おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字8文字以内)
画像認証 (右画像の数字入力) 投稿キー
文字色
武蔵嵐山

正味2時間程度とはいっても、内容からして随分と長い時間歩かれたような感じがします。
HIDEJIさんには、今期最初にして最後の紅葉を満喫されたようで。
嵐山渓谷は里の紅葉の部類でしょうが、写真を拝見する限り、見事なスポットなのですね。来年でも記憶に残っていたら行ってみることにいたします。こんなのを一人占めでもしたらどんなに贅沢な気分になるのやら。騒音交じりの紅葉も、こんなにきれいなのでは仕方がないでしょう。無言で見ている人たちばかりならむしろ不気味だし。
正山は付録といった感じですが、年々ヤブ化が進んでいる典型のようですね。長いヤブ歩きは辟易としますが、これからの季節は、里のチョイヤブ山も面白くなりそうな気がしています。

たそがれオヤジ 2017/11/30(Thu) 08:38 No.522 [返信]
Re: 武蔵嵐山
たそがれさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
今年最後の紅葉は、イモリ山&東郷神社も考えたのですが、それでは2回続けて、たそがれさんの丸パクリになる恐れもあり、車で30分程度の嵐山渓谷にふらっと出かけた次第です。
今年は縁の無かった紅葉でしたので、つい興奮して写真撮りまくりとなりました。こんなのを一人占め出来れば、言うことなしですが、人の多さや賑やかさも山の中とちがってさほど気にならないものですね。
おっしゃるように、正山はおまけみたいなものですが、武蔵嵐山や大平山とは真逆の山で、あれはあれで楽しめました。そのためか時間の割には歩いた印象は残りました。あの近辺の里山も、これから本格的なシーズン突入で、プチ薮な里山歩きを楽しみたいと思います。
HIDEJI 2017/11/30(Thu) 21:21 No.523
嵐山渓谷と小倉城

今晩は。
嵐山渓谷付近は冬場にしか訪れた事がなく閑散寒々とした印象しかなかったのですが、ウワサ通り紅葉は良さそうですネ!
小倉城は近年比企城館跡群として国指定の史跡となったと思います。石積が特徴の城と記憶しております。緑泥片岩の薄い板状の石を積み上げた城壁が処々に見受けられました。武蔵国の青石塔婆と同じ石材だと思われます。
秋に再訪し、明るい嵐山渓谷を見たくなりました。

ぶなじろう 2017/11/29(Wed) 22:42 No.520 [返信]
Re: 嵐山渓谷と小倉城
ぶなじろうさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
人の多さには参りましたが、やはり紅葉はいいですね。派手な紅葉っぷりに興奮しました。
今年の紅葉は半ば諦め、ぶなじろうさんの記事を羨ましく拝見しておりましたが、とりあえずはホッとしました。
小倉城への分岐に国指定史跡とあり、「あれ、そうだっけ?」と思ったものですが、それだけ戦国期における山城として貴重な史跡なんですね。
緑泥片岩の石垣はこの辺りでも珍しいのでしょうか。少し西側に向かった物見山の北西辺りが緑泥片岩の採石地だったようですね。
HIDEJI 2017/11/29(Wed) 23:45 No.521
立岩

立岩、荒船山周回ご苦労様でした。
そして、私の依頼事項のご確認、ありがとうございました。
しかし、全体にもう葉が随分と落ちてしまい、見通しがよくなったものですね。あれでは、紅葉のピークから随分と日が経った気がします。それでも荒船山で100名とはねぇ。大半は紅葉目当てのハイカーで、がっかりして帰ったといったところではないでしょうか。
東立岩の様子がよくわかりました。踏み跡もしっかりしているようで危うげなトラバース有りで、山頂も高所恐怖症向きではないようですが、HIDEJIさんが得したとおっしゃるくらいですから、私も行けば良かったかなと思ってしまいました。
田口峠方面の探索ですが、こんなところで死体遺棄かと思うとぞっとしますわね。しかし、その御仁、山ノ神の調査ということなら、下調べの上で星尾峠方面やら南の古道に目を向けても良いような気がしますけどね。その古道なのですが、分岐までならたいした距離でもないようだし、いずれついでの時にでも寄って見てきますよ。
西立岩先の岩はジャンダルムというのですか。昭文社地図には出ていませんが、携帯版の方には確かに出ていますね。いつも有料でダウンロードはしているものの、実際に使ったことはありません。これからは活用することにします。
星尾峠から先、すんなりと下られましたね。まして、私の時に比べて落ち葉も多かったでしょうに。確かにあそこの区間はその次のテープ、ケルン、踏み跡を十分に追って行かないと、とんでもないことになりますから、要注意の通過区間かと思います。迷うことなく行かれたのはさすがですよ。
イモリ滝、威怒牟幾不動ともに水量があれでは残念としか言いようがありません。たまたま私の時が雨上がりでラッキーだったようです。それでも線ヶ滝の水量だけはさして変わりませんね。
ところで「井上うどん」、ネットで調べましたよ。夏でも鍋焼きうどんをやっているようですね。今度行ったら寄ってみますよ。鍋を見損なって鍋焼きうどんというのもシャレっぽくておもしろいですが。

