山登りに行きたい!

一般に山岳小説と呼ばれるものは、風景描写が素晴らしく山々の雄大さや神々しさといった雰囲気を味わうことができる。
素人では立ち入る事のできないような冬山やアルプスの岩壁といったところが舞台となっている場合が多く、厳しい環境の中で極限状態に置かれた者がどんなことを考え、何を感じ、どのような行動をとるのか、まさに自分がその状況におかれているような臨場感を感じることがある。 広い意味での登山の奥深さを垣間見ることができるのではないだろうか。また、読後に舞台となった山に訪れるのも趣がある。

タイトル 説明
神坐す山の物語
発売元: 双葉社
価格: ¥ 1,620
発売日: 2014/10/21
著者:浅田次郎
奥多摩の御嶽山が舞台。昔から御嶽信仰が盛んで、今も参道には宿坊が多い。また古くは修験場としても栄え、山頂には御岳神社が鎮座する。
そんな御嶽山にある神官屋敷、著者の母方の実家であり、少年時代に見聞きした?伯母の怪談めいた夜語りの短編連作集。
いるはずのない兵隊さんが訪れてくる話など、不思議な出来事の語らい、怖いというよりも、なんだか切なさが漂うとともに心に温まるお話が続く。
今やバス、ロープウェイを乗り継いでアクセスは簡単になったが、神坐す山として、神々が宿る神聖な空気に触れたくなった。
逢魔が山
発売元: 光文社
価格: ¥ 1,620
発売日: 2014/12/12
著者:犬飼六岐
昔から”村はずれ”というのは、村と外界を分ける村の入り口でもあった場所をいう。そこを境に人や物資などさまざまなやり取りがあるが、同時に村に災難や疫病をもたらす悪霊、祟りのたぐいも出入りすると言われる。悪いものの侵入を食い止めるために守り神などが祀られることが多かった。
時は戦国時代、小さな村に雑兵が乱入し、村の子供たちが拉致される。しかし、闇深き道に一行は方向感覚を失い、やがて村はずれを越え、忌まわしき言い伝えがいくつも残る禁断の地「逢魔が山」へ迷い込んでいくのであった。
そこは、この世と地獄の狭間にそびえる山。迷いこめば、大人でもめったに帰れない山。草にも、木にも、岩にも、ありとあらゆる場所に、得体のしれないなかがひそむ山。子供たちが知恵と勇気を振り絞り脱出を図る冒険物語。

以前、山は登山のような趣味の対象ではなく、山で暮らす人々の生活の場であり、信仰の場であり、畏れ敬う対象でもあった。また同時にもののけが多く棲む近寄りがたき場として、恐れられてもいた。
山岳小説ではないが、山には魑魅魍魎の類が潜んでいるのではないかと、幼い頃、子ども心に感じていた恐怖心のようなものを思い出した。
山女日記
発売元: 幻冬舎
価格: ¥ 1,512
発売日: 2014/07/10
著者:湊かなえ
それぞれに悩みを抱える女性7人の想いを綴った短編集。
人に言えぬ想いを秘めて、山へ向かう。短編ごとに主人公は変わるが、話は繋がって進んで行く。

『「花のない、石ころだらけの道になる。そういうところでは、頭の中で何か音楽を流すと、退屈せずに登れますよ。僕は「太陽にほえろ!」のテーマ曲なんだけど、途中からエンドレスになるのが問題でね。頂上に着いても止まってくれないことがある。』

なるほど、エンドレス症候群かぁ、私の場合、登りで辛くなると『ロッキー』のテーマや、山頂が近づくとトップガンの『Top Gun Anthem』が自然と流れる時期があった。
都合はよいけれど、確かにエンドレスになるのが辛いところ。

『山頂から下りてきた人から、頂上まであと少しだから頑張って!
まったく、ゴールしたあとの人が言う、あともう少し、ほどあてにならないものはない。 それでも歩き続けるのは、ゴールが存在することをしているからだ。わたしのゴールとは何だろう。』


