you 幻のコウシンソウと塔の峰の山名板に見に足尾のお山へ 編

アルバム


霧に覆われた樹林は幻想的な雰囲気を醸し出している。
庚申山に近づくと、周囲は苔むした原生林のような林に変わる。 こんな中を一人歩いていると、少し離れた場所で男女二人組のハイカーが現れた。一般登山道はまだ先のはずだがと、びっくりした。この日、山の中で初めて人に会った。二人ともベテランっぽいので、特に声もかけず挨拶だけして先へ行く。こちらの後をつけて来られる。別に遭難したわけでもなさそうなので、構わず高みを目指して先へ行くと登山道に飛び出した。二人のハイカーさんは少し引き離してしまったようで、後ろも振り向いても見えなかったが、心配はいらないだろう。
登山道を西に向かって進むと庚申山に到着した。 山頂では夫婦と思しき男女二人と、ベテランハイカーさん三人組が休まれていた。男女二人組みは松木沢を登り、途中でテン泊され中倉山へ抜けられるとのこと。この後、先ほどの男女のハイカーさんがやってきた。狭い山頂は大賑わいだが、こちらも腰を下ろしておにぎりをいただく。細かな羽虫が鬱陶しい。防虫スプレーを振りかけると離れて行った。相変わらず霧は晴れない。
この先の展望地も期待出来ないが、とりあえず行ってみるとやはり皇海山は全く見えなかった。萎れかけだがシャクナゲさんを見れたのは救いか。

コウシンソウ
次はコウシンソウを見に行こう。ベテランハイカーさんに、生息場所をお聞きし、大体の場所は把握した。とりあえずは庚申山荘へ向かうと件の場所を見つけた。

近年発見された食虫植物。花弁は5mm程度で、高さは5cmほどの大きさか。非常に小さい。気にしないと気付かないと思う。 登山道から少し外れた分かりづらい場所だった。

コウシンソウとコウシンコザクラのコラボ。早速、リュックを下ろして撮影に没頭するも被写体が小さすぎて、綺麗に撮れない。

現在知られている自生地は、庚申山の他に、男体山や女峰山など近辺の山だけで、庚申山の自生地は国の天然記念物に指定されているようだ。

数打って当てようとひたすら撮りまくるが、ボツばかり。その間、何人ものハイカーが通り過ぎるが、こちらに気づかないのか、皆さん通り過ぎていく。

垂直の岩壁に生息するコウシンソウ。

ハクサンコザクラもきれいだ。

コラボ

自生地も一人独占してゆっくり鑑賞できた。当初はコウシンソウを探すために庚申山のお山巡りも考えていたが、ちょっと怖そうだし、時間を節約するためにパスして山荘へ直接向かうことにした。

山荘への下りはクサリやハシゴはあるが、滑りやすく歩きづらい。

お山巡りもパスしたことだし、のんびりと下っていくと、10人近いパーティや家族連れのハイカーや、スニーカーにカジュアルな格好した大学生など次から次へとすれ違った。あいにくの天気だけど、皆さんコウシンソウ狙いか。
庚申山荘とお山巡りの分岐。コウシンソウは見つけられたので、山荘を目指す。
滑りやすい急斜面をハシゴやクサリに捕まえながら慎重にこなす。

雨が降りそうで降らない中途半端な天気だが涼しくて良い。
この先、クワガタソウは多く生息していた。

山荘が見えるようになると水場に出た。

山荘のそばでは期待通りクリンソウの群生地が広がる。遠くからみると曼珠沙華にも見える。

クリンソウ。

クリンソウ。

ここでも散々写真を撮って山荘へ向かった。

ベンチに腰を下ろしておにぎりと菓子パンをいただく。相変わらずの曇り空で、山荘の後ろもガスって何も見えない。
隣のベンチに座られたご年配の単独行の方としばしおしゃべりしていると、すぐ後ろに鹿がやってきた。興味深そうにこちらを眺めてしばらく佇んでいたが、やがて興味がなくなったのか、霧中へと消えていった。こちらもそろそろ退散しようと、隣の方に挨拶して腰をあげる。

猿田彦神社の跡地
猿田彦神社の跡地を越えて整備された参道を一の鳥居へ向かう。

前日、ここを歩かれたふみふみぃさんのブログにもしっかり写っていた色付きのよいヤマツツジ。
途中には一丁間隔に並ぶ丁目石や奇岩を眺めらがら下るので単調な道の割に飽きることがない。以前、皇海山へ行った際、早朝真っ暗の中、ヘッデンを点けてこの辺りを歩いたが、ブリキマークが遠くからも光に反射し、全然違和感なく歩けた事を思い出した。
横を流れる沢の水量が増えると鳥居の近い。庚申七滝の案内が出ている。前回は眼中になかったというか、気にしてなかったが、折角だし寄ってみよう。

滝は七滝というだけあって、かなり落差のある滝だ。庚申川まで下りられそうな階段が二つばかりあったが、それぞれ立ち入り禁止となっていた。遊歩道を少し先へ進み滝を見物。間近で観ているとひんやりとした冷気が気持ち良い。

一の鳥居
ここにもベンチがあったので、腰を下ろして一息いれる。 900mlボトルのポカリは半分も減っていない。それにまだ水とアクエリを合わせて1Lある。もうこの先、水分は摂らなくても大丈夫だ。少しでも荷を軽くすべく残りのポカリを飲み干した。
この先は林道を進むだけ。のんびりと歩き始める。空も徐々に明るくなってきた。林道を1時間ほど歩くと駐車場に辿り着いた。駐車場に到着するやいなやその場で着替える。
帰りがけに草木湖レイクの日帰り風呂に浸かって疲れを癒す。 ロビーではピアノの生演奏をやっていた。ソファに沈み込んでピアノの演奏を聴いていると、つい15分ほど、うたた寝をしてしまったが、おかげで疲れも取れた。
久しぶりの足尾のお山。塔の峰の山名版とコウシンソウが見られて有意義が一日となった。