比企丘陵の岩室観音に咲くイワタバコと松山城跡を求めて
日 程
2017年8月6日(日) 天気:晴れ
山 名
コース
コース図
駐車場
吉見百穴駐車場
温泉他

山行記

吉見町の岩室観音にイワタバコが咲いているという情報を入手した。昨年、伊豆ヶ岳の花桐川で初めてイワタバコの花を見たのが、ちょうど一年前の話になる。湿った岩場に群生している花だが、葉がタバコのそれに似ていることが名の由来らしい。一風変わった雰囲気を持つ小さくて綺麗な花だ。 それが近場で見られるということなので、東松山で用事を済ますついでに岩室観音に寄ってみた。
吉見町の岩室観音といえば、隣接する吉見百穴がちょっとした観光地として有名だ。その広い駐車場に車を停めて外に出ると、ムッとするような熱気とともに蝉がやかましい。昨日の南アルプスも暑かったけど、ここの暑さはレベルが違うようだ。しかし、それほどの暑さだというのに、観光客が引きも切らずにやって来ては、300円の入園料を払って百穴へ向かわれる。家族連れやカップルばかり、クソ暑い中、ご苦労なことだなぁ。 こちらは吉見百穴は何度か見学したことがある。300円を支払ってまで見たいとは思わないのでパス。駐車場を出て反対側へ向かう。

アルバム


駐車場を出た所が岩室観音だ。その名の通り、岩壁の切れ間に埋め込まれたよう建つお堂。1670年に建てられた古刹。西国三十三観音の一つとして、今も信仰の対象とされている由緒ある観音堂だ。

吉見町百穴ふるさとの緑の景観地
狭いお堂は二階建で一階には石仏が立ち並ぶ。その様はなかなかの見もの。88体の石仏が祀られているとのことだが、拝めば四国八十八ヶ所を巡礼したのと同じ功徳があるという。
二階に上がる。見上げる小屋梁に歴史が感じられるが、今の観音堂は、江戸時代に再建されたものだ。弘法大師の伝説も語り継がれている。

実はこのあたりは松山城跡として、この観音堂はその一画に位置している。この比企丘陵は山城が多く、室町時代から戦国時代にかけて戦乱にまみれた地として知られる。その中でも松山城は要所して、上杉、北条、武田と戦乱が繰り広げられた。 時は戦国時代の末期、かの豊臣秀吉による小田原征伐の際、関東における北条氏の支城はことごとく秀吉の大軍団により落城の憂き目を見ることになる。この松山城も例外ではなく、上杉景勝、前田利家、直江兼続、真田幸村といった戦国の錚々たる武将により攻められた。そんな戦国の歴史に彩られた松山城跡には、以前から興味を覚えていた。なので、むし暑いけど松山城跡も見て回りたい。まずはさらっとイワタバコを見ておこう。

この観音堂の先にはルンゼ状の岩場が続いており、この斜面にイワタバコは咲いてようだが、ぱっと見では気づかなかった。

というのも、花弁サイズは2センチ程度と小さいためだ。よく見ると確かに群集しているのが分かる。 あらかじめ知ってて来ないことには、うっかり見過ごしてしまうような小さな花だ。

ここには白い個体もあるようで、探して見ると確かにあった。白もなかなか良い。

他の観光客は何を撮っているのかと物珍しく寄って来た。私が説明して初めて、花に気づいたようだけど、綺麗な花だと感嘆していた。

写真も何百枚も取るわけではないので、5分ほどで用は済んでしまった。 では、早速、松山城跡の本曲輪を行ってみよう。とはいえ、城郭の位置関係は全く分からない。大して広くないだろうから一番高いところに行けばいいだろうと、ルンゼを登り始める。Tシャツ、短パンにスニーカーの出で立ちで登って行く私を他の観光客は怪訝そうな目で見ている。気にせずに登ってみると踏み跡に出たが、急にお腹が痛くなった。 やばい、こんなところはまず人など来ないだろうが、ここで雉打ちはまずい。というか、そもそもティシュがない。本曲輪へ行ったところでトイレなどあるわけない。まいったなぁ。事は急を要する。。。
百穴に戻らなければトイレはないか。かなりやばい展開。脂汗をかきながら、一目散に百穴へ向かうが、トイレは園内にあるようだ。つまり300円を払わないとトイレが使えない。トイレを使うだけなのに、300円を払うのは癪だ。かといってトイレだけ貸してくれというのも言いづらい。事は一刻を争う(笑)
もはや、悩んでいる暇もないとばかり、結局300円を払って事なきを得た。

せっかくお金を払ったのだから、百穴の一つでも潜り込んでみるか。 さて、この百穴、石器時代あたりからあるようだが、実は何のために作られたのか、近年までは分からなかったようだ。住居だったのか、お墓だったのか。
ただ、戦時中に軍需工場として素掘りされた穴がある。本格的に稼働する前に終戦を迎えたのだが。この地下軍需工場跡に近づいてみる。中から噴き出す冷気に、思わず入ってみるとまさに天然のクーラー。おそらく中は20℃ないくらいではないだろうか。多少の薄気味悪さはあるが、これはお金を払うだけの価値があるかもしれない。あまりの涼しさに出るのがいやになるくらいだ。碁盤の目のように格子状に掘られた穴は、総延長で1kmほどあるようだが、一般に公開されているのは、そのうちのごく一部だけ。

汗が引いた頃合いをみて穴から出ると、外は相変わらずクラクラする暑さ。せっかく引いた汗が待ってましたとばかりに噴き出してくる。せっかくだから斜面に掘られた横穴でも見物しようかと考えていたが、もはや暑くて登る気にもならない。しかし、先ほどからちらちらと視線に入るかき氷の垂れ幕が気になってしょうがない。もう我慢できないとばかりに、すかさず土産屋に駆け込み、扇風機の風に当たりながら、かき氷をいただくが、実にうまい!このシチュエーションで食べるかき氷は極上の逸品。しばらくは足に根が生えたように動けなくなる。今更、クソ暑い藪の中へわざわざ行くのも面倒くさくなってしまったが、昨日の事(塩見岳)がある。
行かないで後悔したくない。というほど家から遠く訳ではなく、行ってみたところで、それに見合うものがあるのか怪しいが、やはり行っておこう。
そして、ここには資料館が併設されている。ひょっとしたら松山城の情報を入手できるのではと寄ってみると、松山城が紹介されており、期待とおりパンフレットも置いてあった。
パンフレットを見てみると、松山城は意外と広い。様々な曲輪が複雑に入り込んでいる。これを全て廻っている時間的な余裕はないし、長時間、蚊に付きまとわれるのは辛い。
そこで本曲輪に直接向かった。訪れる人はまれだと思わえるが、ふみ跡はしっかりしている。深い堀切を越えると広い本曲輪に到着した。周囲は木に囲まれているが、樹間から東松山市内がよく見える。三方を市野川に囲まれた要害。ここを城とした重要性がよく分かる。

近年まで神社でもあったのだろうか。真ん中に残るコンクリートの基礎のようなものには違和感を感じるが、それでも蝉しぐれの中、下草が生い茂る、この場所に身を置くと、まさに「夏草や兵どもが夢の跡」、そんな感慨を覚えた。このような寂しい城跡は夏の暑い時期に訪れるのも乙なものである。

城跡独特な雰囲気は好きなのだが、近くにスズメバチのような奴が徘徊しているのと、先ほどからひっきりなしに蚊の集中攻撃を浴びているのが我慢できず、早々に退散することにした。