山登りに行きたい!

ここに掲載しているものは個人的に参考になったものです。ガイドは山へ行く場合の必読書。事前にガイドをよく読み、コースや特徴などをある程度把握しておくことが、楽しく安全な山歩きには必要なことだと思う。

タイトル 説明
奥武蔵登山詳細図?武甲山・武川岳・伊豆ケ岳・丸山全130コースー
発売元: 吉備人出版
価格: ¥ 950
発売日: 2015/11/14
西武鉄道秩父線の飯能駅から秩父駅まで、北西に延びる鉄道の沿線に沿った山域を奥武蔵と呼ぶ。沿線の各駅を基点として日帰り登山が楽しめるコースが数多く、高い人気のエリア。秩父三十三観音霊場など、歴史、名刹を訪れる人も多い。奥武蔵は低山から標高1,000m程度の山もあり、コースもバラエティに富み、四季折々の山歩きが楽しめる。 地元でもあり個人的に好きなエリアだが、奥武蔵フリークには待望の地図となるものではないだろうか。
本地図は1/16500の地形図がベースになっており、1/25000の地形図よりも見やすく様々な詳細なルートが記されている。なんとその数は130コース。一般的なハイキング道から踏み跡も怪しいバリエーションルートなど難易度も様々だ。
製作者が実際に歩いてロードメジャーで計測された区間距離やルート上にある道標、境界杭の他に祠や石仏なども記載されている点は賞賛に値するのではないか。磁北線も記載され、水に濡れにくい紙質で作られているのもありがたい。
こんな地図があったらいいなぁというものが体現化されたようなものである。地図を眺めているだけで、実際にその場を歩いているような気分に浸れる。
関東周辺の山 (ブルーガイド 山旅ルートガイド)
発売元: 実業之日本社
価格: ¥ 1,728
発売日: 2015/09/18
関東周辺の山として、丹沢と奥秩父の山々を中心として赤城山、妙義山、筑波山の19ルートが紹介されている。1ルートあたり6ページ割かれている。
まず見開き2ページの絶景写真で始まる。それを見ただけで歩きたくなる。
次の見開きで、コースの解説や今では当たり前ともいえるコースの高低図がある。それに絶景ポイントからの写真が掲載されている。そしてページを捲ると2ページ割いてのコースの地形図が解りやすい。分岐や不明瞭なポイントなどは、写真付きの解説がある。 絶景ポイントも地図に記載されている。山岳写真家の著者ならではの写真で、同じポイントから撮ってみたくなる。
首都圏1000kmトレイル1 詳しい地図で迷わず歩く!  奥武蔵・秩父354q
発売元: 山と渓谷社
価格: ¥ 1,620
発売日: 2015/09/18
西武秩父線、東武東上線、秩父鉄道の沿線エリアを一般的には奥武蔵、外秩父、秩父と呼ぶが、本書はまさに、そのタイトルが示すエリアに位置する30のコースが紹介されている。歩いたことのあるコースも多いが、思い返すと「特選ハイキングコース」とサブタイトルにあるのも頷けるコース設定だ。
また、個々のコース説明がコンパクトにまとまって読みやすい。
コースの概略で1ページ。標高差、距離の記載は目安になる。コースの詳細な案内が1ページ。コースの見所やまつわる歴史の説明もありがたい。そのコースでのベストシーズンと思われる写真も掲載されており、見ているだけで歩きたくなる。そして、何と言っても本書のセールスポイントは詳細なコース図だろう。気を付ける箇所、花の咲く場所や見所などピンポイントでの説明が充実しており、注意が必要な箇所などは拡大図があって分かりやすい。
本書の地図を携帯すれば、安全で楽しい山歩きになると思う。
西上州の山 ベスト100ルート―妙義山から両神山まで
発売元: 白山書房
価格: ¥ 2,052
発売日: 2014/09/30
