過去ログ:
キーワード 条件: 表示:
Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |
ジャンダルムと巾着田

こんばんは。
ジャンダルムと巾着田とは、とても同じ人物の記事とは思われません。
西上州がお得意のHIDEJIさんでしたら、いずれこう言った所へ出かけるのだろうなと、思っておりました。自分は、こうした所は眺める山なのですが、やはり現地撮影の写真は迫力がありますねぇ〜。
私の眺めるだけの山の一押しが、剣岳の北方稜線(剣〜池の平)です。仙人池や池の平から眺める岩稜は見飽きません。

巾着田は、これで3分、なんですか!と言った感じです。本HPのワイドな写真は、これまた見応え十分で、何度も見返してしまいました。

ぶなじろう 2016/09/26(Mon) 22:09 No.386
Re: ジャンダルムと巾着田
ぶなじろうさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
ジャンダルムと巾着田での彼岸花鑑賞ではギャップがありますね(笑)
晴れていれば、日和田山の先まで足を延ばしていたと思いますが、山が絡めば、私にとって日和田山も奥穂高岳も山の魅力としてはどちらも大して変わらないですのですが(^_^)
高いところを怖がるくせに、つい怖いもの見たさで岩場のある山に行ってしまいます。(^_^;)
劔岳の北峰稜線はあこがれます。雑誌などで見てはうっとりしてますが、今の時期なんて最高なんでしょうね。
巾着田の件、ありがとうございます。
3分でも場所によって咲き具合が異なってましたね。それと赤が目立つようになるべくローアングルで撮ってました。
HIDEJI 2016/09/27(Tue) 22:47 No.387
ジャンダルム

写真を見ているだけでハラハラしますね。景色は素晴らしいし行ってみたいと思わなくもないですが命が惜しいので私はシャクナゲさんと大人しくしてます(笑)。
ジャンダルムはともかくとして奥穂高岳自体はいずれ友人といく羽目になりそうですがHIDEJIさんと違い友人は雨男なので晴れるかどうか。
秩父の山も熊が多いんですか。紅葉の季節には行こうと思っているのですが。最近の経験では熊鈴で逃げない奴にあったらクマモロする前に逃げれば追いかけてこないのでうなり声に耳を澄ませてください。

ふみふみぃ 2016/09/22(Thu) 22:06 Home No.384
Re: ジャンダルム
ふみふみぃさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
今回のルートは藪がありませんし、ジャンダルムの周辺以外は人も多く、シャクナゲさんも見かけなかった(隠れいていた?)ので、ふみふみぃさんには物足りないかと思われます(笑)
もっともルートを外れてしまえば、藪と番人が手ぐすね引いて待っているかもしれません(笑)
奥穂高岳に行かれるのですね。雨降ると大変でしょうから、晴れるといいですね。
秩父の山では、最近、頻繁にクマが出没しているようです。目撃例も多いのですが、今年だけで2件、襲撃例もありました。頻繁に歩くエリアでの出来事ですので心配です。
至近距離でのクマのうなり声は聞いたことがないのですが、なるほど威嚇している段階だから、逃げられるのでしょうか。クマモロだとクマのほうも攻撃段階に移るのでしょうね(^^;)
HIDEJI 2016/09/22(Thu) 23:16 No.385
ジャンダルム

やりましたね。
達成感は槍ヶ岳以上だったでしょう。
それにしてもHIDEJIさんは晴男ですね。うらやましい(笑)
私は穂高と言うと雨、雨、雨です。
かなり過去ですが、涸沢の定着合宿やパチンコ(屏風、前穂東壁等、滝谷を繋げて登ること)で満足な成果はありません。1週間雨ばかりもあったし、途中敗退も何度も。
私には天気は味方になってくれない穂高です(笑)

enduro_fuji 2016/09/22(Thu) 10:02 No.381
Re: ジャンダルム
Fujiさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
達成感は槍ヶ岳以上でした(^_^)
お陰様で天候にも恵まれましたが、最終日の午後から雨が降り出したようで、翌日の天狗沢は川になってました(笑)
Fujiさんとお会いしたのも、晴れた10月の暑い日でしたね(^_^;)
パチンコとは、初めて聞く言葉です。すごいところを登攀されるのですね。想像の域を超えてます。。
滝谷とか私には「氷壁」の世界ですね(^_^;)
HIDEJI 2016/09/22(Thu) 13:07 No.383
ジャンダルム

こんばんわ。
いやあ、凄いですねぇ。HIDEJIさんの確か妙義も拝見してましたから有り得ると思ってましたけど、とどまるところ無しですね。画像見るだけでチヂミ上がりますよ(笑)・・・ここにいくには天候も味方に付けないといけないようで、そこは人柄なんでしょう!とてもマネできませんがいいもの見させていただきました♪

