シロヤシオとの出会いを求めて女峰山へ
日 程
2017年6月4日(日) 天気:晴れ
山 名
女峰山(2,483m)
コース
市営駐車場(5:39)→(コンビニで朝食)→二荒山神社(5:55-6:05)→行者堂(6:15)→殺生禁断碑(6:39)→稚児ヶ墓(7:08)(5分休憩)→白樺金剛(7:58)→八風(8:48)(3分休憩)→遥拝石(9:11)(2分休憩)→唐沢避難小屋(10:33)(5分休憩)→女峰山(11:10)(23分休憩)→唐沢避難小屋(11:55)(3分休憩)→水場(12:11)(3分休憩)→荒沢出合(13:14)→浦見滝・寂光滝分岐(14:08)→若子神社(15:07)(18分休憩)→市営駐車場(16:04)
コース図
駐車場
市営駐車場(500円/日)
温泉他

山行記

日光の女峰山に行ってきた。 日光の山は日光白根山に続くニ座目。 かれこれ11年ぶりだ。世界遺産「日本の社寺」として歴史に彩られた史跡が数多く残り、優れた自然が広がる関東屈指の観光地としてのイメージが強く、なかなか足が向かないエリアで、男体山も歩いたことがない。以前から日光連山が気になりつつも歩けずにいた。 女峰山は日光連山の中でも荒々しい印象があり、なだらかに見える男体山よりも、よっぽど男らしい山だ。 それと女峰山のヤシオツツジは以前から人様のブログで気になっていた。アカヤシオは終わりだけど、シロヤシオはまだ咲いているのではないか。場所によっては見頃を迎えているかもしれない。
そして歩くコースは一般登山道の周回ルートとした。往路は日光東照宮の裏の行者堂を起点に黒岩尾根をひたすら登り山頂を目指す。復路は唐沢小屋から馬立へ向かい寂光滝を巡る。
このコースは標高620m(駐車場)から2,483mの女峰山まで単純な標高差で1,800mあり、歩行距離は20kmを超えるロングコース。単純な標高差で1,800mを超える山は富士山以来かもしれない。あまり機会のないパターンで歩ききれるか心配だけど、コースは終始一般登山道で、緩やかな斜面が続く。山頂付近が急なだけで、さほど難しさはないだろうと考えていたが、結果的にはそんなことはなかった。復路の嫌いな笹薮で、日光の山の洗礼を浴びてしまった。それでもこの山域の雰囲気を久しぶりに楽しめた。
このコースは日を遮ることのない笹原を歩く区間が長い。晴れると直射日光がキツそうだ。日曜日は晴れ予想のため、朝は涼しいうちから歩きたい。それにこのロングコースは、標準コースタイムが12時間とある。下りのペースは遅いが、登りで多少は時間短縮できるとして、10時間程度で歩けるだろうと予想すると、5時か6時過ぎには歩き始めたい。そこで我が家を3時過ぎに出発するべく、前日の22時に横になるが、翌0時過ぎに野暮用があり、1時間ほど外出した。そのため、目が冴えてしまい、熟睡できず寝不足の目を擦りながら、3時半ごろに出発した。

紫色のログが私の辿ったルート



今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。
画像の掲載にあたっては許可を頂いたうえで利用させていただいております。

アルバム

暗いうちに家を出て、東北道を目指し圏央道を東へ向かうと日の出が始まった。東の空が真っ赤に染まり、目の前には筑波山のシルエットが浮かぶ。普段見ることのない幻想的な風景に目を奪われる。 北に目を向けると朝日を浴びてはっきりと浮かび上がる日光連山や赤城山に目もすっかりと覚めた。 圏央道から眺める女峰山の山頂は少し雲が掛かっているが、展望を期待したい。その後も順調に進み予定通り5時半過ぎに日光東照宮前の24h営業の駐車場に車を停めた。空腹感を覚えたため、コンビニに寄り、店の前で食事してると、散歩しているおじさんに声を掛けられる。朝っぱらから登山の格好をしていると、よく話しかけられるが、どの山に登るのかとか、どのコースを歩くのかなど、聞く側の山との関わり具合により様々なことを聞かれる。そして話が盛り上がるとつい長話になってしまう。 適当に話を切り上げて腹ごしらいの後、まずは女峰山の登山口のある行者堂を目指して西参道を進む。 杉の巨木が立ち並ぶ誰もいないシンと静まり返った参道を二荒山神社へ向かう。静寂で澄んだ空気が張り詰め、気持ちも引き締まる思いだ。

二荒山神社に到着すると、お参りしている方、そしてさっきのおじさんがいた。そのおじさんとまたもや長話になるが、二荒山神社で6時に太鼓が打ち鳴らされるので、その見学に来たとのこと。二荒山神社に立ち寄る予定はなかったが、折角だからと私も待つことにして、拝殿で道中の安全祈願をしていると宮司さんがお見えになり、太鼓の奏楽が始まった。目の前で鳴り響く太鼓の音を目をつぶって聞いてみる。周りの空気を揺るがす重低音が、ジンジンと身体の中に響いてくるようだ。魂というか細胞が共鳴しているような感じなのか。とにかく神聖な場所で貴重な体験が出来て良かった。奏楽が終わると、おじさんが宮司さんと話し始めたので、登山口に向かった。
二荒山神社の左側に延びる古い石段を登る。ここにも杉の巨木が沿道沿いに立ち並ぶ。樹齢にして400〜500年ほど経っているのではないだろうか。立派な胴回りに思わず素手で触れてパワーを頂く。
フタリシズカと苔むした大杉

