おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字8文字以内)
画像認証 (右画像の数字入力) 投稿キー
文字色
松木山(大平山)

今晩は。
素晴らしい写真の数々で、見入ってしまいました。「中禅寺湖にツユは無い」という伝説めいた言葉がありますが、まさにそんな感じを受けました。
当日私は山梨の1300m級の山を歩いておりましたが、終日ガスで展望0でした。1700越えで富士山が見えていたと言う事ですね。

ぶなじろう 2018/06/24(Sun) 18:42 No.563 [返信]
Re: 松木山(大平山)
ぶなじろうさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
お勧めいただいた南岸尾根は想像以上に気分爽快で気持ちの良い尾根でした。
「中禅寺湖にツユは無い」ですか。南岸尾根を境に奥日光側はカラッとしていたのが不思議な感じでしたが。。当日は甲武信ヶ岳辺りを歩く計画もありましたが、そちらへ向かっていたら、雲海に浮かぶ富士山が間近で見えたかと思うと少々残念でもありますが、それにも勝る南岸尾根はまたいずれ歩いてみたいと思います。
HIDEJI 2018/06/24(Sun) 22:11 No.564
大平山

足尾の大平山、あの天気の中、よく行かれましたね。大した根性だなと思いますよ。確かに、その後は天気が回復したようで、ピーカンで良かったですねとなるのではありますけどね。
私、当日、足尾は足尾でも、大分手前の山に登るつもりで出かけましたが、霧雨がなかなか上がらない。見上げれば、尾根の手前ピークしか見えず、ましてガスもかかっている。そそくさと山歩きはやめにしましたよ。ただのヤブ尾根の歩きならともかく、岩場続きが予想されるルートでしたから、滑落する可能性もありましたしね。
ガスの中の幻想的な風景、青空バックの山並み。なかなか良いですね。だからといって、行っていればよかったかなと後悔するわけでもありませんけどね。

たそがれオヤジ 2018/06/22(Fri) 07:04 No.561 [返信]
Re: 大平山
たそがれさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
銅親水公園では、晴れるとすっかり思い込んでましたので、大して濡れることはだろうと社山南尾根を登り、復路の松木尾根では笹もすっかり乾いているだろうと、一応そんな計画で取り付いたのですが、なかなか計画通りには行きませんね(笑)
足尾山塊の支尾根をじっくり眺められなかったのは心残りですが、雲海を抜けて、晴天の中、南岸尾根を歩けたのは本当にラッキーでした。雨でも降り出してたら、何しに行ったのか分からなくなりますが、久しぶりの足尾の山、楽しめました。
たそがれさんが予定されていた山は、全く想像つきませんが、岩場が続くというのは少々気になります。
HIDEJI 2018/06/22(Fri) 20:29 No.562
大平山北尾根

早速大平山北尾根へ行かれたんですね。私も後追いを、とすると熊に会いそうなのでやめておきます(笑)。熊スプレーは買ったのですが。ずっときつい登りでこの季節だと私は熱中症にもなりそうで。
大久保谷左岸道は一度奥まで歩いてみたいところですが実のところ私の興味はずっともう一つ西の谷の破線路にあります。地形図通りではなく崩壊して取りつくのも大変らしいのでずっと躊躇していますが。
HIDEJIさんが最後に辿られた大久保谷右岸を高巻くふみ跡、私が歩いた奴と同じでしょう。あの踏み跡、調子に乗って辿っていくとマツマラ沢の二俣ちょい上にちょうどでてしまい、それで私は勘違いしました(笑)。地形図上の右の写真のところにちょうど出ましたね。

ふみふみぃ 2018/06/14(Thu) 22:31 Home No.559 [返信]
Re: 大平山北尾根
ふみふみぃさん、こんばんは。
北尾根へ早速行ってきました!暑い時季にあの尾根はキツそうですよ。しかし涼しくなる秋の頃は熊が怖いですからね。特にふみふみぃさんの場合、熊との遭遇率は高そうですから(^^;
大久保谷左岸道の破線路終点の先は、いろいろな意味で怖いエリアとして立ち入らないようにしたいですが気にはなります。それと、一つ西の谷の破線路というと、川浦谷の事でしょうかね。だとしたら遭難多発地帯と呼ばれる小黒へ延びる尾根など気にはなりますけど、こちらも迂闊に近づいてはいけないと自重してますが、ふみふみぃさんなら難なく歩かれるのでしょう。少し期待しちゃいます。
マツマラ沢右岸のふみ跡はふみふみぃさんの記事を参考にした後追いです。ふみふみぃさんが進まれたマツマラ沢二俣の中間尾根の取り付きを確認するために同じような写真を撮ってみました。
HIDEJI 2018/06/15(Fri) 01:09 No.560
大平山北尾根

