山登りに行きたい!

山を歩くということは町でのそれとはかなりの部分で勝手が違う。歩き方からそこに潜む危険など。。。
手引書や解説書に書かれているようなことを参考にして自分なりに実践できれば、山を楽しく安全に歩く上で大変役に立つと思う。

タイトル 説明
登山の誕生―人はなぜ山に登るようになったのか (中公新書)
発売元: 中央公論新社
発売日: 2001/06
posted with Socialtunes at 2014/12/07
人はなぜ山に登るようになったのか。
このような事を考えることはほとんどない。人それぞれで様々な楽しみを求めて山へ向かうだけだろう。しかし、今と昔では有様が全く異なる。昔の人はどのように山と対峙してきたのか。ヨーロッパと日本を比較しながら、今の登山の生い立ちに迫る非常に興味深い内容である。

「日本アルプスと秩父巡礼」(田部重治)の冒頭に寄せた小暮理太郎の序の文から
「私達が山に登るのは、つまり山が好きだから登るのである。登らないではいられないから登るのである。なぜ山に登るか、好きだから登る。答えは簡単である。しかしこれで十分ではあるまいか。 登山は志を大にするという。そうであろう。登山は剛健の気性を養うという。そうであろう。その他の曰く何、曰く何、皆そうであろう。ただ私などは好きだから山に登るというだけで満足する者である。」
まさにその通り。
ドキュメント 単独行遭難 (ドキュメント遭難シリーズ)
発売元: 山と渓谷社
価格: ¥ 1,680
発売日: 2012/07/20
単独行の魅力と、そこに潜むリスクを5つの遭難事例から探る。 生還者が語る反省点と生還の理由。 『ドキュメント遭難』シリーズの単独行編。 増加の一途をたどる山岳遭難事故のなかでも、例年高い割合を占めているのが単独行者の事故。 遭難者の3人にひとりが単独行者と言われている。 本書は、山岳遭難関連書の第一人者、羽根田治氏が、単独行遭難の実例を詳細にレポートしている。
山の遭難―あなたの山登りは大丈夫か (平凡社新書)
発売元: 平凡社
価格: ¥ 798
発売日: 2010/01/15
山での遭難の傾向、統計や実例を元に対策方法や心構えなどが克明に記されている。ここ近年、登山者は増加傾向にあるが、健康増進や気分転換といったプラス面だけではなく、山独特なリスクも考慮し、覚悟した上で山に入るべきだと説いている。
「厳冬期の北アルプスだろうと、ハイキングで行く山だろうと、遭難事故は、いつ、誰に起きても不思議ではない。
「自分だけは大丈夫」「私は危険な山には行かない」そんなふうに考えているとしたら、あなたも”遭難予備軍”だ。」
ちょっと滑った、道に迷ったが最悪の事態を招く恐れがある。 都会とは違う世界なのだ。すべては自己責任になるのだ。
そのようなことが自覚できているかどうかは重要な問題だと思う。
山登りを楽しむためのノウハウが凝縮されたような本。 読んでいてなるほどと思わせるところが多い。
体系的に必要なことがまとめられているので、これから山登りを始めようとする人にとっても参考になると思う。また、山登りをしている人にとっても足りない点など見直す上で有益な本だと思う。
ドキュメント 滑落遭難
発売元: 山と溪谷社
発売日: 2008/06/27
実際に起きた6件の遭難事件と埼玉県警山岳救助帯からの報告という内容で構成されている。どれもが滑落が直接の要因となった事故について、詳細なドキュメントとなっている。 滑落事故を起こす要因として、道迷いや雪山での滑落ないろいろとあるが、共通して見えてくるのは、何でもないところでの気の緩みや、時間的に余裕がない、または道に迷うことによる焦りなどから端を発しているケースが多い。
掲載記事の事故現場の中で、私自身も通過したことがある箇所もあるが、確かに「なんでここで?」と思ってしまった。
「事故は何でもないところで起きる事が多い」とあったが、上記のように気の緩みや焦りが生じないよう、落ち着いた行動が求められるのであろう。
ドキュメント山の突然死
発売元: 山と溪谷社
発売日: 2008/06/27
中高年の登山熱が高まる中、転落・滑落などの事故だけでなく、登山中の突然死が増えているという。伊吹山や小仙丈ヶ岳での急性心筋梗塞や、ヒマラヤでの脳梗塞などの事例を詳細に取材。その原因を明らかにするとともに、防止策を記す。疲労を残したままの登山、睡眠不足は禁物だ。
