南アルプスの3,000m峰(塩見岳)を目指したけど。。。
日 程
2017年8月5日(土) 天気:晴れ
山 名
塩見岳
コース
駐車地出発(3:30)→鳥倉登山口(4:30)→三伏峠(6:33)(10分休憩)→三伏山(6:53)→本谷山(7:49)(3分休憩)→リタイヤ地(8:45)(10分休憩)→三伏峠(11:01)(21分休憩)→鳥倉登山口(13:05)→駐車地(13:59)
コース図
駐車場
路肩駐車
温泉他

山行記

久しぶりの投稿。二子山の山行をアップしてから1ヶ月以上経過していた。その間、全く山に行っていなかった訳ではないが、すっきりしない歩きが続き記事にするのも躊躇っていたのだけど。。。

今回の話は8月上旬の山歩き。
前回の山行から1ヶ月ほどブランクが空いてしまった。たかが1ヶ月といえどもブランクを空けると足が重くなる。それにこの暑い時期に長い距離を歩くのは適していない。それなのに南アルプスのロングコースに挑んでは、途中で撤退する羽目になってしまった。全く身のなかった愚かな行為に思えるが、自戒の念を込めて記憶が消えないうちに書き記すことにした(笑)

目的としていた塩見岳に行けず、山頂からの素晴らしいだろう写真はなく、今回は中身のない余計な話が続く。。。

さて、南アルプスといえば、北側に立ち並ぶ白根三山、甲斐駒ケ岳、仙丈ヶ岳などの名峰があまりにも有名だが、南側に聳える塩見岳、聖岳といった標高で3,000mを超える日本百名山の存在は意外と知られていないと思う。それというのも、連泊を覚悟しないとたどり着けないアクセスの悪さとか、そんなところからも、あまり見向きをされないためと認識していた。先月、何気なくネットを見ていると日帰りで塩見岳をピストンされている記事を読んだ。 え!そんなルートがあるのかと、調べてみると歩く人も割合といるようである。この暑い時期、低山はできれば歩きたくない。
富士山は別にすると、3,000m峰の日帰りは今までに経験がない。 富士山はコースを変えて3回ほど日帰りで登っているが、あの山は別格で個人的には純粋な登山とはいいがたい。こんなチャレンジをしたのは、今まで経験がないからというわけではないが、思いもしなかったルートに興味を覚え、ついその気になってしまったのがよくなかったのだが、さほど深く考えずに次の土曜日(8/5)に歩いてみることにした。

今回のルートは鳥倉登山口から塩見岳をピストンするコースだ。距離は約27km、累計標高差は3,000m程度ある。標準CTで14時間ほどだ。塩見岳だけを目指す場合は、このルートが一番短距離のようだが、それでも距離が長いだけに途中で山小屋泊かテン泊するのが一般的で、日帰りで歩こうという者はさすがにまれだと思う。このルートを日帰りする場合は、暗くなる前に下山出来るように早出は鉄則となるだろう。しかし、土曜日の天気予報は夕方から降り出すようで、雷注意報も出ていた。雨の中を歩くのは避けたいが、今までの山行では天候が回復するケースが多い。それに降り出したら引き返せばよく、夕方には下山できるように早朝の3時頃から歩けばいいやと軽く構えていた。

鳥倉登山口の駐車場までのルートと時間をググってみると、我が家から4時間半も掛かるようだ。走行距離は片道300kmに近い。日曜日は休息日としたい。土曜日の3時から歩くためには、余裕をみて前日の22時頃には出発したいが、金曜日の帰宅は20時を過ぎるので寝ている時間がほぼない。しかも現地は山深い南アルプスの南部なだけに、標高1,600mに位置する駐車場へは高速を下りた後も、峠道を1時間以上も走らなければならない。 冷静に考えると無謀としか思えない強行軍だが、すっかり行く気になっているので、止めるという選択肢はなく、愚かにも行動に移してしまった。

