山登りに行きたい!

有名な登山家や山歩きを趣味にしている著名人による山のエッセイなどを読むと、山に対する想いや楽しみ方が人それぞれ違っており、山歩きについて新たな発見がある。人はなぜ山を目指すのか、そんなところが垣間見れるような気になれる。

タイトル 説明
発売元: 金曜堂出版部
発売日: 1984/12
30年以上も前に出版された本書は、出典の古さから現在では中古等でなければ入手できない。
奥武蔵の山域の定義から始まり、各地に伝わる伝記が面白い読み物として丁寧に記されている。 奥武蔵は都心からのアクセスもよく、日帰りで歩ける整備されたハイキング道も多く、休日は多くのハイカーで賑わうが、一方で昔から人の生活に密着した山域として、昔の作業道や踏み跡の怪しい古道を辿るなど、ハイカーが訪れることのない静かな山歩きも堪能できる。道端にひっそりと佇む石祠や石仏などに往時を偲ぶのも楽しい一時。
その土地に根付いた古くから語り継がれる伝説、峠や山に纏わる話など、大変興味深い。そんな奥武蔵のものがたりを想いながら、山の中を歩くのも一興だと思う。
書中に挿絵として挿入されている古地図には、今はなき古道を辿るものや、地形図や現代のガイドには表れない山名の数々が記されており、あれこれと想像してしまう。読みだすと気になってしょうがない。
本書を通して一般的なガイドにはない、一味違った歩きが味わえるのではないだろうか。ただしきちんとした地図などないので、安易に踏み込むのは控えた方が良い。遭難しないよう十分な注意が必要であるが、ディープな奥武蔵の歩きを楽しむための一助となるのではないか。
定本 黒部の山賊 アルプスの怪
発売元: 山と渓谷社
価格: ¥ 1,296
発売日: 2014/02/22
60年ほど前の北アルプスでも最奥の地とされる三俣蓮華および黒部渓谷が舞台。
当時は三俣に入るには二日以上もかかって、アルプスの高峰をいくつも越えなければならず秘境といわれた想像を絶する厳しい自然環境。そんな中で岩魚を釣り、兎、熊や羚羊を狩る山賊の呼ばれた男たちがいた。
莫大な埋蔵金の伝説に惹かれて黄金の亡者になった山賊、山で聞く不思議な呼び声や、カッパ伝説、カワウソ、人を騙す狸、思わずゾッとするような妖奇譚。悲惨で不思議な遭難事件など。
黒部の開拓に半世紀以上を費やされた伊東正一氏と山賊との交流の中で語られる世間と隔絶された世界での出来事は、どれもが興味深い。今や山賊が跋扈しているような時代ではないが、山は変わらずそこにある。舞台となった最奥地、当時に想いを馳せながら歩いてみたい。
秩父藪尾根単独行 (YAMAKEI CREATIVE SELECTION Frontier Books(NextPublishing))
発売元: 山と溪谷社
価格: ¥ 2,160
発売日: 2015/01/09
秩父でもマイナーな部類の山々を単独で踏破された24編におよぶ山行記。
埼玉県には奥武蔵や奥秩父といったハイカーに人気のエリアがあり、ガイドブックも数多く出版されているが、一方で全くと言っていいほど紹介されないエリアも多い。
特に本書で紹介されている大久保谷から大血川渓谷に挟まれた山域は、東は武甲山、西は雲取山などメジャーな山々に囲まれているにも関わらず、奥武蔵でもなく、奥秩父でもない。ガイドブックなどで紹介されることもなく、訪れる人も少ない山域である。
登山道などは整備されておらず、半世紀以上前に林業関係者の廃れた作業小屋や微かな踏み跡が散見される程度のようである。そんな踏み跡に惑わされて、ときに遭難も発生する。安易な立ち入りは許されない、秘境のような一帯である。
不謹慎かもしれないが、「バミューダ海域」ならぬ「バミューダ山域」として、密かに気になっているエリア。そんな山域が紹介されている数少ない一冊。
本書のルートはバリエーションルートとも呼ばれるもので、経験、体力などが要求されるハイグレードな範疇になる。
24のルートのうち、以前、その一部を実際に歩いたこともあるが、素人であるが故に怖い思いをした当時の記憶が蘇り、手に汗を握りながら読み進んだ。
道なき道を歩く緊張感は、ハイキング道でのそれとは全く異なる。常に五感が研ぎ澄まされるようであり、高揚感も覚える。
思わず後追いもしたくなるが、安易に踏み込んではいけないルートばかり。 しかし、真似は出来ずとも著者の巧妙な語り口と秀逸な描写により追体験はできる。 あまり知られることのない、秩父の藪尾根を垣間見たい人にお勧めの一冊。
古い家の蔵などに貼られている黒い獣が描かれたお札がきっかけとなり、その謎を解くために川崎から秩父へ、そのツールを求める旅が繰り広げられる。
奥武蔵あたりの里山を歩いていると旧家の蔵や玄関先で、狼のような獣が描かれたお札(護符)をよく目にする。 その護符に描かれている獣はニホンオオカミである。
日本では絶滅したとされるニホンオオカミは、かつて奥武蔵や奥秩父の山々に多く生息し、イノシシやシカなど獣害を引き起こす動物を捕食し、農作物を守ってくれたという。そのことからオオカミは神と崇められ、古くより地域の生活に密着した関わりを持つようになる。そういった地域の人々の信仰・文化が綴られている。
実際に秩父の多くの神社では、オオカミ像を狛犬としていることが多い。特に武甲山の登山口である一の鳥居の狛犬の猛々しさは息をのむほどだ。