山頂を目指すという目的が明確な点で山登りは分かり易い。しかし人生は複雑で何がゴールか分からない。やりたいことと現実の方向性はなかなか一致するものではない。そんな答えのないものを求めて山へ足が向いてしまうのだろうか。
山歩きをしているときにふと感じることに関する描写が秀逸で、なるほどと共感できる部分が多く肩肘張らずに楽しめた。
山女日記より
八月の六日間
発売元: KADOKAWA/角川書店
価格: ¥ 1,620
発売日: 2014/05/29
著者:北村薫
とにかく本書は共感できる。 状景描写がすばらしい。山の中にいるときに五感を通して心で感じるものが多いと実感しているが、それらが上手に表現されていると思う。季節の移ろいを通して様々な表情を見せる山の魅力が十分に感じられ心地よく読めた。
例えば。。
「細い涸れ沢だった。その上を、紅葉のアーチが先まで続いていた。木漏れ日がやさしく落ち、葉のひとつひとつが頭上できらめいていた。 空から降って来るのは、素朴なのに荘厳さを感じさせる光。色がそのまま音楽だった。 この世のものとは思えない眺め。」
自分にはこんな表現できないが、確かにその通りで共感できる。
山歩きは、肉体的には疲れるが、いろいろな意味で元気になれると当HPのトップページでも言っているが、その答えがこの本にはあるような気がする。
お勧めの一冊。
許されざるもの
発売元: 光文社
価格: ¥ 1,944
発売日: 2014/07/18
著者:樋口明雄
害獣と呼ばれるシカ、イノシシ、サルなどによる、農業や山林の被害はあとを絶たない。日本の農業を救い、森を守るためには、以前、日本の生物界における食物連鎖の頂点に立つ捕食者(トップ・プレデター)であったオオカミを復活させることが一番効果的である。
そこで、中国から連れてきたオオカミを試験的に南アルプスに放つ計画を進めるが。。
山岳小説の範疇ではないかもしれないが、南アルプスや八ヶ岳を舞台に日本で絶滅したといわれているオオカミを復活導入するというロマンを掻き立てられる一冊。

「かつての日本人は、森や山奥から聞こえるオオカミの遠吠えを日常のように聞きながら暮らしていたはずだ。それは畏怖の対象であるとともに、田畑をシカやイノシシから守ってくれる神でもあった。そのオオカミの声を聞いているうちに、胸の底からこみ上げてくる郷愁のようなものを感じていた。」
「根底にあるのは、やはりロマンなんです。あなたがいわれたように、私自身も南アルプスの山々でオオカミの遠吠えを聞きたい。それは今の人間に必要な希求の心です。」

