富士見パノラマリゾートで雪山デビュー!?(入笠山スノートレッキング編)
日 程
2017年2月12日(日) 天気:晴れ
山 名
入笠山(1,995m)
コース
ゴンドラ山頂駅(10:56)→(雪遊び)→マナスル山荘(11:38)(トイレ休憩)→入笠山(12:02)(32分休憩)→マナスル山荘(13:00)(食事休憩60分)→ゴンドラ山頂駅(14:35)
コース図
駐車場
富士見パノラマリゾート駐車場(無料)
温泉他

山行記

最近、雪上トレッキングなる言葉を耳にするようになり、テレビでもたまに雪上をアルペンスキーやスノーシューなどでスノーハイクするのを見かける。実際に雪上トレッキングをやる人が増えたのかどうかは分からないが、知らず知らずのうちにスノートレッキングやら、スノーハイクなどに興味を持つようになっていた。そんなことで、よく耳にするというのは、流行りというよりも、雪上トレッキングという言葉自体に敏感になっていただけなのかもしれない。
この時期は寒さが苦手で雪山は避けていたが、スノートレッキングというやつを一度はやってみたいと思っていた。 そんな折、N氏と次の山行の話をした中で、3月頃にスノーシューでも体験してみないかという話になり、タイムリーな展開に楽しみにしていた。
そしたら突然、土曜日にN氏から、明日の日曜日は天候も良さそうだから、入笠山に行かないかとお誘いいただいた。
元々、どこかの山にでも行こうかと考えていたので、二つ返事でOK。 しかし、よくよく考えると、雪山装備はいえるようなものはほとんど持ち合わせていない。スノーシューはレンタル出来るから良いが、どんな格好をすればいいのかも分からず、登山用のウェアの他に、オーバーグロープなども必要だろうか。そんなものはないので、スキー用の手袋、それに埃をかぶったスキーウェアも引っ張りだして車に積んだ。

いつもの通り、八王子駅で落ち合い、中央道に乗り込み南諏訪ICへ向かう。 目的地である入笠山は雪山初心者にも人気が高く入門向けの山として知られる。標高は1,995mとなっているが、ゴンドラに乗ってしまえば、標高差は200mほどで、なだらかな道を1時間程度歩けば山頂に立てる。 現にツアー客やらハイカーは多かった。そのため、コースは踏み固められており、4本爪の軽アイゼンなどでも全く問題ないレベルと思われるが、今日はスノーシューを体験することが目的であり、スノーシューがどんなものか検証しなければならない。といいつつもスノーシューとワカンの使い分けというか、違いもろくに分かっていないのだけれども、歩いてみた感想としては、特に違和感もなく歩き易く、何よりも楽しかった。
遅ればせながらのスノーシューデビューとなったが、N氏のおかげでスノートレッキングを堪能することが出来た。

という訳で、スノーシューがほしくなったが、今後の使用頻度を考えると、高価なだけにおいそれと買うわけにはいかない。しかし今シーズン、もう一度くらいは雪山には行ってみたいので、8本から10本爪のアイゼンとそれに見合ったアルパインブーツ、それとおまけにピッケルもほしくなった。雪山はお金が掛かりそうだけど、すでに山岳用品店を物色している(笑)



昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。
画像の掲載にあたっては許可を頂いたうえで利用させていただいております。

アルバム

9時過ぎだというのに、次から次へとスキーヤー達がやって来る。その人の群れにまみれチケット売り場で往復のゴンドラ券を購入する。ほとんどがスキーヤーかスノーボーダーで、ハイカーはまばら。

颯爽と滑降しているスキーヤーを眺めていると、たまらなくスキーがしたくなる。スノーシューは止めてスキーに変更しようかとN氏とそんな話になるが、スノーシューを体験するのが目的なので、ここはぐっと我慢のしどころ(笑)
様々な種類のワンちゃん達がスノーハイクを楽しんでいた。衣装は可愛くてよいけれど、まるでロボットみたいだ。 ストックは自前でスノーシューだけレンタルした。ゴンドラ山頂駅で下りて、早速、スノーシューを付けてみた。さぁ、雪山デビューだ!(笑)

ゴンドラ山頂駅から八ヶ岳連峰が一望のもとに見渡せる。雄大なパノラマに目が奪われる。しかし、間近で見るスキーヤーが羨ましい。N氏が真面目な口調で午後からスキーに変更しようかとおっしゃる。非常にそそられるが、すでに昼まで時間的な余裕がない。しかしスキーウェアも持ってきたことだし、もう2時間ばかり早ければスキーをやっていたかもしれない(笑)
スキーから離れて10年ほどになる。今の時代はスノーボーダーばかりかと思っていたが、それなりにスキーヤー人口も多く意外な気がした。

