諏訪山南尾根から上武国境稜線を歩き滝谷山の北西尾根を下った
日 程
2017年5月4日(木) 天気:晴れ
山 名
諏訪山、三笠山、ブドー沢ノ頭、滝谷山
コース
駐車地(7:17)→南尾根取付(7:26)→1424標高点(8:46)(6分休憩)→諏訪山(9:18)→三笠山(9:47)(8分休憩)→諏訪山(10:18)−(途中2回休憩)→ブドー沢ノ頭(12:00)(10分休憩)→滝谷山(12:53)(6分休憩)→下降点(13:09)→ぶどう沢支線終点(14:32)→駐車地(15:00)
コース図
駐車場
路肩駐車
温泉他

山行記

先日の山行は久しぶりの西上州ということで、特徴的な岩峰を一般登山道で歩いた。 その時に西上州の山々を調べていた中で、上武国境稜線の西側に位置する上野村の諏訪山に目が留まった。上野村といえば、群馬県の秘境ともいわれ、地の利も悪くて訪れるハイカーも少ない。その昔、日航機が墜落した御巣鷹山が近く、山深く辺境の地といった印象があるが、そんなところを歩きたくなった。 今の時期ならば、アカヤシオも期待できるだろう。
このエリアの様子は以前からねくらハイカーさんのHPで拝見していた。上武国境稜線を絡めたルートがいくつか紹介されているが、どれも私にはレベルが高く、怖いもの見たさで違う世界を覗きみる程度の感覚だったが、その中でも諏訪山から上武国境稜線を絡めて周回するコースが何とも気になっていた。
諏訪山から上武国境稜線のブドー沢ノ頭へは稜線で繋がっている。ねくらハイカーさんがそんなルートを歩かれている。上りも下りもバリエーションルート。地形図だけを見れば、歩けなくもなさそう。しかし詳細なルートに関する記述の中には、私では尻込みしたくなる難しそうな箇所をアッサリと歩かれている様子が伺える。経験の違いではあるけれども、同じルートを後追いするのは、私にはあまりにも無謀な気がする。ネットで過去記事を探しても適当なルートが見当たらない。そこで地形図を眺めて諏訪山から上武国境稜線を巡るルートとして、思いついたのが諏訪山から南に延びる尾根だ。
ネットでは目的地からほど近い御巣鷹山が心霊スポットだとか、そんな記事ばかり散見される。その中で個人的な感覚の問題だが嫌な写真を目にしてしまった。それで行くのをやめようかと躊躇ったが、予定しているルートではないことなので気にするのはやめよう。 さて、上りルートは決まった。この尾根を仮に諏訪山南尾根と呼びたい。下りはどこを歩くか。駐車位置の周辺には一般登山道はない。過去ログを参考にチョイスしたいけど、この周辺の記事は想像以上に少ない。
少ない中でも滝谷山から日陰葡萄沢へ下る記事をヤマレコで見つけた。等高線を見ると傾斜はキツそうではないが、問題は行く手を阻む岩場の有無と尾根に次に続く沢の状態。 記事を拝見すると、さほど苦もなく歩かれているようだ。私も後追い可能なのではと希望が湧いてきたが、この方、真似出来ないようなロングルートを歩かれている。こんなところを単独で歩かれるからには、かなり経験豊富と思われるが、果たして私が同じように下ることが出来るのか、少々心配ではあるが、何とかなるだろうとルートは決まった(ルートは下図の通り)。

紫色のログが私の辿ったルート



今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。
画像の掲載にあたっては許可を頂いたうえで利用させていただいております。