今も残る講などを通じて、神の前に人々が集い、その繋がりを深めていく。その土地々々に根差した信仰は、世代を越えて暮らしを永続的につないでいくためのもの。そのような世代を越えて守り続ける場に、神は祀られていると著者はいう。

山の中では、ときおり小さな祠を目にする。そのような場所を通ると厳かな気持ちになり、思わず手を合わせてしまうことがある。そんな時に神々を身近に感じ、山岳信仰の片鱗に触れたような体験ができるのも山歩きの楽しみか。
悠遠の昔から連綿と受け継がれる山岳信仰の神秘性に迫る一冊。
信念 東浦奈良男 一万日連続登山への挑戦
発売元: 山と渓谷社
価格: ¥ 1,620
発売日: 2012/02/18
定年退職後から一万日連続の登山に挑む東浦奈良男氏のルポ。
1日も欠かさずに登山を続ける前人未踏の偉大な挑戦、25年を超えて歩き続ける。伊勢に住まわれ近隣の山に足繁く登るも、富士山にも拘りも持たれ、300回以上登られている。 そして怪我しても、事故に合っても病院にも行かずに歩き続けることは、強靭な信念の成せる技なのか。

「めざす頂上へのあの苦しいえらさ。息詰まる胸くるしさ。それをぐっとこらえて、なおもすすむ。この心、この姿、この気構、好きだ。」

趣味を超越して、人生そのもの。表紙に飾る氏の写真は、オーラを身に纏い鬼気迫る凄さがある。

「一日一山、日新山歩これあるかな。こそ山はやめられない。山の新気を爪先までみたして帰るとおもえば、なんと爽快。」

日記に綴られた山への想い、家族への想い、それは崇高で哲学的な人生の記録のようでもある。 山に馳せる想いを通して、また違った山の魅力というものを改めて垣間見たようなお勧めの一冊。
いのちの代償 (ポプラ文庫)
発売元: ポプラ社
発売日: 2009/09
1962年12月、北海道学芸大学函館分校山岳部の11名は、冬山合宿に入った大雪山で遭難した。山岳史上、最大級の遭難事故。
リーダーを残して部員10名全員死亡。その生還したリーダー野呂氏は両足を切断し、十人分のいのちの十字架を背負って生きてきた。その氏が45年の沈黙を破り、遭難事故の全貌を明かす。
自然は時として壮絶な試練を与える。ちょっとしたタイミングの違いや判断によって想像を絶する環境に置かれることがある。そんなとき人は無力になるが、その状況で如何に生き延びるか。生死を分けるものは何か。そんな観点でみたが、自分だったら全く生き延びる自信がない。生き延びるなど考える余地のない自然の猛威に翻弄されるだけであろう。
危険と裏腹な魅力が山にはあるのだろう。いや危うさがあるからこその魅力なのか。 改めて山は危険だと思わされる一冊。
山と写真 (ブルーガイド)
発売元: 実業之日本社
発売日: 2012/06/28
著者:野川かさね
写真家である著者が山での「そのとき」に感じたこと、思ったこと、そして「それから」考えたことを以下の6つのテーマをもとに写真をメインに綴った随筆集