たそがれオヤジ 2017/11/24(Fri) 10:32 No.518 [返信]
Re: 立岩
たそがれさん、こんばんは。
この度はたそがれさんからミッションをいただき、おかげさまで、かねてから行きたいと考えていた立岩へ足を運ぶことが出来ました。こちらこそ、きっかけを頂きありがとうございました。
2週間ばかり早ければ、星尾峠からの下りは紅葉まつりを楽しめたかなぁと、少しばかり残念ではありますが、久しぶりに静かな山歩きを満喫できました。
経塚山と艫岩間は、紅葉を期待していたのか分かりませんがグループハイカーばかりでしたね。テーブルマウンテン上は道も広いし、ペースを変えることなく歩けるから、さして気にもなりませんでしたが、星尾峠方面に向かうハイカーは皆無で見向きもされていないようでした(笑)
東立岩はあっけなくて、往復しても大した負荷にはならないと思います。実はその先に細長い岩峰があるのを西立岩へ向かう途中に気づいて、そちらが東立岩かなぁと思ったのですが、それは勘違いのようでした。
田口峠でお会いした方は、登山者ではなく、線ヶ滝から登られたとの事で、途中で優しい表情をした観音様の石仏がありましたよ。とおっしゃてました。その時はイヌムキ不動滝を見るのを楽しみにしており、さして気にしてなかったのですが、水量があれでは結果的には南の古道を進めばよかったかもしれません。左岸コースでの上りのしんどいトラバースは避けられたかもしれませんし。
ジャンダルムと呼ばれる岩峰、通り過ぎてから気付きましたが山と高原地図アプリ版でも、結局山中では面倒であまり開くことはないですね。
星尾峠からの下りは見通しが効いて、終始テープが目に付きましたが、鍋には気付きませんでした。その代わりの鍋焼きうどんでもないのですが、次はうどん繋がりで、浅見茶屋の鍋焼きうどんでも食べに、イモリ山へ行くのもありかもです(笑)
HIDEJI 2017/11/24(Fri) 23:11 No.519
鍋焼きうどん

私も約二年前に行きましたが友人の付き合い、寝不足というところが一緒ですね(笑)。私の場合は電車とバスで行きましたが。それと水は担ぎませんでした(笑)。
紅葉は赤いのが少ないですね。この辺りの特徴なんでしょうか。鍋焼きうどんも早く行けば並ばずに食べられるんですね。私は昼時についたせいで50分並びましたよ。おかげで友人を丸めこんで塔ノ岳に行くこともできず小丸尾根で下りました。ただバカ尾根とやらは木の階段続きで飽きそうですね。足尾の馬鹿尾根の方が良いですよ。
"700m程度まで下りるとカエデの紅葉は始まっていない"やっぱり栃木と奥多摩・丹沢方面は寒さが違うようですね。この日は栃木では600mでも色づきが見えましたから。
山だけでなく温泉も大渋滞、やはり人気の山域は違いますね。友人に誘われたらまた行くかもしれませんが一人なら絶対行かない山域です。
ただ後輩のN田君が登山道歩き好きの上司に連れられて先週鍋焼きうどんを食べに行っていました。一週間ずれてHIDEHIさんと出会っていたら面白かったのですが人の多いところだからすれ違っても印象も何もないでしょうね。