アルバム


朝は7時ごろから歩き始めるために、家を4時半過ぎに出た。この時間帯であればGW渋滞に巻き込まれることはないだろうと思ったが、やはりいつもの休日とは違い車は多かった。それでも渋滞にはならずに下仁田インターで高速を下り順調に進んで行くと、お腹の調子が怪しくなってきた。難しい山などに向かうと、必ずといっていいほど同じパターンに嵌る。それだけ緊張しているのだろうか。道の駅オアシスなんもくに寄って用を済まし、上野村に入る。R299から上野村ダムへ向かい車を進める。いよいよ目的の山域に入ると、またもやお腹の調子が。。。
周辺にはトイレはない。我慢出来なくはないが、そんな状況で登りたくないので、R299まで戻り、道の駅に寄って再度用を済ました。さっぱりすると気分的にも緊張感がほぐれた気がする。上野村ダムを過ぎると落石が多い。予定している取り付き近くの林道で広くなっている箇所の谷側に車を停めた。この先に進むと御巣鷹山の慰霊塔がある。こんな山奥なのに道が整備されているのは、御巣鷹山があるからだろう。 出発準備を終えて本谷林道からぶどう沢支線へ進み尾根の取り付きへ向かう。ちなみに本谷林道をそのまま進むと御巣鷹の尾根に出る。
足元にはヒトリシズカが群生していた。左を見上げるとどこも崩落が進んでいるような急斜面。さすがにこれじゃ登れないなぁと思いながら5分も歩くと取り付きについた。
見上げると滑りそうな感じではあるが進めなくはなさそう。岩場も見られない。 それにテープも付いている。これは登山者が付けたものだろうか。僅かだが光明が差した気分だ。 この尾根は諏訪山まで一直線だが、1,424m標高点までが等高線の間隔が狭い。この先は緩やかなので問題なさそうだ。問題は1,424mまでの間で通過不可能な岩場が現れるかどうかだが、針葉樹林帯のようなので、植林だとしたら何とかなる気もする。
まぁ、取り敢えず取り付いてみて、やばそうだったら下りようという。 とはいえ、そういう状況になると下る方が大変になるとは思うが、その時はがその時で考えるようにしよう。 ただ落石等は怖いので、ヘルメットを被ることにした。踏ん張りの効かないズルズルの斜面を足を滑らしながら登ると斜面をトラバースしている踏み跡を見つけた。これを利用しない手はない。うまく尾根に乗るまで使えれば、体力の消耗具合が全く違ってくる。嬉々として踏み跡を追うと、単に斜面を巻いているだけで、一向に上へ向かう気配がない。これは登山用のものではないと諦めて、ズルズルの斜面を木の根などを掴みながら、よじ登ると尾根に乗った。じきに周辺にはミツバツツジが見られるようになるが、前方に大きな岩場が現れ、喜んでもいられない。
直登は出来なくもなさそうだけど、右に巻いて先に進むと、しばらく岩場が続くようになるが、どれも直登か、左右どちらかに巻いて進むことが出来る。
一汗かいたので、少し傾斜が落ち着いたところで、リュックを下ろして休憩。 後ろを振り返ると群馬県と長野県の県境尾根が見えた。尾根に並ぶ山並みは大蛇倉山、高天原山だろうか。御巣鷹山も見えていると思うがよく分からない。1,200m付近になるとアカヤシオが散見されるようになった。
登るにつれて岩場も少なくなってきた。息を切らせながらも足を進めると1,424m標高点に到着した。ここまで来れば一安心。腰を下ろして一休み。
コメツガか何だか分からないが巨木が多く、明るくて雰囲気の良い尾根を進む。右前方に上武国境稜線へ続く稜線も見えている。

歩き始めて2時間程度で諏訪山(カミヤツウチグラ)に到着した。細長い山頂は展望がきかず、アカヤシオも咲いていない。当初はこのまま上武国境稜線を目指そうかと考えていたが、山頂から一般登山道を北に20分ほど進んだ先の三笠山は好展望でアカヤシオも期待できるかもしれないと、三笠山へ寄り道することにした。
諏訪山の山頂には祠があった。三笠山へ向かう途中で、この日初めてシャクナゲを見た。あと1ヶ月もすれば開花しそうな感じだ。

前方に見える岩峰の天辺に神社のような建物が見える。あれが三笠山だろう。
諏訪山では全く見られなかったアカヤシオが三笠山に近づくにつれて増えてきた。

三笠山の基部の岩場。ロープが2本垂らしてあるが、上り下りともロープは使わずに済んだ。

アカヤシオの密度が濃くなってきた。お祭り会場が近づいてきた(笑)

