幻のコウシンソウと塔の峰の山名板に見に足尾のお山へ
日 程
2017年6月18日(日) 天気:曇り
山 名
庚申山(1,892m)
コース
銀山平公園駐車場(6:18)→支尾根取付(7:00)→1,286m標高点(7:49)→1,455.9m標高点(8:34)(3分休憩)→塔の峰(9:16)(14分休憩)→庚申山(10:55)(5分休憩)→展望地(11:03)(3分休憩)→(コウシンソウ自生地20min)→庚申山荘(12:31)(21分休憩)→庚申七滝(13:41)(5分休憩)→銀山平公園駐車場(14:49)
コース図
-
駐車場
銀山平公園駐車場
温泉他

山行記

久しぶりに足尾の山に行ってきた。今回、向かう目的は二つあった。一つは庚申山の近辺で生息するコウシンソウを見ること。このコウシンソウは絶滅危惧種に指定されているとても貴重な植物だ。一度くらいは見ておきたい。それと塔の峰に登ること。たそがれさん作の山名板を見てみたい。
ルートとしては、銀山平に駐車してから鳥居経由でコウシンソウの自生地を見学し、庚申山に向かう。その後は中倉尾根を経由して、塔の峰に続く稜線を舟石峠まで縦走する。そんなパターンで考えていたが、地形図を見ると笹ミキ沢の左岸尾根が塔の峰まで続いている。この尾根を利用すれば、多少は歩く距離を短縮出来そうだけど、問題は尾根にどこから取り付くか。
そこでネットで調べてみると、瀑泉さんの記事がヒットした。記事を拝見しルートのおおよそのイメージは掴めたが、こちらのルートの場合、庚申山へ行くまでが大変そうだ。コウシンソウを探すのに手間取りそうなので、一般登山道で先ずは庚申山へ向かった方が気分的に楽な気もするが、当日、取付きの状況を見て決めよう。

アルバム


今回のルートもそこそこ距離があるので、余裕をもって7時前には歩き出したい。そこで、我が家を4時半ごろに出発すると予定通り6時過ぎに銀山平に到着した。かじか荘は工事中のようだ。しかもゲート手前の駐車場も工事中のため、銀山平公園まで戻って駐車となった。多少時間をロスしたが、トイレが併設されている。 お腹の調子が芳しくなかったので、トイレに駆け込んで気分すっきり、軽く準備運動を始める。
すでに駐車場には10台以上停まっている。庚申山荘に泊まり組みもいるのだろうけど、皆さん、コウシンソウ目当てで庚申山に行かれているのだろうか。
この日は曇り空。山の上の方はガスが掛かっている。直前の天気予報では桐生方面は午前中は晴れ間が出るとあったので、それを期待したい。 出発準備を済ませて歩き始める。6名のハイカーグループと同時出発となった。支尾根への取り付くところを見られると、面倒なことになりそうなので足早に歩く。
ゲートを抜けて庚申林道を進み、15分ほどで丸石沢に到着した。ここから笹ミキ沢の間で1,286mの標高点へ取り付けそうなところから山入りする。地形図を見る限りでは、終始ゲジゲジが続き、登れそうな余地はなさそうだ。丸石沢の右岸側(左写真)は滝だし、とてもではないが取り付こうという気すら起きない。
林道を少し進むと、擁壁の切れ目に出た。ここが瀑泉さんが取り付かれた場所のようだ。見上げる斜面は急だが、植林だし登れなくはなさそう。途中に岩場が何箇所かあるようだが、なんとかなりそうだ。
ここから、塔の峰まで3時間、塔の峰から庚申山まで2時間と考えれば、お昼頃にはコウシンソウを探せそうだ。それに帰りを一般登山道としたほうが、精神的に楽だ。 後続も引き離し、急斜面にへばりついているところは見られないで済みそうなので、ここから取り付くことにした。
ふみ後を追い急斜面に取り付くと、じきに話し声が聞こえてきた。まずい。。。
年配のハイカーさんグループだったので、こんなところを見られたら見咎められそうだ。 林道を歩きながら、上を見上げる人は少ないだろうが、居る筈のない場所に人がいたら違和感から気付かれそうだ。
慌てて登り進む。50m以上は登らないと、視界から消えない。手足総動員で息を切らしながら登った。
50mも登ると支尾根に乗った。途中で2〜3箇所ほど岩場が登場するが、見慣れた感じでそれぞれ正面突破で越えて行く。
テープなどはほとんど見かけないが、おなじみのブリキマークが、何箇所か反対方向に付いていた。以前は道などあったのだろうか。 淡々と急登をこなす。このパターンは疲れるけど、高度が稼げるので嫌いではない。