ふみふみぃ 2017/11/15(Wed) 20:54 No.516 [返信]
Re: 鍋焼きうどん
ふみふみぃさん、こんばんは。
すでに鍋焼きうどん、体験済みでしたか。しかし50分並ぶのはつらいですね(^^;)
あの日はバスが到着する前に歩き始め、直接、鍋割山へ向かったのが正解だったようです。4リットルの水で音を上げているようでは、ふみふみぃさんから甘いとか言われてしまいますね。紅葉も多少期待したのですが赤いのは少なかったですね。ただ、3年前に丹沢に訪れた際には、赤や黄などバラエティに富んで鮮やかだったのですが、今年は台風や気候などが影響しているのでしょうか。丹沢はよく分かりませんが、秩父あたりは麓まで色付いているようです。気になってしょうがないのですが今年は諦めてました。
バカ尾根はおっしゃるとおり、長過ぎるのと木段続きで足に優しくないですね。それと足尾の馬鹿尾根を調べてみましたが、そそられますね。季節を選んで行ってみたくなりました。
N田さんも鍋割山へ行かれたとのこと、1週間ずれていたら、ニアミスとなったかもしれませんが絶対に分からないと思います(^^;)。一方でふみふみぃさんの特徴は写真を拝見して何となく理解しており、足尾の山ではすれ違えば間違いなく分かると思いますが、丹沢ではやはりすれ違っても分からないでしょうね。ちなみに私は緑色の軍手をしてますので、お気づきの際にはお声がけください(笑)
HIDEJI 2017/11/17(Fri) 01:12 No.517
大平山

こんばんは。タイトルを見た習慣に、どこの大平山かなと思ってしまいました。
全国、どこにでも大平山、太平山はありますからね。
黒山三滝が出たところで、昭文社マップの奥武蔵を広げ、大平山を確認しましたが、確かに、ここにも大平山ありなんですね。
役行者像ですか。苔むして、なかなかの年代物ですねぇ。下の写真の不動明王像に至っては、つい、タワシできれいにコケ洗いをしたくなってしまいますよ。このお不動さんも、一帯にあるのですか? ちょっと興味がわきましたよ。こすることはさておき、写真に収めたいなぁと思っちゃって。
ところで、話はまったく次元違いですけど、役小角、役行者と表現は違いますが、これって、各地によって表記が違うだけのことなのでしょうかね。ふと、気になり出しましたよ。
まさか、出張中は役行者で、地元では役小角というわけではないでしょうね。
これも余計ですが、確かに運動不足の解消にはならなかったかもですね。

たそがれオヤジ 2017/10/16(Mon) 21:50 No.514 [返信]
Re: 大平山
たそがれさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
越生の大平山は、あまり知られていないと思いますので、穴場的な山かもしれません。石仏などに興味のないハイカーにとっては、ここは単なる通過点でしかありませんので(笑)
不動様は近辺ではここだけかもしれません。この辺りは昔から里山として、お地蔵様や馬頭観音などはよく見かけますが、そんなものを眺めるのも嫌いではなく、たまに歩きたくなるエリアです。この日の歩きは、おっしゃる通り、運動不足の解消にはならないかもですが、家でじっとしているよりは、よっぽどましですね。
役行者は修験道が盛んだったような山などでたまに見かけます。表現としては役行者か役小角のどちらか一方で呼ばれているようですが、違いはよく分かりません。ここの大平山では役行者でしたが、先日、女峰山の時に寄った行者堂では役小角となっていましたし。
埼玉では役行者が多いように感じますが、出張中なのかもしれませんね(笑)
でも確かに名前の使い分けは気になりますね。
HIDEJI 2017/10/17(Tue) 00:17 No.515
武尊山

秩父方面のバリルートに足が向かわないのは紅葉に少し早いからですかね。私は月末辺り軽くそちらへ出かけようかと思ってますよ。
武尊山はここ2週ほど北から眺めてますが登ったことはなくて。百名山のくせして中々危なそうなコースですね。岩場の細尾根らしく地味植物も写り込んでいますが、やはりナゲガードで守られていないと私は二の足を踏みます。
足の痙攣は運動不足もあるかもしれませんが水とミネラル不足じゃないですか。1日は暑かったようですし。私なら4L持参ですね(笑)。
水場が見つからなかったようですが池の写真は写ってますね。濾過機があれば濾過して飲めますよ(笑)。

