古代のロマンに思いを寄せて、さきたま古墳群で歴史散歩。しかし物足りなかった。
日 程
2017年3月25日(土) 天気:晴れ
山 名
コース
コース図
駐車場
温泉他

山行記

3月も終盤を迎えると、山を彩る春の花が一斉に開き始める時期でもあり、何とも落ち着かないシーズンとなる。しかし、スギ花粉症持ちにとって、山の中を歩き回るのは辛くもあり、山行を躊躇しては見頃を逃してしまうのが、いつものパターンだ。 そんな理由だけではないが、ここのところ野暮用続きで山歩きもブランクが空いてしまった。
その埋め合わせではないが、この週末は用事で行田市に出かけたついでに、以前から気になっていたさきたま古墳公園に寄ってみた。 ここは6世紀頃に建立された大きな古墳が群集しており、東日本で一番の規模を誇ることでも、一部のマニアにも知られているようだ。 今回はこんなところを散歩がてら歩いてみた。それと桜の名所も期待してみたが、かなりフライング気味で物足りない消化不良な散歩となってしまった。

こういった欲求不満の残る中途半端な公園探索の記録を記していると、長距離のスパルタンな山歩きが恋しくなってきた(笑)
今年の1月にチャレンジして失敗した東秩父村の館川両岸尾根を、最近、たそがれさんが歩かれたレポを拝見し、その思いはますます強くなった(^^)
今年の目標としているスパルタンなルートが頭の中にいくつかあり、そのうちの2、3は年内中に実現したいと考えている。
そういえば今年はあの外秩父七峰縦走ハイキング大会にエントリーしてしまった。今年から申し込みがネットのみとなり、おそらく参加できないけど、ついポチッと申し込んでしまった。東武鉄道が主催し定員が7,000名にも達するお祭りのようなイベント。7つの山を越えて、42kmを歩かなければならない、最早ハイキングとはいえない、この大会もスパルタンそのもの。5年前の大会で完歩したけど、後半はただ意識朦朧と彷徨い歩いていただけで、42km歩き切ったという達成感も感じられず、後悔だけが残ったように記憶している。。
書くネタがないので、つい余談が長くなってしまった。。。

アルバム


さて、まず最初に向かったのが、桜の名所でもある吉見町のさくら堤公園。
桜と菜の花のコラボを楽しみに、初めて乗り込んでみたが、ソメイヨシノが開花するにはまだ早過ぎたようだ。
菜の花だけだったら、家の近所でもここに負けないほど咲いているが、折角だから撮っておこう(笑)
行田での用事を済ませて、早速、さきたま古墳公園にやってきた。ここは9基の大型古墳が集中する東日本最大の古墳群。公園も広くて歩き甲斐がある。
まずはメジャーな丸墓山古墳に向かう。この参道のような部分は、かの有名な「石田堤」の一部だったようだ。豊臣秀吉の備中高松城の水攻めに習い、長大な堤を短期間のうちの作り上げ、忍城を水攻めにしたが失敗してしまったというヤツだ。この戦いの結果には諸説あるようだが、こういった歴史に触れられるのはなかなか楽しいものである。 ソメイヨシノの並木道の装い。ここも早すぎたようだ。

丸墓山古墳にある麓の説明版。円墳では日本最大とのこと。墳丘は約19m。石田三成の軍がここに本陣を張られたとある。
「古墳を大切に」って、わざわざそんな注意標を立てなくても、と思うが。。。
それよりも人様のお墓の上に登ってしまう方が罰当たりな気もするが、 とりあえず19m上がって頂上を目指そう。
頂上の広さはそこそこある。標高は低いが360度見渡す限りの展望が広がる。ここもソメイヨシノに囲まれているが、未だ蕾の状態。あと1〜2週間ばかり遅ければ、最高に居心地の良い場所になるんだろうなぁ。 赤城山や榛名山方面を目を凝らしてみるが、霞で山自体がぼんやりどころか、その存在もよく分からない。。

ここから石田三成の軍は忍城を見張っていたのであろう。肉眼でなんとか天守閣が見えた。

立派な天守閣が見えるが、これは近年に作られたもので、実際は御三階櫓という建造物だったようだ。
「のぼうの城」で、石田三成扮する上地雄介と、大谷吉継役の山田孝之が、この本陣で床几に腰かけて話す場面が頭に浮かんだが、そんなシーンは記憶違いか。

丸墓山古墳の全景。
こういった博物館には目がない。つい足が向いてしまう。入館料は200円。古墳や埋葬品の展示・紹介だけで、石田三成の忍城攻略に関するものなど中世物はなかったが、展示されている埋葬品はどれも国宝ばかりで見応えはあった。広くはない館内だが意外なほど見学者が多く、地元のボランティアの方々がしきりに説明されていた。 そして、博物館の傍らにあった埼玉県名発祥の碑。由来はなんとも気になる。埼玉県人としては無視できない(笑)

埼玉県名の由来。至極単純な理由によるものだったようだ。博物館の名前が「さいたま」ではなく「さきたま」となっているもの納得。
官民一体となって世界遺産を目指しているようだ。世界遺産に登録されたら丸墓山古墳に登ることはできなくなるのだろうか。それに休日は混雑して大変な事になりそうだけど、登録されたらすごいことだ!
公園駐車場の入り口付近に、「全国7大うどん」の幟を出している「きのこ汁うどんの田舎っぺ」という古めかしいうどん屋があった。日本三大うどんは知っているが、7大うどんというのは初めて聞いた。公園駐車場に入る際、店外に客が並んでいたので気にはなっていたが、帰りがけに店を眺めてみると空いているようなので寄ってみた。うどんの量と汁をそれぞれ選択するようだ。 2kg、3kgのうどんって、そんなの食べる奴がいるのか。。。(汗)
店のおばちゃんにお勧めを聞いて、汁は「なす汁」にした。「目に言う」(メニュー)に絶品と書いてある。そしてうどんの量、コストパフォーマンス的には、大盛りでも特大盛りでも良かったのだが、さきほど菓子パンを2つばかり食べてしまった。なので控えめに一番量の少ないもりうどんをチョイスしたが、腰のあるメンといい、汁といい美味しかった。7大うどんの看板に偽りはなかったようだ(笑)
最後は坂戸市の北浅羽の安行寒桜を見学。越辺川沿いに総延長1.2kmにわたり約200本の「安行寒桜」が植樹されているとのことで、昨年に引き続き、今年も見に行ってみた。大寒桜とも呼ばれ、淡虹色の一重咲きで、ソメイヨシノの見頃となる前にピークを迎える早咲きの桜で、こちらは見頃を迎えていたようだ。
何ともすっきりしない天気に、桜の花もいまいちだったかなぁ。というよりは綺麗に見えないのは写真の腕のせいだなぁ。