おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字8文字以内)
画像認証 (右画像の数字入力) 投稿キー
文字色
塔の峰から庚申山

塔の峰へは笹ミキ沢左岸尾根で行かれたんですね。いやあ懐かしいです、私が二年前塔の峰に初めて行った際と全く同じルートなんですよ。二か所の岩場も良く覚えています。ブリキマークは記憶にないんですけどね(笑)。
塔の峰からの展望が曇りで微妙なのは残念でしたね。まあ再訪の理由ができたと思えば。舟石新道から北の塔の峰への歩きを先日しましたが笹も薄いし悪くなかったですよ。
塔の峰から先も同じような動きをされたようですがそんなとこでハイカーに会うとびびりますよね。相手も驚いてたんじゃないですか(笑)。
私はコウシンソウを見たことがありません。人が居ない隠れ生息地もあるらしいですがナゲシーズンと重なるのでにょろりとしたイキモノ同士でもそちらを優先したいし・・。お山巡りコースでナゲ&コウシンソウのにょろりコラボとはいかないようですね。
庚申川まで下りられそうな階段は立ち入り禁止ですか。他の方々の記事やコメントでも知っておりましたがやはり今はそこから庚申川に行けないようですね。
しかしHEDEJIさんは水を取りませんね。私なら3Lは飲み干してますよ。
草木湖レイクの日帰り風呂、寄ったことがありません。おいくらでした?(笑)。私はいつも通り道にそのままあるので水沼温泉センターに寄ってしまいます。

ふみふみぃ 2017/06/22(Thu) 21:36 Home No.488 [返信]
Re: 塔の峰から庚申山
ふみふみぃさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
実は2年前に同ルートを歩かれていたのは存じており、参考にさせていただきました。といいますか、笹ミキ沢左岸尾根で検索すると、お名前を存じ上げている方ばかりですね(笑)
ブリキマークは振り返らないと目に留まらないと思いますよ。まぁ、あの尾根の場合、登りでは特にマークは必要ないですかね。笹薮地獄では一番の頼りですが(^^;
とはいえ、今回は笹藪でダブルストックでガードしたりと泳ぐという感覚を少なからず楽しむことが出来ました。ふみふみぃさんの記事を改めて拝見すると、1,700m辺りの笹薮、全く同じ場所で写真を撮ってましたね(笑)
登山道以外でお会いしたハイカーさんも私の事、遭難者と思っていたかもしれないですね(^^;)
それと塔の峰からの展望は見ておかないとですね。秋の頃か、いずれ再訪いたします。
ナゲさんは2カ所でしか見れませんでした。人が多いのが苦手なのでしょうか。庚申川へ下る階段は立ち入り禁止でした。奥の階段は下部が崩壊していたような気もします。
水3Lですか。重そうですね。。。我慢している訳ではないのですが、小休止程度では口を付ける程度で、ゴクゴクという飲み方はしないで済んでます(^^;
草木湖レイクは、かじか荘に寄れなかったので、苦し紛れに検索したお風呂でした。料金は500円でしたが、知っていたら水沼温泉センターへ行ってましたよ。
HIDEJI 2017/06/22(Thu) 23:33 No.489
塔の峰から庚申山

今回の山行、目的の一つのぶら下がりに山名板対面を入れていただき光栄です。
別にだれかに頼まれて置いているわけでもないですが、つい、こんな素敵な山に山名板がないのでは寂しいなと、徒に代を重ねております。
この時期の塔の峰の周辺、白いヤシオが続いているようですね。ガスの中の歩き、眺望が得られず残念でしたが、考えてみれば、白い花は陽が出ていると案外見えづらいもので、その点は曇り空で良かったかもしれません。他にもコウシンソウを含め、いろんな固有種の花にめぐり会えたのも、小さな生き物だし、晴れていたら気づかなかったかもしれませんね。
上り時の1286m標高点に続く尾根で逆向きの黄赤マークを見つけられたようですが、これまで、下りで歩いたことはないので、気づかなかっただけのことかも知れませんが、ちょっと意外な感があります。というのは、1455.9m三角点のちょい南に黄赤マークがあるのですが、その続きがどこにあるのか不思議に思っていました、ということは、以前は、南東にマークが続いていたのかもしれませんね。なるほどです。
静寂な中での歩きの後にちょっとばかり賑わっている庚申山頂。最近、同じポピュラーな足尾の山でも、中倉山と庚申山ではちょっと客層が違うのかなと思ったりしていたのですが、下りの出会いの様子を見ると、そうでもないようですね。ブナとコウシンソウで、それぞれのシンボルは違いますが、やはり、それがなかったら、訪れるハイカーも稀な山で終わっていたのでしょうけど。

