久しぶりの好天の中、日光白根山を気持ち良く歩いた
日 程
2017年9月3日(日) 天気:晴れ
山 名
日光白根山
コース
丸沼高原スキー場(7:25)→ロープウェイ山頂駅(7:52)→(途中8分休憩)→日光白根山(9:40)(20分昼食休憩)→五色沼避難小屋(10:44)→五色沼(10:55)(53 分昼食休憩)→ロープウェイ山頂駅(13:30)
コース図
駐車場
丸沼高原スキー場
温泉他

山行記

梅雨明け後もすっきりしない日が続き、山歩きをしたいという気分も薄れていた。この週末の天候も台風の影響次第たが、日曜日は晴れそうな気配だ。そこでN氏と日光白根山にでも行こうかという事になった。一人では進んで歩こうとはならなかったと思う。 この山は関東以北では標高が一番高いが、ロープウェイを使えば楽ちん登山が出来る。また森林限界を突破してからの歩きも高山の雰囲気を味わえる魅力ある山だと思う。 この山は12年ほど前に息子と歩いた懐かしい山で、ロープウェイを使う周回コースは経験済みだ。そこでN氏に奥日光の湯元温泉あたりから思う存分歩くことを提案したが、あっさり断られた(笑)
N氏は楽して登ることをモットーとされている。山を決める際は、いつも決まって楽して登れる山がいいとおっしゃる。実際にはそうならないケースの方が多く、どちらかというと厳しい登山の方が多いのだけど、今回は丸沼高原スキー場のロープウェイを使った一般登山道を歩いてきた。

今回辿ったルート



この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図50000(地図画像)、数値地図25000(地図画像)、数値地図50mメッシュ(標高)及び数値地図5mメッシュ(標高)を使用した。
(承認番号 平25情使、 第585号)

アルバム

ロープウェイの営業開始時間の7:30に間に合うように、我が家を5時過ぎに出発する。予定通りの7時半前に到着したが、夥しいほどの駐車の台数に驚いた。すでにロープウェイ乗り場は列をなしていた。季節も悪くはないが、こんなにもハイカーが多いとは思わなかった。一部グラススキーヤーや他のアクティビティの利用者もいたようだが、比較的簡単に登れて、様々な魅力に触れることの出来る日本百名山として、その人気も分かる気がする。 駐車場は1,400mほどの標高があり結構涼しい。早速、往復のチケットを購入して列に並んだ。
ロープウェイで標高が上がるにつれ通気口から侵入する風は冷たくなる。もはや夏の空気ではない感じ。

ロープウェイ山頂駅を降りると、足湯やら高山植物の花壇がある。
山頂駅は標高2,000mに位置している。そのせいか風が吹くと寒いくらいの陽気に、上着を着るか悩ましいところだが、歩き出せばどうせ汗をかく事だし上着は着るのはやめた。

ここは日光白根山が3つのピークを持つ単独峰の綺麗なフォームが眺められるビュースポットだが、山頂部はガスが掛かって見えない。あの頂きに立つ頃にはガスが晴れてくれれば良いのだが。
花壇を覗くとコマクサが咲いていた。何年振りのご対面だろうか。ずいぶんと久しぶりに見た気がするが、日光白根山の砂礫帯では、咲いていなかったのか、気づかなかっただけなのか、ここ以外で見かけることはなかった。
山頂駅周辺は一般観光客も歩けるように遊歩道が整備されている。入り口には二荒山神社があり、神水の水場があるが、本日は2リットルの水分を持ってきているので、補給する必要はない。

食害防止の柵を抜けて遊歩道を進むと、周囲はシラビソなどの針葉樹に覆われ、足下には苔むした原生林。

よく分からないキノコもそこら中に生えている。

良い雰囲気を味わいながらなだらかな道を進む。それにしても人が多い。
これほど多い中を歩くのも久しぶりだ。15分も歩くと遊歩道と登山道に分かれる分岐に出た。ここは登山道へ進む。
大きな岩の上に祀られたお地蔵様を左手に見て通過すると、じきに傾斜も増してきた。
体も暖まり汗もかくが、前がすぐに詰まりペースが落ちるため、大して疲れない。歩き始めて1時間ほど経過したところで岩場で休憩を取る。休んでいる間にも、途中で抜かした人達が次から次へと数珠繋ぎのように、引きも切らずに列が続く。 抜いた人に抜かされると、その後抜かし返すのが面倒で、人が多い山道では休憩らしい休憩を取ることは少ないのだが、今回はN氏と一緒なので、割り切って休憩を取ったが、単独だと休憩しないだろうなぁ。気持ちに余裕を持って適度に休憩を取りながら歩くのが一番だなぁとそんな事をぼんやり考えながら急登を歩き続ける。

しばらく登ると森林限界を超え、がらっと雰囲気が変わる。山頂付近は依然としてガスに覆わられている。

見晴らしも良くなってきた。振り返ると北に位置する山々が見える。

ガスに覆われた山頂部に近づくにつれ、ハイカーも増えてきた。、

じきに奥白根神社が鎮座した一番南西のピークに立つ。多少ガスに覆われているが、山頂はすぐ先に見える。
一旦下って登り返すと山頂に到着したが、夥しいほどの人の群れ。記念の写真だけ撮って移動する。

