散歩がてら越生梅園梅まつりに行ってみた
日 程
2017年2月19日(日) 天気:晴れ
山 名
コース
コース図
駐車場
温泉他

山行記

先週の雪山の興奮さめやらず、土曜日は冬山グッズを求めて都心まで繰り出した。
などと表題とは全く違う話題で始めてしまうが、先週のスノートレッキングは思いのほか楽しく、その流れで次の山行も雪山へ行きたい。そこで、基本アイテムのアイゼンを買った。コバのない一般トレッキングシューズにはめられる12本爪をチョイスした。
それに雪山用の登山靴、ピッケル、ワカンなども欲しくなってきた。雪山といっても範囲は広く、一体どこを目指そうとしているのか自分自身でよく分からないところではあるが、あまりエスカレートしないように気を付けないといけない(汗)
帰宅後、アイゼンをトレッキングシューズに合うように調整する。そして翌日の日曜日はアイゼンの試し履きで近場の2,000m級の山にでも行ってみようと目論んでいた。 そこで、考えた候補は、雲取山、飛龍山、雁坂峠など奥秩父主脈に位置する山々。いずれの山も積雪期の日帰り山行はしんどそうだ。雲取山のような人気の山であれば、トレースがあって、ある程度は踏み固められているだろうから、アイゼンだけで歩く分にいいかもしれないと勝手に想像してみる。
なとど、いろいろと考えていたが、急遽予定が入り翌週以降に持ち越しとなった。

さて、余談が長くなったが、日曜日は午後に少し時間が出来たので、山歩きではなく散歩がてら見頃を迎えている越生の梅を見に行ってみた。

アルバム


越生梅林は、越生の梅園神社に九州太宰府天満宮を分祀した際に、菅原道真公にちなんで梅を植えたのが起源とされている。
それ以来、梅の生産が盛んになり、今では水戸偕楽園、熱海梅園と並んで関東三大梅林と して知られ、越生町一帯には2万5千本の梅が植えられているということだ。 この時期、越生梅林梅まつりが開催されているが、結構知られたイベントで人気がある。
大宰府といえば、先月、出張ついでに寄った時には、すでに梅が咲き始めていた。樹齢1,000年を超えるとされる神木「飛梅」は疎らだった。
(この2画像は太宰府天満宮)

話が脱線したが、とりあえず自然休養村センターでひもかわうどんをいただく。そして腹ごなしに周辺の梅でも眺めてみようと繰り出した。

どこからともなくお囃子の太鼓や笛の音が聞こえる。どうやら梅まつり会場からのようだ。祭囃子は嫌いではないので、つい足が向いてしまう。太鼓の音に誘われるがままに、20分も歩くと会場に到着した。

梅まつり会場に入園料300円を払って入場した。 約2haもの広い園内には約1,000本の梅が植えられているという。
会場内では、地元の獅子舞や囃子などが披露され、物珍しさに多くの客で賑わっていた。

園内所狭しと咲き誇る白梅は、さすがに見応えがある。まだ蕾も多くしばらくは楽しめそうだ。
足元には福寿草が花を開き、鮮やかな彩りが春の訪れを感じさせる。
中には紅梅や蝋梅もちらほら。
約600年前に植えられたと伝わる古木なども点々としている。それと盆栽や苗木が売られているコーナーがあった。蝋梅くらい買ってもいいかなと思ったが植えるスペースがないので諦めた。

これはほんのりとピンクに染まっていい感じだ。

このような場でのお約束の屋台コーナーを物色すると、つい財布の紐が緩んで、要らぬものを買い食いしてしまう。 それでも先ほど昼を済ましたことだし、若い頃と違って、屋台特有のあのボリュームのあるお好み焼きは頼んだりしないが、素通り出来ずにたい焼きを買ってしまった(^_^;)

また無駄なカロリーを摂取してしまった。 さて、だいぶ時間は掛かったが端から端へと歩いたところで、見るべきものはなくなったので戻ることにしよう。
ここは親子連れとか、皆で連れ立って訪れると楽しいのだろう。一人で訪れるのは一回で十分。園内を話し相手もなく、寂しくうろうろしてもしょうがない(笑)
さて、日も陰ってきたので駐車場まで戻ることにしよう。
往路を戻るだけではつまらない。少し遠回りになるが、なぜか毎年訪れる最勝寺の梅も見に行ってみた。

ここの蝋梅も味があってよい。

最勝寺の紅梅
む!太田道灌を大河ドラマに、そんな運動が展開されていたとは。太田道灌は室町時代の武将で、この近辺はおろか秩父の山々で史跡や歴史に名を残す人物。 武蔵国の歴史の一幕を垣間見るにはちょうど良い題材でないか。是非、大河ドラマで採用されてほしいものだ。

一時間半ばかり歩いたであろうか。今日はほどほどに楽しめた。