アカヤシオを期待して、父不見山の南に位置する長久保川の両岸尾根を周回した。
日 程
2017年4月15日(土) 天気:晴れ/曇り
山 名
父不見山(1,047m)
コース
駐車場(7:18)→715.4m三角点(8:56)→大久保山(10:56)(31分食事休憩)→杉ノ峠(11:45)→父不見山(12:10)(7分休憩)→長久保の頭(12:31)→916m標高点(13:24)→744m標高点(13:44)→566m標高点(15:26)(8分休憩)→県道取付(15:55)→毘沙門水(15:56)(8分休憩)→駐車場(16:44)
コース図
駐車場
合角ダム第2駐車場
温泉他

山行記

4月も中旬を迎え桜の花も散り始めると、スギ花粉の影響もほとんどなくなる。同時に山はツツジや春の花が一斉に咲き始め、新緑も始まり季節は確実に夏に向かう。 今年はまだアカヤシオやミツバツツジにお目にかかっていない。この時期になると、どの程度の標高だと咲いているのだろうとか、どこで咲いているのだろうとか落ち着かない季節でもあるが、まごまごしていると山はいつの間にか初夏を迎えてしまう。昨年4月に訪れた毛無岩ではアカヤシオが咲き乱れ、5月に歩いた秩父の大平山ではシロヤシオとツツジのまさにお祭りが開催されているような咲きっぷりを一人独占した。あんな体験をすると、また今年もとどうしても期待が膨らんでしまう。
面白そうなところはないだろうかと思いを巡らすと、先日、たそがれさんが城峯山を歩かれた時にヒントをいただいた父不見山から上武国境稜線を経由して城峯山を抜けるルートが気になっており、近辺の地形図を眺めてみると父不見山から南に伸びる長久保川の両岸尾根(長久保川左岸尾根、長久保川右岸尾根)に目が留まった。以前、あんぱんさんも右岸尾根を歩かれている。末端部のそばに駐車場があるのもありがたい。そこで、今回は長久保川両岸尾根を周回してみることにした。 そして余力があれば観音山にも寄ってみたいと考えていたが、それは全くの無謀な思いつきだった。

今回のルートを見つけるのに、ネットで情報を調べると、その中で十津川村さんの秩父藪尾根単独行が引っかかった。おや?と思い開いてみると、お馴染みの地形図の上にコンパスとセブンスターが乗っている表紙のイメージが表示された。確かあのシリーズには、父不見山の山行はなかったはずだが、と目次を見ると、果たして上州の坂本から武州の吉田までの紀行が掲載されている。あれ?と表紙をもう一度見返して見ると、「続・秩父藪尾根単独行」とあった。そういえば、正編の表紙はセブンスターではなく、ホイッスルだった。 改めて目次を眺めてみると、何とも気になるルートばかり。 続編が早く出ないものかと心待ちにしていたので、早速、ネット版を購入した。パラパラとページをめくると、懐かしい尾根なども出てくる。また、以前から踏み込みたいと考えていたが、躊躇している尾根など、読み出すと止まらなくなる。そのまま一気に読みたい衝動に駆られたが、楽しみは取っておいて、まずは父不見山の編を読んでみた。益々、歩きたくなってきた。

さて、山ではツツジやアカヤシオのお祭りが開催されているだろうか。やはりこの時期、どうしても期待してしまう。今回のルートであれば、父不見山以外でハイカーと会うこともまずないだろう。お祭り会場を独占出来そうだ。それにヒカゲツツジ、イワウチワ、カタクリなどのおまけもあるかもしれない。
いつも直前まで行き先が定まらないのに、今回は前もって決まった珍しくケース。それだけに期待して喜び勇んで出かけたのだが、春の花祭りにはまだ時期は早かったようだ。
このルートは右岸、左岸とも距離は長く、アップダウンが多かったように思うが、右岸尾根の方がバラエティに富んでいるので、余裕を持ってあるければ楽しめるのではないか。 この日は8時間程歩いたことになるのか、距離の割りには時間が掛かり、疲れたけど、その分、充実した歩きになったと思う。

帰りは駐車場からほど近い吉田元気村に寄ってみた。入館するといきなり長渕剛の順子が流れている。まだ、こんなレトロな曲をBGMで流すところがあるのかと関心しながら温泉に浸かった。温泉から上がった後は、少し横になりたいのだが、こういった施設に座敷はないだろうと、2階に上がってみると、果たして座敷があるではないか。近くに店員さんの聞いてみると使っても構わないとのこと。ただ誰もいないから消灯していただけのようだ。早速、座布団敷いて筋肉をほぐして横になる。下のフロアからは相変わらず中村雅俊とか中森明菜など昭和のレトロな歌謡曲が流れているが、何とも心地よい。今日のおかずはトンカツだろうか。カツを揚げる匂いが微かに香る。 目をつぶっていると、30年前にタイムスリップしたような気になるも、知らぬうちに眠ってしまい、18時までですと店員さんに起こされて帰路についた。

