おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字8文字以内)
画像認証 (右画像の数字入力) 投稿キー
文字色
大平山

こんばんは。タイトルを見た習慣に、どこの大平山かなと思ってしまいました。
全国、どこにでも大平山、太平山はありますからね。
黒山三滝が出たところで、昭文社マップの奥武蔵を広げ、大平山を確認しましたが、確かに、ここにも大平山ありなんですね。
役行者像ですか。苔むして、なかなかの年代物ですねぇ。下の写真の不動明王像に至っては、つい、タワシできれいにコケ洗いをしたくなってしまいますよ。このお不動さんも、一帯にあるのですか? ちょっと興味がわきましたよ。こすることはさておき、写真に収めたいなぁと思っちゃって。
ところで、話はまったく次元違いですけど、役小角、役行者と表現は違いますが、これって、各地によって表記が違うだけのことなのでしょうかね。ふと、気になり出しましたよ。
まさか、出張中は役行者で、地元では役小角というわけではないでしょうね。
これも余計ですが、確かに運動不足の解消にはならなかったかもですね。

たそがれオヤジ 2017/10/16(Mon) 21:50 No.514 [返信]
Re: 大平山
たそがれさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
越生の大平山は、あまり知られていないと思いますので、穴場的な山かもしれません。石仏などに興味のないハイカーにとっては、ここは単なる通過点でしかありませんので(笑)
不動様は近辺ではここだけかもしれません。この辺りは昔から里山として、お地蔵様や馬頭観音などはよく見かけますが、そんなものを眺めるのも嫌いではなく、たまに歩きたくなるエリアです。この日の歩きは、おっしゃる通り、運動不足の解消にはならないかもですが、家でじっとしているよりは、よっぽどましですね。
役行者は修験道が盛んだったような山などでたまに見かけます。表現としては役行者か役小角のどちらか一方で呼ばれているようですが、違いはよく分かりません。ここの大平山では役行者でしたが、先日、女峰山の時に寄った行者堂では役小角となっていましたし。
埼玉では役行者が多いように感じますが、出張中なのかもしれませんね(笑)
でも確かに名前の使い分けは気になりますね。
HIDEJI 2017/10/17(Tue) 00:17 No.515
武尊山

秩父方面のバリルートに足が向かわないのは紅葉に少し早いからですかね。私は月末辺り軽くそちらへ出かけようかと思ってますよ。
武尊山はここ2週ほど北から眺めてますが登ったことはなくて。百名山のくせして中々危なそうなコースですね。岩場の細尾根らしく地味植物も写り込んでいますが、やはりナゲガードで守られていないと私は二の足を踏みます。
足の痙攣は運動不足もあるかもしれませんが水とミネラル不足じゃないですか。1日は暑かったようですし。私なら4L持参ですね(笑)。
水場が見つからなかったようですが池の写真は写ってますね。濾過機があれば濾過して飲めますよ(笑)。

ふみふみぃ 2017/10/14(Sat) 20:42 No.511 [返信]
Re: 武尊山
ふみふみぃさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。最近、百名山の一般ルートばかりで、バリルートに対して気おくれしてなかなか足が向かないところが本音です(^^;)
思い切って行ってしまえばいいだけなのですが、秩父の紅葉は外したくないですね。月末に軽く秩父ですか。どこでしょう?楽しみにしております。
登山道でのシャクナゲートは敬遠したいところですが、岩場のナゲガードが心強いですよね。ここのところ、足が攣るようなこともなったので、水分不足もさることながら運動不足も原因かなと考えておりましたが、4Lを持ち歩くのは私にとってはさすがに重労働です(笑)
沢の水もお腹を壊すようなケースが怖いので、口にすることはないのですが、濾過器をあると安心ですね。濾過の模様を拝見しましたが興味を持ちました。
HIDEJI 2017/10/15(Sun) 00:14 No.513
武尊山

武尊山には3回ほど行ったことはありますが、いずれも、そんな危険コースを歩いたことはありません。というか、そんなコースがあることも知りませんでした。昭文社地図を見ると、確かに不動岳の先は破線ルートになっていますが、拝見する限り、その前後からして破線ルートですね。トレランの対象にもなるコースとは思えませんよ。
旭小屋コースというのですか。1/25000地形図を見ても、その川場尾根、岩場が入り組んで続いているような気配はないですけどね。
しかし、HIDEJIさんも、西上州の岩峰も含め、そういう危険ゾーンの歩きがお好きなようですね。今回は同類の年配者もいたようですけど。そんなところを上り下りしていたら、足が痛くなっても不思議ではないと思いますよ。
上州武尊も、紅葉の本番はこれからでしょうか。週末あたりが見頃のような感じはしますけど、天気がどうもねぇ。

