you シロヤシオとの出会いを求めて女峰山へ 編

アルバム

ガレ場をトラバースすると唐沢避難小屋に到着した。小屋の周りは広くなっている。先ほどのトレラン二人組と男女の二人組が休まれていた。
ベンチが空いていたのでリュックを下ろして、二つ目のおにぎりを頂いて休憩を入れる。 女峰山まであと標高差で200m程度。足も攣りそうな兆候はなく調子が良い。ダラダラ休んでいても疲れるだけなので、早々に歩き出す。しばらくは所々に残雪を踏みながら樹林帯を登る。相変わらずマークやテープが続いているので、迷う心配は少ない。

先ほどのトレラン二人組に抜かれる。やがて急斜面の広いガレ場を九十九折を登る。上部に二人組が歩いている。落石が怖いので、上に注意を払いながらも、足元には気を付けて歩く。二人組が樹林帯に消え、広いガレ場で高度を上げると、先ほど避難小屋にいた二人組が下の方でガレ場のトラバースをしている。こちらを注意している様子はない。今度はこちらが落石を起こさないように気を付けながら登るとガレ場から樹林帯に変わる。2,400mは突破しているはずで、あと100m足らずだけど、さすがに足取りは重い。

その昔、ここで遭難された学生を追悼する記念碑を横目にひと登り。

急斜面が続くが休まずに登りつめる。
無事に女峰山に辿り着いた。女峰神社があり、その先に岩場の突端に山名板が立っている。 山頂には7〜8人のハイカーがいた。

まずはリュックを下ろして写真を撮る。雲の掛かっていない山頂からは、なんとも爽快な眺望が広がる。

苦労して来た甲斐があったというものか。斜面を吹き上げる風はさほど強くはなく心地よい。

左から男体山、大真名子山、小真名子山。大真名子山の上に皇海山が見えた。

その奥には雲の掛かった日光白根山。ここでおにぎりとお菓子を頂く。 考えてみると、ここまで水分を500mlも摂っていない。熱中症を気を付けないといけないし、荷物も軽くしたいので、山頂で500ml程度飲み干した。

岩の上でちょっとだけだが横になっていたら眠くなってきた。 こちらは北の山並み。馴染みのない山域でよく分からない。

我が家の傍からも一際目立つ日光連山の一角に立っているのが何ともいえず感慨深い。しんどい思いをした分、喜びもひとしおだ。

東を見ると霧降高原へと続く稜線が一望できる。

日光や足尾の山々もはっきり見える。

いつの間にやら、山頂に人が増えてきた。皆さん、霧降高原から登られているのだろう。こちらは十分に景色を楽しんだ。後続の男女二人組の女性の方が先に上がって来た。その後、しばらくして男性がやって来た。その後、続けざまに単独のハイカーさんが登ってこられた。

下りはルートを変えるが、同じような距離を歩くので、そうのんびりもしていられない。

唐沢避難小屋に向かう。途中で単独ハイカーさんとすれ違う。

ガレ場に差し掛かった。足を滑らないようにストックをセットする。 後ろに先ほどのトレラン二人組に付かれた。下りではペースがほぼ同じで抜いてくれない。落石の心配をしながらも、慎重に足を運ぶ。
山頂から25分ほどで唐沢避難小屋に到着した。トレラン二人組はそのまま行者堂のルートに進んで行った。こちらは分岐を馬立方面へ進む。往路で小屋の中を見物できなかったので、リュックを下ろして部屋の中を覗いてみた。 綺麗に整理整頓されているし、布団があった。誰かが提供したものなんだろうけど、たまには干したりしているのか、そんなことを考えながら水分を補給する。この先には水場があるからと多めに飲んで、再び歩き始める。
馬立まで、山と高原地図では実践だけど、「沢が荒れている」とか、「きつい急坂」とある。覚悟を決めて下り始める。やがてロープが張られた急斜面を足場に注意しながら下って行くと水場に着いた。大きな岩に腰を下ろして、少し休憩。ここで水を補給しようかと考えたが、重くなるだけだからと、結局、水を汲むのは止めた。

沢へ向かって慎重に下る。

踏み後を追ってガレ場を流れる沢を渡渉する。
沢の右岸を巻きながら進む。道は単調なカラマツや白樺に覆われた登山道を行く。
突然、シャクナゲが姿を現した。他の所でも見かけたが、開花しているのはこの辺りだけだった。