紫色のログが私の辿ったルート



今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。
画像の掲載にあたっては許可を頂いたうえで利用させていただいております。

アルバム

今日は長距離を歩く予定のため、余裕を持って7時頃から歩こうと自宅を5時半過ぎに出発した。花園インターを降り、長瀞を過ぎたあたりでR140を離れて市道を走っていると道端に大きなシカが横たわっていた。車にひかれたのだろうか。先日の新聞にも掲載されていたが埼玉県内でもシカが増えすぎて、電車事故もあとを絶たないということだ。そんな現実を目の当たりにした気分だった。
さて、西秩父桃湖という変わった名前の湖の合角ダム駐車場に駐車した。橋を渡った先のトンネルを抜けた先に東電の巡視路があり、そこから取り付く。
トンネルの横から登ると堀切のようなところに馬頭尊の石碑があった。その昔、ここは峠のような位置づけだったのであろうか。いきなり急だけど巡視路として整備された道から取り付けるので楽ができる。

100mも登るとミツバツツジがちらほらと見られるようになる。この先期待できそうだ。
巡視路を抜けるとふみ跡は減り、やがて馬酔木の藪が現れて少々歩きづらいが特に支障はない。登り始めて40分ほどで624m標高点に到着。腰を下ろし汗を拭う。

中央奥に見えるのが城峯山。肉眼では山頂に建つ電波塔も見えた。しかし遠い。父不見山からあそこまで歩くのは辛そうだな。。

花の付き具合がいい感じ。
植林と自然林が入れ替わりながら尾根は続く。桜も多いようだが開花はまだのようだ。

ツツジを見かけるとついカメラを向けてしまう。
植林も所々で杉と檜で入れ替わる。この時期、植林を歩いていると杉か檜かを気にしてしまう。アレルギーは杉花粉だけのはずだけど、檜の中を歩いてもアレルギー症状が出る。山の中ではあまり気にしないようにしながら715mの三角点に到着した。

樹間越しに復路で歩く予定の長久保川右岸尾根が見えた。ここからあそこまではまだ遠い。
こういった尾根を歩ていると、よく遭遇する変わった曲がり方をしている木を発見。ねじれ方が半端ではない。どうしたらこんな形になるのだろうか。岩場も増えてきた。右画像の先に巨岩があってそこを左に巻いた。
左イメージが巻いた箇所。下りながらトラバースした。写真ではそうでもないが、結構危なかった。本当は巻かなくてもよかったかもしれない。720mの標高点を過ぎると枯れたスズ竹が現れるようになる。中には珍しく現役のスズ竹も繁茂していた。
標高800mあたりで林道に降り立った。この斜度では正面突破は無理そう。林道からの取り付きは簡単に考えていたが、左右を見渡しても登れそうなところがない。西に400mほど進めば支尾根の末端部があるので、そこから取り付こうかと西に向かってみた。
すると岩場の切れ間(左画像)から登れるのではと覗き込んでみた。足だけでは登らない急斜面だけど、植林帯だから何とかなるだろうとここから取り付いた。
地形図で見るよりも傾斜が急だ。手も使いながら50mほど這い上がったが疲れた。
傾斜が緩くなったと思ったら、つぎは藪だ。しかし大したことはなかった。
930m峰と思しきピークにあったこれ(左画像)は何だろうか。このピークから大久保山に向かって東側の急斜面にふみ跡が見られたので、そちらを慎重に下りながら尾根に向かう。 大久保山の東面は見事に伐採されていた。

大久保山山頂直下。右側に開けた伐採地を望みながら、尾根を進むと、この日、初めてアカヤシオに出会うことが出来た。970mを過ぎてやっとである。これまでの疲れが癒されるようだ。しかし、開花していたのはたったこれだけ(^^;
他に蕾はあったが1〜2週間早過ぎたようだ。何とも寂しい限りだ。。。