ゴンドラ山頂駅から先はハイカーのみとなる。入笠山までは1時間程度で行けるので、のんびりと楽しんでみたい。
踵のベルトを調整して足を固定し、早速一歩踏み出してみる。
お!悪くないじゃん。というのが第一印象。スキーやスノーボードを初めて嵌めた時とは異なり、違和感もなく、雪の上を歩くのが何しろ面白い。などと考えていると、N氏は何事もないように、とっとと先へ行ってしまう。
レンタルしたものが、どういったタイプのスノーシューか分からない。少々細長く、少し重くも感じられるが、付けてみた感じは悪くない。 裏に爪が付いているから滑らない。試しにノートレースの雪上を歩いてみる。雪は固くなっているようだけどいい感じだ。ただし止まって振り返った拍子に、踵が浮く感覚に慣れず、バランスを崩しひっくり返ってしまった。

入笠湿原に出た。ヒップスライダーというソリに座って斜面を滑っている人が多い。地元のスポーツ用品店で380円で売っていたので買っておけばよかった。次の機会の際には、あらかじめ買って持っていきたい。

青々とした空に風もない期待通りの天候に満足。この辺をプラプラしているだけでも楽しいぞ。

年甲斐もなく雪遊び1(笑)

雪遊び2

入笠湿原。ここはアツモリソウやクマガイソウといった珍しい蘭なども咲いており、夏場にも訪れたい場所だ。
ゴンドラの山頂駅から入笠山まで、標高差はさほどなく、緩やかな傾斜が続く。

マナスル山荘までカラマツに覆われた林道を進む。

マナスル山荘前のトイレに立ち寄り、次はいよいよ入笠山山頂を目指すが、ここから20分程度の距離。

圧雪された緩やかな尾根道を進む。

N氏よりスノーシューのヒールを上げると歩きやすいと助言をいただく。 スノーシューを借りた時には、何の説明もなく、特に気にはしていなかったが、踵が上がったほうが断然歩き易い。なるほど、これは便利だと感心した。

山頂直下の急斜面で直登しているトレースを見て、正規ルートを外れ取り付いてみたけど、さほど歩きにくさも感じることなく登れた。
入笠山に到着。ゴンドラ山頂駅からそれほど時間も掛からず、大して疲れてもいないが、期待以上の大パノラマで何だか得した気分になる。

こちらは八ヶ岳連峰の全景。

東には富士山が見える。

富士山のアップ。遠くに離れているが、やはり富士山は別格の貫禄がある。

こちらは南八ヶ岳。以前歩いた編笠山、権現岳や昨年歩いた赤岳などがよく見える。

真ん中に見えるのが甲斐駒ケ岳。その左奥に見えるのが鳳凰三山

家族連れやらカップルやらで、山頂は大賑わい。

北西の方には、諏訪湖が見える。その左奥には雲が掛かり分かりづらいが北アルプスが近くに見える。

八ヶ岳の右奥に見えるのが、奥秩父になるのだろう。

奥秩父方面のアップ。大菩薩や左に見えるのが金峰山だろうか。

さて、山頂での展望も十分過ぎるほど楽しんだ。お腹も空いてきたので、マナスル山荘まで戻って昼食にしよう。そして、先ほどの急斜面で下りの練習をする。

しかし、N氏はシリセードであっという間にいなくなってしまった(笑)

スノーシューの爪がよく効いたため、下りもそれほど歩きにくさを感じることもなかった。

開けた斜面では、子供たちがソリで楽しんでいた。
マナスル山荘に到着した。中は混んでいたが空いている席を確保した。 お腹も空いてきたので、カレーライスを頼むも、途中で団体予約客などが入ってきたりで50分ほど待つことに。そのお詫びにとカツをサービスしていただいたが、とにかくボリュームがすごい(汗)
しかし、美味しかったので、何とか完食したはいいが、満腹で動くのが億劫になってきた(汗)
山荘でしっかり食事して体も温まった。高速が混まないうちに退散しようと、ゴンドラ山頂駅を目指す。

ゴンドラ山頂駅に到着。今回は、歩いているよりも、休んでいる時間の方が長かったように思えるが、スノーシューも十分に楽しめたので、まずは満足の山行となった。