ふみふみぃ 2017/10/14(Sat) 20:42 No.511 [返信]
Re: 武尊山
ふみふみぃさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。最近、百名山の一般ルートばかりで、バリルートに対して気おくれしてなかなか足が向かないところが本音です(^^;)
思い切って行ってしまえばいいだけなのですが、秩父の紅葉は外したくないですね。月末に軽く秩父ですか。どこでしょう?楽しみにしております。
登山道でのシャクナゲートは敬遠したいところですが、岩場のナゲガードが心強いですよね。ここのところ、足が攣るようなこともなったので、水分不足もさることながら運動不足も原因かなと考えておりましたが、4Lを持ち歩くのは私にとってはさすがに重労働です(笑)
沢の水もお腹を壊すようなケースが怖いので、口にすることはないのですが、濾過器をあると安心ですね。濾過の模様を拝見しましたが興味を持ちました。
HIDEJI 2017/10/15(Sun) 00:14 No.513
武尊山

武尊山には3回ほど行ったことはありますが、いずれも、そんな危険コースを歩いたことはありません。というか、そんなコースがあることも知りませんでした。昭文社地図を見ると、確かに不動岳の先は破線ルートになっていますが、拝見する限り、その前後からして破線ルートですね。トレランの対象にもなるコースとは思えませんよ。
旭小屋コースというのですか。1/25000地形図を見ても、その川場尾根、岩場が入り組んで続いているような気配はないですけどね。
しかし、HIDEJIさんも、西上州の岩峰も含め、そういう危険ゾーンの歩きがお好きなようですね。今回は同類の年配者もいたようですけど。そんなところを上り下りしていたら、足が痛くなっても不思議ではないと思いますよ。
上州武尊も、紅葉の本番はこれからでしょうか。週末あたりが見頃のような感じはしますけど、天気がどうもねぇ。

たそがれオヤジ 2017/10/06(Fri) 09:01 No.508 [返信]
Re: 武尊山
たそがれさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
いくつかのコースのうち、川場スキー場から剣ヶ峰山を抜ける稜線コースは残雪期に歩きたいと考えており、また武尊神社からのコースは人が多いと思って避けましたが、山頂の人の多さを見て行かなくて正解でした。
そんな訳で消去法により決まったようなコースでしたが、人も少なく、好展望の稜線歩きもあり、疲れましたが楽しめました。トレランの方は、身軽だからか颯爽と走り去って行きましたが、今や日本百名山であれば何処ででも会いますね。岩場はほんのごく一部だけでしたが、私的には精神的なプレッシャーが掛かるような岩稜でしたので、距離が短くてちょうど良かったです。
西上州も紅葉の時期に訪れようと考えておりますが、長距離で肉体的に痛めつけるか、岩場など危険ゾーンで精神的に痛めつけるか、どちらにしろ、どM嗜好に向かいがちです(笑)
ここの紅葉は少しフライング気味だったようですが、うかうかしてられませんね。
HIDEJI 2017/10/06(Fri) 23:47 No.509
Re: 武尊山
HIDEJIさん、こんばんわ。
やっぱり鎖場なんだと思いました(笑)ええっ、Mですか!紅葉にどんぴしゃ行くのは思ったようにならないが故に当たると嬉しいもんですね。また、あちこちで初冠雪の情報が入ってきますが、低山の紅葉と、赤城山あたりの霧氷もウォッチしつつ・・・(これじゃMではないですね 笑)
みー猫 2017/10/14(Sat) 18:24 No.510
Re: 武尊山
みー猫さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
ついM志向になりがちですので注意しないといけません。私的にMの境地にある谷川馬蹄形縦走も気になっていたのですが、冠雪が始まったようでは今年は諦めないといけませんね。なお、みー猫さんとふみふみぃさんの最強タッグによる巻機山へ抜けるあの稜線は、私では心が折れるだけで、途中で挫けて歩き切れませんし、Mの境地を越えています(^^;)
やはりのんびりと低山の紅葉や霧氷ウィッチなどが理想です(笑)
HIDEJI 2017/10/15(Sun) 00:12 No.512
青森遠征改めて

