残雪期の谷川岳、好天に恵まれ気分上々
日 程
2017年4月2日(日) 天気:晴れ
山 名
谷川岳(1,977m)
コース
駐車場(6:55)−(ロープウェイ)→天神平駅(7:51)(7分アイゼン取付)→天狗のザンゲ岩→肩の小屋分岐→トマノ耳→オキノ耳→肩の小屋(11:25)(40分食事休憩)→熊穴沢避難小屋(12:44)(ワカン付替)→天神平駅(13:43)−(ロープウェイ)→駐車場
コース図
駐車場
天神平スキー場駐車場
温泉他

山行記

前回の赤城山に続けて、N氏と残雪期の谷川岳に行ってきた。
谷川岳はいろんな意味で思い出深い山。雪をまとった谷川連峰が放つ神々しさは、アルプスにも引けを取らないと思っているが、そんな憧れの雪山から見る絶景は如何程のものであろうか。
歩くコースは一般ルートの天神平からのピストン。12年程前の初冬の時期に息子と歩いたコース。ロープウェイで高度が稼げるので、体力的には楽が出来る。 初心者でも無理のないコースだと思うが、天候次第で難易度は一気に変わる。週末の天気予報を調べると、日曜日は悪くなさそうだ。それに雪も十分にあるようだ。 とはいえ、特に天候が安定しない山域として、天気がどう転ぶか心配が残る。 そこで、当日、関越の下りから眺めた谷川岳が雲の中だったら山登りは止めてスキーをやろうということに取り決めた。そのため、スキーウェアも車に積み込んだ。
天神平のロープウェイは7時から動き出すようだ。我が家からロープウェイの駐車場まで、1時間半程でたどり着く。それに合わせるように、N氏には我が家に5時前に来ていただき、関越道に乗って一路水上インターを目指す。

紫色のログが私の辿ったルート



今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。
画像の掲載にあたっては許可を頂いたうえで利用させていただいております。

アルバム

関越下りを軽快に飛ばして利根川を越えると赤城山、榛名山を始めとした北関東や上州の山々に近づくがどの山も雲ひとつ見られない。左画像は赤城高原SAから見た武尊山。右画像が水上IC出口から見た谷川岳。谷川岳に雲はかかっていないので、スキーは中止に決定(笑)
だけどお互いにスキーもやりたい気持ちもあって、雲の中の谷川岳も少しは期待していたのだが。おそらくどちらか一方からスキーにしようと一言あれば、スキーになったと思うけど、今回ばかりは谷川岳への山歩きが正解だったようだ。

水上温泉街から見た谷川岳。中央左寄りに見える白い双耳峰の山。トマノ耳とオキノ耳がよく見える。手前に西黒尾根が延びる。これから歩く予定の天神尾根は雲が掛かっているようだが、すぐに晴れるだろう。
ロープウェイの立体駐車場に7時前に到着した。電気も何もない薄暗い駐車場内で支度をして、乗り場に向かう。2月の入笠山と比べると、ロープウェイチケット売り場は閑散としていた。谷川岳天神平スキー場は、5月までスキーが出来るのだが、さすがに4月になるとスキー客も減るのだろう。9:1くらいの割合で登山者が多かった。 登山者は皆、雪用の登山靴を履いており、私のような軽登山靴のハイカーはいない。場違いな感じがしないでもないが、赤城山とはレベルが違うのだろうか。 早速、ロープウェイに乗り込んで、天神平に向かう。

天神平駅でロープウェイを下りると、麓ではガスが掛っていた天神尾根もすっかりと晴れ渡っている。スキーヤーやスノーボーダーは数えるほどしかいない。このスキー場は20数年前に訪れたことがあるが、もはや誰と行ったかも覚えていない(笑)
これから目指す猫の耳(谷川岳)もはっきりと見通せる。左のピークがトマノ耳で、右のピークがオキノ耳
多くの登山者がアイゼン付けたりと準備している。一応、ワカンを持ってきたが、ワカンやスノーシューを着けるハイカーはいない。雪も硬くトレースもしっかりしているので、こちらもアイゼンを着けて歩き出す。
トレース上は多くの登山者で連なっている。さすが休日の谷川岳といったところか。後について急登をこなし、小尾根に乗ると目の前に谷川岳がその全貌を現した。これから歩くルートもバッチリと見渡せる。

振り返ると中央右寄りに見えるのが武尊山。左奥に見える山塊は至仏山など尾瀬の山々のようだ。

北東に目を向けると幾重にも連なる険しい山並みが続く。

北に目を転じると手前に延びる西黒尾根の向こうに白毛門、笠ヶ岳、朝日岳が見えた。昨年の6月に谷川馬蹄型縦走に挑戦し、見事に失敗した苦い記憶が蘇ってきた。あの時は白毛門の手前に延びる尾根、標高差1,000mを朝の3時半から一気に登ったはいいが、その拍子で両足が攣ってしまい、その後のペースが掴めず、途中でリタイヤという残念な結果に終わってしまった。30kmほど稜線上を周回して手前の西黒尾根を下ろうなんて、よくもそんな大それたことをやろうとしたものだ(汗)
しかし悔いは残っているので、機会があればリベンジを果たしたい。

トマノ耳までルートが一望のもとに見渡せる。
雪はしっかりと踏み固められていて全然沈まない。ワカンなど全く必要ない状況。それでもノートレースに足を踏み出すと、膝上や腰までズボッと踏み抜くので気を付けないと。