HIDEJIさん、こんにちは。
体調不十分の中、ロングルートをお疲れ様でした。そして詳しいレポを有難うございました。拝見した写真の新緑がどれも眩しく、大久保谷左岸道や大平山北尾根の今の雰囲気が伝わってくるようです。

HIDEJIさんは大久保谷左岸道は初めてでしたか?
なかなかいい道でしょう。適当な支尾根から稜線に出ることもできるし、稜線からのエスケープにも使えるし、どこからでも谷に降りて遊べるし。当方、初めて歩いた秩父の山道があの道でして、とりわけ思い入れがあるのですよ。

おっしゃるように、埼玉の山はどこを歩いても熊に遭っておかしくない状況ですね。誰か熊密度色別マップを作ってくれれば面白いのですが。大平山周辺と芋掘りドッケンの主稜線が真っ赤っかだったりして(笑)。

フキアゲ沢右岸尾根への取り付きですが、本谷を橋で渡るとすぐに、作業道(林道)の右端から分かれていくようなかたちで明瞭な踏み跡がのびていたと記憶します。踏み跡には古い茶碗や皿のかけらが落ちていました。昭和中期頃まであの辺りに一件の民家があって、登山者や釣人をもてなしてくれたそうですが、その民家に関係するお皿かななどと思ったりもしました。
あと「フキアゲ沢右岸尾根」ですと、フキアゲ沢本谷と左俣の中間尾根と紛らわしいので「マツマラ沢左岸尾根」のほうがすっきりするかもしれませんね。

十津川村 2018/06/12(Tue) 13:42 No.557 [返信]
Re: 大平山北尾根
十津川村さん、こんばんは。
大久保谷を交えた周回ルートは歩きごたえがありました。大久保谷は躊躇して足が運べなかったルートだったのですが、おっしゃるように気持ちの良い道ですね。まだ暑くならない新緑の季節は最高だと思います。
個人的には、同じ時期に歩いた入川の左岸道や、グミの滝に続く左岸道にも似ているかなぁという印象を受けましたが、歩いてみたいと支尾根もありましたので、またルートを変えて歩いてみたいと思います。北尾根も新緑が綺麗で雰囲気もよく、後から写真を眺めると、悪くないなぁと思うのですが、当時は必死で、楽しんでいる余裕はありませんでした(^_^;)
紅葉の時期がどうなのか気になりますが、熊密度マップで真っ赤だとすれば、怖くて近づけないですね。
埼玉はどこへ行っても目にするクマの警告に、またか!なんて呑気に構えてますが、熊が増えているのか、活動範囲が広がっているのか、気になるところです。
芋掘りドッケンの主稜線は、日が長い時期にでも歩いてみようと考えていたのですが、熊の出現率の高いスポットなのですか。知りませんでした。。。
フキアゲ沢右岸尾根への取り付き辺りに一件の民家があったなんて感慨深いものがありますね。そういえば、欠けた茶碗とかあったような気がします。
あとおっしゃるように、大久保谷とマツマラ沢の分岐が末端の尾根ですから、マツマラ沢左岸尾根の方が自然な感じですね。
HIDEJI 2018/06/12(Tue) 22:44 No.558
大平山北尾根

おはようございます。早速、やられましたね(笑い)。
丸パクリとはいっても、私の歩きと微妙に違うところがいくつか。@ネイチャーランドに間違って行かなかった A北尾根は私は末端ではなく強引に岩の先に出ました B大クビレからの天目山林道。私は早々にショートカットして滑落しました C下り尾根。確かに私は右に向かわずに直進して途方に暮れました Dフキアゲ沢の右岸尾根の取り付き調査。ありがとうございました。 といったところでしょうか。
しかし、7種類の薬を飲みながら北尾根を2時間15分で登り上げるとはたいしたものです。私はさらに45分オーバーで、HIDEJIさんの体調が良ければ2時間で登れるのではないでしょうか。
正直のところ、赤岩ノ頭からの北東尾根、ちょっと残念ですが、こればかりは仕方がない。北尾根登りの後は、普通ならぐったりするものだし、さらに矢岳尾根に尾根に入り込もうとするなら、相当な体力だと思いますよ。ましてこの蒸し暑いみの時季です。
北尾根はもう二度と歩くことはないでしょうが、いずれフキアゲ沢の右岸尾根は下りにでも使うつもりでおります。参考になりました。
余談ですが、「萩の久保トンネル」、これ正確には「荻の久保トンネル」です。ネットで見ていると、よく間違っているのですよ。訂正しておいた方がよろしいでしょう。
何はともあれご苦労さまでした。