ついに西上州に特化したガイドブックが発売された。
こんな本、今まで見たことがなかったが、いつから販売されていたのかと、発行日をみると今月(2014年10月)発売されたばかりだった。
とうとう出たかというのが、第一印象。こんなマニアックなガイド、いったい誰が買うのか。。と思いつつ自分が買ってしまった。(^_^;)
8つのエリア毎に、全部で100コースが紹介されている。広い山域だけに紹介されている山の数が多く、内容が充実している。しかも駐車場の記載もありがたい。
各コースのグレードも記載されており、家族ハイキングレベルから熟達者と幅広い。
グレードは初心者・家族向き、中級者、経験者、熟達者の4種類、私には経験者、熟達者レベルは厳しそうだが、見ているだけでも歩きたくなる1冊。
関東周辺 週末の山登りベスト120 (ヤマケイアルペンガイドNEXT)
発売元: 山と渓谷社
価格: ¥ 2,310
発売日: 2012/09/25
各山2ページでコンパクトにまとめられて読みやすい。
冒頭に、「この本の利用法」が4ページに渡り紹介されているが、ここは最初に目を通した方がよい。 コースガイド、標高差、及び特徴などがまとめられていて使い勝手がよい。アクセスについてもマイカー情報もあるので重宝するし、「Plus1」というコーナーには立ち寄り温泉や食事の情報など山登りとセットで楽しみたい情報が掲載されているので、益々、行く気がそそられる。 また、随所に花の紹介もあり読んでいて楽しさがある。 関東周辺の120山が網羅されていて、初級者から上級者まで山行計画するうえで参考になる。
薮岩魂―ハイグレード・ハイキングの世界―
発売元: 山と渓谷社
価格: ¥ 2,310
発売日: 2013/03/15
西上州は関東のチベットとも言われ、交通の便も悪く、訪れる人も少ない、ある意味秘境のような山域。ここには岩山、薮山などが多く、一般の山々に飽き足りないような岳人達の領域。
なぜ山に登るのか?
文明に頼る日常生活から脱却し、原始の雰囲気を味わいたいからだ。心の底には、好奇心、探究心、冒険心がある。
危険に対処するスキルと感性を備え、最小限の装備で臨む小さな山。ハイグレード・ハイキングにこそ、山登りの原点がある。道なき山稜に読図と動物的勘を駆使して歩く。薮岩魂が騒ぐ40のコースガイド
緊張感あふれる人けの稀な山を探してみようというツウが好みそうなコースがグレード別に紹介されている。
著者は分県登山ガイド・埼玉県の山の著者として知られる人物である。 それにしても藪岩魂って、すごいタイトルである。
※本書の注意書き
本書は初心者向けの登山コースガイド本ではありません。岩場歩行に慣れ、読図やルートファインディング、現地での状況に応じて適切な判断やロープワークができる経験者が対象です。初心者のみの入山はやめてください。
東京近郊ゆる登山 (ブルーガイド)
発売元: 実業之日本社
価格: ¥ 1,260
発売日: 2010/03/19
これから山登りを始めたい人向け。 ストイックな山登りを目指すのではなく、肩肘張らずに山の全てをゆっくり・まったり楽しむことをモットーとする若い女性向けの”ゆる登山”がタイトルになっている。
山登りに必要な道具や歩き方、山での約束事などコンパクトにまとめられている。 紹介されている山は歩ける時間によってレベル分けされており、地図も詳細で特徴的なポイントでは説明あり分かり易い。それぞれ温泉や蕎麦屋などの情報も掲載されている。
蕎麦、温泉好きな私には、堪えられない情報である。 写真も綺麗でついつい行きたくなってしまう。
こうすれば登れる!憧れの名山―るるぶDo!3000m級へのステップアップ (るるぶDo!)