光 − 光を感じて撮る
発見 − ふとした気づきを撮る
空気 − 山の一部となって撮る
偏愛 − テーマを決めて好きなものを撮る
記念写真 − その時その場所にいたこを撮る
その先 − イメージの先にあるものを撮る

著者の語り口がほのぼのしており、思わず和んでしまう。

山を歩いていると、確かにこの瞬間を収めたいと思う時がある。 たぶん、五感が刺激されることにより、感じることが多くなるからだろう。

「山にはその場でしか感じることのできない光や空気、発見があります...
写真について考えること、学ぶことはもちろん大切です。しかし、何よりも山に行って 山を感じることが一番大切なことです。」

確かに山の中では感じることは多く、思わずシャッターを押すが、後から見直していると、その時感じたことが表現されていない場合がほとんどなのだが。。。
写真は難しい。
百年前の山を旅する
発売元: 東京新聞出版局
価格: ¥ 1,800
発売日: 2010/10/21
100年前の登山家の追体験記。
現代的な装備や食料は、単に余裕の範囲を大きくし、そのぶん大変の純度を下げてしまうものになりかねない。便利なものは楽で快適かもしれないが、そのぶんつまらないし深みもない。 現在よりも当時のほうが、よほど自由な精神で山を旅している気がする。
時代を超えた追尾調査は、感情にまで追うことが重要な気がした。何を感じ、何を考えたのかわかなければ、彼らが実際に歩いたラインや歩いたテンポ、それが意味することなどわからないのではないかと思ったのだ。 そこで、和服に鳥打帽、股引に脚絆、わらじといった出で立ちで、道具、食糧など当時の状況を再現し、実際の体験を通して検証している。
サバイバル登山家
発売元: みすず書房
価格: ¥ 2,520
発売日: 2006/06
フリークライミング、岩壁登攀、山スキー、沢登り、アイスクライミングからヒマラヤの高所登山まで、山登りの範疇に入るものを一通り経験している著者が、 食糧も燃料もテントも持たず、獣のように一人奥深い山へ潜る。
ヘビやカエルなどを捕まえて喰らい、道なき道をさすらい歩く壮絶な手記。
冬期知床半島縦走、日高山脈1ヶ月間縦走、厳冬期黒部横断。
どれも内容は凄まじく、想像を絶するような厳しい環境に身を沈める。
「生きようとする自分を経験すること、僕の登山のオリジナルは今でもそこにある。僕は自分の内側から出てくる意思や感情を求めていた。。。
[中略]
絶対的な経験の先にある感情の起伏にこそ、心を物理的に動かしてゆく力がある。 山には逃れようのない厳しさがあった。そこには死の匂いが漂っていた。だからこそ、そこには絶対的な感情がある気がした。」
なぜ、人は山を目指すのか、さらにはなぜ生きるのか、この深遠なテーマに触れるとにかくすごい内容。
最年少で世界7大陸最高峰の登頂に成功した冒険家、かつ清掃活動を通して地球環境保護を実践されている野口氏のドキュメント。
外交官の父を持ち、小さい頃から世界中を転々とするも、勉強が嫌いで劣等感を感じ、周りからも「落ちこぼれ」の扱いを受けていたが、 そんな中で植村直己の「青春を山に賭けて」という本と出会う。
それから、氏の冒険の日々は始まった。。
冬の富士山から始まり、穂高、そしてヨーロッパのモンブランと、どんどん自分の壁をクリアしていく。
そして、エベレストに挑戦している際、ゴミの多さを驚き、何かが間違っていると意識の片隅に残る。
自身が落ちこぼれだったからこそ、まちがいや失敗に対して、それを訂正して勇気を持って新しい行動を始めることができるとし、 「悪い」のは「まちがった」ことではなく「まちがいを直さない」ことだ。そのためにもゴミを無視することがよくないことだと考え、エベレストの清掃登山を実施した。
それから環境問題に目覚め、富士山の清掃と活動の幅をどんどん広げてゆく。
発売元: 山と溪谷社
発売日: 1999/06
女優「市毛良枝」さんのエッセイ集
ふとしたことで山登りにいくはめになり、それがきっかけとなって山登りにはまってゆく過程が綴られている。
女優さんには、普通の人とは生活が違うし、また、いろいろな悩みを抱えていたというが、それが山と出会い、その自然の中に身を置くことにって、本来の自分自身を見つめ直し、自分らしい生き方を見つけることができたとある。
途中、女性で世界初のエベレスト登頂者の田部井淳子さんの「やりたいと思ったことはやればできるの。やりたいのにできないと言っている人は、本当にやりたいわけではないのよ」という台詞があったが、その通りである。
キリマンジャロ登山をはじめ、様々な紀行文が掲載されているが、文書からも楽しさが溢れ共感できる。
発売元: 新潮社
価格: ¥ 740
発売日: 2000
山を登る人にとっては、言わずと知れた小説家・山岳紀行家である深田久弥の名作。 以下の判断基準のもと、百座を選定し、山々の歴史、特徴や美しさ・威厳などを語っている。