たそがれオヤジ 2017/06/22(Thu) 10:04 No.486 [返信]
Re: 塔の峰から庚申山
たそがれさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
塔の峰の山名板、この目にしっかりと焼き付けてきました^_^
控えめな大きさもちょうど良い感じで、周りの風景にすっかり溶け込んでますね。これから風雪に耐えてさらに味が出そうですね。もう少し早ければシロヤシオも賑やかだったかもしれませんが、おっしゃるように霧掛かった新緑の中、ヤシオの白がいい感じでした。塔の峰から皇海山は見れないだろうなぁと、半ば諦めておりましたが、やはり少々悔いは残りますね。しかしいい尾根です。テープもほとんど見かけず、お陰様で静かな山歩きを堪能できました。
左岸尾根の黄赤マーク、末端部は分かりませんが、2〜3箇所は確認しております。それとたそがれさんが以前取り付かれた笹見木澤橋から続く斜面を帰りがけに眺めましたが、私だったらパスすると思いました(^_^;)
ブナもコウシンソウも魅力的ですから、行きたくなってしまうのでしょうね。私もその一人ですが(笑)
それでもブナ人気の方が優っているのでしょうか。存在感があって名前にも惹かれますし、それにあの眺望ですから。今回はコウシンソウと塔の峰の山名板と、ともに目標達成出来ましたが、また時期を見て、展望を期待して塔の峰と中倉山も行ってみたいです。あと舟石新道のブリキマークも気になりました。。
HIDEJI 2017/06/22(Thu) 20:12 No.487
女峰山

ロングなお歩きお疲れ様でした。
3日に県境尾根から眺めた女峰山方面は,案の定ガスっていたんですが,4日は最高のお天気だったようですネ。6月なのに黒岩遥拝石から綺麗な七滝沢が見られるなんて羨ましいですヨ。最近,ガスっていない時に歩いていないモノですから。ちなみに,雲竜瀑はもう少し下流になるので,其処からでは見えないんです。
それにしても,山頂まで水を500mLしか飲まずに済みましたか。涼しかったことは分かるのですが,HIDEJIさんも,たそがれオヤジさんと同じで,水が要らないなんて羨ましい。
ところでモッコ平,実線ルートにも関わらず,中々,恐るべきルートだったでしょう(笑)。アレでガスに巻かれたら完全に迷いそうですが,個人的には好きなルートです。
それにしても,トレランのお二人,ずっと一緒だったみたいですが,走るならサッサと行って欲しかったでしょう(笑)。

瀑泉 2017/06/12(Mon) 23:57 No.483 [返信]
Re: 女峰山
瀑泉さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
黒岩尾根は見晴らしが良いですね。天候にも恵まれて初女峰山を堪能できました。それにしても雲竜渓谷は迫力ありますねぇ。巨大な滝がいくつも並ぶ、雄大な光景を目の当たりにできラッキーでした。高所恐怖症として、おっかなびっくり下を覗いたりして見ましたが、雲竜瀑は見れなかったのですね(^_^;)
なんとも近寄りがたい世界ですが、瀑泉さんの記事で拝見した雲竜の氷瀑は非常に気になっております。。
水の件、山頂まで500mlの半分も飲んでおりませんでした。夏場でもよっぽどのことがないと1Lあれば済んでしまいますので、軽量化では助かってますが、以前、熱中症になりかけましたから気を付けないといけませんね。
それとモッコ平の実線ルートは、おっしゃる通りの感想です(笑)
距離は長く、晴れてても心細くなりました。これでガスに巻かれるなんて、考えただけでもぞっとしますよ(^_^;)
皇海山のクラシックルートといい、今回のルートといい日光足尾の山々の実線の定義が私の理解と違います(笑)
トレランの件もよくお分かりで(笑)。ピッタリ付かれた訳でもなく、私もあまり途中で立ち止まらないタチで、いつ抜かされるのか後ろが気になってしょうがなかったです(^_^;)
HIDEJI 2017/06/13(Tue) 19:55 No.484
無題