たそがれオヤジ 2017/10/06(Fri) 09:01 No.508 [返信]
Re: 武尊山
たそがれさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
いくつかのコースのうち、川場スキー場から剣ヶ峰山を抜ける稜線コースは残雪期に歩きたいと考えており、また武尊神社からのコースは人が多いと思って避けましたが、山頂の人の多さを見て行かなくて正解でした。
そんな訳で消去法により決まったようなコースでしたが、人も少なく、好展望の稜線歩きもあり、疲れましたが楽しめました。トレランの方は、身軽だからか颯爽と走り去って行きましたが、今や日本百名山であれば何処ででも会いますね。岩場はほんのごく一部だけでしたが、私的には精神的なプレッシャーが掛かるような岩稜でしたので、距離が短くてちょうど良かったです。
西上州も紅葉の時期に訪れようと考えておりますが、長距離で肉体的に痛めつけるか、岩場など危険ゾーンで精神的に痛めつけるか、どちらにしろ、どM嗜好に向かいがちです(笑)
ここの紅葉は少しフライング気味だったようですが、うかうかしてられませんね。
HIDEJI 2017/10/06(Fri) 23:47 No.509
Re: 武尊山
HIDEJIさん、こんばんわ。
やっぱり鎖場なんだと思いました(笑)ええっ、Mですか!紅葉にどんぴしゃ行くのは思ったようにならないが故に当たると嬉しいもんですね。また、あちこちで初冠雪の情報が入ってきますが、低山の紅葉と、赤城山あたりの霧氷もウォッチしつつ・・・(これじゃMではないですね 笑)
みー猫 2017/10/14(Sat) 18:24 No.510
Re: 武尊山
みー猫さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
ついM志向になりがちですので注意しないといけません。私的にMの境地にある谷川馬蹄形縦走も気になっていたのですが、冠雪が始まったようでは今年は諦めないといけませんね。なお、みー猫さんとふみふみぃさんの最強タッグによる巻機山へ抜けるあの稜線は、私では心が折れるだけで、途中で挫けて歩き切れませんし、Mの境地を越えています(^^;)
やはりのんびりと低山の紅葉や霧氷ウィッチなどが理想です(笑)
HIDEJI 2017/10/15(Sun) 00:12 No.512
青森遠征改めて

HIDEJIさん、失礼いたしました。写真をつついておりました。初歩的なミスです。ご容赦を。
半月前ですか。写真に映った葉の赤みや八甲田の草紅葉からして、東北の紅葉も今は盛りかもしれませんね。
実は、今月末に岩手山の西側を避難小屋泊りで周回する計画を立てていたのですが、何やかやとつまらない用事が重なり、ようやくと思ったところで今度は天気は悪くなる気配。10月に入ってから行って、晩秋の景色に浸るのもなぁとあきらめの心境です。
HIDEJIさんの行かれたところ、大方は知っていて、せいぜい不老不死には泊まったことがなく、わさおの存在は知らず、立佞武多の館には行ったことがなかったくらいのものでしょうか。
奥入瀬の濁流は残念ですね。先日、ブラタモリでもやっていましたけど、つい紅葉の奥入瀬のイメージが強くて、コケの世界やら、滝が随分とあることを知らない人が結構いるんですよね。私も、じっくりと観察したことはないのですが、いつか改めて丸一日かけて歩いてみたいと思っています。
岩木山のリフト利用はもったいないなと思いましたよ。時間がないのではその手しかないでしょうけど。サンダル履きのバアサンがねぇ。大方、大型バスで乗り入れた観光客ではないですか。リフトもあるし、ちょっと登ってみるかといった感じで。
鳳鳴高校生の遭難、子供心に記憶はあります。何せ、秋田の地元では優秀な高校でしたからね。15年以上前のことだと思いますが、NHKだったかでこの遭難のドラマをやっていましたよ。文庫本も読んだことはあります。
岩木山には2回行ったことはありますが、5月の連休あたりの残雪の時期もまた格別ですよ。もっとも、晴天でないと、登った価値もないものですけどね。この時は私もリフトを使いましたが。
晴天といえば、八甲田の雨。せっかく行ったのにねぇ。私、山頂から日本海は見えませんでしたが、太平洋は見ましたよ。三沢基地の米軍のファミリーが随分とハイキングに来ていたのを覚えています。
東北の温泉は混浴が多いですが、私が泊まったことのある酸ヶ湯、乳頭温泉、夏油温泉ともに、混浴コーナーは決まって野郎が多く、それもメガネもしっかりかけ、長々と入っているんですわ。まぁ、自分もそのうちの一人だったわけですが、オバチャンは平気で入って来ても、目当ての若い女性が入って来る機会に恵まれることは滅多にないものです。一度、乳頭温泉に泊まった際、早朝の薄暗いうちならだれもいないと思ったらしい若い女性が入ったはいいが、次々に野郎が入って来て、今度は風呂から出るに出られなくなった。我慢できずに風呂から上がった女性の背中は真っ赤っかになっていましたが、自分も含めて、釘付けになっていましたよ(笑)。余計な話ですが、酸ケ湯で滝湯に打たれて仰向けに寝そべっていたら、頭の上をまたいでいったオバチャンがいたのにはびっくりしました。