上野村のツツジ祭り会場はここだったのか(笑)
というほど咲いてはいなかったが、これでも十分に楽しめる。

三笠山(ヤツウチグラ)山頂に到着。刀利天王の祠がある。鍵が締まっていたので中は拝めなかった。

東を見る。手前の尖ったピークは帳付山だと思うが、眺める方角が違うと、あんなにピラミダルに見えるのかと関心した。その左奥には両神山見える。

帳付山から南に延びる上武国境稜線を眺める。中央南(右)寄りに見える三つのピークがこれから向かう山だ。

ブドー沢ノ頭から上武国境稜線を滝谷山まで歩いてその先の尾根を下るルートを予定している。

左手に見えるのが諏訪山。中央奥の尖ったピークが上信県境の高天原山で右奥に見えるピークが大蛇倉山だろうか。

こちらは群馬県側の山並み。奥にうっすらと表妙義が見えた。その手前の山々はよく分からない。

祠の右奥に浅間山が遠望できた。

まつり会場の主役(笑)

西側の展望。奥に八ヶ岳が見えた。

ここからの展望は素晴らしい。西上州の他の山でもそうだったが、山頂ではどこからともなくお香の香りが漂い気持ちが良い。一般登山道から登って来るハイカーは居ないようだ。前回に引き続き、狭い山頂を独り占め。たまに遠くから鹿の警戒音が聞こえてくるが、それ以外には鳥のさえずりと風の音しか聞こえない。横になっていると、あまりの気持ちの良さに眠ってしまいそうだ。

三笠山基部の岩場。この日はハーネスとロープなども持参したので、ここで懸垂下降の練習でもしようかと考えたけど、先はまだ長い。出し入れも面倒なので結局止めてロープは掴まずにクライムダウンで下った。
約1時間かけて三笠山を往復した。少々時間をロスしてしまったが、アカヤシオと展望が楽しめたので良しとしよう。
さぁ、これから上武国境稜線へ向かう稜線を歩く。初っ端でいきなり尾根を間違えたが高度の下がり方でミスルートに気付き正規のルートに復帰した。じきに前方に岩峰が現れたが、ここは右に巻いた。
前方にブドー沢ノ頭は見えるがコンパスを南東にセットして先へ進む。この稜線、馬酔木が多少あるだけで、藪もなくなだらかで歩き易い尾根だ。途中の標高点で2度休憩し、諏訪山から1時間半程度で上武国境稜線に出た。

この上武国境稜線(埼玉県と群馬県の県境尾根)を南に進み、ブドー沢ノ頭を目指す。
ブドー沢ノ頭にちょうど12時に到着した。歩き始めて5時間近くなる。ここで食事休憩を取る。山名版がないと気付かないような展望もきかない寂しいピーク。寂峰の名にふさわしい山だ。

前方に滝谷山が見えた。ここまでのアップダウンの繰り返しで足は攣りそう。このアップダウンはキツイなぁなどと考えていたら、前方から単独行の方がやってこられた。この日、お会いした唯一の登山者。この稜線上だったら、一人くらいは会うだろうなと思っていたので、さほど驚かない。すれ違いざまにお話をする。三国峠から赤岩峠へ縦走するとおっしゃっていた。稜線の途中でテン泊されるそうだ。
この日の登りは滝谷山で終わり。最後のひと踏ん張りで2年ぶりに埼玉県の秘峰・滝谷山山頂に立った。相変わらず寂しい山だけど、少し明るくなったような気もする。前回は中津川沿いの鎌倉橋から登ったが、暑くて大変だった。