ロングハイクお疲れ様でした。足くじいても歩くの早いですね(笑)。ちなみに前女峰へはナゲ&針葉樹の藪がお待ちしております。
結構風が強そうな日でしたが程良い感じだったんですね。好天に恵まれて展望も楽しまれたようで。
でもシロヤシオを求めに行ったとしたら今年は少し肩透かしだったんじゃないでしょうか。来年いい地味尾根紹介しますよ(笑)。私はへそ曲がりなので行ってませんが正しい方の羽黒尾根はツツジ類がきれいらしいです。まあ黒岩尾根さえも行ってないんですけど。
寂光滝ルート、登山道なのに笹で覆われてるし雰囲気が悪いので好きではないです。視界が悪い時には行きたくないですね。溝も多いのに足元見にくいし無視して笹藪歩いた方が気が楽です。
にょろりと開花したナゲさんが現れた所、今回のルートでは何故かあそこだけアズナゲさんが生息してるんですよ。他で見かけたハクナゲさんは開花時期が遅いのでまだ咲いてなかったんでしょう。葉っぱの裏を見てあげれば色で分かります。

ふみふみぃ 2017/06/11(Sun) 20:12 Home No.481 [返信]
Re: 無題
ふみふみぃさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
足を挫くのは癖になってまして、少し我慢すれば痛さは治りますが、その後、足場が悪いと確実にベースは落ちます(^_^;)
今回は、昨年の谷川岳と違い足が攣ることもなかったので、ペースを維持出来たのだと思います。前女峰はナゲさんの藪ですか。日光のシャクナゲートは、未体験ですが手強そうですね。
皆さんの記事にあるようなツツジが咲き乱れるという状況ではありませんでしたが、まぁ見れただけでも良かったと思います。お祭り会場状態だったら、下山が暗くなっていたと思いますから(^_^;)
黒岩尾根を歩かれていないとは、ふみふみぃさんらしいですね。いい地味尾根というのは、笹薮地獄ではないですよね?(笑)
笹薮&ナゲ藪は勘弁してください。
寂光滝ルートは確かに雰囲気悪いですね。これが一般登山道とは日光も奥が深いなぁという印象でした。
ナゲさんは不思議ですね。標高の高いところで、よく見かけましたが、ほんの一部分だけでしたね開花していたのは。ハクナゲさんとアズナゲさんは、葉の裏で違いがわかるのですね。今度注意して見ます。
HIDEJI 2017/06/11(Sun) 22:52 No.482
女峰山

女峰山、ごくろうさまでした。
ぶなじろうさん同様に、今、それをやれと言われたらかなりしんどいですね。まして、延々と陽を浴びての歩きになりますから。
ところで、HIDEJIさん、「羽黒尾根」と記されていますが、「黒岩尾根」ですね。羽黒尾根は羽黒滝と相生滝の中間尾根で、八風の手前で黒岩尾根に合流します。羽黒尾根はまぁ物好きな方向けの尾根といったところですが(笑)。
下りの寂光滝ルートですが、だれにも会わなかったようで、やはり利用者はいないようですね。確かにあの辺で踏み跡を失ったらしんどいことになるでしょう。尾根型も不明瞭だし。ただ、下に行けば幅広の作業道もありますので、これを見つけられれば幸いでしょう。
唐沢避難小屋ですが、以前、この辺の山を縦走した際に利用したことあります。今の小屋の建て替え前のことですが。明け方にサルが屋根で騒ぎ、早々に起こされたことを覚えています。

たそがれオヤジ 2017/06/11(Sun) 07:03 No.478 [返信]
Re: 女峰山
たそがれさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
まずはご指摘ありがとうございます。訂正致しました。
今回は天候にも恵まれ、展望も楽しみながら、ツツジも見れましたので、上りは飽きずに歩けました。そのため想像してたほど、シンドイ思いはしないではすみました。いい尾根ですね。
寂光滝ルートは、マークやテープが豊富でしたので、冷静に歩けば問題ないのでしょうけど、皇海山の笹薮の記憶が脳裏によぎり、当初は焦りました。次に行く機会がありましたから、ツツジが盛んな時に羽黒尾根も歩いてみたいと思います。
唐沢避難小屋は、心霊現象のような記事がいくつかネットで散見されますが、実はサルの仕業なんでしょうか(笑)
部屋は綺麗でしたが、一人で泊まるには勇気がいるなぁ、とそんなことを感じました。
しかし日光の山はいいですね。紅葉の時期にでも日光連山の男体山、大真名子山、小真名子山など縦走もやってみたくなりました。
HIDEJI 2017/06/11(Sun) 10:34 No.480
女峰山