日本の場合は、トキではあるまいし、オオカミを放つなどということは実現しないのだろうが。。
以前のように野生のオオカミが生息しているのであれば、今日のような登山が成り立つのかどうか。無責任だが、山の中でオオカミの遠吠えを聞いてみたい気もする。郷愁のようなものを感じることがあるのだろうか。 またニホンオオカミの目撃例でも出てくれば、それはそれでロマンが掻き立てられる。
芙蓉の人 (文春文庫)
発売元: 文藝春秋
価格: ¥ 551
発売日: 2014/06/10
著者:新田次郎
時は明治28年、正確な天候予測を行うには、富士山頂で気象観測をしなければならないという使命感を持って、野中到は富士山頂に観測所を建て、命がけで冬期観測を始める。 それを心配していた妻の千代子は夫を助けるために、夫に内緒で富士山頂へ向かうことになる。そこで夫婦での凄まじい生活が始まる。
これは野中夫婦の実際の出来事がベースになっている。
富士山頂で一冬過ごすなんて、その厳しさは想像すら出来ないが、山頂での日々悪化する状況描写に、ついつい引き込まれてしまい、先の展開が気になり、一気に読んでしまった。
原作のタイトルは千代子夫人が書いた芙蓉日記が元になっているという。当時は女は家を守るもの、黙って夫に従うということが当たり前だとされる時代で、夫を助けようとする千代子の強さ、行動力が終始一貫していて、すがすがしさすら感じてしまった。
沙羅沙羅越え (教養・雑学)
発売元: KADOKAWA/中経出版
価格: ¥ 1,512
発売日: 2014/07/01
著者:風野真知雄
山岳関係というよりも時代小説かもしれない。
戦国時代の武将・佐々成政が厳冬期の雪深い北アルプスを横断するという、知る人ぞ知る史実に基づいた話を中心に展開される。
時は羽柴秀吉の世が始まろうとしている。それに従うのをよしとしない武骨な成政は、四方敵に囲まれたなかを徳川家康に救援を求めるべく、富山から立山連峰を越え、浜松に向かうが。。
いまでも十分に危険で遭難が後を絶えない雪山の立山越え。当時の装備で素人が成し遂げることは、想像を絶する苦難に立ち向かったのだろうと容易に想像できるが、とんでもない偉業である。吹雪や雪崩などによる困難・苦難の連続で、犠牲者も出たという。
所謂「さらさら越え」を、まさに決死の覚悟で臨んだ佐々成政の想いに迫る。
春を背負って
発売元: 文藝春秋
価格: ¥ 1,620
発売日: 2011/05
著者:笹本稜平
山の四季を通して、その厳しさや美しさが伝わる連続山岳短編集。 亡父の山小屋を継いだ主人公の亨、亡父の後輩でホームレスのゴロさん、そして自殺願望がきっかけで山小屋に住み着いた美由紀の三人が繰り広げるハートフルなヒューマンドラマ。登場人物の掛け合いが面白い。
奥秩父の甲武信ヶ岳に程近い仮想の山小屋が舞台。なんとなくその場をイメージ出来るのも親近感が湧く。 どの話も爽やかで、ほのぼのとした温かさがある。こんな山小屋があれば、馴染みになりたいな、そんなことを感じさせる。
また、この原作が2014年6月に映画化されるようだ。舞台は北アルプスに移るようだが、「点の記」と同じ監督が指揮を取るとのこと。雄大な自然を舞台に繰り広げられるスケールの大きな映画となるのだろう。またキャスティングで、ゴロさんが豊川悦司というのも楽しみである。この手の映画は劇場で楽しみたい。
聖域 (創元推理文庫)
発売元: 東京創元社
発売日: 2011/07/09
著者:大倉崇裕
学生時代の友人とその恋人が山で遭難した。
海外にも遠征する男が難易度の低い山で遭難したことにどうしても納得できない主人公・草庭。自身は3年前に後輩を事故で死なせたことがトラウマになり山に背を向けて生きてゆくが、 友人の死に疑問をもった草庭は、再び山へと向う。 次々と明らかにされていく事実。とある大物クライマーの登場。 ここのキャラクターの思惑がうまい具合に絡み合い、話は進んでゆく。 そして、ラストは予想だにしない展開。
山を愛する著者が満を持して書き上げた山岳ミステリー。
槍ヶ岳開山 (文春文庫)
発売元: 文藝春秋
価格: ¥ 751
発売日: 2010/03/10
著者:新田次郎
江戸時代後期にそれまで未踏峰だった槍ヶ岳に登頂した播隆上人。
とある出来事により出家し、その原因となる煩悩に苦しめられながらも、万民のため槍ヶ岳開山を目指すに至った播隆上人の生涯について、フィクションも交えて描かれている。 幾多の葛藤と対峙しながら、悟りを開くこととは何か、山に登ることとは何か?に迫る。

「山を登ることは人間が一心不乱になれることです。一心不乱になって念仏が唱えられう場所が登山なのです。悟りに近づくことのできるところなのです。悟りとはなにごとにも心が動かされなくなることです。死をおそれなくなることです。。。」

「槍ヶ岳は群山を圧して高く、けわしくみえた。その黒い肌のどこにも雪をとどめていなかった。それは天を支える柱にも見え、天に突き出している鉾先にも見えた。。。」

私も初めて槍ヶ岳の穂先をそれと認識して見た時に、あまりの存在感に圧倒されたのを記憶しているが、著者の風景描写の秀逸さ健在で、本書を読んでから槍ヶ岳に向かえば、楽しみも増えることだろう。
未踏峰
発売元: 祥伝社
発売日: 2009/10/27
著者:笹本稜平
心身共にハンデを背負った三人の若者が、山小屋の主人と出会い、これまでの人生と決別すべくヒマラヤの未踏峰を目指す物語。