長々と失礼しました。それにしてもHIDEJIさん、どこに行っても腹具合、付き物ですね。デリケートなんでしょうかね。こればかりはどうにもならないことですけどね。

たそがれオヤジ 2017/09/27(Wed) 08:58 No.506 [返信]
Re: 青森遠征改めて
たそがれさん!こんばんは。
おっしゃるとおり、普通は写真にリンク貼りますよね。こちらこそ分かりづらくて失礼したしました。
以前、たそがれさんから東北は10月が良いと助言をいただき、それが気掛かりでした。八甲田山の毛無岱を歩きながら、今が紅葉の盛りであれば、どんなに素晴らしいかと、少々後悔の念も湧きました。
今回の東北山行はあっさりしすぎて、どちらかというと旅行の印象が強く、東北の山をじっくりと楽しめなかった感もありますので、次は岩手山や八幡平など、どっぷりと山に浸かってみたいものです。その代わり青森ではいろいろと見て回り、貴重な体験となりました。なかでも個人的には津軽三味線にすっかり魅了され、やってみようかなぁと思ったりもしたのですが、値が張るので躊躇してます(笑)
奥入瀬は、私もブラタモリで予習して臨んだのですが、残念な結果でした。朝食時、信じられない豪雨に見舞われ、状況は想像できたのですが、行かないわけにも行かず。それでも苔むした雰囲気とU字谷がおりなす両岸の滝は見応えありますね。
晴れてくれたからまだ良かったものの岩木山は物足りなかったです。
リフトの乗客は多かったのですが、登山者はまれで、ほとんどが観光客でした。30分程度で山頂に立てるからと、軽いノリで向かわれるのでしょうね。サンダル履きのおバアさんは山頂に立てたのかどうかは分かりませんが、おそらくすぐに諦めたのだとは思います。
鳳鳴高校の件、ドラマでもやっていたんですね。生存者の証言から生々しい描写が印象的で、八甲田山死の彷徨と同じく山の怖さを改めて思い知らされた山だったのですが、季節がらかかなり印象が変わってしまいました。
残雪の岩木山も気持ちが良さそうですね。機会があれば岩木山神社から歩いてみたいです。数少ない山行の中でも、山頂で雨に降られたという記憶がなく、八甲田山といい、奥入瀬といい、ついてなかったです(笑)
混浴って、久々ですが、広い千人風呂も中央に見えない境界線があって、お互いに領海を侵犯するな、そんな注意書きがありました。しかし、待てど暮らせど若い女性はおろか野郎だけでしたよ。
酸ヶ湯温泉には「混浴守る会」なるものがあり、その心得の中に、お互いに好奇の目で見るな、なんてのがありましたが、心なしか皆さん、女性側の出入り口の方に体を向けて、手ぐすね引いて待っているような。。。って、私だけだったのかもしれませんが(笑)
たそがれさんの乳頭温泉での女性には同情しますが、滝湯で頭の上をまたいだって本当ですか?(笑)

お腹の方は、けしてデリケートではないはずなんですが、こればかりはなかなかコントロール出来ません(^^;)
HIDEJI 2017/09/27(Wed) 22:43 No.507
青森遠征