今晩は。
女峰山お疲れ様でした。
しかし、歩くの早いですねぇ〜。足をくじいてもこの時間に下れるとは驚きです。自分もこの山は好きなのですが、最近は黒岩にすら到達できなくなってしまいました。
ツツジの方は少し期待外れだったのではないでしょうか。今年は山ツツジとミツバツツジの咲きっぷりが思わしくなかったようです。こんなもんじゃぁ無いと思います。
笹原の石仏ですが、以前はもっと笹に埋まっておりました。日光もどうも笹の勢いが減退しているように思えてなりません。ただ踏み跡は明瞭だったので、歩く人が減ったのかもしれませんね。

ぶなじろう 2017/06/10(Sat) 21:42 No.477 [返信]
Re: 女峰山
ぶなじろうさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
以前、ぶなじろうさんからオススメいただいた女峰山に行ってきました。
黒岩尾根は日帰りするには長い尾根ですね。去年のぶなじろうさんの記事のシロヤシオが忘れられず、今年こそはと向かいました。黒岩尾根ではミツバツツジは見られず、ヤマツツジも寂しい状況でしたが、それでもシロヤシオは見れましたので満足しております。もっともツツジが満開でしたら、足が止まって余計に時間が掛かってしまいますね(^^;)
しかし、このルートはツツジだけでなく、見所満載で変化に富んでて楽しめました。
今回は様子の分からない山域で、しかも時間が読めないため、黒岩や前女峰にも寄らず、一般ルートに終始しましたが、来年あたりはヤシオツツジのお祭り会場探しに行ってみたいと思います。
HIDEJI 2017/06/11(Sun) 10:28 No.479
天空のポピー

今晩は。
ここ、一度は行ってみたいと思っています。
東秩父村のHPを見ると「今年は生育が悪い」と有りましたが、HIDEJIさんの鮮やかな写真を見ると益々行ってみたいですねぇ〜。お祭り期間も延長との事ですので、どうしよかなぁ〜。

ぶなじろう 2017/06/07(Wed) 22:22 No.475 [返信]
Re: 天空のポピー
ぶなじろうさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
祭会場は延長されたのですね。最後だからと慌てて行きましたが、そういえばまだ蕾も多かったように思います。ですが今週末までもつのか、微妙なところですね〜(^_^;)
翌日の日曜日は、別のお祭り会場を探しに、ぶなじろうさんが土曜日に訪れた山域に行ってきました(^_^)
HIDEJI 2017/06/08(Thu) 19:36 No.476
伊豆

伊豆と言えばアマギシャクナゲさんかと期待したのですが生息していなかったようですね。私が歩く機会はまずないのでいつ出会えるのか分かりません。
この時期にしては低山なので大分暑そうですがピーカン出ない分助かった感じでしょうか。藪の雰囲気も栃木とかと違いそこはかとなく南国っぽい雰囲気もします。近くにいても見えない富士山、私が富士山をくっきり見るのはいつも新幹線の中からな気がします(笑)。
韮山反射炉なるものを初めて知りましたが文化財登録されるだけでどこからか人が湧いてくるものなんですね。
先週奥秩父に行きましたがナゲさんが暇そうに獲物を待ってましたよ。

ふみふみぃ 2017/06/02(Fri) 19:19 Home No.473 [返信]
Re: 伊豆
ふみふみぃさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
そういえばシャクナゲさんは気づかなかったですね。アマギナゲさんは、天城山などの高地じゃないとお目にかかれないのかもしれないですね。
ちなみに天城山には、シャクナゲコースがありますよ。でも日本百名山で人気の山ですから、ふみふみぃさんには縁遠い山でしょうね(笑)
伊豆は秩父よりは涼しくて、この時期低山の割には歩きやすいですよ。
大して歩いた訳ではないですが、伊豆半島の山は藪というよりも密林とか熱帯雨林に近いイメージがあります。しかし韮山反射炉もそうですが、富岡製糸工場など、それが何だか分からなくても、箔がつくと人が集まりますよね。私も含めてですが(笑)
奥秩父はすごいところを歩かれましたね。まさに深山幽谷の世界ですね。そんな奥秩父気になりますが、奥秩父のナゲさんは恐ろしいから(笑)
実は女峰も気になっております。明日あたりは残雪も減ってますかね(笑)
HIDEJI 2017/06/03(Sat) 09:33 No.474
城山、葛城山