・ここで逃げたら、死ぬまで人生から逃げ続けることになる――
・可能性とは、あらかじめ与えられているものではなく、与えられた条件のなかで全力で行動することによって創造するものだ。
・人生はたった一度きり。その一刻一刻に生きる喜びを感じる場所として山はあるのだと。。。

「生きる」がテーマ。 ヒマラヤ山群の神々しく圧倒的な存在感を現す風景描写が秀逸。

・...ヒマラヤの夜明けだが、天地創造の現場に立ち会っているかのように、その荘厳さはいつも心を震わせる。
・見上げるビンティ・チュリは月の光に青ざめて、意志をもつ者のようにその頂を天に突き上げる。厳然としてただ存在するだけの姿がどうしてこうも美しいのかと、。。。
・美しいという形容だけでは表現しきれない人智を超えた荘厳な世界。
天空の祝宴
発売元: PHP研究所
価格: ¥ 1,680
おすすめ度 4.0
著者:堂場瞬一
主人公は元フリークライマー。
ライバルである友人がヨセミテで墜落死をして以来、恐怖心などからクライミングが出来なくなった。 ある日、友人が綴っていたという日記をその妻が持ってきた。 それには、今まで誰も成功していない「ザ・ウォール」の登攀成功にかける若い頃からの熱い思いが綴られていた。
友人の死に疑問を持った主人公は、自らもフリークライミングの恐怖を克服するため、「ザ・ウォール」に挑む。。
細かな描写によりフリークライミングにおける厳しさ、辛さ、孤独やクライマーの想いのようなものが垣間見れたような気がする。
密閉山脈 (角川文庫)
発売元: 角川書店
価格: ¥ 571
著者:森村誠一
ベテラン登山家が北アルプスK岳へ単独行に挑む。
麓で待つ恋人に合図を送るつもりが、届いたのは救難信号。そして、帰らぬ人となるが、そこには他殺の匂いがあった。しかし、そこは雪に閉ざされた山頂。
果たして犯人はどうやって。。。
当初から犯人が予想できる展開で、犯人は追い詰められ、どのように突き止められるのか、そして、恋人の葛藤など人間ドラマが展開される山岳長編推理小説。
文中に登山に関する表現として、
「人間の足と、意志の力が主役を演ずる山には、卑小な人間が機械力に頼らずに大自然を征服する壮大な叙事詩が感じられる」
なんと、重い言葉だ。
40年近く前の小説だが、古さを感じさせず、手に汗を握る展開で、一気に読了。
劒岳―点の記 (文春文庫 (に1-34))
発売元: 文藝春秋
価格: ¥ 741
発売日: 2006/01/10
著者:新田次郎
時は明治40年、当時、未登頂と言われていた剱岳。 当時は弘法大使が草鞋三千足を費やしても登れなかったと言われ、また、地元の地域信仰として知られる立山信仰では、地獄の針の山と恐れられ、人が登ってはならない山とされていた。
主人公である測量官・柴崎氏が所属する陸地測量部は創立以来、多くの犠牲を払って数々の未踏の山頂に三角点を設けてきた。そして最後に残されたのが剱岳であった。 その剱岳の初山頂と三角点の設置に挑む柴崎氏の苦闘を綴った実話に基づくドキュメント。 今でこそ、要所には鎖や梯子などが設置されているが、それでも一般登山者が登る山としては、最も難しい山と言われている。
当時の過酷さをうかがい知ることができる。
実は剱岳を登る予定であって本書を読んだのだが、天候の都合で中止になってしまった。 剱岳に登頂したい気持ちが益々強くなってしまった。
また、2009年夏に映画化になるという。是非見てみたいものだ。
富士山大噴火 (講談社文庫)
発売元: 講談社
価格: ¥ 840
発売日: 2007/08/11
著者:鯨統一郎
地震が発生する前に、動物たちがいつもと違う行動に出る、または地震雲といった前触れのようなことが起きることがあると言われている。