みー猫 2016/09/20(Tue) 22:33 No.379
Re: ジャンダルム
みー猫さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
高所恐怖症のくせに、何とかと煙は高いところが好きで、表妙義で懲りずに行っちゃいました(^^;)
仰るように、風雨が強い日などには歩きたくない岩稜ですが、天候にも恵まれました。
臨場感は抜群でしたが、歩いているときは必死で怖がっている余裕もなかったです(笑)
とはいえ、みー猫さんのレベルから見れば、一般登山道のようなものでしょうか。
しかし、あまりエスカレートしないように自重しなければなりませんね(^^;)
HIDEJI 2016/09/20(Tue) 23:52 No.380
杉山城

今晩は。
暑い中、ご苦労様です。
杉山城は、いかがだったでしょうか。意外に小さいく、小じんまりしていたのではないでしょうか。それだけに、かえって隅々まで見る事ができたりして。見る角度によっては、折れの入った切岸が凄まじく、見とれてしまいます。

ところで東松山の青鳥城は御存じかと思うのでが、自分は中々青鳥城祉を見つけられません。尤も、車でサーッと通過しているだけなので真剣味が足りないのかもしれませんが、行き方を御存じであれば、概略でけっこうなので御教示願えませんでしょうか。厚かましくて、申し訳ありません。

ぶなじろう 2016/09/14(Wed) 22:16 No.375
Re: 杉山城
ぶなじろうさん、こんばんは。<br />コメントありがとうございます。
今回は、ぶなじろうさんの記事に触発され、芭蕉の「夏草や。。」の情感を偲んでみたくて、この時期に行ってみましたが、杉山城は暑さは想像以上でした。。
暑くて搦手口の方まで歩いていないのですが、切岸は近年に造り直したのではないかと思えるほど見事でしたね。

じつは青鳥城については、2年程前に向かったことがあります。その時は254号バイパスを小川町方面に向かい、関越道を潜って最初の交差点(きじやま)を右折しました。
すると左側に土塁のようなものが見えましたが、車を止める適当な場所が見当たらず諦めました。それ以来、行っていないのですが、バイバスの交差点にあるコンビニで、お茶くらい1本買って、こっそり止めてしまうのもありかと当時は思いました(^^;)
しかし私有地ばかりで、入りにくそうな雰囲気ですね。
HIDEJI 2016/09/14(Wed) 23:04 No.376
Re: 杉山城
HIDEJIさん、青鳥城の件、ありがとうございます。
「こっそり」作戦で、いずれ行ってみます。
ぶなじろう 2016/09/15(Thu) 21:53 No.377
Re: 杉山城
ぶなじろうさん、こんばんは。
こっそり作戦、死角がありますから、大丈夫だと思いますよ。
期待しております(^_^)
HIDEJI 2016/09/15(Thu) 23:42 No.378
真教寺尾根と県界尾根

こんばんわ。
ここは↓たそがれさんの記事を拝見しまして、行こうと思ってそのままになっているところです。レアな情報ありがとうございます。やはり上のほうは怖そうなところですね。今年の夏の特徴は、朝晴れ昼には視界不良のパターンですね。この台風が去った後は爽やかにカラっと晴れてほしいものです。自分は攣りはめったに起きないですがなぜかわかりません。足を冷やしたときや変な姿勢になったときになるようです。先日TV見てたら、足を縮めようとする指令がうまく行かなくて攣るとか言ってました。漢方やミネラルはそれを助けるんでしょうかね。チタンテープは初めて聞きましたが、なんだか車に装着する燃費をよくする磁石のようなものでしょうか?お疲れ様でした〜。

みー猫 2016/08/23(Tue) 22:02 No.373
Re: 真教寺尾根と県界尾根
みー猫さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

私もたそがれさんの記事がきっかけで歩いてみた次第です。
どちらの尾根も山頂直下で、急に傾斜が増しますが、とちらも一般コースで鎖などが整備されておりますので、それほど危険さは感じないかと思われます。とはいえ、高所恐怖症の私は出来るだけ下は見ないようにしておりました(^_^;)
なるほど、確かにおっしゃる通り、朝晴れ昼は視界不良のパターンが多くて、もっと早い時間から歩けばと、後悔する日が多かったように思います(笑)
ここのところ、白毛門レベルの傾斜を登ると後半に脹脛が張ってきます。
そして、大きな岩を乗り越えるなど、無理な姿勢を取るタイミングで攣るパターンが多いようですので、おっしゃるように変な姿勢になっているんですね。
たとえ攣らなくても、脚の張りは続くのですが、今回、漢方を飲んで5分ほど休むと、その後の張りも嘘のようになくなりました。
ですので、漢方パワーでみー猫さんがクリアされた谷川馬蹄形縦走に再チャレンジもありかなと、甘い考えが湧いてきました(^_^;)
そういえば、チタンが車の燃費向上に効果があるって、よく言われてましたね^ ^
HIDEJI 2016/08/24(Wed) 00:35 No.374
赤岳