金曜日の20時過ぎに帰宅し、食事や諸々の準備を終え、横になって30分ほどテレビを見る。そして、登山届のコピーを家に残して22時半に出発した。地元のコンビニで食料を調達して高速に乗る。関越道、圏央道、中央道と乗り継いで、伊那の先にある松川インターへ向かう。雨は所により降ったり止んだりしていた。笹子トンネルを抜けると目の前に甲府盆地の夜景が広がる。中央道はアップダウンが多く、気が抜けないので、さほど眠気は起きず順調に進む。八ヶ岳を過ぎたあたりのPAで車を停める。雨は降っていないが、標高も高いだけあって少しひんやりする。そして、少々だるさを覚えたので車中で少し横になる。そのまま眠りたい気分になるが、少しでも早出したいし、駐車場にも停められなくなる恐れもある。そこで10分ほどで車を出す。相変わらず降ったり止んだりの雨模様の中、右手に諏訪湖を見る。遠くまで来たなぁと感慨深くなるが、まだ残り2時間を示すナビを見てガックリ。そうこうするうちに岡崎JCTを通過し、名古屋方面へ向かう。中央道で岡崎JCTの先を走るのは20数年振りだ。岡崎JCTからは単調な直線路で眠さが増してきたので、すかさずPAへエスケープし、外気に触れて気分転換を図る。そして再びエンジンを掛けて松川インターへ向かう。左手には中央道と並行して赤石山脈、通称南アルプスが南北に延びる。その様子は暗くてよく分からないが、左手を見ると雲の切れ間が見えた。
今日は良くても曇りかなぁと思っていただけに、微かな期待が持てるようになった。それでもワイパーを動かしながら走行しているので半ばあきらめムードではあり、駐車場にまで降り続くようであれば、登山はやめてドライブに変更しようと考えていた。ようやく松川インターにたどり着き、高速を降りると、いつしか雨も止んでいた。

駐車場にたどり着いたら、即歩き始めるようだし、これから1時間ほど山道を走らなければならないので、とりあえず眠気覚ましに、コンビニでコーヒーでも買っていこうと、ナビに従って目的地へと向かう。松川インターを下りた所で信号を左に曲がり、その後すぐに寂しい道へ誘導される。
車にはナビがなく、スマホのナビを使っているのだが、とにかく最短距離を行かせようとする傾向があり、農道など当たり前のように誘導される。 じきに周囲に民家が少なくなり、前方の交差点を右に曲がる指示に、交差点を眺めると、誰が立っているように見えた。白っぽい小学生くらいの人のようだ。
え!深夜2時だぞ!まさに丑三つ時ではないか。なぜ、こんな時間にと近づいてみると、子供のリアルなマネキンだった。マジでびっくりというか、肝を冷やした。
今時、なぜマネキンなのかと疑念を覚えたが、そういえば、以前、山中でマネキンの案山子を見たことがあり、腰を抜かしそうになったが、それも夜見たらさぞ恐ろしいことだろう。 とはいえ、おかげで眠気が一気に冷めたのだが、そういえばインターを降りた後から、信号もなければ、コンビニもなくいつの間にか山道を登り始めていた。コンビニがないのは予想外だったが、地元のコンビニで用を済ませておいて良かった。

しかし、山道は長い。周りは真っ暗で心細くもなるが、終始舗装路だったのは助かった。それにしても寝不足からか、自分で運転しているにも関わらず、車酔いの感覚で気持ち悪くなってきた。
コンデション悪いなぁと、こんな調子で歩けるのかと、そんなことをぼんやり考えながらハンドルを握っていると大きな星が一つ見えた。お!天候も回復基調かなと期待しながら、車を進めるとやっと鳥倉登山口の駐車場に近づいたようだ。駐車場手前からちらほらと路駐している車も目立つようになる。駐車場は満車なのだろうかと、第1駐車場まで進んでみると果たして満車で、何台かUターンをしている。ちょうど3時過ぎに着いた。私も狭い駐車場で何度か切り返して、少し離れた所に路駐した。こんな山奥で、まだ3時だというのに、次から次へと車が引きも切らずにやってきては、前後の路肩はすぐに車でいっぱいになった。昔、富士山でも経験したことがあるが、さすがは百名山の威力か。

ここまで4時間半。私にとってはロングドライブでさすがに疲れた。すぐに歩き始める気にはなれない。3時半から歩き始めることにしてエンジンを切って横になる。標高は1,600mを超えているが、車中は暑苦しさでろくに休めず、ヘッデンを点けて3時20分から準備を始める。まだ夜中だというのに、標高の割に涼しさはない。湿度のせいなのか。しかし、見上げる夜空は満天の星空。これほどの星は今まで見た記憶がないほどだ。夜空一面が天の川のようで思わず溜息が漏れる。ひょっとして午前中は晴れてくれるのではないか。予想を反する展開にテンションも上がる。これはのんびりしていられないと、早々に歩き出す。