が、地震がいつ起きるかということを予知することはできないとされている。それがある法則により予知が可能になり、東京における大地震を的中させてしまう。
これは地震大国である日本では画期的なことになるばずだが、その大地震は富士山噴火のきっかけに過ぎなかった。
富士山の膨張、動物たちの異常行動、地下マグマの活性化、低周波地震の増加など、次第に危機感が増してゆく。そしてついに。。。
富士山が噴火に向かうまでの展開は緊迫感がある。
実際に富士山が噴火した場合、どの程度の被害になるのか想像も付かないが、自然災害の脅威には考えさせられるものがある。
でも、あの美しい形の富士山も、いつか本当に噴火する時が来るのだろうか?
発売元: 集英社
価格: ¥ 760
著者:夢枕獏
孤高の人・羽生丈二。伝説と呼ばれた男が前人未到のエベレスト南西壁冬期無酸素単独登頂に挑む。 なぜ山にのぼるのか?という根源的な問題に対する問いはいかに。
発売元: 集英社
価格: ¥ 1,890
同上
クライマーズ・ハイ (文春文庫)
発売元: 文藝春秋
価格: ¥ 720
発売日: 2006/06
著者:横山秀夫
主人公は群馬県の地方新聞社に勤める悠木記者。
1985年の夏、山好きな同僚と一緒に谷川岳・一の倉・衝立岩に登る予定だったが、日航機墜落事故が発生し、 悠木は全権デスクに任命され行けなくなる。それと同時に同僚も突然倒れ病院に搬送され、喋れず動けない体になってしまう。 会社内での人間関係、親子での葛藤、同僚の怪我、全権デスクとしての責任の中で、悠木はもがき苦しる。
そして、長い歳月の後、同僚の息子と一緒に挑むことになる。 日航機墜落事故当時の話と、同僚の息子と挑む衝立岩での話が同時進行で進んでゆくが、 その中で同僚が当時、残した「下りるために登る」という言葉の意味を理解するようになる。
発売元: 中央公論新社
価格: ¥ 620
著者:森村誠一
山が舞台になっているミステリー小説の短編集。
山岳小説の場合、描かれる山々は神々しく、そこに対峙する人間も山男という独特な世界観があるように思われるが、本書は一般社会でも日常的に起き得るだろうということを山を舞台に展開している。
また、山男の自己顕示欲や虚栄心が強さみたいなところと、罪への葛藤のはざ間で、も がいている姿が秀逸
孤高の人 (上巻) (新潮文庫)
発売元: 新潮社
価格: ¥ 700
おすすめ度 4.5
著者:新田次郎
山岳小説では氷壁と並び賞される作品。
実在の人物・加藤文太郎がモデルになっている。
真面目に勉学・仕事に取り組む傍ら、山に取り付かれてゆく。 あくまでも単独行にこだわり、孤独を愛し地元神戸から北アルプス、夏山、危険な冬山の単独登攀へとエスカレートし孤高の人となってゆく。
仕事や友人関係などで挫折を経験しながらも、結婚し子供を持つに至り幸せな将来が見えてきたが、友人の誘いを断りきれず、 生涯で一度だけ同伴で冬の槍ヶ岳・北鎌尾根を登攀中、遭難し伝説の単独登攀者となる。
最後の槍ヶ岳のシーンにおける風景描写は臨場感にあふれ、迫力満点。
孤高の人 (下巻) (新潮文庫)
発売元: 新潮社
価格: ¥ 700
おすすめ度 5.0
同上
発売元: 講談社
価格: ¥ 1,575
発売日: 2005/03/18
著者:真保裕一
大学山岳部でライバル同士の二人が遭難し、黒部の羆と呼ばれる男が救助に向かう。「黒部の羆」
ヒマラヤのカスール・ベーラを北壁から単独登頂を果した刈谷。彼が山頂で写した写真が合成ではと疑われる。そこで刈谷は沈黙を守るが、その理由とは...「灰色の北壁」
雪山での事故で息子を失った父親が、息子の命日に素人の父親が死を覚悟で同じ山へと向かう...「雪の慰霊碑」