HIDEJIさん、こんにちは。予告からずっと待っていますが、もしかして、記事はこれだけ? 詳細編がいつアップされるのかと、ずっと首長にしているのですけど…。

たそがれオヤジ 2017/09/25(Mon) 08:51 No.504 [返信]
Re: 青森遠征
たそがれさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
記事はすで公開済みで、目次編(予告編〕の下部のリンクを更新し、それでお知らせした気になっておりました。記事は5部に分かれておりますが、濃い山歩きは出来ず、観光記事が多くなりました。
予告が長くなりもったいぶったようで、そのくせ大した内容ではなく恥ずかしい限りですが、今回の東北遠征、楽しい思い出になりました。
また、ご指摘ありがとうございます。後ほどトップページのWhat's newに改めて追加いたします。
HIDEJI 2017/09/25(Mon) 19:25 No.505
無題

オレンジのザック(グレゴリースタウト)にオレンジの合羽,写真は帽子に見えるケド,オレンジ色が入っているし(まぁ,手ぬぐいなんですがネ),ズボンの色にシングルストックと,十中八九,自分ですネ(笑)。
いや〜,見事に目撃されておりましたネ。それにホントウにニアミスだったみたいで,ほぼ同じ時間帯に休憩していたようだし,お会いできずに残念でした。ちなみに,この日もモチロン地下足袋で歩いておりましたヨ。
それにしても奥白根も思った以上に人がいたのですネ。白根隠からは,最初ガスってたし風も強かったんで,分からなかったし。瞑想の谷から抜け出した時に,山腹にソコソコいるようには見えましたが,ロープウェー側がそんな状態だったとはネェ。
奥白根は昔登ったケド,今ではスッカリ,まぁ良いかと眺める山になっていますヨ。

瀑泉 2017/09/09(Sat) 13:19 No.502 [返信]
Re: 無題
瀑泉さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
池のほとりを歩かれる方を眺めてピンときました。遠目には長靴にも見えたのですが、ひょっとしたらと思い、ズームで2〜3枚撮ってました(^^)
他にも瀑泉さんが休まれている写真もありましたが、我々はすぐ後ろの木や岩に覆われた見えない場所におりました。お会いできるチャンスでしたのに本当に残念です。
やはり瀑泉さんも奥白根は眼中にないようで(笑)
五色沼に向かうハイカーはかなり少なかったと思いますが、奥白根は私にとっても今後は眺める山になりそうです(^_^;)
瀑泉さんの特徴はしっかりと頭に入れましたので、次回、お見かけした際には、お声がけさせていただきます。とはいえ、瀑泉さんが一般登山道を歩かれなければ、その可能性も限りなく低いとは思いますが(^_^;)
HIDEJI 2017/09/09(Sat) 20:16 No.503
無題

普段見ているサイトがそれ系なせいで(笑)ロープウェーからの白根山登山ルートはよく知らないので参考になりました。西から見る白根山も新鮮です。しかし人が多いんですねそちらのルートは。
しかし寒くてじっとしていられないとは随分涼しくなりましたね。まだ残暑が厳しいものだとばかり思っていましたが。ぐうたらしてないで私も先週奥日光行けば良かったなと。瀑泉さんとのニアミスもあったようですし。
もし次お一人で行かれる際は白根隠山にもよって見てください。あそこの稜線は気持ちいい歩きが出来て展望も良いですよ。

日光白根山 2017/09/08(Fri) 21:31 No.498 [返信]
Re: 無題
うっかり名前欄とタイトルを間違えた上に暗証キーを入れ忘れ修正できませんが私です(笑)。
ふみふみぃ 2017/09/08(Fri) 21:34 No.499
Re: 無題
ふみふみぃさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
やはりロープウェイルートは眼中にないようですね(笑)
ふみふみぃさんにとっては、おそらく歩かれる事のない別世界ではと思われます。
それにしても結構寒かったですね。瀑泉さんもおっしゃっている通り、秋っぽい雰囲気もありましたし。紅葉も早いのかもしれないですね。
後から写真を見返すと瀑泉さんと思しき方が休んでいらした場所から20mも離れていないような所で休憩しておりましたので、すごいニアミスです(笑)
白根山から五色沼へ下る際、稜線を眺めましたが雄大で気持ちよさそうですね。
深い笹薮は恐怖ですが、興味が湧いてきました。
HIDEJI 2017/09/08(Fri) 22:59 No.501
日光白根山