日帰りで塩見岳を狙うなんてハイカーはごく稀だろうとの予想に反して、結構多いなぁと思って見ると、周囲の車は全員寝ており歩き出す人はいない。ヘッデン点けて歩いているのは私くらいだ。 そうか、ほとんどのハイカーは泊まりなんだけど、より近くに駐車するため、早く訪れているのだなと合点がいった。
こんな真っ暗な時間から歩き始めて、戻ってくるのは13〜14時間後かぁ。しかも一睡もしない状態で歩こうなんて無謀だなぁと、一抹の不安を抱きつつ、自分のペースで進めばいいやと歩き始めたが、10時間程度で戻って来る羽目になることを今は知らない。

塩見岳を諦めたのは、睡眠不足、熱中症、体力不足、雷雨の懸念、気持ちの問題など、いろいろな要素が影響していたと思う。
途中で引き返す決断をした際には、それなりに葛藤はあったけど、勇気ある撤退と言い聞かせて諦めたが、帰りの車中で山行を振り返ると、午後からの雷雨は心配だったけど、時間的には余裕はあったし、疲れているとはいえ、ゆっくりでも歩き切れたかもしれない。 何しろ、安くない高速代やガソリン代、それに往復で9時間ほど時間を掛けたのに、もったいなかったかなという思いもある。
しかし、夏の南アルプスの雰囲気は幾分味わえたと思う。機会があれば涼しい時期にでも塩見岳に行ってみたい。

今回辿ったルート
(ログを取っていないのであくまでも想像)



この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図50000(地図画像)、数値地図25000(地図画像)、数値地図50mメッシュ(標高)及び数値地図5mメッシュ(標高)を使用した。
(承認番号 平25情使、 第585号)

アルバム


序盤は駐車場から登山口まで、林道を1時間歩く。登山口まで100m程度標高を上げる。林道歩きはあまり好きではないが、周りが真っ暗だと気分的に楽だ。途中でトレランの人に抜かれた。こんな時間からどこまで行くのか気になった。
そして後ろを振り向くと50m程度後方に灯りが見える。単独ハイカーが付いてきている。ずっと同じペースなのが、少し薄気味悪さを覚えた。やがて林道は未舗装路になると鳥倉登山口に到着した。時刻は4時半。歩き始めてちょうど1時間が経過した。 まだ日の出前だというのに蒸し暑い。風も吹いておらず汗が止まらない。日が出ていないだけマシだが、この先長丁場。熱中症にならないようにと水分補給して、静かで真っ暗な山道へ踏み入る。
周りの状況はよく分からないが、ふみ跡を追って九十九折に登り進む。登り始めて15分ほどで明るくなりヘッデンをしまう。その後、15分ほどで小尾根に乗り、リュックを下ろして最初の休憩を取った。すると後ろから同じペースで付いて来られた単独氏が抜かしていった。
歩き始めて2時間ほどで水場に到着した。 今回は歩きながら水分を補給出来るようにと、ハイドレーションの水筒にしてみた。いわゆるビニールの水筒をリュックに入れて、ゴムのストローを通して給水するタイプの水筒だ。これを使えばいちいち給水の度に立ち止まらなくて済むので、長丁場の場合、時間の節約になると考えたのだが、私の場合、途中で給水することが少ないので、あまり効果がなかった。。。
ハイドレーションの水筒が2L、アクエリアスが500ml、水が500mlの計3Lを背負っている。予定では500mlの水を飲み干し、ここで500mlの南アルプス天然水を補給する予定でいたが、結局、半分も飲んでいない。残りを飲み干すほど喉も乾いていないので、冷たい南アルプス天然水と入れ替えて歩き始める。

三伏峠までは北側の斜面を巻きながら進む。6時前に最初のハイカーとすれ違う。三伏峠小屋に泊まったのだろう。昨日は午後からひどい雷雨だったらしい。今日も気を付けないといけないと言われたが、やはり雷雨はあるのだろうか。かなり心配になってきた。すくなくとも15時頃には、この辺りに戻っていないとやばそうだと、プレッシャーも出てきた。