熊が出るとこで熊鈴がない時はビクビクしますよね。ガサゴソして熊かと思えば人、私は変なとこから稜線に出て身構えられたことはあります。
最初結構笹が被ってますが人はそこまで来ないんでしょうか。シャクナゲさんもハイマツの陰から顔を覗かせる程度で脇役に徹しているようですね。
鎖場・岩場が結構長そうで登りならいいんでしょうが晴れた下りで足元見ながら下りて行くと高揚感で足がすくみそうです。山頂近くの岩場トラバースも晴れてたらびくびくしながら歩いてますね私なら(笑)。
画像で見ても地形図で見ても赤岳や周辺は岩っぽくて、もし雪がある季節に行くなら編笠岳くらいかなと思ってしまいます。それでも人がいるならばと冬山は慎重になりますが。
足の攣り、ここしばらくは水ガブ飲みに加えてレモン味の塩飴をなめていたら大汗かいてもピキっとこなくなりました。やっぱりミネラルが大切なのかなと夏の間は塩飴必須と考えてます。

ふみふみぃ 2016/08/16(Tue) 08:45 Home No.371
Re: 赤岳
ふみふみぃさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
以前も奥秩父でクマ鈴を無くし、その後、熊と遭遇した事を思い出し余計にピクピクしておりましたが、藪から人が現れたら驚きますよ(^_^;)
私でしたら逃げ出すかもしれません(笑)
序盤は笹が茂ってますが、一般登山道ですね。今回のルートはマイナールートの部類だと思いますが、それでも八ヶ岳ですから、足尾方面のマイナールートとは、レベルが違います(笑)
シャクナゲさんはすっかり大人しくて、気をつけていなければ気付かないほとでした。
あの岩場は人が少ないから、上下をさほど気にしないで済みますが、西側斜面は人が多いから上りも下りも気に使いそうですね。
それと周りがガスっておりましたので、さほどの高揚感は感じることもなくよかったのかもしれません。
雪山の時期に赤岳は少なくとも私には無理かなと思いますが、編笠山辺りは眺望も良さそうですし、いいかもしれませんね。
足の攣りに関しては、常に課題として気を付けてまして、塩分補給の飴玉などもなめるようにしているのでが、今回もピキッときてしまい、慌てて漢方薬を飲んだ次第です。
そのおかげがどうか定かではないのですが、あとを引くことがなく、漢方薬の効果はあったのかなと思います。
あ!あと日本三大急登のブナ立尾根の日帰り登頂お疲れ様でした。あとでゆっくり拝見させていただきます。
私だと途中で両足攣ってギブアップです(^_^;)
HIDEJI 2016/08/16(Tue) 17:31 No.372
赤岳

真教寺尾根と県界尾根歩かれましたか。ややマイナールートですから、幾分静かな歩きを楽しめたのではないでしょうか。
私も、ぶなじろうさんが雪のある時期に歩かれたレポを拝見しなければ、おそらくは気にもかけなかったコースのままだったかと思います。クマがいるんですね。気づきませんでしたが、あそこならいるかもしれませんね。
それにしても、赤岳山頂は相変わらずの混雑で、どこの山もそうでしょうが、山頂だけは別世界ですね。
晴れ男ご健在のわりには、晴れていたのは下の方だけでしたか。せめて私は直下の岩場でガスに巻かれただけでした。おかげで岩場はあまり怖いとか急だったといったイメージがさほどにないのですよ。地下足袋の件で一言ですが、地下足袋でもスパイク付きのは岩場は不向きですね。乗っかればピン先が滑ります。こういうところはスパイクなしですね。ただ、地下足袋も身軽になった気分は味わえますが、長時間の下りは足が疲れますよ。何でも一長一短ですが、地下足袋を選ぶ際には、ガードのしっかりしたものにしてください。
HIDEJIさんも芍薬甘草湯のファンになったようですが、気配があって飲んだら治まったというパターンでしたか。私はいつも、症状が出てから服用するからなのでしょうか、効き目がいつも半分なのですよ。攣りにはチタンテープが魔法のテープの如く効くという話を聞き、ネットで購入しましたが、まだ使うシーンにならず、早く試してみたいとは思っているのですが。一貼り一発らしいですよ。

たそがれオヤジ 2016/08/15(Mon) 14:24 No.369
Re: 赤岳
たそがれさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
今回のコースは以前たそがれさんの記事を拝見したのがきっかけでした。
おかげさまで、歩きでのある静かな山歩きが楽しめました。
あのコース、積雪の時季に歩かれるなんて、山頂直下はアイスクライミングが必要ではないでしょうか。私には積雪時の八ヶ岳は怖くて足が向かないです(^_^;)
実は登りの序盤でクマ鈴をなくしました。
秩父の山へ行くときは3つくらい持ち歩くのですが、今回は予備もなく少々ビクビクしながら歩いておりました。
おっしゃるようにどの山へ行っても山頂の人集りは凄まじいものがありますね。最近は百名山が続きましたので余計に感じます。やはり私の場合は秩父の山が恋しくなります(笑)

地下足袋もいろいろあるのですね。自分が持っているのは、薄っぺらい一般的なもので、岩場では効果的だろうなと思いましたが、起伏の激しい箇所などでは足の裏が痛くなりそうな気がします。あと砂などが侵入したり、濡れて蒸れたりしそうですが、それでガードがしっかりしたものが良いのでしょうか。
いずれ手持ちのもので試してみたいです。
芍薬甘草湯は効果があったと思いますが、何度か使ってみて検証してみます。あとチタンの魔法のテープですか。存じませんでしたが気になりますね。
HIDEJI 2016/08/16(Tue) 00:30 No.370
伊豆ヶ岳