日本百名山であるための三つの基準
第一、品格のある山であること。誰が見ても立派な山だと感歎するものでなければならない。厳しさか強さや美しさが、何か人を打ってくるものがなければならない。
第二、歴史のある山であること。昔から人間と深いかかわりを持ち、人々が朝夕仰いで敬い、その頂に祠をまつるような山は、おのずから名山の資格を持っている。
第三、個性のある山であること。
形体であれ、現象であれ、乃至は伝統であれ、他になく、その山だけが備えている独自のものが必要。
付加的条件として、例外はあるが、大よそ1,500m以上の標高が必要。

特徴に関する記述がすばらしく、それぞれの個性が見事に表現されており、本書を読むにつけ、同じ感動を味わってみたいと気持ちが強くなる。
また、本書は近年の登山ブームの火付け役ともなり、その功罪も問われているらしい。
私の南アルプス
発売元: 山と溪谷社
価格: ¥ 1,785
発売日: 1998/04
元日本共産党委員長・不破 哲三の南アルプス山行記
発売元: 小学館
発売日: 1992/10
女性で始めてエベレストに登頂した田部井氏の著書。
7大陸の最高峰をそれぞれ登頂した体験記。女性として母親として一般の人とは何一つ変わるところがなさそうなのに、すごいバイタリティの持ち主だ。これらの山々を登るということは並大抵のことではないし、特別な人だけが体験できることだと思っているが、本書を読んでいると著者はそれらの壁をことごとく打ち破って成し遂げていて、普通の人でもできるのではと思わされてしまう。
エベレストに登るというと、体力がない、技術がない、お金もない、時間もない と一般の人は行かれない条件ばかりで、本当に登りたいという「意志」がない。この「本当に行くんだという意志」が一番重要だと言っている。
そして、達成するための計画を緻密に立てて実行に移す。また、問題があれば、与えられている環境の中で、どうすれば一番いいかということを考えられる前向き前進タイプ、これが山では大事だ と述べておられる。
これは実社会でも必要な資質だな。
発売元: 新日本出版社
価格: ¥ 3,045
発売日: 2003/08
本書は山登りで50年以上の経験をもつ、偉大な山岳写真家である著者が「山はすなわち人生である」と いう人生の教訓がちりばめられている。
「人生というものは登山同様、自分で道を決めて自分の足で歩くことである。冒険とは、 自己の可能性を見極めるための、絶対至上の行為である」
「可能性とは、やるつもり、固い決心とその持続があれば、すなわち意思と行動力があれば、 物事すべてに実現の余地がある」
「山でのきれいな空気や美しい風景、花や雲、風、あまたの物象から あたえられる感動は、煩雑で音楽的な感興もなく、非人間的な都会での生活に疲れた私に、 失われかけた人間性をよみがえらせてくれる」 とどれも含蓄あるお言葉である。 私も「日本アルプス全山を凌駕する王者」と称される”北岳”にいつかは登りたいな。。
発売元: 集英社
価格: ¥ 650
発売日: 2003/01
最年少で世界7大陸最高峰の登頂に成功した冒険家で、かつ清掃活動を通して地球環境保護を実践されている野口氏のドキュメント。
落ちこぼれと呼ばれていた頃、父親から言われる。