HIDEJIさん、失礼いたしました。写真をつついておりました。初歩的なミスです。ご容赦を。
半月前ですか。写真に映った葉の赤みや八甲田の草紅葉からして、東北の紅葉も今は盛りかもしれませんね。
実は、今月末に岩手山の西側を避難小屋泊りで周回する計画を立てていたのですが、何やかやとつまらない用事が重なり、ようやくと思ったところで今度は天気は悪くなる気配。10月に入ってから行って、晩秋の景色に浸るのもなぁとあきらめの心境です。
HIDEJIさんの行かれたところ、大方は知っていて、せいぜい不老不死には泊まったことがなく、わさおの存在は知らず、立佞武多の館には行ったことがなかったくらいのものでしょうか。
奥入瀬の濁流は残念ですね。先日、ブラタモリでもやっていましたけど、つい紅葉の奥入瀬のイメージが強くて、コケの世界やら、滝が随分とあることを知らない人が結構いるんですよね。私も、じっくりと観察したことはないのですが、いつか改めて丸一日かけて歩いてみたいと思っています。
岩木山のリフト利用はもったいないなと思いましたよ。時間がないのではその手しかないでしょうけど。サンダル履きのバアサンがねぇ。大方、大型バスで乗り入れた観光客ではないですか。リフトもあるし、ちょっと登ってみるかといった感じで。
鳳鳴高校生の遭難、子供心に記憶はあります。何せ、秋田の地元では優秀な高校でしたからね。15年以上前のことだと思いますが、NHKだったかでこの遭難のドラマをやっていましたよ。文庫本も読んだことはあります。
岩木山には2回行ったことはありますが、5月の連休あたりの残雪の時期もまた格別ですよ。もっとも、晴天でないと、登った価値もないものですけどね。この時は私もリフトを使いましたが。
晴天といえば、八甲田の雨。せっかく行ったのにねぇ。私、山頂から日本海は見えませんでしたが、太平洋は見ましたよ。三沢基地の米軍のファミリーが随分とハイキングに来ていたのを覚えています。
東北の温泉は混浴が多いですが、私が泊まったことのある酸ヶ湯、乳頭温泉、夏油温泉ともに、混浴コーナーは決まって野郎が多く、それもメガネもしっかりかけ、長々と入っているんですわ。まぁ、自分もそのうちの一人だったわけですが、オバチャンは平気で入って来ても、目当ての若い女性が入って来る機会に恵まれることは滅多にないものです。一度、乳頭温泉に泊まった際、早朝の薄暗いうちならだれもいないと思ったらしい若い女性が入ったはいいが、次々に野郎が入って来て、今度は風呂から出るに出られなくなった。我慢できずに風呂から上がった女性の背中は真っ赤っかになっていましたが、自分も含めて、釘付けになっていましたよ(笑)。余計な話ですが、酸ケ湯で滝湯に打たれて仰向けに寝そべっていたら、頭の上をまたいでいったオバチャンがいたのにはびっくりしました。

長々と失礼しました。それにしてもHIDEJIさん、どこに行っても腹具合、付き物ですね。デリケートなんでしょうかね。こればかりはどうにもならないことですけどね。

たそがれオヤジ 2017/09/27(Wed) 08:58 No.506 [返信]
Re: 青森遠征改めて
たそがれさん!こんばんは。
おっしゃるとおり、普通は写真にリンク貼りますよね。こちらこそ分かりづらくて失礼したしました。
以前、たそがれさんから東北は10月が良いと助言をいただき、それが気掛かりでした。八甲田山の毛無岱を歩きながら、今が紅葉の盛りであれば、どんなに素晴らしいかと、少々後悔の念も湧きました。
今回の東北山行はあっさりしすぎて、どちらかというと旅行の印象が強く、東北の山をじっくりと楽しめなかった感もありますので、次は岩手山や八幡平など、どっぷりと山に浸かってみたいものです。その代わり青森ではいろいろと見て回り、貴重な体験となりました。なかでも個人的には津軽三味線にすっかり魅了され、やってみようかなぁと思ったりもしたのですが、値が張るので躊躇してます(笑)
奥入瀬は、私もブラタモリで予習して臨んだのですが、残念な結果でした。朝食時、信じられない豪雨に見舞われ、状況は想像できたのですが、行かないわけにも行かず。それでも苔むした雰囲気とU字谷がおりなす両岸の滝は見応えありますね。
晴れてくれたからまだ良かったものの岩木山は物足りなかったです。
リフトの乗客は多かったのですが、登山者はまれで、ほとんどが観光客でした。30分程度で山頂に立てるからと、軽いノリで向かわれるのでしょうね。サンダル履きのおバアさんは山頂に立てたのかどうかは分かりませんが、おそらくすぐに諦めたのだとは思います。
鳳鳴高校の件、ドラマでもやっていたんですね。生存者の証言から生々しい描写が印象的で、八甲田山死の彷徨と同じく山の怖さを改めて思い知らされた山だったのですが、季節がらかかなり印象が変わってしまいました。
残雪の岩木山も気持ちが良さそうですね。機会があれば岩木山神社から歩いてみたいです。数少ない山行の中でも、山頂で雨に降られたという記憶がなく、八甲田山といい、奥入瀬といい、ついてなかったです(笑)
混浴って、久々ですが、広い千人風呂も中央に見えない境界線があって、お互いに領海を侵犯するな、そんな注意書きがありました。しかし、待てど暮らせど若い女性はおろか野郎だけでしたよ。
酸ヶ湯温泉には「混浴守る会」なるものがあり、その心得の中に、お互いに好奇の目で見るな、なんてのがありましたが、心なしか皆さん、女性側の出入り口の方に体を向けて、手ぐすね引いて待っているような。。。って、私だけだったのかもしれませんが(笑)
たそがれさんの乳頭温泉での女性には同情しますが、滝湯で頭の上をまたいだって本当ですか?(笑)

