秩父高原牧場に広がる天空のポピーを見に行ってきた。
日 程
2017年6月3日(土) 天気:晴れ
山 名
コース
コース図
駐車場
温泉他

山行記

埼玉県東秩父村と皆野町にまたがる秩父高原牧場内に広がる天空のポピーを見に行ってきた。 大霧山から皇鈴山へ伸びる稜線から少し西側秩父側に下った斜面に約5haの広さを誇るポピー畑で、標高500mの地に展開することから天空を彩るポピーということで名付けられた。 そのポピー畑がちょうど見頃を迎えているようだ。
周辺には大霧山や皇鈴山があり、山歩きに絡めて寄ってみるのもよいが、駐車場も完備されているので車でのアクセスも可能である。今回は時間がないので車で向かった。大霧山、笠山、堂平山の比企三山に囲まれた県道11号を進む。橋場のバス停を右折して峠道を登りだすと車が増えて詰まりだした。駐車場に停められるのか少し心配になったが、広大な駐車場のため余裕で停められた。

アルバム


広大な斜面一面に広がるポピー畑。確かに広い。5haの広さに嘘偽りはなさそうだ。西側斜面のため、両神山や三宝山も遠望でき、予想以上の好展望。300円の入園料を支払い入園すると屋台が並ぶ。こういったイベントには欠かせないコーナーだ(笑)

地域の名産と称して、五平餅や焼き鳥、唐揚げなど並ぶ屋台は、素通りするには、刺激は強いが、まずは我慢してポピーを鑑賞しよう(笑)

家族連れやカップルなど観光客が多い。ポピー畑の周囲と真ん中を通行できるように遊歩道があるので歩いてみよう。

人が写り込まないように花園を撮る。人工的な花畑だと思って少し舐めていたが、これだけの規模で咲き誇る様はさすが見応えがある。

周りの人たちも感嘆の声を上げている。皆さんもあれやこれやと撮影に余念がないが、この日は不思議と自撮り棒を使っている人が少ない。自撮り棒って、もはや廃れてしまったのだろうか。

そういえば外国人をあまり見かけない。昨年、本栖湖の芝桜を見に行ったときには、外国人観光客が多く、日本人も含めて我が物顔で自撮り棒を使って写真を撮っていたが、ここのように広くない通路で、自撮り棒を使われては邪魔になってしょうがない。

それなりに写真を撮ったので、ここからほど近い粥新田峠から大霧山のピストンか、あるいは二本木峠からツツジを期待して愛宕山あたりまで歩いてみてもいいかなと考えていたが、ジーパンにスニーカーといった出で立ちでは、予想はしていたが山を歩こうという気が全く起きない。

それどころか園内のアップタウンも億劫に感じる始末。登山の格好をしている時と比べると大幅に戦闘力とモチベーションがダウンする(笑)

園内を1/3ほど歩き、下り坂に差し掛かった際、隣を歩いていた家族連れのお母さんが、幼い子供に、「ここで下るとまた登り返さないといけないけど、それでも行く?」と聞いていた。

下るといってもたかだか30〜40mほどである。大したことはないけど、子供は「じゃあ、止める」というと、お母さんもホッとした表情を浮かべ引き返していた(笑)

そんな様子を見ていたら、自分もなんだか面倒になってきた。

300円の元を取ろうなどというセコイことを考えるのは止めて踵を返すことにした。

標高が高いせいか、風が吹くとそれなりに涼しいが、直射日光での日焼けは避けたい。それにさっきから入り口付近の屋台が気になる。まさに花より団子だ。
だけど、最近、お腹の膨らみも気になり間食は控えるようにしているので、鉄の意志を以って素通りしなければ。。。
しかし出入口付近に屋台街道を通らないといけないのは、うまくできている(笑)
ほとんどの人が、このトラップに引っかかってしまうのではないか?しかし今回は後ろ髪を引かれつつも無事に通過する事が出来た(笑)
車に戻ると大して時間が経っていない。折角だから秩父高原牧場に寄ってみることにした。 車で2分ほど移動すると牧場に着いた。ここはソフトクリームで有名なところだ。以前、外秩父七峰縦走で42km歩いた時にここを通過した。この辺りで30km程歩き、疲れ果てた体に染み渡る濃厚なソフトクリームの味が記憶に蘇ってきた。5年ぶりにあの甘さを味わってみたいと、あっさり誘惑に負け買ってしまった。 特にお腹は空いていないのだけど。食べかけの写真で失礼しました(^^;

ここは空気が澄んでいればスカイツリーが見えるポイントなのだが、東側に広がる景色を眺めても全く見えない。

南に笠山と堂平山が見えた。 牧場の中でも探索しようかと、地図を眺めて見たものの野郎一人で牧場の牛や羊を見て回ってもなぁ〜と、さっさと退散することにしたが、帰りがけに寄った東秩父村の道の駅「和紙の里」で、あろうことか、うどんを食べてしまい、天空のポピーで我慢したことが、無に帰してしまった(笑)
翌日はロングトレイルの予定なので、その時にしっかりとカロリーを消費しようと、すでに開き直っていた。