「勉強をやって、いい大学を卒業し、いい会社に入ることはたいしたことではない。 人生において道はいっぱいあるんだ。一番大事なことは、自分がしたいことをして満足できるかどうかなんだ。 人が進む道を進むことが大事じゃなくて、自分の道を見つけて自分の満足できる道を自分の力で進むことが大事なんだ。 そしたら、たとえ失敗したって、おれはおれなりにやったんだ、しょうがないって満足して思えるじゃないか。 それに勉強は進んでするものだ。勉強したくなる時が必ずくるから、その時に一生懸命すればいいんだよ。」
すばらしい父親だ。
内容的には「あきらめないこと、それが冒険だ」とほぼ同等だが、氏の前向きな姿勢には共感する。
昭和39年1月、青森県の岩木山で秋田県大館鳳鳴高校の山岳部員五人が遭難事故が起きた。
連日の大がかりな捜索にもかかわらず、五人の行方はわからない。
果たして一人が生還し、四人が死亡した。
岩木山は標高1,625mの単独峰。一体、五人に何が起きていたのか…。ただ一人の生還者の証言をもとに、地元の関係者、捜索隊、警察などの状況を丹念に取材。猛吹雪のなかをさまよいながらも、最後までお互いをかばい合う五人の生と死の軌跡を描き出す、感動のノンフィクション
20代半ばから徐々に視力を失い、働き盛りの30代で完全に失明した。失意のどん底に沈んでいた著者が立ち直ったのは、家族の絆、そして「山」だった。
山歩きの楽しさを知った著者は、数多くの仲間たちの力を借りて、娘たちといっしょに北アルプス、南アルプスなどを縦走するまでになった。
全盲で登山なんて常人には想像すらできないこと...
読むだけで元気が出る。
発売元: リヨン社
発売日: 1996/04
「中高年のための登山学」で好評を得、自然を愛してやまない著者・みなみらんぼう氏の心にやきついた、感動の山旅、素敵な人々。読んだらいますぐ山に行きたくなる、らんぼう流、山の楽しみ方。
発売元: リヨン社
発売日: 1998/02
山登りを始めて2年になる俳優・小野寺昭氏が山で感じたことや思ったことが綴られているエッセイ。 縦走、冬山とエスカレートしてなかで辛くても山登りを楽しみ、そしてその 深みに嵌ってゆく著者の思いが十分感じられる。 ひょんなことから山登りを始めて嵌ってゆく過程など、個人的にも共感を持って読めた。
「鉄の男」と呼ばれ、自分にも仲間にも一切の妥協を許さず、徹底的に厳しく山へ向かう登山家・ 小西政継の生涯を綴る。
山で遭難するのは、力・実力不足だからいけないのだ。山では全て自分に責任が帰ってくる。 と自らを律し地場の山岳会を世界に誇れる山岳会へと育て上げて、 ヨーロッパアルプス三大北壁の冬季登攀やヒマラヤ8,000m峰の無酸素登攀へと、 より厳しい過酷な山への挑戦が続いてゆく。
中高年になってからは、それまで否定していた酸素ボンベを担いでの登山を実践し、 1年間に8,000m峰を一山ずつクリアすることを目標とする。
そして、1996年、ヒマラヤ8,000m峰のひとつ、日本人が40年前に初登頂を果たした マナスルで消息を絶ってしまう。。
毎年のように仲間が遭難したり、凍傷で指切断といった状況にあるなか、それでも 山へ向かう。命を懸けて達成してこそ、掴む事のできる生きる証のようなものが あるのだろうか。
コバンザメ登山家フン戦記
発売元: 白山書房
発売日: 2003/11
旦那さんが40を過ぎてから登山を始め、それにつられ、夫にコバンザメのように貼り付いて一緒に登山を始めた著者のエッセイ集。 旦那さんもすごいが、岩登りはや北アルプスのキレット越え、冬季八ヶ岳の単独行とどんどんエスカレートしてゆく。文章が上手で語り口が面白い。