たそがれオヤジ 2018/06/11(Mon) 07:39 No.555 [返信]
Re: 大平山北尾根
たそがれさん、こんばんは。
早速、行ってきました!
頂いた課題をキッカケに足を運んだ次第で、それがなければいつ実現するかも分からず、北尾根はお蔵入りしていたかもしれません(笑)
おっしゃるようにコースは多少違いましたね。ネイチャーランドからトンネル出口までの登りは、上から見下ろしても標高差があり藪しか見えず、それと下りで廃小屋奥に繋がる斜面と、よくこんなところを歩かれるものだと、変な意味ではなく、さすがだなぁと思いながら通過しました。こちらは、1週間前のホットな記事の内容が頭に焼き付いており、おかげさまで無事に歩き切る事が出来ました。
しかし北尾根は辛かったです。ブランクを空けて登るような尾根ではなかったです。大平山でシロヤシオなどが見られれば、気分的に違っていたのかもしれませんが、大した達成感もなくグッタリで、大平山以降は長沢背稜へ向かう気力はなく、丸パクリの感覚で歩いておりました(^_^;)
赤岩ノ頭北東尾根は、歩いておけば良かったと、やはり後悔しておりますが、またいずれ行く機会もあるでしょうから、その時は上りにでも歩いてみたいと思いますが、これから暑くなる時季は避けて、秋以降でしょうか。
「荻の久保トンネル」のご指摘ありがとうございます。以前、たそがれさんの記事でも言及されていましたね。記事は訂正いたしました。
いつも躊躇してなかなか足が向かない山域ですが、背中を押していただきありがとうございました(笑)
HIDEJI 2018/06/11(Mon) 22:42 No.556
社山

4/30はわりと近い所におられたようで。
花付きのいいアカヤシオを見るなら南岸尾根まだ間に合ったのかと、少し悔しい気持ちになりました(笑)。
この時期半月山辺りに行く場合もいつも足尾側からなので中禅寺湖側の事情は知りませんでしたがこんなに釣り人が多いとは。駐車場が混雑するのは知っていてもてっきり観光客ものかと。
結構早い時間に山頂に行かれたんですね。その頃私はまだ仁田元沢側の尾根に隠れてましたよ(笑)。南岸尾根からの景色も何回か見ているのに記事を読んでいるとまた行きたくなってしまいます。右前方の尾根は見事にピンクに染まっていた、の尾根もまだ間に合ったのかと言う思いが(笑)。
社山〜黒檜岳の歩き、晴れた日に行ってみてください。あそこは本当に気持ちが良いです。北側の妙なところからいくともれなくナゲも出迎えてくれます。

ふみふみぃ 2018/05/09(Wed) 20:47 Home No.553 [返信]
Re: 社山
ふみふみぃさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
以前、ふみふみぃさんから駐車場は一杯になると助言をいただき、早めに出ましたので、さほど前後に付かれる事なく快適に歩けました。当日は銅親水公園からバカ尾根歩きも候補にしており、そちらへ向かっていれば、ひょっとしたらお会いできたかもしれないですね。
皆さんの記事で見るようなアカヤシオが咲き乱れるほどではありませんでしたが、社山も良かったし、期待以上に満足した山行となりました。先日、半月山でお会いした方から、大日尾根のショートカットルートを記した地図アプリを見せられて、湖畔からの取り付きが分からず、通常ルートで登ったと言われてました。その時は大日尾根も知らず適当に取り付けばいいのに、と思いつつ聞いてましたが、ナゲさんがいるのであれば話は別ですね(笑)
とはいえ社山〜黒檜岳は大日尾根も絡めていずれ歩いてみようと考えております。
あ!それと帰りは足尾経由で水沼駅温泉センターに寄ってきました。
HIDEJI 2018/05/10(Thu) 23:04 No.554
南岸尾根

今晩は。
社山から茶の木平に抜けるとは!驚きです!
ちなみに、茶の木平から明智平方向に向かうと、途中の鉄塔台地の所から地図にない道があり、中禅寺湖方面に抜けられます。当日黒磯の方がこちらから登ってきていて、かなりのツツジ密度と言っておられました。
写真を拝見し、自分と同じ所で撮っておられていて、思わず笑ってしまいました。そして、茶の木平の登り口の爺さんに写真撮りを邪魔されたのも同じです。あの爺さん、何時間同じ所に居たのだろう。写真家とは本当に困りものです。
社山〜黒檜岳は奥日光でも屈指の気持ち良い尾根なので、一度お試しください。

