ツツジの名所として知られるお杓母子山や物見山を散歩してきた
日 程
2017年4月30日(日) 天気:晴れ
山 名
お杓母子山
コース
コース図
駐車場
公園駐車場
温泉他

山行記

旺文社の山と高原地図の奥武蔵・秩父編を見ると、我が家から比較的に近い鳩山町にお杓母子山という名の山が掲載されている。標高はわずか62.6mだが、山頂には四等三角点も設置された知る人ぞ知るれっきとした山のようだ。
この山は県道に面しており、越生方面に出かける道すがら眺める山というか丘のようなところで、急いで登る必要はなく、そのうち何かのついでに寄ればいいかと、そのままになっていた。ただれっきとした山として、いつまでもほっておくわけにもいかず、いつかは歩いてみなければと考えていた。 それに山と高原地図には、ツツジの名所と記されており、そちらの方が気にはなっていた。
東松山の物見山のツツジは見頃を過ぎてしまっただろうか。午前中は地元の集会やら地域清掃活動で、くたびれて昼寝をしてしまった。買い物に行くついでにツツジの様子でも見てみるか。そしてついでにお杓母子山にも登ってみようと昼過ぎに家を出た。
お杓母子山に登るといっても、下の画像の駐車場から上に見える展望台まで歩くだけだけど。。。

今回はツツジの名所ということで、近場の比企丘陵をドライブしてみたが、考えてみるとこのレベルであれば越生の五大尊とか、いくらでもありそうだ。
それにこういった所のツツジを見ると、山で見るアカヤシオやミツバツツジが恋しくなる。GWはまたアカヤシオでも見に行ってみようかな。

アルバム


公園の駐車場に車を停めると目の前に展望台のある山頂が見える。ゴールはすぐそこ(笑)

斜面にはビッチリとツツジが咲き乱れている。斜面に提灯が掛かっているということは、祭りでもやっているのだろうか。
斜面の右側に舗装された道がある。家族連れの小さな子供が颯爽と走り去って行く。

こちらは目の前のツツジにカメラを構えて撮りまくる体制になっている。
写真を撮りながらも2分ほどであっさりと展望台のある山頂に着いた。ツツジに囲まれた山頂には忠魂碑や東屋があったが展望はきかない。

折角だから展望台に登ってみると飯能方面の見晴らしが良い。

飯能や毛呂山の低山の山並みが遠望できる。高い建物がない分、標高の割りに好展望だ。 ノンビリと景色を楽しむ。山頂も展望台も人が多い。息子さんが婚約者を連れて、里帰りのついでに両親とやってきたような4人組が展望台にいた。お父さんが目の前に見える山々を越生の山だと説明していた。 隣で聞いてて、「え!越生は方向が違うよ、そっちは飯能だよ」という一言が喉まで出かかったが、余計なことなので口は挟まない。

斜面を見下ろすとツツジの間を歩けるようだ。

下りはつつじの回廊を下りてみよう。
一通り周囲を見渡せば他にすることはない。山頂にある三角点は見つけられなかった。斜面を埋め尽くすツツジは少し枯れ気味だった。こういった所のツツジは人工的なものを感じしてしまう。そんなことを思いながら、あっけなく駐車場まで戻ってしまった。
後から調べたところ、お杓母子山にはおしゃもじをご神体とする杓母子神社があるそうだ。 斜面右側の舗装道路脇にひっそりと忘れ去られたような祠があったのは気付いていたが、どうやらそれだったようだ。 参拝者がおしゃもじを持ち帰り、子供が丈夫に育つように祈願し、その願いが成就した際には、新しいしゃもじを添えて、借りたしゃもじを神社に返却するということだ。 とはいえ、神社は藪のなかで、近づくこともままならない様子。 この日も山頂には大勢の家族連れがいたけど、おしゃもじを持ち出した家族などいなかったというか、神社自体に気付いていなかったようだ。

さて、この後は物見山に寄ってみた。斜面に咲くツツジもピークを過ぎたようだ。

真っ赤なツツジが多かったが、人工的であまり好きではないなぁ。頭を出している建物は埼玉県平和資料館。
それでも様々な色合いで華やかではあり、離れて見る分には綺麗だけど。もう少し早ければよかったか。

物見山の山頂。ここが比企丘陵で一番の高地。とはいっても134.9mしかないが眺めは良い。

次に、ここに訪れるのは、紅葉の時期かな。
ここからはおまけ。
5月3日に訪れた鳩山町の芝桜。

県道から離れた場所だったためか、近所ではあるけれども、今まで全く知らなかった。

そこで行ってみた次第。

武甲山の芝桜はこれから見頃を迎えるようだけど、ここはすでに峠を越したような感じ。 入り口の看板に関東一番早咲とあったが、なるほどその通りかもしれない。

そして場所は変わって、ときがわ町の芝桜。ここも知らなかった。最近知ったのでついでに行ってみた。ときがわ直売所のすぐ裏側にあった。

地主の方が個人的に管理しているようだ。こちらはカラフル。多くの見物客がいた。ときがわ町の観光地となりつつある。

バックに弓立山が見える。あの山頂から眺める芝桜も良さそうだ。
道路を挟んでこんな看板があった。奥に山道が続いている。ロウバイのシーズンではないが、山道を見ると気になってしまう(^^;
他の見物客に怪訝な顔で見られたが、奥へと足を踏み入れてみた。
山歩きの恰好ではないのに、ほとんど無意識のうちに5分ほど先へ進んでしまった。。。
危ないなぁ。今日は山歩きが目的ではないので、慌てて引き返した。

ときがわ直売所から堂山から雷電山へ続く稜線が見えた。