開けた伐採地からは城峯山から武甲山、熊倉山など秩父の山々が一望のもとに見渡せた。

中央に象徴的な両神山と左に毘沙門山、右に二子山といった岩山が幾重にも立ち並ぶ。 昼が近づくにつれて、空は曇りがちになり、気圧も少し下がってきたような気がする。それに風も強くなってきた。予報では雨が降ることはないと思っていたが心配になってきた。
大久保山に到着。ここは埼玉県と群馬県の県境。ここまで700mほどしか登っていないが、アップダウンが多く意外と疲れた。
西に目を向けると、これから向かう父不見山と長沢ノ頭がよく見える。伐採された斜面にはヒノキの苗が植えてあり、食害を防ぐために伐採地と尾根との間にネットが張ってあるが、所々破けている箇所もあった。
父不見山での昼食を予定していたが、ここは展望もよく、荷物を軽くしたいのもあって、倒木に腰かけて休憩を取った。休んでいると風が益々強くなってきた。帽子が飛ばされないように紐を掛ける。ここからはストックを使って上武国境稜線を西に向かう。
杉ノ峠までは岩場も多い。右画像は岩場で行き詰った箇所。5mほど下にふみ跡が見える。よく見ると左側に巻道が見えるが、下りだからか気付かなかった。これくらいの岩場はクライムダウン出来そうだけど、ストックをたたむのが面倒なので、少し戻って巻道へ下りて先に進んだ。
左側の斜面であわただしく走り去っていく犬みたいな動物の後姿を見かけた。黄色くて尻尾の先が白かったので、キツネのようだ。秩父にも野生のキツネがいるようだ。そういえば、この日はシカを見かけていない。左岸尾根の途中でシカの警戒音を耳にしたが姿は見ていない。
ほどなくして杉の峠に到着。そのまま素通りして父不見山を目指す。
この区間は2年前に歩いたことがある。あの時は毘沙門山に登った後に杉の峠登山口に車を停めて最短ルートをピストンしただけだが、8月のクソ暑い時期で下着まで汗びしょになり、全裸になって着替えをしたのを思い出した(笑)
父不見山に到着。三角天の石。ここで腰かけて休憩し長沢の頭を目指す。
風は相変わらず強い。稜線上を歩いていると、突然、どぉーんという猟銃でも花火でもない、あたりの空気を震わせるような大きな音が西の方で鳴った。明らかに雷鳴だ。少し空気も冷たくなってきたようにも思える。かなり焦ったが、それきり雷鳴はなく雨が降り出すこともなかった。

父不見山から100mほど下って登り返して長沢ノ頭に辿り着いた。本日の最高地点。ここまでアップダウンが続き、ほとほとに疲れたがあとは下るだけ。といっても右岸尾根もアップダウンが多そうなので気は抜けない。

復路は上武国境稜線を離れて長久保川右岸尾根を進む。右側のピークが大久保山。中央奥に城峯山が遠望できる。右端の奥に見えるピークは破風山ではなかろうか。この稜線を歩き通して、城峯山から破風山に抜けるのは大変そうだ。近いうちにチャレンジしてみようかと考えていたけど、アップダウンも多く歩き切れる自信がなくなってきた(^^;
伐採地を過ぎるとブル道が並走していたので、所々で利用して楽をさせてもらった。

西の展望が開けた場所に出た。両神山や二子山が間近に見える。雲は低く立ち込め風は相変わらず強い。雨が降り出したら、右岸尾根は諦めてこの先の林道に出て、そのまま林道を下ろうと考えた。
雰囲気の良いカラマツとアカマツの林を右に眺めながら尾根に沿って下るとじきに林道に出た。さて、雨も降っておらず尾根を進むかどうか少し悩んだが、折角だからと尾根をそのまま進むことにした。
916m峰を過ぎると、ごろごろと岩が現れた。

途中で進路を変える箇所を間違え岩場で行き詰る。この画像の左側は急斜面で下れるような斜面ではない。また間違えたと軌道修正。この岩場をトラバースして先の尾根に復帰した。
744m手前の破線路が交差する峠と思われる箇所に出た。崩壊した物置と祠と思しきものもバラバラになっていた。
この先、細かなアップダウンが多く、うんざりしてきた。ピークの通過が増えるが、両サイドが急すぎて巻くことも出来ない箇所も多くて、しんどい尾根だ。

ピークの斜面にイワウチワが咲いていた。危うく踏んづけてしまうところだったが、疲れて下ばかり見て登っているので、何とか気付いた。折角だからと荷物を下ろして休憩を取ることにした。咲いていたのはここ一か所だけだった。

大久保山の山頂手前以来、目にしていなかったアカヤシオが離れた斜面に咲いていた。
間近に見れないのが残念だけど、祭り会場は一体どこにあるのだろうか?(笑)
683m標高点を過ぎたあたりでアンテナ施設があった。ふと、横の立ち木に目をやると、三本爪の引っかき傷があった。こんな固そうな木の幹を見事にえぐっている。なんてパワーなんだ。こんなので引っかかれたらひとたまりもない。