1,286mの標高点に到着した。足も重くない。結構いいペースで登っている。足元には笹が現れ始めた。

北へ向かうと、じきに尾根は左へ方角を変える。まさに地形図通りだ。 周囲は相変わらずガスっており、鬱蒼とした雰囲気の中、たまに鹿の警戒音を聞く程度で、蝉も全く鳴いていない。陽が出ていない分、歩くには幾分楽だ。 右の奥で何かが呻くような音を聞いた気がした。気のせいかもしれないが、鈴を手で鳴らしながら、とりあえず適当な言葉を大声で叫んだりした。
1,286mの支尾根に乗ると鹿道なのかトレースだか見られるようになる。これがうまい具合に細かなピークを巻いてくれる。これを使わない手はない。 ガスって先の展望が利かないが、前方に1455.9mのピークが、それと分かるようになった。
1,455.9mへはピークに向かって単純に直進すればよいが、踏み跡は緩やかな登り口調で西へ続いている。この踏み跡、全くトンチンカンな方向へ誘うものでもないだろう。少しでも楽をすべく踏み跡を追う。 やがて足首程度の高さの笹が周辺を覆うようになる。 笹はしっかり朝露を溜めている。そんなところを通るものだから、靴とズボンの裾が濡れてしょうがない。踏み跡も怪しくなったので、直接ピークを目指す。
1455.9mの三角点に到着した。適当な岩場に腰掛けて汗を拭う。靴の中まで水が染み込み気持ちが悪い。スパッツを忘れたことが悔やまれる。ここ2〜3日雨は降っていないようだったので、濡れるなんて考えてもみなかった。先日の女峰山でも笹薮で濡れるなんてことはなかったから、スパッツなんて不要だろうという考えが甘かった。4月の谷川岳山行の際、アイゼンで裂いてしまってから携帯しなくなったが、また調達しなければならない。 ここで待っていても乾くものでもないので、栄養補給だけして歩き始める。
日ヶ窪峠に出た。左右にふみ跡が続いている。舟石新道のようだ。

笹の丈も膝くらいになってきた。 笹薮とダケカンバ林の歩きは悪くない。時折、聞いたことのない鳥の鳴き声や鹿の警戒音が聞こえる程度で、霧覆われた静寂な世界。そんな静かな環境を独り占めした気分で楽しみながら歩を進める。

ヌタ場を通過。標高1,600mを越えた。塔の峰も近い。

足が濡れて鬱陶しいが、こんな雰囲気はなかなか気分が良い。 シロヤシオが点々と見られるようになった。ほとんどが萎れた感じだが、周りの風景に溶け込んでいる。もう少し早い時期であれば、シロヤシオの隠れた名所だったかもしれない。
この尾根、獣道なのかもしれないがトレースが続いている区間が長いので助かる。 でも足はびちゃびちゃ。

笹薮では踏み跡が消えるが、端の方に微かなトレースが付いていたり、ダケカンバなど樹木の周囲は笹も丈が短いようなので、木を伝って歩いていると、広い開けたピークに出た。

塔の峰に到着したようだ。周りを見渡すとありました、たそがれさんの山名板が。

晴れれば見えるはずのピラミダルな皇海山が現れないのは残念だけど、霧に覆われた雰囲気も悪くない。

微かに見える庚申山をバックに写真を撮る。緑に染める笹薮にシロヤシオの花がアクセントになる。風もなく涼しく。広い山頂を独り占め。おにぎりをいただき雰囲気を楽しむ。
山名板にぶつかるくらい近づいて見てみる。裏にはお名前が。おしゃれで素晴らしい出来栄え。ダケカンバとマッチしているし、周囲の風景に溶け込んだ感じだ。今までネットでは拝見していたので、元々思い入れはあったのだが、実物を見れて良かった。生で見る山名板にたそがれさんにお会いした気分になる(笑)

次は霧に隠れがちな庚申山を目指す。ここから庚申山まで2時間程度は掛かるとかなぁと思っていたが、思いの外近く感じる。これから藪も深くなるだろうから、その状況次第だが、1時間程度で着くのではないか。迷わなければ2時間は掛かるまい。少し進むと広大な笹薮の斜面に出た。ここも気持ちの良い場所だ。どこかに熊でもいるんじゃないかと目を凝らす。前方には庚申山とその手前の稜線が見える。これから進むべきルートもよく分かる。右には中倉山へ続く稜線が見えた。庚申山へ向かうのに、真っ直ぐ向かうか、右の尾根に乗った方が楽なのか。とりあえず手前に見える尾根に乗ってみて藪が酷そうだったら、右側の稜線に逃げよう。
広い斜面を下りきって鞍部に出た。笹の丈は腰くらい。ダブルストックで藪をかき分けて進む。
開けた場所に出た。ここもヌタ場か。
左前方で何かが動いた気配を感じ、慌ててみると猿グループだった。腰高の笹薮が続く。
1,662mの標高点あたりで短い距離だが細い岩稜になった。この間だけ萎れたシャクナゲが少しだけ見えた。

標高が上がるにつれてシロヤシオも花付きが良くなってきた。

シロヤシオ。
また開けた場所に出た。中倉尾根の先に見えるピークはオロ山なのだろうか。

ここも気持ちの良い場所。
嫌いな笹薮にもさすがに慣れてきた。適当に掻き分けながら登り進む。

この程度の藪なら、右の尾根に逃げなくとも直接庚申山を目指そう。