発売元: JTBパブリッシング
価格: ¥ 1,260
発売日: 2006/02
日本を代表する5山に特化したルートガイド。対象が絞られているだけあって、一つの山に割かれているページも多く詳細な説明や細かな注意点も豊富。夏山に限られているが、3,000m前後の山を安全に登るための初心者向けの解説も参考になる
日本に存在する3000mオーバーの21座に関するルートガイド。 「初・中級向きルートで案内」とあるとおり、登りやすいルートが紹介されている。 1座ごとに割かれるページ数も多く、説明もかなり克明に書かれている。 地図も見開き2ページで、水場や特徴のあるポイントなどが詳しく記されており、事前にルートイメージを掴む上でも非常に役に立つ。
埼玉県の山 (新・分県登山ガイド)
発売元: 山と溪谷社
価格: ¥ 1,575
発売日: 2005/01
地元埼玉県に特化したガイド。日帰りのハイキングから泊まりまで全54コース紹介されており、登山道のある山ほとんど網羅されているのでは。 キーポイント毎の写真もあり、地図も細かな注釈がある
クルマで行く山あるき関東周辺 改訂2版 (大人の遠足BOOK)
発売元: ジェイティビィパブリッシング
価格: ¥ 1,575
発売日: 2007/03
やはり駐車場やアクセス情報が充実している。カレンダーもあって雪の有無や花の適期なども参考になる。
関東からアクセスできる日帰りハイキングコースからアルプスの3,000m峰まで100山紹介されている。個々のマップも大きく細かな特徴があり、 アクセス情報も細かく、適期カレンダーもあり、情報がしっかりしている。あと、コラムなども参考になる。
発売元: 山と溪谷社
価格: ¥ 1,680
山頂から見える山々がパノラマ写真付きで紹介されている。展望の山歩き。山座同定の参考に
発売元: 弘済出版社
発売日: 2001/04
理論的な説明が分かりやすく、著者のガイドや解説はいろいろと参考になります。 本書は百名山を紹介するガイド。数え切れない経験がベースとなる解説はもとより、コラムや紀行分は読んでも楽しい。
登山インストラクターの著者が唱える、歩けば健康登れば元気になる山登りを幅広い層に楽しんでももらうべく、 読者に是非、登ってもらいたい山を47都道府県から最低1山は入れ、全100山をチョイスした、その名も「新日本百名山」を紹介している。 本書は東日本エリアの50山を収録。
山歩きをしていると、いろいろな花が見られる時期がある。
気にしないと気にならないが、気にしだすとどんなに小さな花でも見つけてしまうものである。 というよりも、「ここにいるぞ〜!」ってアピールされているように感じるときが多いかもしれない。可憐で小さな花ほど、そんな気にさせられる。
山で見かける草花を写真で撮って、あとから調べて特定するのはなかなか大変な作業だが、 本書は6百種類程度の花が掲載されており、この情報量もさることながら、葉っぱの形からの分類、花が咲く時期による分類、種属による違い、 似たもの同士の見分け方、名前の由来などなど、なかなな良く整理されている。
発売元: 中央公論新社
価格: ¥ 1,029
発売日: 2006/03
タイトルの通り、四季を通じて山を楽しめるようなガイドブックになっている。
山歩きとあるように山頂を目指すものではなく、山に咲く可憐な花を見たい、新緑の中で山の放ついい匂いに溢れたい、 といった自然のなかに身を置き自然のよさを味わうことに主眼を置いている。
季節ごとに関東近県の身近な山々が全48コース紹介されている。
なるほど、自然を味わうことと言われるだけあって、通常登山ガイドには掲載されないような穴場的なところもある。
やはり駐車場やアクセス情報が充実している。マイカーの場合、同じ場所に戻らなければならないが同じコースを往復するのではなく周回コースが満載されている。
ロープウェイ・ケーブルカー・リフトを使った気軽に登れる山歩きコースのを紹介。花のポイントがわかる地図などは参考になる。
日本百低山
発売元: 山と溪谷社
価格: ¥ 2,310
発売日: 2001/12
