アイゼンとワカンを試しに奥秩父主脈稜線の燕山に行ってきた
日 程
2017年2月25日(土) 天気:晴れ
山 名
燕山(2,004m)
コース
作場平駐車場(8:06)→一休坂分岐(8:33)(5分休憩)→ヤブ沢分岐(8:48)(5分休憩)→ヤブ沢峠(9:27)→笠取小屋(9:46)(12分休憩)→分水嶺(10:14)(13分休憩)→燕山(11:34)(8分休憩)→雁峠(12:11)−(40分食事休憩)→笠取小屋(13:15)(5分休憩)→作場平駐車場(14:28)
コース図
駐車場
作場平駐車場
温泉他

山行記

思い起こすと、今まで雪を目当てに山へ行ったことがない。これまでなるべく雪は避けるようにしていた。積雪の中を歩いたのは、目的の山にたまたま残雪があったなどその程度で、歩くのに邪魔だなというくらいの思い出しかない。 それが先日のスノートレッキングで、少し雪山に興味を覚えるようになった。 そんなことでアイゼンとワカンを購入してしまった。
今回はその試し履きも兼ね、雪山を期待して奥秩父の2,000m級の山へ向かった。 積雪量は思ったほどではなく、今回の山行では4本爪の軽アイゼンでも十分だったような気もする。それでもアイゼンとワカンをそれぞれ試すにはちょうど良かったのかもしれないが、回数を重ねて留め方なども含めもう少し慣れた方がよさそうだ。

紫色のログが私の辿ったルート



今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。
画像の掲載にあたっては許可を頂いたうえで利用させていただいております。

アルバム

駐車する作場平の標高は約1,300mに位置し、R411から林道を5km程進まなければならない。我が家からは駐車場まで2時間半程度掛かる。事前に調べたところでは、林道はほぼ積雪&凍結しているらしい。そこで凍結状況を少しでも避けるべく、明るくなってから通過しようと5時半ごろに出発したが、それでも所々凍結していた。今の車で雪道を走るのは初めて。途中で動かなくなったらどうしようとビクビクしながら40分ほど林道を進むと駐車場に到着した。駐車場には1台止まっており、その隣に駐車した。この日の先行者はこの1台と思われる。
大した積雪ではなく、軽アイゼンで十分な気もするが、今回はあくまでも試し履き目的なので、12本爪のアイゼンを早速装着して歩き始める。 登山口にも2台停まっていたが、こちらは前泊組のようだ。

所々で地肌が見える雪道。アイゼンの歯が石に当たるのが気になり、なるべくノートレースの箇所を歩く。
トレースは本日の先行者(一人)のものだけ。昨夜、少しばかり降雪があったのだろうか。アイゼンの装着に慣れておらず、位置がずれたりして歩きづらい。一休坂分岐にベンチがあったので、ここで休憩がてらアイゼンを付け直す。
上り進むと次第に雪も多くなってきた。風もなく雲一つない晴天。日差しが強く上着を着ていると暑すぎて汗が出るくらいだ。

ヤブ沢分岐に到着。ここにもベンチがあったので、座ってアイゼンを付け直す。購入したアイゼンの歯は少し長いような気もするが、この程度の積雪で使うのは無理がある?

途中で何度か沢を渡りながらヤブ沢沿いを進む。

南に見える顕著なピークは大菩薩嶺だろうか。
谷沿いに登りつめ、ヤブ沢峠に到着した。ここでもアイゼンを締めなおす。地肌を避けるようにしているから歩き方が悪いのだろうか。どうも右足のアイゼンの調子が悪い。それに比べて左足は緩むことはない。リュックに括り付けたワカンは、この先の開けた場所で使う予定。

ヤブ沢峠から林道のようなルートを進むが、ここの積雪も少ない。トレースは先行者の1つだけだ。アニマルトレースは無数にあったが、ほとんだが横切るようなトレースばかりで、林道は活用していないのだろうか(笑)
しばらく進むと笠取小屋に辿り着いた。この時期は営業していないようだが、カラマツに覆われた気持ちの良いロケーション。日差しは強いがのんびりと昼寝がしたくなる陽気。
小腹が空いたので、ここで軽く食事休憩を取って歩き始める。