暦の上では立秋は過ぎていたのですね。連日の暑さで気づきませんでした。それほど、季節感も失われつつあるということなのでしょうか。
この時期に伊豆ヶ岳に行かれましたか。ご苦労さまの一言です。こういった花を目当てにしない限りは足が向きませんよね。まぁ、お目当てに出会えてよかったですが。
花のことはよく知らないのですが、イワタバコもキツネノカミソリもこの時期の花のようですね。こんな花を見るのなら、大汗かいてでも行く価値はあるでしょうね。
失礼ながら、記事を拝見する前に、身体が暑くなるんじゃないのかと気になったのですが、小沢の流れやざるうどんの写真で、少しは癒された感じがいたします。ことに正丸峠に至っては、イメージとして暑苦しいといった感じがしますけど、風通しの良いところなのですね。
でもやっぱり奥武蔵は暑いところだろうなと思ってしまいます。例の松茸山経由だったら、ほぼ確実に熱中症になってしまったのではないでしょうか(笑)。

たそがれオヤジ 2016/08/14(Sun) 15:30 No.365
Re: 伊豆ヶ岳
たそがれさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
昔はお盆も過ぎると、少しは涼しさを感じたものですが、しばらく続きそうな暑さですね。そんな時季に時間がないとはいえ、低山に行くなど、無謀にもほどありました(笑)
何かしらの目的を持たないと、途中で引き返していたかもしれないですが、さすがは伊豆ヶ岳、そこそこハイカーがいたのは、山ブームの影響なのでしょうか。
多少なりとも涼しさを感じでいただきありがとうございます。今回は初っ端の国道歩きから終始汗だくで、半ば後悔の念を感じながら歩いておりましたので、正丸峠や稜線で浴びたそよ風が余計に涼しく感じたのかもしれないですね。松茸山には行かなくて正解でした。あえてお伝えする必要はないかもしれませんが、この時季の奥武蔵はお勧めしません(笑)
と言いつつ、私は繰り返しそうですが。。。
秩父、奥秩父も恋しくなってきましたが、先日も若御子山で熊に襲われた事件があり、ちょっと怖いですね。
HIDEJI 2016/08/14(Sun) 18:32 No.366
Re: 伊豆ヶ岳
引き続きのコメントで失礼いたします。
私のブログで、数日前に一番人気の記事がが若御子山だったことがあって、あんな山が何でかなと思っていたのですが、HIDEJIのコメントで納得しましたよ。
ネットで調べると、若御子山あたりにもクマがいるんですね。不用意に洞穴は覗かない方がいいですよね。
秩父も、鬼門は秋口の大ネド尾根とばかりに思っておりましたがとんでもない。そこいら中じゃないですか。
少し涼しくなったら秩父でも思っておりますが、意外と要注意エリアですね。
たそがれオヤジ 2016/08/14(Sun) 21:23 No.367
Re: 伊豆ヶ岳
引き続きコメントありがとうございます。
若御子山は行ったことがありませんので、たそがれさんの記事を参考に、いずれ訪れてみようと考えていた矢先の出来事でした。その前には両神山でトレランハイカーが熊に襲われたこともあって、ここのところ続いています。
どちらも全国版のニュースにはなっていないようで、あまり知られることのない出来事なのですが、埼玉の山はどこに行ってもクマ注意の看板が掲げられておりますし、まさにそこいら中だと思います。
それにしてもたそがれさんの記事は、どの記事も検索上位に上がりますから、今回もその記事を頼りに赤岳に行ってきました(^^)
HIDEJI 2016/08/14(Sun) 23:41 No.368
巻機山

失礼ながら泥だらけの姿を想像してニヤニヤしながら読み進めてしまいました(笑)。
登り始め辺りはおや、ガスった中の歩きとはお気の毒に・・といった感じでしたが上に行く頃にはすっかり好天ですね。引き返さずに歩いた御褒美でしょうか。シャクナゲさんもいて花も景色も文句ないように見えます。
避難小屋の近くには水場があるらしいですが人の目もありますし泥をジャバジャバと洗い流すわけにはいきませんでしたか。私なら無頓着なので水場の下流の方でジャブっといってますね(笑)。
HIDEJIさんの目線は谷川岳馬蹄形縦走路に向かわれていますが私はどうしても手前のジャクションピークへの稜線が気になってしまいますね。水場の問題をクリアしつつ稜線を半分割して歩けるルートを見つけたのですが一藪如何ですか?(笑)。シャクナゲさんも手ぐすね引いて待っていそうな気がします。