お腹の方は、けしてデリケートではないはずなんですが、こればかりはなかなかコントロール出来ません(^^;)
HIDEJI 2017/09/27(Wed) 22:43 No.507
青森遠征

HIDEJIさん、こんにちは。予告からずっと待っていますが、もしかして、記事はこれだけ? 詳細編がいつアップされるのかと、ずっと首長にしているのですけど…。

たそがれオヤジ 2017/09/25(Mon) 08:51 No.504 [返信]
Re: 青森遠征
たそがれさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
記事はすで公開済みで、目次編(予告編〕の下部のリンクを更新し、それでお知らせした気になっておりました。記事は5部に分かれておりますが、濃い山歩きは出来ず、観光記事が多くなりました。
予告が長くなりもったいぶったようで、そのくせ大した内容ではなく恥ずかしい限りですが、今回の東北遠征、楽しい思い出になりました。
また、ご指摘ありがとうございます。後ほどトップページのWhat's newに改めて追加いたします。
HIDEJI 2017/09/25(Mon) 19:25 No.505
無題

オレンジのザック(グレゴリースタウト)にオレンジの合羽,写真は帽子に見えるケド,オレンジ色が入っているし(まぁ,手ぬぐいなんですがネ),ズボンの色にシングルストックと,十中八九,自分ですネ(笑)。
いや〜,見事に目撃されておりましたネ。それにホントウにニアミスだったみたいで,ほぼ同じ時間帯に休憩していたようだし,お会いできずに残念でした。ちなみに,この日もモチロン地下足袋で歩いておりましたヨ。
それにしても奥白根も思った以上に人がいたのですネ。白根隠からは,最初ガスってたし風も強かったんで,分からなかったし。瞑想の谷から抜け出した時に,山腹にソコソコいるようには見えましたが,ロープウェー側がそんな状態だったとはネェ。
奥白根は昔登ったケド,今ではスッカリ,まぁ良いかと眺める山になっていますヨ。

瀑泉 2017/09/09(Sat) 13:19 No.502 [返信]
Re: 無題
瀑泉さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
池のほとりを歩かれる方を眺めてピンときました。遠目には長靴にも見えたのですが、ひょっとしたらと思い、ズームで2〜3枚撮ってました(^^)
他にも瀑泉さんが休まれている写真もありましたが、我々はすぐ後ろの木や岩に覆われた見えない場所におりました。お会いできるチャンスでしたのに本当に残念です。
やはり瀑泉さんも奥白根は眼中にないようで(笑)
五色沼に向かうハイカーはかなり少なかったと思いますが、奥白根は私にとっても今後は眺める山になりそうです(^_^;)
瀑泉さんの特徴はしっかりと頭に入れましたので、次回、お見かけした際には、お声がけさせていただきます。とはいえ、瀑泉さんが一般登山道を歩かれなければ、その可能性も限りなく低いとは思いますが(^_^;)
HIDEJI 2017/09/09(Sat) 20:16 No.503
処理 記事No 暗証キー

- JoyfulNote -