オレンジ色の方、長靴ではなく地下タビなら5割方あの方でしょうが、帽子っぽい被り物がどうかなぁなんてね。いつもの出で立ちなら、手ぬぐい巻きじゃないかなと思うのですよ。
ロープウェイ利用なんて、何ともHIDEJIさんぽくないなと思っていましたが、お連れさんがいらっしゃいましたか。それでは妥協もしなけりゃいけませんよね。
私、そちらからは歩いたことはありませんが、やけに広く、整備された登山道が続くようですね。あれでは、大方のハイカーもそちらのコース歩きとなり、渋滞になっても不思議ではないでしょう。これからは紅葉の時期になって、さらに混むかもしれませんね。ロープウェイ往復だけの方も加わるし。
この時期のとうもろこし、朝採りとはいっても、冷え込んできているし、甘みが少なくなっているような気がしますけどね。
ところで、新しい靴は慣れました?

たそがれオヤジ 2017/09/08(Fri) 16:49 No.497 [返信]
Re: 日光白根山
たそがれさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
山の中を足袋で歩かれる方を見かけるのは、これまで一度位しかないものですから、目を引いたのですが、何となくピンと来ました。日光の山域で足袋。たそがれさんとあの方が頭に浮かびましたが、たそがれさんは格子模様のシャツのイメージがありましたから、あの方かなぁと思った次第です(^^)
すれ違いだったら、お声掛けしていたかもしれないのですが、せっかくのお会いできるチャンスを取り逃がしてしまいました(^_^;)
単独だと無茶な方向に走りがちになりますが、そうじゃない場合は楽する派で、ロープウェイ利用もありですが、これほど人が多いとは思いませんでした。
紅葉の時期はさぞ素晴らしいのでしょうけど、近づきたくないですね。人が少ない山が恋しくなります(笑)
とうもろこしはシーズンオフですか。ロマンチック街道は年内に走る機会はありそうですので、次こそはと狙っていたのですが(^_^;)
今回は新しい靴を履いておりませんが、まだ慣れていないです。ます少し履き慣れて秩父の岩場で正式デビューを予定してます。
HIDEJI 2017/09/08(Fri) 22:39 No.500
岩室観音

岩室観音にイワタバコですか!
イワタバコ自体、これぞイワタバコとして見た事がないので、頭に入れておきます。
夏の城跡見物に藪蚊はつきものですね。虫よけスプレーなどを用意して行くのですが、刺された後に使用する感じで、いつも虫刺され跡がたえませんです。
お腹の方も自分は毎度の事なので、よ〜く判りますです。まぁ松山城でしたら、人の訪れも少なく、堀もあり、そこそこ薮化しているので、最終手段は残されているとおもいますが、それより300円支払った方が賢明ですよね。

ぶなじろう 2017/09/04(Mon) 21:47 No.495 [返信]
Re: 岩室観音
ぶなじろうさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
イワタバコは奥武蔵の沢などでは割りと見られるようですが、そこに生息している事を予め知らないと気付かないような花ですね。
夏の城跡見物は待ってましたとばかり藪蚊に歓迎されただけでした。。。
思い起こすと、この時期、わざわざ百穴まで移動して、改めて戻るほどではなかったかもしれません。
最初のアクセスで、何となく本曲輪の位置は読めたのですが、そのまま進んでいたらヤバかったです。おっしゃるように、あの城跡ならば、人に会う心配は少ないですが、藪化もなかなかももので、最終手段は使わずに300円で済んでよかったです(笑)
ただ、夏場における吉見百穴の天然クーラーは気持ちが良かったですよ。
HIDEJI 2017/09/04(Mon) 23:49 No.496
塩見岳

