身体が鈍ってきたので武川岳へ出かけてきた
日 程
2017年8月19日(土) 天気:曇り
山 名
武川岳
コース
名栗げんきプラザ(13:05)→見晴台(14:00)(5分休憩)→武川岳(14:39)(36分昼食休憩)→前武川岳(15:17)→名栗げんきプラザ(16:09)
コース図
駐車場
名栗げんきプラザ第2駐車場
温泉他

山行記

お盆休み、1度は山へ行こうと考えていたが、今年は記録的な長雨が続き、連休中は連日の雨に泣かされていた。翌週の土曜日も朝のうちは雨天だったが、じきに日が射し始めた。天気予報では17時頃から雨模様。身体はすっかりなまっている。2〜3時間程度歩ければ良いだろう。標高も1,000mを超えれば、多少は涼しいだろうか。しかし、時刻は午前11時を過ぎている。家から1時間圏内で適当な山として、奥武蔵の武川岳が思いついた。 奥武蔵の人気エリアの割に人が少なく気ままに歩けるのが良い。 名栗げんきプラザから周回するルートで、3年前の同じ時期に同じルートを歩いたことがある。適度な岩場と標高差もあるし、先日購入した靴の慣らしもしておきたかった。

今回辿ったルート
(ログを取っていないのであくまでも想像)



この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図50000(地図画像)、数値地図25000(地図画像)、数値地図50mメッシュ(標高)及び数値地図5mメッシュ(標高)を使用した。
(承認番号 平25情使、 第585号)

アルバム

ということで、早速、名栗げんきプラザの駐車場へ向かうと13時前に到着する。山頂部はガスに覆われている。別に展望は期待していないので、天気がもってくれさえすれば良い。 登山などげんきプラザ利用以外の目的で駐車場を利用する場合は、管理事務所に連絡しなければならない。そこで一報入れて目的地や行動予定時間を伝えると、雨の心配をされたけど、何とかなるでしょうと歩き始める。
げんきプラザの園内をしばらく進むと小尾根に乗る。ここのところ雨降りが続いているため、登山道はぬかるんでいるのかと気にしていたが、さほどではない。 それでも新しい靴なので、出来るだけ汚さないように歩くが、途中から馬鹿らしくなってきた。 振り向くと樹間越しに伊豆が岳が見えたが山頂はガスの中。
日は射していないが、湿度が高くジメジメして汗が止まらない。想定内のことだし、多少不快ではあるが、地元の山歩きは気分が良い。げんきプラザの園内を離れるとじきに林道に出る。
この先から急登が始まるが、踵が痛くなってきた。靴の中で踵が擦れているようだ。紐を締め直したりしているがうまくない。騙し騙し登っていると単独ハイカーとすれ違った。このルートは山と高原地図では破線となっており、岩場が続く嫌らしいルートだが、年配の女性というのが珍しかった。
踵の皮も剥けてしまったのではないだろうか。痛さを我慢して急斜面を登ると岩場が始まる。
岩肌は濡れているので、適当に巻きながら進むと見晴台に到着する。 ここでリュックを下ろして休憩。時折、冷んやりとした風を感じる。雨が近そうだ。足の具合を見てみようと靴下を脱ぐと、果たして両足の踵の皮が剥けていた。
痛いはずだととりあえず絆創膏を貼って靴を履き直して、先へ向かうと尾根はなだらかになる。
木漏れ日が差し込む。植林と自然林の間の奥武蔵らしい雰囲気の良い尾根を進む。大して疲れてはいないが、踵が痛くてペースは上がらない。 カナカナカナと響いているひぐらしの鳴き声に、夏の終わりを感じてしまう。もう、季節は秋に向かい始めているようだ。
そんなことを考えながら歩いていると単独の同年輩の女性ハイカーとすれ違った。しばらく進むと武川岳の山頂にたどり着いた。山頂には誰かしらいるかなと思ったが、すでに時刻は15時を指している。遅い時間だから居なくて当然か。
日が指しており、今の所雨は降りそうにない。ベンチに腰を下ろして、昼食の準備を始める。アブがうるさいが、小ちゃいヤツなので無視してご飯をいただく。
ベンチで横になっているとやたらとトンボが多いのに気付く。やはり季節は確実に秋へと移ろっているのだなぁと感傷に浸っていたが、空気が冷たくなりだした。あまりのんびりしてられない。 踵も相変わらず痛いので、リュックに常備している予備の靴下を履いて二重履きで出発する。
復路は山伏峠を目指して、別のルートへ進む。足は厚手の靴下二重履きで、多少窮屈ではあるが、踵の痛みは減り歩きやすくなった。やはり、サイズが合っていなかったのか。
この靴で歩きたい岩稜帯があるのだが、もう少し慣らしが必要かもしれない。
珍しいキノコだ。これはタマゴダケだろうか。
途中で林道を渡る。
日が差し込むようになるが、周囲の積乱雲は大きくなりつつある。前方には伊豆が岳が見えた。
植林の中、単調な尾根を下り、駒大の森なるところを通過して県道で出る。
県道を5分ほど歩くとげんきプラザにたどり着いた。時刻は16時過ぎ。3時間ほどの歩きだが、楽しかった。管理事務所に無事に帰還したことを報告して、車に乗り込むと、20分ほどで夕立に見舞われたが、その前に下山できてラッキーだった。
しかし、後から過去記事を読み直すと3年前はこのルートを休憩入れて2時間強で歩いていた。 同じようなペースで歩いていたつもりだが、1時間も差があるとは思いもしなかった。この差は踵のせいだろうか。それとも体力の低下か。