どれも、山という特殊な環境が織りなす人間ドラマ。極限状態が人間の感情を浮き彫りにする。
発売元: 新潮社
価格: ¥ 660
発売日: 1977/08
著者:新田次郎
8つの短編が収録されているが、どれも死が関係しており、全体的に暗く感じた。 複雑な人間ドラマが、山の孤独感や厳しさを際だ立たせているようであり、いずれにしてもそれぞれの短編は、自然の厳しさと人間ドラマを絡み合わせた山岳小説である。
氷壁 (新潮文庫)
発売元: 新潮社
価格: ¥ 820
発売日: 1963/11
著者:井上靖
山岳小説の名作。
穂高連峰が舞台となっていて、様々な登場人物によるヒューマンドラマが展開されるが、感情の機微など細かく描かれていて、 さすが有名な文学作品である。 雄大な自然と都会での対照的な風景描写があって、内容を濃いものにしていると思う。 小坂は奥穂高の難所に挑むが、切れるはずのないザイルが切れ墜落死する。自殺説なども囁かれるなか、 当時、一緒に同行していた主人公・魚津は遭難の真相を究明すべく、最後に死の単独行へと向かう。 その単独行の風景描写が細かく、すごいリアリティがあって、まさにそこで岸壁を登っているような 気分になり、のめり込んでしまった。
登山の厳しさの一端を垣間見たような気がした。
岩壁の掟 偽りの快晴 (新潮文庫 に 2-7)
発売元: 新潮社
発売日: 1975/05
著者:新田次郎
長編・短編の6編あり、どれも山に関連する内容で、読んでて引き込まれてしまった。おもしろかった! それぞれ、登場人物の人間ドラマが面白く、そして山の描写がリアルで、その場にいるような臨場感があった。
八甲田山死の彷徨 (新潮文庫)
発売元: 新潮社
価格: ¥ 540
発売日: 1978/01
著者:新田次郎
ときは明治35年1月、日露戦争を目前とした時期、その想定訓練として厳寒な八甲田山中で雪中行軍が繰り広げられた。二つの連隊が八甲田山を踏破するルートを互いに反対側から登りだした。片方は11日間で210kmを完全走破したが、もう片方は、ほぼ全滅に近い、死への行軍となってしまった。 猛吹雪の中、食糧・体力・睡眠不足の状態で方角も分からず、留まっていることも許されない極限状況のなか、次々に斃れてゆく。体は凍りつき、凍傷で指は曲がらず、絶望感のなか、死の彷徨が始まる。
これは実際に起きた210名中199名が亡くなった大惨事が元になっているのだが、荒れ狂う極寒の八甲田山の恐ろしさと、極限状態のなか遭難に陥る様子が臨場感をもって見事に表現されている。
銀嶺の人 (上巻) (新潮文庫)
発売元: 新潮社
価格: ¥ 620
発売日: 1979/05
著者:新田次郎
対称的な性格を持つ二人の女性クライマーは同じ山岳会に所属し、経験を積むことにより頭角を現し、 ザイルを組んで女性パーティ初のマッターホルン北壁へと向かう。 その後、二人は別々の道を歩み、衝撃的で感動的なラストを迎える。。。 臨場感あふれる風景描写で、岩壁や氷壁でのクライミングシーンでは手に汗を握るような緊張感がある。
銀嶺の人 下    新潮文庫 に 2-18
発売元: 新潮社
価格: ¥ 700
発売日: 1979/05
同上
アイガー北壁・気象遭難 (新潮文庫)
発売元: 新潮社
価格: ¥ 620
発売日: 1978/10
著者:新田次郎
実名で実話を語る本書のタイトルともなった「アイガー北壁」、 二人のパーティが白馬岳主稜で吹雪に遭い、遭難する「気象遭難」、 など山岳短編全14編収録。 どれも遭難・死を予感させるストーリー展開が多く、来たるべく先を 予想しながら読み進む。 命を懸けて山へ向かうという姿勢は緊迫感があって、ついつい感情 移入してしまう。