倒木が多く、すんなりと通過できない箇所もある。ここでは倒木の上を折れないかとひやひやしながら先へ進んだ。

この株だけ、他のミツバツツジと色が違っていた。少し色が濃いようだ。違う品種なのだろうか。

こちらは隣に咲いていた普通に見るタイプ。
植林や自然林を繰り返しながらコースが様変わりするので、しんどいが変化があって楽しめる。
尾根上のそこら中で糞の大きな塊を見かけるが熊のものか。消化されないどんぐりのが混じっていた。

巨大な倒木に道をふさがれる。跨ぐのも疲れるので、ここでしばし休憩を取る。目の前のツツジがいい感じ。それにヒカゲツツジの蕾もあった。

ひっとしてと周りを見渡すと、ヒカゲツツジを発見。見かけたのはこの株だけ。アカヤシオは少ないがヒカゲツツジが見れただけでも、この尾根を歩き続けた甲斐があったと考えよう。

そして、また岩場が現れる。ふみ跡があるけど、まさかこの先にルートが続ているのか。そんなことはないと思うが、念のため確認しておこうと、身長に先へ進んでみたけど。。

やはり登った先は行き止まり。補助ロープなど持ってきていない。ここを下るのは危険すぎるし、そもそもルートを間違えている。下の方をよく見るとアカヤシオが咲き乱れている。なんてことだ。これまで2株ほどしか見ていないのに、ここには多数のアカヤシオが咲いている。近づけないのがもどかしいが、下りていくわけにはいかない。その分、見晴らしの良い展望を楽しむとしよう。

右岸尾根の先が中央に見える。2つピークが見えるが、奥の方が566m峰だろう。一旦下って、また登り返さないといけない。この尾根、まだすんなりとは終わりそうにない(^^;
しかも566m峰の右側には大きな岩が見えている。こういうルートは神経使う。まだこんな感じが続くのか。。。
少し戻り東に目を凝らすと地形図では分からない急斜面だけど、そちらに進む。緩やかに下っていくと鞍部に出た。東西にふみ跡が続いているので峠のようだ。ここは池原という所だろう。
566mへ向って最後の登り、いい加減うんざりだけど、気力を振り絞って足を上げる。
尾根を下り始めて3時間程経つのに尾根は相変わらずバラエティに富んでいる。大変だけど飽きることはない。
566m峰に辿り着いた。ここで、デザートのドーナツをいただき一休み。この先、馬上集落に下ると思われる顕著なふみ跡があった。ここを辿れば楽に県道に出られそうだ。しかし、それでは右岸尾根を末端まで歩いたことにはならないので、後ろ髪を引かれる思いだが、ふみ跡は無視して、尾根に忠実に進むと、廃れた作業小屋のようなものがあった。

尾根の末端に近づいたところで小規模な茶畑に出た。これはラッキー。人様の土地だけど、ここを辿れば難なく県道に降り立つことが出来るだろう。尾根の末端方向は崖に近いような感じだ。ここまで来れば末端ということになるだろうと、一人納得して畑を伝わって県道に出たところが、毘沙門水という日本百名水に指定されている採水場のそばだった。
冬場は1.5リットル程度しか、水分を持ち歩かない。この日は2.5リットル背負っていたが、疲れて水を口にする回数も増え、ほとんど残っていない。折角だから毘沙門水をいただこう。100円以上寄付してくださいとある。沢山汲んでも荷物になるだけだからと、100円を置いて500ミリ頂いた。疲れた体に冷たい毘沙門水がより美味しく感じた。顔も洗って採水場で休んでいると、1台の車がやってきた。三人の大人が出てきたかと思うと、ハッチバックを開けて9リットルのタンクが11個?、18リットルのタンクを2つ下ろしている。そんなに水汲んで何に使うのだろうか。何とも気になるが、それ以上にこれだけ水を汲んで一体いくら払うのか非常に気になったりもした。しかし、そんなことを聞くわけにもいかないし、駐車場まで距離があり、のんびりもしていられないので歩き始めることにした。

毘沙門水の説明

見事な咲きっぷりの巨桜

味のあるバス停。ここから駐車場までバスを使おうかと時刻表を見ると1時間半ほど待たないといけない。バス停にして2〜3程度なので諦めて歩くことにした。

吉田川沿いの桜が綺麗だ。

川沿いの桜
県道沿いは桜が最盛期といった感じだ。

途中にあったお寺の桜もいい感じ。


振り返った見上げた観音山。当初はこの後あの山に登って左に延びる尾根を歩く予定でいたが、それは無謀だった。

朝、取り付いたトンネルまで戻った。あのトンネルを抜けた先が駐車場。この日は誰とも会わず、久しぶりに静かな山行となった。