じきに行者堂に到着した。ここには役行者(役小角)が祀られている。暗い御堂を覗き込んで見ると、中央に役行者、両脇に控えるのは、前鬼、後鬼だろうか。 行者堂の左手前に踏み跡らしきものがある。ここは女峰山の登山口となっていたはず。 そして、行者堂の先に滝尾神社へ道は続いている。すると単独のハイカーが登ってこられた。この時間に現れるとは日帰り女峰山狙いだな。この先、女峰山まで10kmほどの行程を抜きつ抜かれつになるのか。面倒だなと思いつつ、先に登山口を越え先へ進んだ。
杉の植林を九十九折に登る。下の方に単独氏がついている。左手に林道が見え、一旦林道に出た後、再び山道を入ると急登となる。日も上がり風もなく暑くなりそうな陽気で、植林の中、日よけにはなっているが、すでに暑い。息を切らせながら九十九折に登る。後ろを振り返るが単独氏はいない。こちらの方が少しペースが早いのか、途中で休んだのか。こちらは休まずに登り進むと、じきに黒岩尾根に乗った。この先は延々とこの尾根を進むことになる。じきに殺生禁断碑にたどり着いた。ここは最初のランドマークだが、行者堂から25分ほどしか経っていないので、そのまま素通りする。

傾斜の少ない斜面を淡々と歩くとやがて周辺の植生は変わり、ツツジと思われる灌木の林に変わる。
蝉が鳴き始めた。あまり聞かない鳴き声だが、エゾハルゼミの鳴き声だろうか。 しばらくするとヤマツツジがチラホラと散見する。二荒山神社から60分ほどで稚児ヶ墓に辿り着いた。 歩き始めからCT2時間10分のところ、ここまで1時間程度で到着した。特に疲れていない。なかなか順調なペースだ。程よく汗もかいた。ここでリュックを下ろして休憩をしよう。軽くエネルギー補給をする。後続の単独氏は一向に追いつく気配はなく、この後も追いつかれることはなかった。 今日は暑くなりそうだ。標高差があり、かつ距離が長いため、足が攣る恐れもある。今のところ問題はないが、先に漢方薬を飲んで再び歩き出す。

新緑の緑が眩しい気持ちの良い山道だ。

空は開け見上げる青空と新緑の緑、そしてヤマツツジの赤がなんともよいコントラストを醸し出している。風が程よく吹いているので気持ちが良い。

このルート、後半は傾斜がきつくなるが、しばらくは体力を温存して距離を稼ごう。

左側の尾根の向こうに男体山が見えるようになった。

1,200mを越えただろうか。振り向くと遥か彼方に日光の街並みが遠望できた。
水場の分岐を過ぎるとカラマツとツツジの灌木帯になる。水呑の石碑を通過する。
1,300mを超えると足元に白の花びらが落ちている。もしやと思い見上げるとシロヤシオが咲いていた。今シーズン初のシロヤシオとのご対面。久しぶりのシロヤシオに写真撮影ばかりでペースがつい遅くなる。いつしか周囲には白樺も仲間入りして、清々しい雰囲気の歩きとなる。

シロヤシオ1

シロヤシオ2

風が少し強くなった。帽子が飛ばされないように紐で締める。標高は1,500mを過ぎており、さすがに風が吹くとひんやりする。座るのにちょうど良い岩があったので、腰を下ろしておにぎりを頂く。
さらに先へ進むと尾根上に岩が現れるようになる。

男体山もだいぶ大きく見えるようになった。

八風と呼ばれるポイントに到着する。

先に見える稜線は霧降高原へ続く道だろう。

やがて稜線はガレ場となり、右側には深い雲龍渓谷が見渡せるようになる。

ガレ場を左側に巻いて進むとコルのような場所に着いた。大きな岩もある。ここが遥拝石と呼ばれる岩だろう。前方に見えるピークは前女峰だろう。地層が剥き出しになった山肌が痛々しい。

ここからあの有名な雲竜瀑は見えるのだろうか。深い谷に大きな滝はいくつも見えたが、どれかが雲竜瀑なのか。高度感がすごい。とにかくすごい渓谷であることは間違いない。

唐沢避難小屋もまだ見えない。ここから少し急登が続く。次は2,250mの唐沢避難小屋を目指す。
ミヤマダイコンソウ?とフデリンドウ
ユキワリソウ
息を切らしながら、急登をこなしていると足元に小さな花びらが落ちているのに気付いた。見上げると桜だった。山桜なのだろうが、この時期まで咲いているとは思わなかった。

笹薮の中の急登を進む。
急登をこなすと、ネットでおなじみの看板が出た。確かに苦しいけど、ここまで来たら途中で投げ出せない。 時折、東側の斜面から崖が崩れたような音が聞こえてくる。稜線の右側は崩落がひどいが、未だに進行しているのだろう。
左から吹き上げるのか風が強い。2,000mを超えたようだ。さすがに風も冷たい。陽の当たらない足元には霜柱も見られた。

こんな所を登ったりして先へ進む。

やがて前方に尖ったピークの女峰山が見えるようになった。女峰山の山頂下も崩落が進んでいるようで、ガレ場が多く、離れて見る斜面は壁のように見える。

下には唐沢避難小屋も見えるようになった。唐沢避難小屋のすぐ近くまで崩落が進んでいる。いずれ小屋も無くなってしまうのではないだろうか。

日光連山の山々。左から男体山、大真子山、小真子山。

ガレ場の通過。トレラン二人組に抜かれた。

ガレ場を見上げる。こんなところで上から岩が落ちてきたらと思うとぞっとする。早々に通過する。