雲海の向こうに北アルプスが見えた。槍ヶ岳の穂先は肉眼でも認識できる。

日本には21座の3,000m峰があるが、写真に写る穂高連峰がそのうちの9座を占めるらしい。槍から西穂まで歩き通してみたいものだ。

昨夜の降雨のため、木道も滑りやすく、注意しながら歩を進める。

樹間から中央アルプス、御嶽山、乗鞍岳、北アルプスが見渡せた。 まだ日が差していない北側斜面は、肌に感じる程度の微風が涼しい。

標高2,300mを越えると気持ちの良いシラビソの林が続く。南アルプスっぽい?樹林帯を登る。

陽が差すと同時に、これから進む進路に目指す塩見岳が初めて見えた。手前に見える稜線を右から左へ回り込むような形で稜線伝いに塩見岳へとルートが続く。

高度が上がるにつれて、仙丈ヶ岳、甲斐駒ケ岳、それに間ノ岳など南アルプスの主役たちが見えるようになる。
歩き始めて3時間ほどで山伏小屋に到着した。片道行程の1/3は歩いただろうか。さすがにお腹が空いてきたので、ここでリュックを下ろして、おにぎりをいただく。
汗で濡れた上半身から水蒸気が立ち上るのが、樹間越しに差し込む光に照らされている。昨夜の雨のせいだろうか。かなり湿度が高くジメッとしている。
標高2,580m。この三伏峠は日本で一番高い峠ということらしい。
しかし、足がだるく重くなってきた。 移動の疲れ、寝不足、それにブランクが効いているのだろうか。

三伏峠の天場。日差しも強くなりそうなので、日焼け止めを塗りたくり先へ進む。
これから稜線をひたすら歩くことになる。途中の分岐は指示に従い左へ向かう。右は荒川岳へ続く稜線。

東南を眺めると荒川岳へ続く稜線を見る。一番高く見える山は烏帽子岳だろう。

南アルプスの南側を眺める。奥に見えるのは荒川岳か。
AM6:53 三伏山(2,615m)に到着。日差しもそれほどきつくはない。

塩見岳の全貌がはっきりと見渡せるようになる。ここから見る塩見岳はずいぶんと近くに感じたが、一番高く見える塩見岳山頂まで標準CTで4時間半ほどの距離がある。歩き始めてからここまで3時間半ほど経過している。山が近くに感じるのは、私の場合は調子がよい証拠だと思うのだが、すでに足は重くこれから徐々にしんどくなる。。

心が躍るような青空。山頂までこの天気が持ってくれればと祈るような気持ちで先へ進む。

雲海も徐々に消えてきたが、依然として北アルプス、中央アルプス、御嶽山なとが遠望できる。展望は期待していなかったが、この景色を眺められただけでも来た甲斐があるというものだ。

振り返るとさきほどの三伏峠小屋が見えた。

中央アルプスの山々。あそこには行ったことがない。いつかは歩いてみたい。

ズームにすると、槍ヶ岳だけではなく、昨年歩いた奥穂高岳やジャンダルムまで判断できた。

塩見岳のアップ
寝不足で疲れが溜まって戦闘力が下がっている割に、あの3,000mを超える頂に立てるだろうと甘い考えに浸っていた。

すでにペースはダウンしているが、午後の雷雨を避けるためにモタモタしていられない。復路でこの稜線を歩いているうちに雷雨に見舞われたらとプレッシャーも高まるが、相変わらず足取りは重い。

三伏山から一旦下って、次のピークである本谷山への登り返しが、大した標高差はない割に辛い。

塩見岳にもだいぶ近づいたようにも思えるが、それ以前に本谷山への登りが延々に続くような錯覚に陥っている。大した上りでもないのに。。。
シャクナゲやら高山植物に癒されながら、何とか先へ進む。
小さな花の写真を撮るのに、しゃがみ込んでは立ち眩みがする。やはりコンディションは良くなさそうだ。