常日頃から健康を意識し、健康診断を受け、規則正しい日常生活と定期的な運動を心がけることが重要だという。突然死に起因するものとして高血圧、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病、狭心症、動脈硬化、喫煙などについて、日常生活に気を配り、このような危険因子を減らすよう努めることは登山客として必須のことだと強調されている。
また、仕事の疲労などからストレスを溜めない、睡眠不足の状態で入山しない、すなわち疲れた状態で登山をしないといったことに注意しなければならない。また、登山中は脱水症状を避けるため、こまめな水分摂取は重要な事項である。
このように突然死を予防という観点での対処が必要となるのと、実際に山中でこのような状況に出くわした場合などには、迅速で落ち着いた処置といった総合的な対応が必要となってくると説く。
中高年による登山人口が増え、事故が増えているとのこと。
日ごろのストレス解消のため山に行くということもあるが、すでに中年の域に差し掛かった私自身も身につまされる想いだ。
地形図には等高線などがあり、それを読み取ることにより、標高が分かるだけではなく3次元の地形としてイメージできるようになる。
目的の山へ行く前に、地図を眺めることにより、事前に山の風景やコース上の変化などイメージすることは、安全な山行とする上で非常に役に立つし、なにしろ楽しい。
登山での読図の目的は、地図を使って迷わず目的地に着くことだが、そのために必要な読図の作業として、著者は以下の3つの作業をあげる。
@現在地の把握
Aプランニング
Bルート維持
これらの作業は実際に山へ出向き、実体験として経験することが必要なことだが、本書ではこれを紙上で体験できるような構成になっている。
写真上のポイントから地図上での位置に求めたり、写真の撮影位置を地図上で求めたりと問題形式で非常に実践的な参考書だと思われる。
山岳遭難の原因分析、遭難救助の現場からの報告、生還した事例、安全登山のためのゆとりあるプランニングと装備、転倒・滑落・道迷いを 防ぐ方法など山に入る前に知っておくべき知識と技術を100のポイントで紹介。山登りでどのような危険が潜んでいるのか、事前に認識する意味でも有益である。
発売元: 山と溪谷社
価格: ¥ 1,890
読図とは地図を読みことである。 地図を眺めるのではなく、地図に書かれている地形や地形の変化を読み取ることが必要とある。
なんでこんなことをする必要があるのか。
山において地図(地形)を読む力をつけるということは、すなわち、道に迷わないためにある。 地図だけではなく、コンパスも利用することにより、現在地の確認と向かうべき方向の確認ができるようになる。
読図ができるようになり、地形を予想して歩く、つまり地図の先読みができるようになれば、道に迷うことが少なくなるし、地図見て考えながら歩くのは楽しい。
本書は実際の数コースでポイント毎に写真を多用して詳しく解説している。
読図というのは、山歩きの一つの楽しみと言える。これはお勧めの一冊
中高年登山ブームを興したことで有名な著者の山登りにおけるノウハウ集
山岳での事故は増加の一途にあるようだが、誤った思い込みや、ちょっとした気の緩みなどが原因となる場合も多いそうだ。山の中は街中の環境とは異なり、ちょっとしたことが命取りとなってしまうことがある。
副題のとおり、「知らなかった」ではすまされない62項目がノウハウとして掲載されている。
山で安全に楽しい想いをするためには必要なことばかり。 これを読むことにより、あらためて注意しなければと考えさせられた。 著者の書籍は科学的な根拠と、数多い経験を基づいた説得力のある語り口が個人的には気に入っている。
生還―山岳遭難からの救出
発売元: 山と溪谷社
価格: ¥ 1,680
発売日: 2000/10
山で実際に遭難して生還した7名(7ケース)が、そこで何を考え、どのような行動をとったかということが綴られた内容となっている。
「遭難している間、骨折して動けなくなり、傷口に"うじ"が湧き...」なんていう体験談もあったが、 それぞれが実話だけにリアルで緊迫感がある。 遭難した際には、「必ず助けに来てくれる」「必ず生き抜く」といった強い意志と冷静な判断力が要求されるとあるが、 いざ、自分が本誌で語られているような状況に置かれたときに同じような行動が取れるのかといったことを考えさせられる。
こういった状況に適切に対処するためには、知識や山登りの経験が必要なことはもっともで遭難しないのが一番であるが、 遭難した場合に備え、著者は以下の三つが生き延びるには、必須条件といっている。