期待に反して、山頂はガスの中で見晴らしはよろしくないので、人の観察に徹している(笑)
下方には、後ほど向かうコバルトブルーの五色沼が見下ろせる。

男体山を眺めても人ばかり。。。

それでも気流が激しいため、時おりガスの切れ間に東に男体山と中禅寺湖が姿を現わす。

すると皆さん待ってましたとばかりにカメラを構える。 周辺には、ここより高い山はないから、晴れていれば、最高の展望が出迎えてくれただろうにと、少し残念ではあるが、こればかりは仕方がない。待っていれば晴れそうな気もするが、寒くてじっとしていられない。とりあえず風を回避できそうな場所へ移動し腰を下ろす。
ここまで1時間40分。もっと時間が掛かっていれば、弥陀ヶ池へ下ろうかと考えていたが、標準CTよりだいぶ時間短縮できたので、五色沼まで行ってみることにした。

ヒメシャジン

そうと決まれば、風など吹いていないだろう五色沼まで下って、ゆっくり食事しましょうと、腰を上げて歩き出す。

日光連山。左端に見えるのは先日歩いた女峰山だろうか。

ガスが晴れている時間も長くなり、前方に日光連山や中禅寺湖を眺めながら、軽快に歩を進める。
こちらは写真を撮ってばかりで、N氏にだいぶ置いていかれるが、この風景と足元には花が咲いてるからどうしても遅くなる。
ハクサンフウロやトリカブトなどが咲き乱れるお花畑

前方にこれから目指す五色沼が見えてきた。

しかし沼の水は神秘的だなぁ。白神山地の十二湖もこんな感じなのだろうか。いやあちらはもっと青いのか確かめてみよう。

五色沼を目指して一気に下る。こちらのルートは人も減っていい感じだ。

300mほど下り窪地に出たが風も吹いてて歩くのにちょうど良い感じだ。
じきに五色沼避難小屋に出た。カニコウモリが生い茂る樹林帯を進む。

五色沼避難小屋からも意外と下る。

足元に咲き乱れる山草にカメラを構えてばかりで、相変わらず歩が遅い(笑)

樹林帯を抜けると五色沼で出た。いや〜、いい場所だなぁ。

沼のほとりに立ち、沼を囲む外輪山を眺めながめては、うっとりする。

眼前にどっしり構える日光白根山にガスは掛かっていない。山頂からここまで50分ほど。少し惜しい気もするが、今更、登るのも面倒だし、諦めるしかない。
まずは食事にしましょうと、風を避けられそうなシラビソの低木と岩の影に移動する。早速、お湯を沸かしてカップラーメンをすする。 さすがにこの時期、少し暑いかなと思ったが、ひんやりしててちょうど美味しくいただけた。

周りは外輪山に囲まれ、見事なカルデラを形成している。外輪山といえば昨年の浅間山を思い出すが、なかなかこんなシチュエーションは経験がない。
ふと、前方を前白根山方面へ向かう単独氏に目が留まった。一般登山者はこの時間帯から前白根へは向かわないのではないか。それに足袋か長くつと思われる出で立ち。もしかしたらと思いシャッターを切っていた(^^)

十分に休憩をしたのち、弥陀ヶ池に向けて歩き始める。

樹林帯の急登に差し掛かるが、大した登りでもない。

左手に日光白根山を見上げながら20分強で弥陀ヶ池に到着した。 綺麗で落ち着ける場所だ。
池のほとりでは多くのハイカーが休まれている。その先に進むと日光白根山と座禅山の分岐に出た。ここで日光白根山から下山してくるハイカーが合流するため、人も多くなった。
座禅山を目指して先へ進む。座禅山から続く長い木段を下った先の分岐で少し休憩を取る。少し時間を掛けて周回するか、最短で戻るか。とっとと下山して温泉に浸かりたい気分に最短選択ルートを選ぶ。 途中で血の池地獄に寄る。池というよりも水溜みたいだが、囲いで仕切られている。以前来た時にも感じだが、血の色には見えない。

カニコウモリが群生している山道を抜けると往路に合流する。

観光客も歩いている気持ちの良い遊歩道を進む。11年前もこのアングルで写真を撮っていた。変わっていないなぁ。

15分ほど進むと二荒山神社に到着した。

百名山の登山口でたまに見かける靴洗い場で汚れを洗い落とす。

高山植物の女王といわれるコマクサ

前方に聳える日光白根山を眺めながら、ソフトクリームをいただき、まったりとした時間を過ごす。

そばにある天空の足湯にも興味があったが、靴を脱ぐのが面倒くさいので、ロープウェイに乗って下山した。
ロープウェイの山麓駅には、いつからか分からないが温泉が出来たようなので寄ってみたが、雑魚寝できるスペースが狭くて使いづらそうなので、お気に入りの温泉「花咲の湯」に立ち寄る。風呂に浸かって雑魚寝して、新そばをいただき帰路についた。

R120を通るのも今年はすでに3度目。
とうもろこし街道(ロマンチック街道〉を走るたびに、道路脇の露店で売ってる焼きとうもろこしの看板が気になってしょうがない。それでも露店はスルーしてしまい、今日こそはとうもろこしをゲットするぞと、沼田インター手前の道の駅「白沢」に立ち寄ったが、朝採りとうもろこしはすでに売り切れだった。。。
夕方だから、当たり前か(笑)
今回の山行、人が多いのは閉口したが、短時間ながらバラエティーに富んだ楽しいコースだったけど、唯一の心残りは、とうもろこしか(笑)