稜線を歩く登山者はまるでアリンコのようだ。

抜けるような青空に、眩しいほどの雪面。稜線上は風もほとんど吹いていない。インナーで着ていたダウンジャケットを脱いで薄着になる。

岩場で休憩。

左端に見下ろす天神平スキー場からだいぶ登ってきたことが分かる。中央奥には赤城山が遠望出来たが、雲が掛かっているようにも見える。

天狗ザンゲ岩で休憩後、肩の小屋と分かつ分岐を目指す。徐々に傾斜も増し、アイゼンを付けた足が重くてしんどくなるが、前の人の後を黙々とついていくだけ。

中央左寄りの尖ったピークが子持山。その右側に榛名山が見える。
肩の小屋との分岐に到着。ここまでくればトマノ耳まであとわずか。

西を見ると雪に埋まった肩の小屋の先に、万太郎山へ続く稜線が延びる。中央左奥に浅間山が見える。
分岐からひと登りでトマノ耳(1,963m)に到着。山頂はすごい人だかり。皆さん、思い思いに写真を撮られている。

山頂から天神平スキー場が見渡せる。右奥に見える赤城山は雲が掛かっている。左奥に見える尖った山はどうやら皇海山のようだ。

東北を見ると皇海山を始め、武尊山や真っ白な尾瀬の峰々が見渡せる大パノラマに目は釘付け。現地での感動は私の写真では全く伝わらない(^^;

さらに北を見ると白毛門の奥に平ヶ岳、尾瀬の至仏山や燧ケ岳、八海山も見えているようだ。

トマノ耳からオキノ耳や一ノ倉岳を見る。風は大したことはないが、じっとしていると肌寒さも感じるので、休憩もそこそこにオキノ耳を目指す。

青と白の同じような写真ばかり。今回はこんな写真で終始する(笑)
オキノ耳(1,977m)に到着。山頂柱は埋まっている。

登山者が次から次へと押し寄せ、山頂は混雑している。お腹も空いたので食事のために肩の小屋に移動することにした。

オキノ耳の先に祠があるとかで、一部のハイカーが一ノ倉岳の方へ向かって行った。
一ノ倉沢とか見下ろせる場所があれば、向かってみたかったが、これだけ雪庇が張り出していたら無理かな。

万太郎谷を見下ろす。万太郎山の先に平らな山容の苗場山が見えた。2,000mに満たない山とは思えない絶景が広がる。

トマノ耳に続く稜線の雪庇の迫力が半端ではない。2月に歩いた奥秩父の2,000m級の山とは比較にならない白銀の世界が展開している。

N氏はスノーシューを新調されたが、今シーズンは日の目を見ずに、ただの重りで終わるのか(笑)

露出している岩場には、無数のエビに集って尻尾を出している(笑)

肩の小屋に向って下る。中央奥には噴煙を上げる浅間山が遠望できる。
肩の小屋に到着。小屋の半分は雪に埋まっているが、中に入ることは出来るので、避難小屋としては使えるようだ。
折りよくベンチとテーブルが空いていたので、そこに腰を下ろし、昼食とした。目の前には、万太郎山から仙ノ倉山、平標山へと続く稜線を見渡せる。 この稜線もいつか歩いてみたいものだ。

コーヒーで体を温めても、じっとしてるとすぐに体が冷える。いつまでも眺めていたい絶景だけど、そろそろ下山しよう。

下りは楽チン。このくらいの斜面ならスキーで滑り降りたいくらいだ。

シリセードで見えなくなるほど長い距離を滑走していた登山者がいた。制御不能に陥っているようにも見えたが、あれは真似できない。

急斜面の下りが終わり、なだらかに稜線歩きに変わると、いつの間にか熊穴沢避難小屋に到着していた。小屋は完全に埋まっている。往路では気付かなかったが、かすかに柱が出ていたので小屋だと分かった。
ここまで降りれば、後は緩い尾根を歩くだけ。そこで、折角だからと、アイゼンを外して、N氏はスノーシュー、私はワカンに履き替えた。

ワカンで踏み跡を外して、ズボズボ歩く。雪が硬いので、足首くらいまでしか沈まないが、ワカン歩きもなかなか楽しい。スキー場の外れまで到達したので一休み。

斜面をよく見ると、そこら中にクラックが発生して、素人目には表層なのか、全層なのかは判断出来ないが、雪崩がいつ起きてもおかしくない状況ではないだろうか。

白毛門や朝日岳の左奥に、なんと清水峠が見えるではないか。調べてみるとここから直線距離で8km以上離れている。そこは馬蹄型縦走路の折り返し地点。私がギブアップを決めた場所だ。朝3時半から6時間歩き続けて、あの場所には9時半に着いた。あの峠から眺めた谷川岳や西黒尾根が遥か彼方に感じ、歩き切れる自信を失って、朦朧としたところだ(笑)
暗くなるまで、あと9時間ほどあったのだから、両足が攣ったとはいえ、諦めなければ歩き切れたかもしれないが。。
などとつらつらと書き連ねていると、またチャレンジしたくなる(^^;
次こそはという気持ちもあるので、日の長い時期、タイミングが合えばチャレンジしてもいいかな。
そんなことを考えつつスキー場を横切りロープウェイ乗り場に到着した。山頂駅のレストハウスで冷たいものを飲みながら、N氏と次の計画の検討が始まった(笑)
その後、あの一ノ倉沢を麓から眺めようと車で向かうが、駐車場から100mも進まない所で、うず高く積みあがる雪で林道は遮断されていたので諦めて、湯テルメ谷川でゆっくりと温泉に浸かって帰路についた。