ふみふみぃ 2016/07/16(Sat) 07:37 Home No.362
Re: 巻機山
ふみふみぃ、こんばんは。
泥だらけもあるレベルを超えると開き直れるものですね。あと顔に被害が及ばなかったのは救いでした。
確かに、あそこまで行って、転んだうえに展望もなく、おまけに雨でも降られたら、踏んだり蹴ったりですよね。
おかげさまで山上ではすっかり晴れて、我慢して登った甲斐があったというものです(笑)
シャクナゲさんも歓迎してくれたように思います。
避難小屋のあたりでは、すでに汚れなどどうでもよくなっていました(^_^;)
ジャンクションピークへ続く稜線を見て、真っ先にふみふみぃさんのことを思い出しました。そこまでの距離の長さもさることながら、視認できる範囲の藪は、さほど深くはなさそうですが、踏み跡はなく、ハイマツ、シャクナゲ、笹薮が混在した一筋縄ではいかない手強そうな印象でした。
とはいえ、このような稜線を歩いたことがないので、手強そうという表現で済むレベルでもないのかもしれませんが(^_^;)
シャクナゲさんを始め、藪オールスターが一斉に牙をむいたら、どうなるか想像も付きませんので、少なくとも私は歩いてみたいという気は起こりませんでしたが。。(^_^;)
レポ楽しみにしております。
HIDEJI 2016/07/17(Sun) 00:49 No.364
宿谷の滝

今晩は。
先日は、大変失礼いたしました。
宿谷の滝ですか!ここらへんの地図は何度も見ているのですが、全く気がつきませんでした。奥武蔵を歩く機会が多くなりつつありますので、大変参考になります。
次回、見かけましたら、懲りずに声をかけてください。

ぶなじろう 2016/07/09(Sat) 20:18 No.361
Re: 宿谷の滝
ぶなじろうさん、こんばんは。
返信が遅れ、申し訳ありませんでした。こちらこそ大変失礼いたしました。
次回、ぶなじろうさんと山中でお会するとしたら、間違いなく分かると思いますので、その際には「ぶなじろうさん」とお声がけさせていただきます。
お会いできるとしたら、奥武蔵でしょうか。獅子ヶ滝もそのうちに歩いてみようと思います。
HIDEJI 2016/07/17(Sun) 00:47 No.363
谷川岳馬蹄形

谷川岳馬蹄形いいですね。
またチャレンジしてください。
達成感ありますよ!
左回り(白毛門から)でも、右回り(谷川岳から)でも。

私の最後の馬蹄形は2007年9月(左回り)です。
2003年2回、2004年2回、1992年1回 それ以前もあります。
途中敗退も何度もあります。
馬蹄形はチャレンジの対象でした。

enduro_fuji 2016/06/19(Sun) 21:58 No.359
Re: 谷川岳馬蹄形
enduro_fujiさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
馬蹄形縦走、何度も歩かれているのですね。さすがです。
先日は日帰りに挑戦されている方が7〜8人おられましたが、半数が私よりも10歳くらいは年上ではという印象でした。
再度、チャレンジを考えておりますが、また左回りで行こうと思います。西黒尾根の下りが心配ですが。
HIDEJI 2016/06/19(Sun) 22:49 No.360
無題

今晩は。
チャレンジ、お疲れ様でした。
6月初旬としては、非常に残雪が少ないように見受けられます。国道は歩いた事がないのですが、白樺尾根コースは実際には尾根の巻きが多く、硬い残雪のトラバースがたびたびあり、早い時季ですとルーファンが難しくなります。もっとも今年は、こちらのコースを採られても残雪が無く心配はなかったのでしょうが。いや、近年は春の高温で、そんな心配は無用なのかもしれませんね。
自分は、あえてロングなコースを一日で歩こうという指向は無い(できないが正しい)のですが、こういった写真の数々を拝見すると、また行きたくなりました。もちろん、キザンで、のんびりと、ですが。

ぶなじろう 2016/06/17(Fri) 21:39 No.357
Re: 無題
ぶなじろうさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
馬蹄形ありきの何とも忙しない中途半端な歩きとなってしまいましたが、谷川は良いところですね。
今回のコースでは登山道を覆う残雪は全くありませんでしたので、温暖化の影響が如実に現れているのですかね。国道も残雪があったらまともに歩けたか分かりません。それこそルーファンに難渋しそうです。
白樺尾根コースとは白樺沢右岸の尾根ですね。あの辺りは鉄砲尾根やら大倉尾根などやたらと目を引く尾根が多くて、気になりました。
とはいえ私などが簡単に歩ける尾根ではないのでしょうが、ましてや残雪の中では、さらに難易度も上がるでしょうし(^_^;)
個人的には残雪がなくてよかったなぁと思っておりますが、ぶなじろうさんがおっしゃる残雪の朝日岳や清水峠でのテン泊も憧れますね(^_^)
欲張ってガツガツ歩くのではなくて、もっと気持ちに余裕を持って楽しむべきなのですが、また性懲りも無くチャレンジしそうです(^_^;)
HIDEJI 2016/06/18(Sat) 01:30 No.358
谷川岳

