり、開けた場所に出た。

ここはパラグライダーなどの発信基地のようだ。眼下には城山から歩いてきた尾根が一望できる。奥に立ち並ぶ天城連山の山並みを眺めながら、なっつを頬張る。
葛城山は目と鼻の先だ。踏み跡に従って進むと低いワイヤーの柵に差し掛かる。この先が葛城山パノラマパークのようだ。しかし、これは触っていけないヤツだな。触れてみたい気もするが、実祭どんなものなのだろうか。試してみたことがないので分からないが、こんな所で気絶するのは嫌なので、慎重に跨いで園内に入った。

園内に入り、順路の看板に従うと見晴台に出た。 やや萎れ加減だがヤマツツジやミツバツツジ、それにシロやピンクのツツジが賑わっていた。展望台からは南から東にかけての展望が広がる。

南には昨年の冬に歩いた金冠山と達磨山が遠望出来る。

奥には天城連山が見渡せた。中央奥に見える二つのピークが伊豆半島で最高峰の万次郎岳と万三郎岳がよく分かる。 展望を楽しんでいると、顔の横で縄張りを主張してホバリングしているが熊蜂がうるさい。
スズメバチと違って全く怖くはないが、うるさいので穂を進めると、平和の鐘に出た。こんなの昔はなかったと思うけど、ここにも商業化の波が押し寄せている(笑)
二人で鳴らすと幸せになるとある。一人だけと鳴らしてみたが、かなり響くのでびっくりした(^^;

沼津アルプスの向こうにぼんやりと見える富士山。
次は懐かしのロープウェイの山頂駅に向った。 山頂駅前はウッドデッキになっている。レストランや土産屋も新しくなっている。昔はここで猿回しを見たものだが、いまやオシャレスポットへとすっかり様変わりしていた。

北面の展望が開け、富士山から駿河湾が一望出来るが、富士山は相変わらず霞んでいる。駿河湾越しの富士山を楽しみにしていたのだけど仕方がない。

世界文化遺産に登録された韮山反射炉の説明
まだロープウェイは営業しておらず、山頂駅は誰もいない。そのため店には入れないのは想定内。とりあえず冷たいコーラでも飲もうかと自販機を探すがない。。。
あれ、自販機も店の中か。これは防犯を考慮してのことか。計算外だったが、水分はまだ700mは残っているので、さして問題はないが、冷えたヤツを楽しみにしていただけに残念。しかし山頂部、パノラマパークと名付けられただけあって、展望台、神社やお地蔵様やら見所が多い。アスレチックは昔からあったけど、ボルダリングのボードまである。試しにやってみたが、これは簡単だった。
折角だから一通り見てみよう。葛城神社でお参りすると、その先に足湯がある。9時からとあるがお湯が出て循環してるので浸かれそうだ。目の前には富士山が見える。これは気持ち良さそうだ。上手くできてるな。思わず足を浸けてみたくなるが、そんなことしたら、気持ちよくて寝てしまいそうだ。
次は三角点のある最高地点に向かった。三角点の横には源頼朝のブロンズ像まである。

最高地点といっても標高452mしかないが、360度見渡れる好展望のポイントだ。富士山がくっきりと見えないのは返す返す残念だ。 ベンチに座って二つ目のおにぎりをいただく。横になったら間違いなく寝そうな心地良さ。あと1時間もすれば観光客が押し寄せるのだろうけど、だれもいない山頂を独占できるのは気持ち良い。
百体地蔵
下山は一般登山道を行く。先ほど確認しておいた登山道へ進む。北西へ向かいながら九十九折に下るとじきに舗装された林道に出た。ここは標識に従い、左へ進む。

この辺りで本日2人目となるハイカーとすれ違った。
林道をしばらく行くと道標が現れる。それに従い山道に復帰し、50mほど登ると杉に囲まれた稜線に出た。城山と発端丈山を分かつ分岐のようだ。ここから発端丈山まで標準CTで片道50分程度。今日は身軽なので往復1時間強でピストンが可能な気もするが、富士山の眺望も期待出来そうにないので、素直に城山方面に戻ることにした。
先ほどと打って変わって、日が差す明るい南側の巻道を進むと林道に出た。車が3台止まっていたが山菜取りの類か。
林道から山道へ足を踏み入れると、なんと前方を犬が歩いているではないか。え!野犬か!と進むのを思いとどまりベンチまで引き下がる。なんでこんな所を歩いているのか。後ろを向いていたとはいえ、こちらに気付かない鈍さは普通の飼い犬か。しばらく時間を潰してやり過ごそうとメロンパンを頂く。充分にインターバルを取り、山道に踏み込む。周囲に気を配りながら進むと左側に立ち並ぶ七つ石の上で、何やら動く気配を感じ、目をやると、先ほどの犬がじっとこちらを凝視している。
おい!おまえはまだそんなところにいたのか!
こいつはすでに私の存在に気付いて待ち受けていたのか。やばいなぁ〜。近づいてきたらどうしよう。今日は身軽なため、ストックとか戦えそうな道具が何もない。ダッシュして逃げるか(笑)
目を合わせると後を付けられそうな気がする。素知らぬ顔してやり過ごそう。一目散に逃げだしたいが、あまり刺激をしないようにと緊張しながら歩を進めると巨石のひとつで男性が岩登りの練習をしていた。なんだ、この人の飼い犬だったのか。犬がきらいな訳ではないが、こんな所で見かけると構えてしまう。

無用な緊張感から解放され、ほっとして城山峠から下り始めるとロープやらガチャガチャ類等を身に着けた集団とすれ違った。皆さん、あのビックウォールに行かれるのであろう。それ以外にも岩場の基部で話し声が聞こえたが、岩登りを始めているグループはまだいないようだった。
城山登山口まで戻ると、私と同年配の女性グループとすれ違った。駐車スペースには、10台ほど止まっていただろうか。山中ではロッククライマー以外は、4名のハイカーとしか会っていないが、ロッククライマーの車だろうか。

まだ10時前だが下界はすでに真夏のような陽気。窓を全開にして狩野川のほとりへ移動して山の写真を撮った(左のピークが城山で右奥が葛城山)。
そして場所は変わり江川太郎左衛門邸へ移動した。 昨年はここの裏手にあたる韮山城に行った。江川邸は何度も訪れているところ。入場料が500円と聞いて帰ろうかと思ったが、折角だからと久しぶりに寄ってみた。
園内ではボランティアで説明員の方がおられたので、屋敷の構造やその他あれこれと話を伺い、つい聞き入ってしまった。時が経つのも忘れるほど楽しいひと時だったので、元は回収できたかな。

しかし、この日はすごい人数の団体さんがいた。それほどメジャーな観光スポットでないと思われるが、これも文化遺産に登録された韮山反射炉人気のお蔭か。

そして、その後は静浦港に寄ってみた。海越しに見る富士山には雲が掛かっていた。

西伊豆。海の向こうに金冠山から大瀬崎へ続く稜線が見渡せる。

何が釣れているのか偵察してみると、サビキでサバやイワシの小さいのが釣れていた。ここは夏になるとソーダガツオが数多く釣れる伊豆でも有数の釣り場のようだ。今年の夏もあの強烈な引きを楽しみたいが、沼津アルプスの完全制覇はいつになるやら。。。