樹間越しに歩いた稜線が見えた。その先には山頂部が平らな諏訪山と右側にチョコンと突き出た三笠山が見えた。三笠山からここまで2時間半以上歩いている。

南を見る。奥に見えるのは、三宝山と甲武信ヶ岳だろうか。そして、手前にうっすらと見える尾根をこれから下る。尾根の先が結構急なようだ。本当に下れるのか心配になってきたが、他に下りられそうなルートが思い浮かばない。何とか下ってきってみよう。
尾根の下降点まで上武国境稜線を南下する。尾根の下降点に到着。ここは秩父の小黒を思わせるような変わった地形だった。
上武国境稜線を離れて、西に下る尾根へ進んだ。落ち葉が堆積しズルズルの滑りやすい斜面。踏ん張りながら下ると足に負担が掛かるので、ストックを出して、横に向いて足を滑らしながら高度を下げる。止まっていると小さな羽虫が寄ってきて鬱陶しいので、おちおと休んでもいられない。去年使って効果のあった虫よけをリュックに入れてなかったので、少し後悔した。これからは常備しておこう。

尾根も末端で両サイドから延びる谷が合流する。末端部が近づくにつれて、尾根の傾斜も険しくなり、途中が見えない状況になったので、左側の急斜面を下って右俣に下りた。
これから先は沢歩き。といっても水量は少ないので濡れることはないのだけど、日影ブドー沢を下流へ進む。500mほど進めば林道に出られるはずである。沢にはハシリドコロが群生していた。

このような状況をゴーロというのだろうか。こういった沢を歩くのは苦手というか、あまり経験がない。先人が大して苦もなく歩かれているので、この先、ゴルジュ帯や滝はないと思う。右岸左岸へと徒渉しながら、足場を選んで慎重に進むが、途中で足を挫いてしまった。こういった足場が安定しないところは要注意なのに左足が挫き易く、たまにやってしまう。
痛い足をかばいながら、だらだら進んでいると左岸上方に道と思しき平地を見つけた。これはラッキーとばかりに斜面をよじ登ってみると、整地を進めようとしたが落石が多くて、諦めたような箇所だった。道は荒れているが先にも続いていたのでそのまま左岸を進む。土管が埋まった箇所を徒渉し、右岸に渡ると整地された林道となった。これで沢歩きから解放され、ほっと一息ついた。長い500mだった(^^;

林道に出て喜んだのも束の間。林道の大部分がご覧のように斜面の崩壊で埋まっているため、危ういトラバースを強いられる。ここを歩く人はまれなのか、ふみ跡はないので、適当に進むしかない。画像の崩壊地が一番緊張した。ここを通過するのに3m程ずり落ちた。バランスを崩したら、50mほど下に流れるぶどう沢に転落するところだった。

日影ブドー沢と日向ブドー沢の合流地点。ぶどう沢支線の終点を示す標識があった。 さきほどの道は崩落や落石がひどすぎて、あれでは手を付けようがないのだろう。

いつもはかったるいばかりの林道歩きも、この日は挫いた足を引きずっての沢歩きや崩落地といった地獄から解放されて天国を歩いている気分だ(笑)
鳥のさえずりや川のせせらぎが耳に優しい。

諏訪山南尾根の取り付きまで戻った。このカーブを曲がった先で斜面に取り付いたが、よくこんなところを登ったものだと呆れ半分で眺めていた。しかし、今回取り付いた以外の場所は崩落が進んでいたり、斜度がきつ過ぎたりで、ちょうど良いポイントだったと思う。だけど、一度歩けば十分か。

カーブの所にある葡萄沢の滝。2連になっていて結構大きな滝だった。

ぶどう沢支線と本谷林道の合流地点まで戻った。先ほどの終点からちょうど1km歩いた。合流地点に埼玉からお越しの二人組の釣り人が休んでいらした。私が変なところからクマ鈴をじゃらじゃら鳴らして出てきたので興味を持たれたようだ。しばしお話をしたが、 お互いに知らないことばかりで話が盛り上がり、ついつい長話になってしまった。

二人組と別れて5分も歩くと駐車地に到着した。神流川に掛かる橋から滝谷山が見えた。一時はどうなることやらと心配したが、無事に下山できた。この日は充実した一日となった。この後は浜平温泉しおじの湯に浸かって汗を流し、GW渋滞を避けるため、高速は使わずにのんびりと下道で帰路についた。