私の歩く数時間前の光景はこうだったのかと不思議な気持ちで読ませていただきました(笑)。というかまさか下山ルートが一緒だとは想定外です(笑)。トラバース道大体酷い道ですけど申し訳程度のトラロープが下がる沢で分断されたとこは登山道にしては酷すぎて私は現地で笑ってました。下山路二人ほどすれ違われたようですがあそこを登ってくる方もいるのですね。どんなルートに進むのか気になります。
HIDEJIさんのペース、足さえ攣らなければ問題なく縦走出来たと思います。でも清水峠まで下りるとまた登り返そうという気力大分削られますよね。谷川岳がすごく遠く見えて。
最近気づいたのですが水をいくら飲んでもミネラルとらないとだめなんですね。汗だくでぴきっとなるかもという時にカロリーメイト齧るか塩飴舐めたおかげで助かる場面が多いです。
日帰りで水5Lは重そうですね。私は今回はテン泊装備だけで重いせいもあり最初から水場狙いで水は3.5Lしか背負いませんでした。まあ朝日岳の水場は水量なくて汲みにくいし、清水峠も水量少なくたむろする虫にぼこぼこ刺されて酷い目に逢いましたが。蓬ヒュッテの水場は水量豊富らしいです。
涼しくなった秋頃に行けばあっさり踏破されそうですね。紅葉の頃はかなり人が多そうですけど。

ふみふみぃ 2016/06/17(Fri) 00:55 Home No.355
Re: 谷川岳
ふみふみぃさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
おっしゃるように、確かに大烏帽子岳への稜線以外は、ルートが一緒でしたね(^_^)
SAでラーメンを召し上がったと伺いましたが、赤城高原SAでしたら、私も少し前に立ち寄っており、そこでラーメンを食べていたら、SAでバッタリだったかもしれないですね(笑)
ジャンクションピークの道標には巻機山の案内が出ていたようでしたので、普通に歩かれているのかと思いきや、実はそうではなかったのですね。
しかしトラバース道は長かったですねぇ。特にあのロープの箇所は酷すぎて、え!こんなのあり?って、私も苦笑いしておりました。
下山路のお二人は、それぞれ単独氏で、清水峠に到着するのは15時過ぎ頃だと思われます。ふみふみぃさんの記事に登場されていないようですから、気になりますね。
清水峠から見た谷川岳は遥か彼方で、絶望感に打ちひしがれておりました。清水峠で昼寝して寝込んでいたら、ふみふみぃさんに起こされたかもしれないですね(^_^;)
ミネラルの件、情報ありがとうございます。
水5Lは重くてキツいですねぇ。体質なのか大して汗も掻ず喉も乾かないため、白毛門までは水分もほとんど摂らずに歩き続けたのも良くなかったのかもしれません。攣り対策を考えないといけないと反省しきりです。翌日、芍薬甘草湯を購入しましたので、山で攣りそうになったら試してみます。
次回は水場を有効利用して、臨んでみたいと思います(^_^;)
HIDEJI 2016/06/17(Fri) 20:35 No.356
筑波山

私も去年初めて登りました。茨城に来て6年くらいは名前だけしか知らない山でしたがいざ行ってみると想定よりも人が多くて驚きました。でもHIDEJIさんの記事を見るとHIDEJIさんの歩かれた日のほうが人出が多いですね。
まあ私の場合行った時期が悪く七月の末。後輩達と8人で六時くらいから登りましたが暑くて暑くて。それなのに人は多くて、8人でいって正解だったなと。ぶなじろうさんが言う多くの若者に含まれてましたね(笑)。山ガールも沢山いましたし。
HIDEJIさんはいい時期に行かれたなあと思います。低山に真夏に行くのは自殺行為ですね(笑)。
表からいくなら複数人でのんびりと、裏から行くなら一人で静かにと色々楽しめそうなのですが近いのにそれ以来いっておりません。ネタが尽きたら行こうと思います。
男体山の裏から行く自然遊歩道みたいな周回路は整備されているのに人にも会わず静かに歩ける場所でした。裏コースは全体がそんな感じの場所なのかもしれません。登山ブームと言いつつも藪山ブームはきそうもないですね。

ふみふみぃ 2016/06/03(Fri) 22:56 Home No.348
Re: 筑波山
ふみふみぃさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

なるほど表と裏の使い分けですか。裏からも歩いてみたいですね。それと筑波山の近くにお住まいなのですね。ふみふみぃさんのネタは尽きないと思われますが、そのうち裏ルートもご紹介ください。
男体山の自然研究路は好展望地もあるようで、時間があれば歩きたかったところですが、あの分では静かな歩きは期待できないのではないでしょうか(^^;
全く人の多さにはまいりましたが、おっしゃる通り、歩いた時期は良かったのでしょうね。暑すぎるわけでもなく、まばゆいばかりの新緑に覆われた登山道は気持ち良いですよ。それに登山道は変化に富んで飽きさせないですし。しかし真夏に行くのは少し勇気が要りますね。まぁ、その場合には間違いなく手ぶらでケーブルカーやロープウェイのお世話になりますよ(笑)
おそらくふみふみぃさんの世代の若者グループが一番多かったと思います。男女入り乱れて皆さん楽しそうでしたね。登山ブームここにありって感じでした(笑)