後ろを振り返ると、中央右寄りに三伏峠小屋が小さく見える。
前方からは塩見岳小屋で泊まったと思われる多くのハイカー達とすれ違う。皆さん、塩見小屋に泊まられた方達のようだ。
花の写真を撮っている余裕もなくなってきた。しかし、本谷山が遠い。たかだか150m程度登り返すだけなのに、いつまで登らせれば気が済むのだと、心の中では愚痴ばかり。。。
それでも何とか本谷山(2,658m)にたどり着いた。 前方の塩見岳にもだいぶ近づいたが、かなりクタクタ。足が重いだけではなく身体もダルいが、ここを下れば、後は登るだけ。

前方に見える塩見岳は一見近く感じるが、あそこへ至るには、ここから150mほど下って、500mの登り返しがある。150mの登り返しでヒィヒィ言っているのに。。。

東を向くと富士山の頭が一瞬見えたけど、写真を撮る気もなく素通り。

樹林帯に入ると日陰では足下はドロドロが続く。途中から迂回するのは面倒になり、泥の中を進む。

本谷山から150m程下り、「美しい森」を抜けると、前方にご年配の夫婦と思しき二人組が歩いている。歩くペースからみて三伏峠小屋から朝一で歩き始めた方だろうと想像する。これまで数えきれないほどのハイカーとすれ違ったが、追いついたのは初めて。お二人を抜かして先へ向かう。ずっしりと肩に掛かるリュックの重さに思わず立ち止まり、道端の岩に腰かける。歩き始めて6時間ほど経過した。残り標準CTで2時間20分ほど。これから本格的な登りが始まる。ここまで標準CTを大して短縮出来ていないことに今更ながら気が付いた。10時頃には山頂に立ち下山を始めている感覚でいたが、このペースでは山頂からの下山がお昼になりそうだ。でもまだ時間は8時45分。のんびりペースで下山が暗くなったとしてもさしたる不安はないけれど雷雨は怖い。 この先の塩見小屋に泊まってしまうことも考えたが、家には泊まると告げておらず、携帯も繋がらないし、心配もさせたくない。
不甲斐ないけれども、少し冷静に考えて、ここで引き返そうという結論に至った。

途中から写真を撮る気も失せていたため、ここから復路での写真となる。すでに山頂付近はガスに覆われ始めている。

辛い本谷山への登り、三伏山へ向い開けた斜面を下る。この辺りからも多くのハイカーとすれ違うが、皆さん、塩見小屋に泊まる計画なのだろう。
三伏山ではガスに覆われる。降り出しそうな気配もあるが、まだ11時。昼前には稜線を抜けられそうだ。
三伏峠まで戻るとあとは下るだけ。気分的に楽になった。ベンチで腰を下ろしてゆっくりと昼食を取る。
三伏峠から700mの下りはきつかったが、1時間半ほどで登山口に到着するとほっとした。登山口では少し雨がパラついていたが、何とか天気も持ってくれた。

あとは林道をテクテクと歩くだけ。前方の山の中腹で少し開けたところが第1駐車場。その左に続く林道の先に車を停めたが、遥か彼方に見える豆粒ほどの駐車場。往路では真っ暗ため分からなかったが、あれほど遠かったとは。普通に歩いても1時間掛かるということが納得。
周囲には入道雲が目立つようになるが、林道に出るとすっかり明るくなった。纏わりつかれるアブなどを追い払いながら、やはり、1時間ほどで駐車位置に辿り着き、10時間にも及ぶ何とも消化不良の山行が終わった。
この後、「信州まつかわ温泉清流苑」で汗を流し、休憩室で30分ほど横になり、中央道に乗ると遥か前方に巨大な積乱雲が立ちはだかっていた。その下は稲光と黒い貝柱のような雷雨が見える。あの中に突っ込むことになるのかなぁと思ったのも束の間、2〜3分後にはすごい暴風雨に見舞われた。視界が50mも効かず、車が煽られるほどの強風。竜巻でも発生するのではとひどく心配になった。もし、あきらめずに塩見岳に向かっていたら、この暴風雨に見舞われていたかもしれないから、途中で止めたのは賢明な判断だったことにしようと、前向きに考えてハンドルを握っていたが、甲府を過ぎると予想通りの長い渋滞に捉まる。特に急ぐわけでもないので、休みやすみで家路についたが、家を出てから24時間近くが経過しており、本当に長い日帰り山行となってしまった。。。
後から分かったことだが、この日の午後、塩見岳付近の天気が実際に荒れたらしいので、良かったのかもしれない。