開けた場所に出た。トレースは多いが本日のものは一つだけ。足が埋まる深さは20cm程度で歩きづらさは感じない。

燕山を目指すので、この分岐は左に行きたいが、そちらにはトレースはない。真っすぐに延びるトレースの先の小高いピークが分水嶺のようなので寄ってみよう。

ここが荒川と多摩川と富士川の3河川を分かつ分水嶺。ここで右足に着けていたアイゼンが大変なことになっているのに気付いた。言葉では説明しづらいが、前後の部分を連結する長さ調整用のプレートが外れかかっていた。なんでこんなところが外れるのかと、首をかしげたくなるような事態。 とてもではないが、腕の力では直せない。よくよく見るとアンチスノープレートが小さなネジで留めてある。そこを緩めれば何とかなりそうだ。たまたま昨日追加した山道具の万能ナイフにドライバーが付属していたのを思い出し、ベンチに座って補修した。ドライバーがなかったら、アイゼンが使えなくなっていた(^^;)
運がいいとかそういう問題ではないが、少々時間をロスしてしまった。

北を見るとスキーのゲレンデのような笠取山が見える。山頂に3名程ハイカーがいるのが肉眼で確認出来た。これから西の燕山に向かうが、思わぬことに時間を取られ、燕山に行くのが面倒になってきた。笠取山からの富士山の展望は素晴らしいので、行き先を笠取山に変更するか、このあたりでワカンを着けて歩き回っている方が楽しそうだ。。。

西を見ると奥秩父主脈の最深部が見える。一番高いピークが標高2,600mを超える国師ヶ岳

目を北西に転ずるとこれから向かう燕山が見渡せる。

左側のピークが燕山。見る限りでは雪は少なそうだ。手前の急斜面には九十九折に道が付いている。あそこを登り、右から回り込むように燕山を目指す。
(2/28追記)
後日、ネットでは違う場所が燕山と紹介されているのに気が付いた。 右側のピークには道標があるのだが、その標柱に「燕山」と記されており、一般的にはこちらが燕山と紹介されているようだ。しかし、山と高原地図や地形図を見ると、2,004mは左側のピークを指していると思われるし、現に標高点と思しき標石が埋まっていたから、間違いはないと思うのだが、確証がないので、違いが分かるように、画像を加工した。

南に見える富士山はすでに雲が掛かり始めており、じきに見えなくなってしまった。富士山の絶景を楽しみにしていただけに残念だ。

燕山へは雁峠に下らなければならない。トレースなどどこにもない。雪深さを体験するため、あえてこんな斜面に突っ込んでみたが、雪は深い所でも膝上程度しなかった。

ちょっとした樹林帯を抜けると雪原に出た。スノーシューで楽しめそうな所だ。後で戻って来た際に、ここでワカンを試してみよう。
雁峠に到着。ここから見上げる斜面は結構な傾斜。見た感じでは軽アイゼンでも十分な気がするが、安全を考えて、そのまま登っていく。
雪が明るすぎて、カメラが勝手に露出を調整してしまい、画像の半数近くが右画像のように暗くなってしまった。サングラスをしていると気付かない。

少し登って見下ろした雁峠。ベンチが4つある。その先の稜線のこんもりしたところが分水嶺。雁峠は風が強く、心なしか雪は少ないように感じる。
日のあたりの良い斜面は、所々で地肌が出ている箇所もあり、アイゼンで石を踏まないように、気を付けて歩く。

右側に見える笠取山はメジャーな山だけに、今も山頂にハイカーがいるが分かる。
先程から左足の踵あたりに痛みを感じていたが、急な斜面を登っているとより強く感じるようになった。 多少靴紐が緩くなっているのが原因と思われる。アイゼンは安定しているし、スパッツを付け、その上にアイゼンを付けているので、紐を締め直すのが、つい面倒になってしまい、我慢して歩き続けてしまったが、後で温泉に立ち寄った際に見ると踵が擦れて、皮がめくれていた。