あれではシャクナゲさんも出る幕なしでしょうか。北面で人知れずひっそりとしているかもしれないですね(笑)
HIDEJI 2016/06/04(Sat) 00:39 No.351
筑波山

ここ数年、何回か筑波山に行っているのでが、いつも女体山頂上は大混雑で通り抜けだけです。多くの若者が登っているのも驚きです。山ガール様のウワサは聞いていたのですが、実際に見たのはこの山での事でした。
筑波山は山そのものの魅力の他、見所が結構あるのでそちらの方にむしろ興味が惹かれるますです。山麓に国指定史跡「小田城」があり、今年整備が一段落したようなので、次の冬にでも行ってみようかと思っています。近くに「平沢官衙跡」が芝生公園のようになっています。西麓には「真壁(城)氏館跡」などもあります。こちらは未訪なので、いつかはと思っています。その他、史跡、古刹が多いので楽しめそうです。
カエルにシマウマは気がつきませんでした。これは一見の価値がありそうです。

ぶなじろう 2016/06/03(Fri) 21:40 No.347
Re: 筑波山
ぶなじろうさん、
引き続きコメントありがとうございます。
筑波山の混雑はさておき魅力ある山ですね。無理な相談ですが誰もいない状況で歩いてみたいです(^_^;)
山ガール様だけのグループ登山も多いように思いました。とにかく老若男女入り乱れてある意味壮観でした。
さすが歴史の深い筑波山ですね。史跡、古刹の数々。惹かれますねぇ。戦国の動乱に翻弄されたであろう古の小田城、なんとも気になりますし、つくば道も一度歩いてみたいと思っております。
そして何よりも気になるのが、つつじヶ丘の土産屋ですね〜。なぜシマウマがガマに乗っているのか、未だに理解できません(笑)
あとガマ洞窟の探索も残してますので、やはり行かなければなりません(笑)
ミステリーゾーンのような異次元の雰囲気、くせになりそうです。
HIDEJI 2016/06/03(Fri) 23:50 No.350
大平山

今晩は。
ここらあたりが、ツツジ祭り会場とはツユ知らずノーマークでした。これほどの咲き具合だとしたら来年以降計画せねばと思いを馳せております。だぁ〜れも居ないとなるとツツジ祭り会場としては最上級クラスですねぇ〜。大変参考になりましたです。

ぶなじろう 2016/06/03(Fri) 21:21 No.346
Re: 大平山
ぶなじろうさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
長沢背稜の奥多摩側やぶなじろうさんのアイドル近辺は、ツツジ目当てに歩かれることが多いように思われますが、一方で大平山のツツジ祭りは知る人ぞ知る穴場かもしれないですね。見事な咲きっぷりに山頂に寄るのも忘れる程でしたので(^_^;)
そして大クビレから三つドッケの眺めをご堪能いただき、その後、七跳山に掛けての特設会場も楽しめます。祭り期間中はいつ行っても独占間違いなしで、ぶなじろうさんにはオススメツアーではと思います(^_^)
私はツツジもさることながら女峰山の黒岩尾根の存在を知り、気になる尾根リストに登録されました(笑)
HIDEJI 2016/06/03(Fri) 23:41 No.349
筑波山

筑波山も、こうして拝見していると、面白そうな山ですね。あらゆるものがゴチャ混ぜ、何でもありで。
しかし、すごい人、人、人ですね。さらに小学生の団体ですか。私の記憶にも、数珠つなぎで登った光景が残っています。一回でもう十分といった気分でしたよ。
この山、ぶなじろうさんあたりが、結構、器用に歩かれているのですよね。ヤブこぎしたりして。この喧騒からは想像もつかないルートがあるのでしょう。
だれもいない時に、ああいった変化に富んだ景色の中を歩いたら、さぞ気持ちがいいでしょうね。

たそがれオヤジ 2016/06/02(Thu) 11:54 No.344
Re: 筑波山
たそがれさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
なるほど、ごちゃ混ぜという表現がぴったりな山ですね。
しかし延々と続く人波は驚くべきものがあります。中途半端に多ければ抜かそうか、という気も起こりますが、あれではどうにもなりません。そんなことをしたら、ひんしゅく買うだけですし、抜く気も失せます(^_^;)
ぶなじろうさんが記事でおっしゃる通り、まさに人・人・人で登山ブームは本当の事だったのかぁと、思い知らされました(笑)
登山道から周囲に目を移すと、笹やぶがあり、杉の巨木が立ち並び、ブナなどの自然林に覆われた魅力のある斜面に、つい登山道から外れたくなります。
つくば道は気になりますので、次の機会があれば、是非とも歩いてみたいと思います。筑波山神社からは往復ケーブルカーを使うかもしれませんが(^_^;)
HIDEJI 2016/06/02(Thu) 22:35 No.345
大平山

HIDEJIさん、こんにちは。
いやあ、羨ましいです(笑)。シロヤシオがすごすぎます。
大平山や七跳山の辺りはずいぶんご無沙汰しておりまして、懐かしい思いで拝見しました。