日本百名山を少しもじった番外編。低山の基準として、里山など日帰りで歩けて、特別な技術は不要で人並の体力があれば、誰でも歩ける山で、 ・知名度が高いこと。ストーリー性(歴史や伝説など)があること。著者の好きな山。 そして、日本百名山の基準の逆で、標高については1500メートル以下とする。 近所の山も多くリストアップされており、イラストがきれいで山を紹介は読み物としても楽しめる。
昨今雑誌や新聞に掲載されているその是非論も踏まえて、深田久弥「日本百名山」の本当の魅力と、登山の心得などをまとめ、 山での歩き方や登山の心得など、より楽しく登るためのヒントを提示。百名山での思い出など興味深いものがある。
東京からの日帰りコースを紹介。駐車場の写真など役に立つ。温泉、名所などの寄り道情報も満載
がんばらずに行ける登山入門と花の山ガイド
発売元: 三心堂出版社
発売日: 1999/07
山登りを楽しむ中高年のためのおすすめ登山コースと花のガイド、登山の計画と準備などについて紹介
駐車場から自然の中を回って歩ける周遊コースばかりを紹介。山・高原・渓谷を歩くための解説。携帯できるマップ付き。〈
発売元: JTBパブリッシング
価格: ¥ 1,470
発売日: 2004/11
首都圏から日帰りで登れる山と立ち寄り温泉施設を組み合わせて楽しめるを50コースを詳しい地図ととともに紹介。
2時間登頂ハイキング 関東周辺 (ごきげん!ハイキング)
発売元: 山と溪谷社
価格: ¥ 1,470
発売日: 2003/05
気軽に出かけられる都心郊外の山や、体力的に軽めな安心コースをセレクト。山麓の見どころや味情報も充実、季節ごとの魅力で選べる58コース。
親子の初めて山散歩―「関東周辺」日帰り&1泊2日コース (ガイド&マップ倶楽部)
発売元: 国際地学協会
メーカー: 国際地学協会
発売日: 1997/06
関東周辺から日帰りや1泊で行けるハイキングルートの紹介、周辺の見どころ、宿泊一覧、味覚狩り情報あり。 親子で山歩きを始めるに当たって、最初に参考にしたガイド。
決定版 花の百名山登山ガイド〈上巻〉
発売元: 山と溪谷社
価格: ¥ 1,470
発売日: 2002/03
花が綺麗な山100選の東日本版。各山の代表的な花に関する説明や適期カレンダーが参考になる。
奥多摩・奥武蔵の山々がいろいろと紹介されている。一番最初に購入したガイド。近場の山が多く重宝している。
日本百名山地図帳 (別冊山と溪谷)
発売元: 山と渓谷社
発売日: 2005/07
地図がメインのA4版の百名山ガイドブック。地図がメインなだけに各山域全体がカバーされており、 紹介されている以外のコースなども記載されてあり情報が満載。日本の山や自然の社会学や登山事情など雑学も面白い。
のんびり山歩き 山小屋ガイド
発売元: 学習研究社
価格: ¥ 1,995
発売日: 2006/03
その名の通り、山小屋の施設・概要・特徴がしっかり紹介されている。また、山小屋を利用した山歩きのルート紹介や車でのアクセスおよび駐車場の情報も充実している。
やさしく歩く日本百名山 (地球の歩き方)
発売元: ダイヤモンド社
価格: ¥ 1,680
発売日: 2006/05/13
見開き2ページのコース図はポイント毎の特徴が記されており分かりやすく、1山あたりの紹介ページも多いので、温泉・食事など周辺情報は充実している。33のコースが紹介されている。
サライが選んだ日本楽名山 (サライ・ブックス)
発売元: 小学館
価格: ¥ 1,890
発売日: 2003/04
北は北海道から南は鹿児島まで24山紹介されている。 タイトルのとおり半日程度で歩けるところが多い。紹介されている山が少ない分、それぞれに割かれているページ数は多く、写真や説明が豊富だ。特に直物に関する説明は参考になる。また、温泉や周辺の観光地など立ち寄り情報も充実
東京都内から日帰りまたは1泊2日で行けるエリアで、初級者から中級者までが安心して登れる山50座を紹介している。著者・岩崎元郎氏がそれぞれのコースのポイントを細かく説明されており、また、安全登山を行う上での解説も豊富。
山の動植物、文化、歴史や各種ランキングと40テーマで日本の山を取り上げた山のまつわる雑学集。