笠取山の左側には和名倉山が見える。以前、熊を見かけてから、すっかり足が遠のいてしまったが、今年は行けるだろうか。
開けた斜面を登り詰め、尾根に乗ると急斜面でも雪があるところは、アイゼンが効いて登りやすい。
(2/28追記)
これが件の道標。標柱に「燕山」と彫られている。
稜線に出ると雰囲気が変わり、岩場と思しき箇所もあり、北側斜面に巻道と思われる窪みが見られる。 ここは奥秩父の主脈で、多くのハイカーが歩かれるから、しっかりした巻道があるのだろう。
しかし、ノートレースで人が歩いた痕跡が全くない。深さが分からないから、なるべく窪みを歩きたくはない。そこで腕も使って岩場をそのまま登ってみたが、雪の付き具合が分からず、下手すると踏み抜いて滑落しそうな危険を感じて、大人しく巻道を進むことにした。雪の積もり具合が分からないが、深くても膝上くらいだろうと足を踏み入れてみた。積雪は大して深くはなかったがそれでも慎重に歩く。周囲にはシャクナゲが生い茂っていたが、大人しくというか、葉が折りたたまれて、まるで冬眠しているようだった。
燕山を巻く窪みから離れて、適当な所をツボ足で登り進むと燕山にたどり着いた。山と高原地図にその名が記されているから、山名板くらいはあるだろうと期待していたが、山の名を示すようなものはない。しかも展望もない。折角登ってきたのに、報われない典型的なパターン(笑)
大して歩いたわけでもないのに、アイゼンや雪道に慣れていないからか疲れた。

さしてすることもない山頂を後にする。南側の展望が開けた場所に出た。中央に見える尖ったピークは大菩薩嶺と思われるが定かではない。 今回のコース設定として、三富の道の駅から、雁坂峠に出て、稜線を雁峠まで縦走する周回コースも考えていたが、そんな無謀な事を実行しないで良かった(^_^;)
夏道ならともかく、雪山の素人が日帰りで挑戦するようなルートではなさそうだ。

開けた斜面まで戻ってきた。上りの時と比べるとさらに雪溶けは進み、どろどろになっているが、構わずアイゼンを着けた状態で下る。

燕山から30分程度で雁峠まで戻った。登るときにはなかったトレースがある。私が燕山に登っている間に、誰かがここまではやってきたようだ。
ベンチに座ってインスタントラーメンの昼食とした。今回は秘密兵器として、バーナーの風よけを買ってきたが、雁峠は風が強くて風防自体が風に煽られて御覧の通りの有様(笑)
しかし効果は抜群。これだけ風が強い中で、このアイテムがなかったら、お湯など沸かなかっただろう。というよりもこんな所でお湯を沸かす方が問題?(笑)
ポットにお湯を入れてきたので、カップラーメンだったらお湯を沸かす必要はないのに。。。(汗)
お腹も満たされ、体も温まった。そろそろワカンを試してみようと、早速取り付けてみた。

ワカン初体験。パウダースノーではなく締まった感じで固めの雪原だが、なるほど沈まない。これは便利だとついはしゃいでしまう(笑)
左画像が往路でアイゼンをつけた自分のふみ跡。所々で30cmほど沈み込んでいるが、ワカンでは右画像の通り。
(左端:アイゼンでのトレース、中央:ワカンでのトレース、右端:知らない人のトレース)

知らない人のトレースが正しいようだが、そこから離れて往路でのトレースを追って樹林帯に突入した。

往路でズボズボと沈み込んだ雪だまりでは、さすがにずぼっときたが、アイゼンを付けた状態ほどではなく、このようなところはワカンの方が歩き易い。

ワカンの留め具の位置、センターベルトへの足の乗せ方やベルトの締め方に問題があるのか、ワカンの中で足が前後にずれたり、すぐに外れそうになる。足の留め方を試行錯誤しながら、いろいろと試してみた。
笠取小屋からは林道を下るが所々で地肌が見える。ワカンを付けている意味がなくなり、ヤブ沢峠でワカンを外して、今度は4本爪の軽アイゼンに付け替えた。
ヤブ沢峠から先は雪解けが進み、午前中とは全く違う様相になっていた。
一休坂分岐のベンチで休んでいると、一休坂方面から4名のハイカーさんが下ってきた。本日、お会いした唯一の人達。休憩後、このグループを抜かせていただき、笠取小屋から1時間ほどで駐車場まで戻った。