大ドッケの辺り、三月下旬に歩いたのですが、誰かが掃除してくれた後だったのか、マーキングがほとんど見あたりませんでした。大久保谷から上って福寿草自生地に降りたのですが、積雪と濃霧で、下降点を見つけるのにひと苦労しました。この二か月の間に増殖したようですね。

大久保谷の左岸道、あれは取り付きに使うにせよエスケープルートに使うにせよ、あの周辺の山を歩く時の最も利用価値の高い道ではないかと個人的には思っています。ただ、動物達にとってもあの道は歩きやすいようで、下山が遅くなってあそこをトボトボ歩いていると、いやというほど遇います。あれものっしのっしと散歩しています。

十津川村 2016/05/27(Fri) 14:05 No.341
Re: 大平山
十津川村さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

いや〜大平山のシロヤシオには驚きました。あれは一見の価値あると思います。大平山や七跳山の辺りが、ご無沙汰ということは、どちらの方を歩かれているのか非常に気になります(^_^;)

大ドッケの辺りは、福寿草の時期以外で歩く人は稀と思われますが、福寿草が咲く僅かの間にマーキングされたのですかね。大ドッケから大平山の間だけマーキングだらけ、おまけに踏み跡も登山道の様相で、とにかく違和感を覚えました。

なるほど大久保谷の左岸道はおっしゃるように利用価値の高そうですね。そして獣たちも闊歩しているのですか。それは怖くておいそれとは歩けないですね。太平山に続く北尾根も同じようなものでしょうか。いずれにしましても、あの界隈は遅い時間に歩きたくないです。獣以外にも女性の幽霊など怖すぎます(^^;
HIDEJI 2016/05/27(Fri) 23:06 No.343
今週のシャクナゲさんは

大人しくしていたようですね(笑)。
福寿草とやらはそんな人気なのですか。一方で藪の女王シャクナゲさん見学用のテープべた張りは聞いたことありません。不思議ですね。
木漏れ日の新緑歩きで気分良く、といきたい所にまとわり付くコバエ・・・私も先週はまとわり着かれました。2000mくらいまで行くと突然消え去りましたが。
秩父の山域も中々立派なツツジが生息しているようですね。そちら方面、年末にバラ尾根へ行って以降ご無沙汰していますが六月はそろそろ足尾・日光以外に足を伸ばそうと考えています。
矢岳や大平山も地形図で気になる場所だったので参考になりました。七跳山へ行くのに林道法面が邪魔したりしないかと危惧していましたが問題無さそうですね。ずっと樹林帯の尾根が続きかなり山深く感じます。熊には気をつけないといけませんね。
そういえば以前HIDEJIさんの酉谷山の記事を見た後に下りで小黒北に間違えて迷い込んで遭難するなら逆転の発想で小黒北から登ってくれば良いんじゃないか?と馬鹿なことを考えたのですが調べてみると実行している方がいました。ヤマレコなのですが酉谷山・熊倉山辺りでとんでもない歩きを連発されている方でした。その方の記録を見て満足した・・というより恐れをなしたので最初はHIDIJIさんの歩きを参考にしたルートで酉谷山や矢岳・大平山周辺に行きたいと考えています。暑さを考えるともう秋のほうがいいですかね(笑)。

ふみふみぃ 2016/05/27(Fri) 00:19 Home No.340
Re: 今週のシャクナゲさんは
ふみふみぃさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

今回のシャクナゲさんはとても控えめでいたずらもされずに済みました。脇にひっそりと佇みところは、奥ゆかしさすら感じて癒されましたよ(笑)
大ドッケの福寿草の自生地は、目を見張る見事な景観なのですが、ガイドなどで紹介される山域でもなく、アクセスも容易ではないため、その昔は秘密の花園と呼ばれ、知る人ぞ知る場所だったようです。ところが近年、雑誌やネットでその存在が広く知られ、ツアーや団体など多くのハイカーが訪れるようになり、自生地も踏み荒らされて、知らずのうちに狭くなっているように思われます。私も偉そうなことは言えませんが、いつまでも残って欲しい自然遺産ですね。
それとシャクナゲさんが登山の目的となるって、あまり聞かないですね。ときに癒され、ときには藪の番人として来る者を一歩も進ませまいとする厳しさもあったり、いろいろと個性があって私もファンになりました(^_^;)
いよいよ秩父にご出張ですか?
長沢背稜〔東京埼玉県境尾根)を境に、東京側はハイカーが多いようですが、一方で埼玉側はハイカーと会うことは稀で、太平山など静かな山歩きが楽しめると思います。しかし秩父もこれからの季節暑いですね。それに小バエもますます鬱陶しくなって。ただし、ダニはいないと思いますから、その点は違うかもしれないですね。
酉谷山や小黒辺りも気になるエリアで、おっしゃる通り小黒北から登るという発想も、怖いもの見たさで興味を惹かれるのですが、スキルも足りないし、どうもあの界隈は苦手意識が強くて気が引けます。私も夏は避けて紅葉の時期にでもじっくり歩こうかと考えております。
HIDEJI 2016/05/27(Fri) 22:56 No.342
Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |

- JoyfulNote -