ぶなじろう 2018/05/04(Fri) 20:04 No.551 [返信]
Re: 南岸尾根
ぶなじろうさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
東武鉄道の広告ポスターに触発されて行ってみた次第ですが、南岸尾根は疲れました。明智平の展望台から華厳の滝も見てみたかったのですが、登り返しが面倒で滝の音だけ聞きながら尾根末端へ下りました。中禅寺湖方面へ抜けられる道があったのですね。帰路、華厳の滝駐車場辺りから見た右手斜面がピンクに染まっていたように記憶しておりますが、本当に悔やまれます。
湖畔で男体山をバックにしたアカヤシオの写真は、まさに同じ場所ですね。それに茶ノ木平のお爺さんが陣取っていた場所がポスターの撮影場所だと思うと、こちらも悔やまれます(笑)
しかし、大日尾根を始め、次の楽しみが増えた気がしております。社山〜黒檜岳の尾根歩き、ぶなじろうさんの記事も改めて拝見させていただきましたが、いずれ歩いてみたいと思います。
HIDEJI 2018/05/04(Fri) 23:31 No.552
無題

今年は,余所を歩いているので,奥日光のアカヤシオを見損ないソウですが,湖畔まで咲いてましたか(驚)。湖畔に咲いている記憶など無いから,やはり今年は何処も彼処も当たり年のようですネ。それにしても,今年は開花が早すぎて,予想を立てるにも難しくて参ってますヨ。明日出かけるつもりなんだケド,どうするかなぁ〜。。。
ちなみに,「男体山を眺めながら下る。それと、手前に見える尾根・・・」というのが,大日尾根で,その筋の方々は,結構,歩いています。自分もニセピークが多い一般道より,此方の方が好きですヨ。

瀑泉 2018/05/04(Fri) 10:19 No.549 [返信]
Re: 無題
瀑泉さん、こんにちは。コメントありがとうございます。
おっしゃるように、アカヤシオの開花は早く奥日光も終わりかなぁと思ってましたが、いたるところで咲いてましたので、よく分からないですねぇ。でも、個人的には大満足でした。
大日尾根の情報ありがとうございます。いつもろくに調べもしないで山行に臨みますので、尾根のことは知りませんでした。瀑泉さんを始め、皆さんの記事を拝見するに、なんで歩かなかったのかと悔いが残りました(^^;
次の機会があれば、大日尾根、そして黒檜岳方面も歩いてみたくなりました。ただ、シャクナゲの藪は歩きたくありませんので、その時にはショートカットルートで(笑)
HIDEJI 2018/05/04(Fri) 14:06 No.550
金岳

HIDEJIさん、こんにちは。
金岳を歩かれましたか。前に地形図を一瞥しただけで敬遠してしまった山ですが、岩場の写真を拝見してますます行く気がなくなってしまいましたよ。ただ吉田地区には人があまり歩かない場所が残っているような感じがしますので、折をみて開拓してみたいと思っています。

十津川村 2018/04/28(Sat) 13:30 No.547 [返信]
Re: 金岳
十津川村さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
金岳では緊張しましたが、見晴らしもよく気持ちのいい岩稜でした。あのエリアには一般ハイカーはあまり立ち入ることがないと思われますが、城峯山へ向かって山深い雰囲気が気に入りました。また機会を作って探索したいと思います。
HIDEJI 2018/04/28(Sat) 18:40 No.548
武川岳

天気予報はいい予報ははずれて悪い予報は当たる印象があります。
核心部の岩場は雨の日に登る場所ではないように思えますが(笑)。アカヤシオ、既に盛りを過ぎているようですが花付きも悪くなく中々いい感じですね。埼玉は栃木より暖かいので大持山・子持山辺りも見頃になってそうですが間違いなく人が多くて一人占めはできなかったでしょうね。GWは前日光・袈裟丸辺りの妙なところを歩けばアカヤシオ独占できますよ(笑)。
HIDEJIさんはGW明けに残雪歩きですか。私は明日出かける予定です。3000m級ではないですが(笑)。

ふみふみぃ 2018/04/21(Sat) 13:40 Home No.545 [返信]
Re: 武川岳
ふみふみぃさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
先日は、午後から晴れマークにすっかり裏切られました。おっしゃるとおり、あのような岩場は雨の日に行っちゃいけませんね。あれでも滑るので結構おっかなびっくり。お尻を付けながら進んでましたが。あまり人に見られたくない姿です(笑)
アカヤシオは辛うじて見れた感じですが、ふみふみぃさんのようなお祭り会場が羨ましい限りです。GWは前日光・袈裟丸辺りがお祭り騒ぎですか。ただ、妙なところというのが引っ掛かりますけど(笑)
そろそろ足尾・日光方面にも繰り出したいなぁと考えているところです。
夏日が続いてますから、GW明けの残雪は厳しそうですが、明日は雪山ですか。どちらに行かれるのか気になりますが、お気をつけて。記事楽しみしております。
HIDEJI 2018/04/21(Sat) 20:46 No.546
処理 記事No 暗証キー

- JoyfulNote -