進行方向の先には男体山が見える。
ベンチがあったので折角だからと休んだ。ミツバオウレン。

唐沢避難小屋から1時間10分ほどで荒沢出合に到着した。コースタイム通り。下りのペースはいつも遅い。ここで涸沢を渡る際に足をくじいた。また、やってしまった。 こういう足場が安定しない箇所は注意しないといけないのだが。
足が痛いのを我慢して歩き始めると、辺り一面、笹原が広がる斜面のトラバースとなる。 今までとは雰囲気が一変する。それに何だか見覚えのある光景。見た感じでは踏み跡が分からず、木に打ち付けられた赤と黄のマークを頼りに歩くパターンに、皇海山クラッシックルートの悪夢が頭をよぎった。マジか。。(^^;

慌てて山と高原地図を見ると、こんなパターンが2時間半ほど続くような感じだ。 とはいえここを歩かなければ帰れない。笹の丈は膝下程度。しばらく歩けば解放されるだろうと楽天的にみていたが、歩けども一向に状況は変わらない。皇海山の時は頭がスッポリと埋まるほどの高さで、目印も分からず何度もルートをロストしたが、ここは笹薮といっても高いところで腰程度。それにマークは等間隔に付けられ、おまけにテープまで貼られている。テープは100mほど先まで視認できる。なので、まず遠目でテープを探して進むべき方向を確かめ、次にマークを見つけては、ルートが正しいことを確認する。 そんなことを自然にやっていると、踏み跡が怪しくてもさほど問題はない。 今の所、足元は見えないが、何となく踏み跡は追える。 寂光滝からのコースは、歩く人も少なそうだ。慣れない人では迷い込みそうな気がする。想定外の状況に多少戸惑ったが、こんなところを一人で淡々と2時間以上も歩くのは寂しくなる。 笹薮も腰高になり、いよいよ踏み跡は怪しくなった。マークとテープを頼りに適当に突き進むが、足元が分からず、木の根に足を引っ掛けたり、段差があったりと歩きにくくてしょうがない。悪戦苦闘しながらも、1時間ほどで、裏見滝寂光滝の分岐に到達した。これで笹薮地獄の半分程度はクリアしたか?見渡す限りの笹薮地獄をあと1時間以上も歩かないといけないとは。。。
誰かといれば話しながら時間を潰せるのに、人恋しくなる(笑) しかも標高がちっとも下がらない。 さっさと歩いてしまおうと、先を急ぐ。やがて大量のアブのような羽虫に纏わりつかれるようになる。これが鬱陶しい。また、周辺では蝉が鳴き出した。これが孤独感をより一層高めてくれる。それでも藪は低くなり、踏み跡も明瞭なのが救いか。

往路では見られなかったミツバツツジも見れた。

シロヤシオの群集も見られるようになる。単調だった笹薮歩きから救われた思いだ。

シロヤシオ

カラマツの森

裏見滝・寂光滝分岐に到着。

靴紐が解けたので、倒木のある場所で 一端止まって締め直した。 時計の表示は15時近くを指している。ミズナラやツツジなどの新緑の潅木に囲まれた 森の雰囲気は悪くはないが、少し日も翳ってきた。 徐々に植生も変わり、踏み跡も明瞭になり、ごく一般的な登山道となった。
尾根もだんだんとやせてきた。あとは尾根を末端まで進むだけ。大きなミズナラの脇に山の神が祀られている。 沢の流れる音も近くに聞こえるようになった。長い山道歩きも終盤を迎え、気分的にも楽になり、ホッと息をつけるようになった。 尾根の末端には、若子神社がある。そこを目指して、窪んだルートを下っていく。

寂光滝は少し下った先にあるのだが、途中で2〜3度、膝や向こう脛をぶつけた痛みが残っており足が重い。そのため、滝まで行くのが面倒になり、神社の位置から写真だけを撮って滝見はパスした。 若子神社の駐車場に木のベンチがあったので、荷物を下ろしメロンパンをいただく。最近はずっとこのパターン。カロリーも高いし疲れた体に、表面の甘さがちょうど良い。休んでいると地元の方に声を掛けられる。この方は何度も歩かれているようで、藪の状況や涸沢避難小屋が健在かどうか聞かれた。崩落した崖がそばまで迫っており、いずれがけ崩れでなくなってしまうのではと心配されていた。
この先は舗装路を200mほど高度を下げながら、駐車場に向かうだけだが、この舗装路歩きがなかなかシンドイ。じっくり休みを取り、靴紐を締めなおして、駐車場に向けて歩き出す。途中に温泉などもあったけど、着替えは車の中。どこか適当な温泉はないだろうかと探してみたところで、どこも混んでいるのだろうなぁ。すでに東北道の渋滞も始まっているようだ。
16時過ぎに駐車場に到着した。最近、東照宮陽明門の修復も完了し、それも見に行くのも悪くはないが、近いうちに日光へ行くことになりそうなので、大人しく家路についた。