・事前に家族や地元の警察に計画書を提出する
・しっかりした装備で挑む。火・ストーブ・非常食・ツエルトは必須
・万一、遭難してしまったら、救助が来るまでじっと待つ
山での遭難はちょっとした油断やあせりなどが原因で起きると言われている。そういう意味では山登りをする者はだれでも、 遭難するというリスクを負っているということを、常に自覚して、そうならないための行動をとらなければならないと思わされた。
こういうことが起こり得るのだということを認識する意味でも読んで損はないと思った。
山に潜む危険について、どのようなことが考えられ、そして、未然に事故などを防ぐためには、事前にどのような準備を行なっておくべきか。
また、けがや道迷いなど、いざ山で危機に瀕したときにはどう対処すべきか……山における危機管理のノウハウを、予防と対処の点から解説。
また、具体的な遭難例をとりあげて、その事故原因を検証する。登山者の危機管理を促し、安全登山を提案する一冊。
未然に防ぐということは重要なことで、そのための地図の見方やコンパスの使い方、その他ためになる情報がいろいろと掲載されている。
机上登山
発売元: 博品社
発売日: 1998/04
地形図にコースを描き、そのコース上を地形図上での変化を参考に解説してゆく。紙上の地形図と解説を読んでいるだけでも、 その情景が浮かんでくるようである。味のあるコースを20程度紹介している。
発売元: 東京新聞出版局
価格: ¥ 1,680
発売日: 2005/02
山の事故から生還した人たちの迫真の手記から山岳遭難のセルフレスキューのポイント18を解き明かす。山の専門誌「岳人」の好評連載「すぐそこにある事故」などを中心に再編集されたもの。 冬山や沢登など専門的な事例が多いが、事故が発生した際にどのような行動をとったのかというところの事例が豊富に掲載されており、非常にためになると思う。 また、セルフレスキューという見地から、人工呼吸、心臓マッサージの方法から怪我をした場合の対処方法、凍傷についての解説など掲載されており、登山をされる人にとっては、大いに参考になると思う。 特に山の中では、対応が遅れると死活問題に直結するような事柄がばかりで、大自然の中で、生き残る知恵が網羅されている。
行くぞ!山歩き
発売元: 筑摩書房
価格: ¥ 1,680
発売日: 2001/08
行くぞ!山歩き 著者:平野恵理子 山歩きをするための計画の立て方、基本的な道具やマナーの説明、山での食事の楽しみ方などあり、山歩きの楽しみがより感じられるような内容となっている。 また、初心者でも楽しめるコースと楽しみ方の紹介もあって、これから山歩きをやってみたいと思っている人にとって、お奨めの一冊。
登山で一番大事なことは、山で事故や遭難を起こさないこと。そのために登山の基本的なマナーやルールを守ることが大事だとしている。山登りに関して、どのような行為が間違っているのか、また、その間違いよりどのようなことに発展して行くのかといったところが詳しく説明されている。特に著者の豊富な経験や知識から、実例による説明が多く、参考になった。
そうだ、山へ登ろう!―森林インストラクターになっちゃった
発売元: 三五館
価格: ¥ 1,260
発売日: 2004/09
中高年を対象にして、山登りをすることが健康維持に効果があるといったことや、山登りを行うためのハウツが詰まっている。
山登りのための体の作り方、必要な道具、山での食事、天候の話または山での危険の対処法などについて、具体的な内容で為になる。
また、著者は森林インストラクターの資格を持ち、動植物や自然とのふれあいなどの楽しみ方などについても触れており、これら山の知識を持って、山登りに臨めば、さらに山登りが楽しくなるし、知的好奇心も満足させる余裕のある登山ができるとしている。
「山に潜ってみよう!山には人の心を癒すエキスがある。疲れたら、ちょっと山へ行ってみよう。。。
人の心と体を元気にするしくみが、山には揃っているのだ。」
森林の人間へ効果とは
視覚的効果---緑の色を見ることで気分をリラックスできる。
嗅覚的効果---森林の香りによる薬理効果
聴覚的効果---木々の揺れ動くときの音、小鳥の鳴き声、川のせせらぎなどのリラックス効果
皮膚感覚的効果---木の肌、土、石の感触。それを手で感じることによる自律神経への刺激効果
本書は一般的な山頂を目指すための解説書ではなく、ストレス解消、体を癒すための山の効用を説いている。

なお、本書は私が山歩きを始めるきっかけとなった本。