城山、葛城山というのがよくわからず調べましたが、沼津アルプスの南側にある山塊なのですね。せっかくのロケーションで富士山が霞んで見えたのでは残念でしたでしょう。地図を見ながら、空がクリアなら、発端丈山の方まで行きたくなるのではと思ったりしたのですが。
ウバメガシという木ですけど、おそらく、私も沼津アルプスで目にしているのではと思いますが、こちらの山では見ない木だけに、南国の山を歩いているようにも感じます。
城山というくらいですから、昔は城があったのでしょうか。
石仏や地蔵があるということは、葛城山も含めて古道が通っていた感じもしますが、これ、先までずっと続いているのでしょうかね。そうなら、機会があったら、歩いてみるのもいいかななんて思ったりしたのですが。

たそがれオヤジ 2017/05/30(Tue) 14:40 No.471 [返信]
Re: 城山、葛城山
たそがれさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
今回の山はかなりマイナーな山だとは思います。私もロープウェイのある葛城山は歩いて登る山だと思っておりませんでしたので(^_^;)
もっとも近隣の小学生は遠足で登るようで、地元では有名らしいのですが、県外者からすると観光地ですね。
富士山が朧げだったのは残念でしたが、次の機会があれば発端丈山から駿河湾越しの富士山を狙ってみます。
海岸に多いウバメガシは防潮林としても使われ、沼津アルプスにも多いようです。たまにだと南国気分が味わえますね。
この辺り、北条家と所縁が深いせいか城跡や史跡が多いようです。城山も以前は金山城というお城があったようです。何の予備知識もなく歩いていたのですが、堀切と思しき箇所がありました。発端丈山にも城があったようですし、風化が進んだ馬頭観音などを見ると、昔から人の行き来はあったのかもしれないですね。
大仁から三津の海岸へ抜ける縦走路は、富士山の絶景が望める伊豆ならではのルートと思います。ごく平凡な一般登山路ですが、下山後に港町の民宿で海の幸を摘んで一杯なんてハイカーも多いようですよ。縦走路する方は、それがメインで山歩きはついでといった感じかもしれないですが(笑)
HIDEJI 2017/05/30(Tue) 22:15 No.472
奥武蔵

秩父がそんなホットスポットになっているとは知りませんでした。私としては渋滞に巻き込まれそうで嫌だなあとか身勝手なことを考えてしまいます。
やっぱりGWの〆はロングに行きたくなりますよね(笑)。私も20km越えを歩いてぐったりしてました。メジャーであるがゆえに歩いてないところなので参考になりました。
奥武蔵のアカヤシオももう終わりですか。新緑の歩きもまた気分が良いなとは思っていますが。これからは奥多摩・奥秩父のナゲ達が手ぐすね引いて待っていますね(笑)。
ハイキング道と登山道の区別はいまいちつきませんが家族連れで地図も持っていないだろうし分かりにくいのはこまりますね。地図を持たないがゆえに武甲山から採石所を下った実例もありますし。まあこれは例外ですけど。
しかし芝桜を見るためとはいえ追加歩きが長いですね。私なら浦山口駅で電車に飛び乗ってそのまま帰ってますよ(笑)。

ふみふみぃ 2017/05/13(Sat) 09:49 Home No.468 [返信]
Re: 奥武蔵
ふみふみぃさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
秩父人気はともかく休日の渋滞はひどいですね。前回、西上州からの帰りは高速渋滞をさけるために、秩父に抜けて下道を帰りましたが長瀞渋滞に捉まって、逆に時間が掛かりました(^^;
今回はトレーニングの意味もあり、ロングを歩いてみましたが、一般登山道なため、同じ20km超えでもふみふみぃさんのそれとでは、全く疲労度は違うと思いますよ。私はバリエーションルートではそんな長い距離は歩けないと思いますので(笑)
これから新緑とともにナゲさんのシーズンも始まりますね。奥秩父のナゲ達も一味違うと思いますから、是非、ご堪能いただきたいと思います(笑)
山歩きも単独行が多いからか、無意識のうちに歩いているコースの難易度をレベル分けする癖があり、自分勝手な基準でハイキング道かどうかと判断しておりますが、結局はその人の取り方次第ですね。最後のハイキング道は余計だったかもしれません。神社や石仏やら見所は盛り沢山だったのですが、時間的なプレッシャーからそれどころではないといった感じで慌ただしい歩きになってしまいました。ロングコースを歩けたのは良かったのですが(笑)
HIDEJI 2017/05/13(Sat) 13:17 No.470
処理 記事No 暗証キー

- JoyfulNote -