塩見岳ご苦労さまでした。
失礼ながら、翌日の岩室観音を含め、人様の失敗談はなかなか興味のひかれるものがあり、すんなり歩いた記事よりも、結構印象に残ります。何というか、自分と同じようなことをしているなぁといったか安心感から見られもしますからね。
おそらくは、撤退して下る道々、さもさっきまで塩見岳にいたかのような顔をして歩いているのもまた切ないものがあったではと拝察いたします。
塩見岳は、ブランク、寝不足(というか寝無しですか)、暑さのトリプルでしょうか。まず、あそこの日帰りはきついでしょう。私は同じコースを仲間内で行って、塩見小屋に泊まりましたよ。日帰り前提なら、この時期は外すべきでしょうが、そうなると、日もさほどに長くもないし、その分、別の所に無理も加わるでしょうけどね。
この時期は、どうしても雷雨が気になりますよね。山の雷雨は半端じゃないですし、雷も近くを飛び交って、さながら戦場の中にいるかのような錯覚になります。結果的には、山頂まで行かずに正解ということでしょうが、塩見岳が近づいているのに撤退というのもまた残念な話ではあります。
樹林帯の日陰がドロドロとは、雨降りもずっと続いていたようですね。今年の梅雨明け後の天気は、いささか不安定続きで、遠出をしても、何だか損するような感じがします。北アルプスに行きたいなとは思っても、天気の安定した時期がいつ来るのか。グズグズしているうちに台風シーズンに入ってしまいそうですよ。

岩室観音はさぞ暑かったでしょう。しかし、ティッシュを持たなかったのは致命的ですね。もっとも、その程度の歩きだし、緊急事態は想定しませんものね。これもまた結果的な話になりますが、あの土産屋にトイレはありませんでした?百穴に入らずとも、何食わぬ顔をしてかき氷を頼んでトイレに行く。そんな自然なポーズはとれない状態だったのだろうなとは想像していますけどね。
むしろ、ティッシュがあったとしても、ハチと蚊に襲われるのがオチだったようで。

7月に行かれた二子山。よくそんなところを歩くもんだなと感心して拝見していましたが、自分の記録を見ると、30年以上前に自分も歩いていましたね。その時の写真を見ると、まったく同じコースを歩いています。確かに、今は撤去されているクサリが続いていましたから、それほど苦労したり、危うい思いは記憶にありませんね。今、改めて行けそうにはありませんけどね。

たそがれオヤジ 2017/08/25(Fri) 08:56 No.493 [返信]
Re: 塩見岳
たそがれさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
塩見岳は散々でした。家から5時間掛けて移動し、それから6時間も歩いたにも関わらず、塩見岳の目前で指をくわえて戻るとは、行かなければよかったかもしれません(^_^;)
ボツ記事にするつもりでしたが、同じ思いをする人が少しでも減るように注意喚起になればと恥を忍んで(笑)。。撤退して下る道すがら、多くのハイカーとすれ違いましたが、まさにたそがれさんがおっしゃる通りでした。すれ違いざま何人に話しかけられましたが、途中で諦めたとも言えず。。
塩見岳に辿り着いていれば、誇らしげに語っていたと思いますが、敗北感に打ちひしがれておりました(笑)
折り返し地点では、10分程前に抜いた2人組とすれ違うのがいやで、さも休憩のふりして、抜かしてくれるのを石に腰掛けて待ってました(笑)
今、思うと諦めなければ歩けたかなぁなんて気もするのですが、雷雨を言い訳に逃げ出したような感じです。根性が足りないですね(^_^;)
しかし山での雷雨は戦場ですか。やはりこの時期、長時間歩きは避けた方がよろしいですね。とはいえ、20km以上歩いての撤退で、もったいなかった気もします。
たそがれさんは北アルプス狙いなのですね。私ももう一度くらい標高の高い山域へ行きたいと考えておりますが、どうなることやらです。

岩室観音は暑かったです。非常事態は想定外でした。だから非常事態なんでしょうけど(^_^;)
かき氷を食べた土産屋も園内にあるんですよ。300円払わないと土産屋にも入れないって、何だか変ですよね。
トイレは人目の付かない所にあり、柵を乗り越えようかとも考えたのですが、それを咎められて、一生後悔する事態になっていたか、仮にティッシュがあったとしても、ハチとアブの餌食になるくらいなら300円なんて安いものですね。それを高いかどうかと言う前に前日の高速代やガス代はなんだという話ですね(笑)

二子山のコースは前回の時には怖さが先行して、全く歩く気にはなりませんでした。今回は多少慣れみないなのもあったと思いますが、鎖がない分慎重に歩けた気がいたします。西岳の上級者コースは既に経験されているのですね。私は高所恐怖症のため下は見れず、その先の岩稜帯もおっかなびっくりでした。
HIDEJI 2017/08/25(Fri) 22:06 No.494
処理 記事No 暗証キー

- JoyfulNote -